井の頭界隈にて(6) - 井の頭界隈にて_2020_Mar
FC2ブログ

井の頭界隈にて(6)

井の頭自然文化園水生物園(2)
03/11撮影
カエルさんたち
暗くて全部を撮ることができなかった。種の特定もできそうもない。田舎にいるときに飽きるほど見ていたが、こんなにきれいなのだったかと愕然とするほどだ。
トウキョウダルマガエルかな?
カエルさんたち_1
カエルさんたち_2
カエルさんたち_3
アズマヒキガエルかな?
カエルさんたち_4
ニホンアカガエルかな?
カエルさんたち_5
ミゾゴイ
ミゾゴイ(溝五位、Gorsachius goisagi)は、ペリカン目サギ科ミゾゴイ属に分類される鳥類。ゴイサギとは属を異にするようだ。恥ずかしながら、この瞬間までまるで知らなかった。ほぼ日本でのみ生息する珍鳥のようだ。
ミゾゴイ_1
ミゾゴイ_2
ミゾゴイ_3
ミゾゴイ_4
PDF画像を借用
ミゾゴイ_5
鴛鴦
個人的には雌さんが好きなのに、画になる雄を結果的にたくさん撮っているなあ
鴛鴦_1
鴛鴦_2
鴛鴦_3
鴛鴦_4
鴛鴦_5
鴛鴦_6
鴛鴦_7
鴛鴦_8
鴛鴦_9
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2020年04月15日
最終更新 2020年04月15日

20 Comments

There are no comments yet.

ヒデの気まぐれ撮影日記  

カエルって爬虫類?
爬虫類でなくても苦手ですね。
カエル ヘビ トカゲ ワニ 全てパスです。
ウナギ?食べるのは好きだけれど生きている
ウナギはだめです(笑)
特にヘビを見た場所へは何日たっても行けません。
(独り言なので気にしないでください)

野鳥はかわいいし嫌ではありません(笑)

2020/04/15 (Wed) 05:36

K.R.M  

おはようございます。
数日前、カエルの大合唱が聞こえ、池を覗いたらたくさんの卵がありました。
この時期、自然界の生き物は子育ての大事な時期を迎えているんですね。

2020/04/15 (Wed) 06:35

りおん  

カエルさんも展示されているのですね~^^
トノサマガエルとアマガエル、ヒキガエルぐらいしか
知りませんでしたが、いろいろ種類があるのですね~@@

ミゾゴイさん、警戒心が強いのですね。
職場体験の看板?がステキです~!!
冬はヒーターのそばにいるのですね。
親近感~(*´艸`)

オシドリさん、やっぱり♂に目がいきますよね。
♀もかわいいんだけど~^^

2020/04/15 (Wed) 07:01

hg  

お早うございます。

うゎ~!蛙ですか?何年ぶりに見たのかしら?すっかりご無沙汰でした、
なかなかの器量よしですね。
長男が子供の頃昆虫などが大好きで良く色んな者を取って来ては驚かされていいたので、
蛇、蛙など奥様方はキャ~!と騒ぎますがその割にはお陰で平静で見ることが出来ます。
でも蛙を帽子の中に入れてかぶってた時には流石にびっくりしたのを思い出しました(笑)
鴛鴦は良くこんなに綺麗な姿になった者だと、神様に感謝ですね。
どこから撮っても絵になりますね。

2020/04/15 (Wed) 09:22

x都人x  

田舎育ちですがカエルは少し苦手で
卵やオタマジャクシ等、、キモイです(笑

オシドリさんのリフレクション、、綺麗!!

2020/04/15 (Wed) 14:02

turedure  

こんにちは

子供の頃はカエルさんもよい遊び相手だったのですが、
最近は遠くで声ぐらいしか聞かなくなりました。

オシドリさんがいますのでおやおやと思いました。
そしてここは、井の頭自然文化園の水生物園とか・・・。
納得しましたが何とも身近で見られてありがたい事ですね。

2020/04/15 (Wed) 16:46

のんびり熊  

こんにちは
鴛鴦、松本郊外に今シーズンは凍らなかった溜池が有り、群れが居ました
所用の帰りに寄ったんですが、遠くて撮れなかった
非常に憶病なようで、こちら側で少し騒ぐと飛んで行ってしまいます
他のカモ類は何の関係も無い様に泳ぎ回ってましたね
今頃どこにいるかなあ

2020/04/15 (Wed) 17:46
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

ヒデの気まぐれ撮影日記さん、こんばんは。

> カエルって爬虫類?
> 爬虫類でなくても苦手ですね。
> カエル ヘビ トカゲ ワニ 全てパスです。
> ウナギ?食べるのは好きだけれど生きている
> ウナギはだめです(笑)

