次大夫堀公園民家園~岡本公園民家園~岡本八幡神社~静嘉堂文庫~二子玉川駅(7) - 次大夫堀公園民家園~岡本公園民家園~岡本八幡神社~静嘉堂文庫~二子玉川駅_2020_Feb
FC2ブログ

次大夫堀公園民家園~岡本公園民家園~岡本八幡神社~静嘉堂文庫~二子玉川駅(7)

次大夫堀公園民家園を後にして、岡本に向かう。この一角には、岡本公園民家園と岡本八幡神社と三菱財閥ゆかりの静嘉堂文庫とがある。(02/26撮影)

最寄りの世田谷総合高校バス停からの道中
バス停から徒歩5分ほど。山いや丘かな。国分寺崖線の湧水がある辺り。静嘉堂文庫美術館の建物だろうか。瀟洒な屋根が見えてきた。付近は世田谷区内でも屈指の高級住宅街なんだろう。
最寄りの世田谷総合高校バス停からの道中
岡本公園民家園(1)
ここは、前回分まででみてきた次大夫堀公園民家園からするとこじんまりした施設。古民家が1軒あるのみだ。ささっとみて回ることにする。
正門から見た様子
岡本公園民家園(1)_1
岡本公園民家園(1)_2
岡本公園民家園(1)_3
庭には三椏の花が咲いていた
岡本公園民家園(1)_4
岡本公園民家園(1)_5
古民家をもう一度よく見ておこう
大戸口から建物内部に入ってみる。烏の絵柄のうちわが迎えてくれる、どういう意味合いがあったのだろうか?おそらくすもも祭のすもも祭で買い求めた烏団扇なのだろう。
岡本公園民家園(1)_6
岡本公園民家園(1)_7
岡本公園民家園(1)_8
岡本公園民家園(1)_9
岡本公園民家園(1)_10
岡本公園民家園(1)_11
岡本公園民家園(1)_12

■からす扇・からす団扇」の起源
「からす扇・からす団扇」の起源は、五穀豊穣・悪疫防除の意味からで、その扇や団扇で扇ぐと害虫は駆除され病気は平癒する、という深い信仰があるからである。そのいわれは今から約1200年前、大同2年(807年)に「古語拾遺」の神話から出ており、内容は次のとおりである。
からす扇・からす団扇
神代の昔、大地主神が田植えをなさる時に、早乙女や田夫らを労うために牛肉をご馳走(※)した。 ところが御歳神の御子がそれをご覧になって家に帰ってそのことを御父にお告げになった。 御歳神は、これをお聞きになり非常にご立腹なされて、田にイナゴを放ち、苗の葉をことごとく 喰い枯らせてしまった。大地主神は大変に驚かれて、何か神の崇りであろうといって卜者を呼んで 占わせてみたところが「これは御歳神の崇りであるから宜しく白猪、白馬、白鶏を献じて お詫びするのがよろしい、されば怒りも解けるであろう」とお告げがあったので、その通りに したところお怒りが解けたばかりではなく、蝗の害を駆除する方法も、いろいろと教えて下された。 その方法の中に「烏扇をもって扇げ」とお教えなさったのである。
※明治に入るまでは、鳥以外の肉を食する事を嫌っていた。


家屋の周り
当時の農具が無造作に置かれてあった
岡本公園民家園(1)_13
岡本公園民家園(1)_14
岡本公園民家園(1)_15
岡本公園民家園(1)_16
岡本公園民家園(1)_17
この先は岡本八幡神社
奉納された石灯篭には、見覚えのある名前があった
岡本公園民家園(1)_18
岡本公園民家園(1)_19
岡本公園民家園(1)_20

記事構成の都合上、雛飾りの様子は次回に回すことにする
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2020年04月14日
最終更新 2020年04月14日

20 Comments

There are no comments yet.