(ФωФ)フフフ・・・、苦手は誰にでもあるものですね。
ちなみにカエルは両生類です。私は蛇以外はOKです。蛇だけは、見た瞬間に短距離の選手に慣れるのではないかと思うくらいのダッシュで逃げました。中学生までの趣味は、山菜採りとキノコ狩り。蛇に遭遇する確率は結構ありました。

> 特にヘビを見た場所へは何日たっても行けません。
> (独り言なので気にしないでください)

私も好きじゃないので、次回からはしっかりした棒きれを持参して、出陣しました。それくらい、山菜やキノコが好きでした。自分が撮らない限り、食卓に上がりませんでしたから。

> 野鳥はかわいいし嫌ではありません(笑)

野鳥さんは、ブサ可愛いのも含めて好きです。

2020/04/15 (Wed) 19:23
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> おはようございます。

K.R.Mさん、こんばんは。

> 数日前、カエルの大合唱が聞こえ、池を覗いたらたくさんの卵がありました。
> この時期、自然界の生き物は子育ての大事な時期を迎えているんですね。

そうですね。今日は運動不足になるのを防止すべく近所を歩きました。100%歩きでです。最初の歩き出しから、足が思うように動かず、難渋しました。誰もいないだろうと思った小さな神社に親子連れの先客がいました。境内を迷わず奥に進んでいくので、何をしているんだろうと思ったら、オタマジャクシを見ていました。50匹以上のオタマジャクシが泳いでいました。あれが全部孵ったら、さぞかし賑やかなことなんでしょうね。
半分くらいは鳥さんに食べられてしまうのかなあ。
繁殖の時期ですが、思うように見られないのは残念なことです。

2020/04/15 (Wed) 19:34
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

りおんさん、こんばんは。

> カエルさんも展示されているのですね~^^
> トノサマガエルとアマガエル、ヒキガエルぐらいしか
> 知りませんでしたが、いろいろ種類があるのですね~@@

好事家が少なくない分野ですから、あるのでしょうね。アンチの方もかなり多そうですが。
私の故郷近くの川内村には国の天然記念物に指定されているモリアオガエルの生息地があるそうです。それが縁で、詩人の草野心平氏とつながりができたようです。草野心平氏は隣接するわがいわき市の出身者です。

> ミゾゴイさん、警戒心が強いのですね。
> 職場体験の看板?がステキです~!!
> 冬はヒーターのそばにいるのですね。
> 親近感~(*´艸`)

ミソゴイさんがいましたねえ。この日、このとき、初めて名前を知ったんです。う~~ん。

> オシドリさん、やっぱり♂に目がいきますよね。
> ♀もかわいいんだけど~^^

そうですねえ。どうしても撮ってしまいます。至近距離からは警戒心が異常に強い野生は撮れませんから。

2020/04/15 (Wed) 19:45
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> お早うございます。

hgさん、こんばんは。

> うゎ~!蛙ですか?何年ぶりに見たのかしら?すっかりご無沙汰でした、
> なかなかの器量よしですね。
> 長男が子供の頃昆虫などが大好きで良く色んな者を取って来ては驚かされていいたので、
> 蛇、蛙など奥様方はキャ~!と騒ぎますがその割にはお陰で平静で見ることが出来ます。
> でも蛙を帽子の中に入れてかぶってた時には流石にびっくりしたのを思い出しました(笑)

(ФωФ)フフフ・・・、私はやや苦手くらいでした。そういうワイルドな生活とおさらばして、日吉のお坊ちゃん学校に進学したんですが、高1の生物の実習で、カエルの解剖をさせられました。東京や神奈川のお坊ちゃんたちは、案外楽しそうに取り組んでいましたが、私にはかわいそうすぎて、どうにもなじめませんでした。

> 鴛鴦は良くこんなに綺麗な姿になったものだと、神様に感謝ですね。
> どこから撮っても絵になりますね。

そうですね。一方で、私のような不細工な男もおつくりになる。不公平感が否めません。が、そういうことは親に言えと反論されそうです。

2020/04/15 (Wed) 19:53
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

x都人xさん、こんばんは。

> 田舎育ちですがカエルは少し苦手で
> 卵やオタマジャクシ等、、キモイです(笑

私もやや苦手ではありましたが、触るくらいは平気でした。
こんなきれいなのいとか、存在感のある種が居たら、夢中になっていたかもしれません。好奇心が異常に強い方なので、…。

> オシドリさんのリフレクション、、綺麗!!

そうですね。元がきれいだと、そうなりますよね。而して私の場合は、…。言わぬが花ですね。

2020/04/15 (Wed) 19:57

MT  

こんばんは!

ヒキガエル系は見ただけで腰が抜けそうです・・・。蛇ににらまれたカエルならぬ、カエルににらまれた私といった感じです。AzTakさんもよく撮影したものだと戸惑ってしまいます・・・。

2020/04/15 (Wed) 20:00
AzTak

AzTak  

Re: こんにちは

turedureさん、こんばんは。

> 子供の頃はカエルさんもよい遊び相手だったのですが、
> 最近は遠くで声ぐらいしか聞かなくなりました。

私の方は、声さえ聞くことが無くなりました。水辺がないと生き物の姿が少なくなってしまいますね。

> オシドリさんがいますのでおやおやと思いました。
> そしてここは、井の頭自然文化園の水生物園とか・・・。
> 納得しましたが何とも身近で見られてありがたい事ですね。

どういう訳かケージの中にいるのに、何だかそういうものがないような感じに見えますね。急に腕前が上がるわけもなし。どうしたのか不思議です。今回はミソゴイとヤマセミとを見ることができて、最高でした。
それについても、早くウィルス騒ぎが沈静化しないものかと思います。基本的にはウィルスをい抑え込むワクチンの接種が決め手になるのでしょうね。

2020/04/15 (Wed) 20:05

nagomi  

今晩は!

ミゾゴイは初めて見聞きする鳥ですね。
全く知りませんでした。
蛙さん達は見覚えが有るように思いますが、随分昔になるので忘れてしまいました。

2020/04/15 (Wed) 20:08
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 鴛鴦、松本郊外に今シーズンは凍らなかった溜池が有り、群れが居ました
> 所用の帰りに寄ったんですが、遠くて撮れなかった

場所はこれ以上明らかにせず、来期、従弟さんと一緒に撮影に行ったら成果が上がりそうですね。行く前に、その近くでドングリをいっぱい拾って、それを少し前の方に浮かべると、大好物につられて出てくるかも。
新宿御苑でも試してみたいものですが、大勢の人の前で出来かねます。まだ、居るのかなあ。確認したくても、閉園中だし、移動もはばかられます。

> 非常に憶病なようで、こちら側で少し騒ぐと飛んで行ってしまいます

非常に神経質だと言っておきましょう。諏訪湖に居ないと思われるのは、水辺にかかるような樹陰が無いからです。

> 他のカモ類は何の関係も無い様に泳ぎ回ってましたね
> 今頃どこにいるかなあ

まだ。もしかしたらいるかもしれません。5月初めにはいなくなると聞いたような記憶が。

2020/04/15 (Wed) 20:13
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは!

MTさん、こんばんは。

> ヒキガエル系は見ただけで腰が抜けそうです・・・。蛇ににらまれたカエルならぬ、カエルににらまれた私といった感じです。AzTakさんもよく撮影したものだと戸惑ってしまいます・・・。

あちこち飛び回っていらっしゃるのに、意外な弱点がありましたね。こういう珍しいカエルはさておき普通のカエルはそこら中に居て、その都度怖がっていたら、撮影にならないのでは?
斯くいう私も蛇が苦手です。いまは、棒切れなどで格闘するかもしれません。もしかしたら、ツキノワグマとも一戦交えるかも。さすがに、北海道のヒグマには怯むと思いますが。

2020/04/15 (Wed) 20:18
AzTak

AzTak  

Re: 今晩は!

nagomiさん、こんばんは。

> ミゾゴイは初めて見聞きする鳥ですね。
> 全く知りませんでした。
> 蛙さん達は見覚えが有るように思いますが、随分昔になるので忘れてしまいました。

ミゾゴイはほぼ日本にしか生息しないようです。ですが、日本人のほとんどの方が、存在すら知らない幻の鳥さんだそうです。
カエルさんも、こんな珍しいのは、記憶にありません。何もかも知らないでいて、少しショックを受けています。

2020/04/15 (Wed) 20:29

ichan  

こんばんは

最近、蛙が減ってきたように感じます。
アマガエルはよく見かけるのですが・・・。
鴛鴦の雄の綺麗さは際立っていますね。

2020/04/15 (Wed) 21:12
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは

ichanさん、こんばんは。

> 最近、蛙が減ってきたように感じます。
> アマガエルはよく見かけるのですが・・・。

そうですか。町中に住んでいると、そういう自然界の変化に疎くて、何も知らない爺さんに成り下がってしまいます。カエルそのものを十年以上、近所では見ていません。

> 鴛鴦の雄の綺麗さは際立っていますね。

そうですね。動物園にいる限り、餓死したり、敵に襲われて死ぬとか、そういうことが無いように思います。餌をしっかり食べて規則正しい生活を送る。羽色の美しさにも磨きがかかるのかもしれません。
ところで、雄の夏の羽色をご存知ですか。あの鮮やかな色から一転し、雌と判別がつかないような色合いになってしまいます。その時期の鴛鴦は見てもつまらないと思うか、珍しいものを見たと思うか、微妙な感想を持つ方が少なくないのかもしれません。

2020/04/15 (Wed) 22:40

Leave a reply