ヒデの気まぐれ撮影日記  

きれいに整備された古民家を見せて
いただきました。
小道具も見たことはありますが
何に使用するのかは定かではないです。
小さい頃の記憶で昔我が家にもあったような
気がします。
これだけの民家をきちんと整備して残すためには
並々ならぬ努力が必要なんでしょうね。

2020/04/14 (Tue) 05:32

りおん  

小道具たち、味がありますね~・・・
大切に保管されていて、いいですね。
烏団扇、大國魂神社のものと同じ絵柄です。
購入の際、自分で選ぶことはできないのですが
うちわの骨の部分に、烏の眼がかぶっていると
その年は特にいい年になると聞きました。

ユーミンご夫妻のお名前が!!@@
何がご縁があるのでしょうか?

2020/04/14 (Tue) 06:41

MT  

おはようございます

これはすごい灯籠を見つけましたね!これに気付くなんてさすがです。
2月の撮影とのことですが、今年は2月、3月に夏らしい日が続きましたよね。一方で4月になって寒い日が続くなんて体調壊しそうです。少しでも悪くなりそうになると暖かくして寝たり、栄養ドリンク飲んだりと季節の変わり目に調子悪くならないように必死です。気を付けねば、コロナにやられそうで今年はいつもにないくらい用心しています。

2020/04/14 (Tue) 07:02

K.R.M  

おはようございます。
足踏みの脱穀機覚えています。
子供の頃に動かしてみたのですが、回転が逆になって上手くいかなかった記憶があります。
懐かしいですね〜。

2020/04/14 (Tue) 09:30

hg  

お早うございます。どこともこの頃は古民家をしっかり残してお披露目していますね。
昔の家はどっしりと貫禄十分立派な物ですね懐かしい土間続きのおくどさん?わかります?(笑)
わらじに石臼・・・子供の時に田舎のおばあちゃんの家に行ったときの事を思い出しました。
囲炉裏を囲んで団子汁を食べた懐かしい思い出です。今はあの家もどうなってるのかな?

2020/04/14 (Tue) 09:39

x都人x  

子供の頃に見た生活道具とか農機具は
どれも懐かしくて実際に子供の頃使い
お手伝いをしてましたね^^

タイムスリップした感覚に(笑

2020/04/14 (Tue) 11:34
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

ヒデの気まぐれ撮影日記さん、こんばんは。

> きれいに整備された古民家を見せて
> いただきました。
> 小道具も見たことはありますが
> 何に使用するのかは定かではないです。
> 小さい頃の記憶で昔我が家にもあったような
> 気がします。
> これだけの民家をきちんと整備して残すためには
> 並々ならぬ努力が必要なんでしょうね。

我が家は農家でも漁業関係でもなかったので、こうした道具には疎いのですが、親せきの家には、農耕馬などもいました。なので、収録の奥へ向かい道は馬糞が落ちていました。後年、スペイン巡礼に行き、馬糞や牛糞だらけの道を見て、既視感がありました。考えることもなく、生れ育った土地で見たものでした。
このあたり一帯は超高級住宅地です。瀟洒な住宅が目立ちますが、この古民家も負けていませんでした。

2020/04/14 (Tue) 18:58
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

りおんさん、こんばんは。

> 小道具たち、味がありますね~・・・
> 大切に保管されていて、いいですね。

そうですね。きれいに維持管理されてありました。

> 烏団扇、大國魂神社のものと同じ絵柄です。
> 購入の際、自分で選ぶことはできないのですが
> うちわの骨の部分に、烏の眼がかぶっていると
> その年は特にいい年になると聞きました。

そうなんですか。私は結婚するまで、ドサ周り生活だったので、東京のことに疎いんです。大國魂神社にも行ってr見たいのですが、何回か前を通り過ぎただけ。自分で運転しないと、遠慮があって、なかなか立ち寄れませんね。

> ユーミンご夫妻のお名前が!!@@
> 何がご縁があるのでしょうか?

この近くに住んでおられると聞きました。それで神社が気に入ったようで、奉納されたと聞きました。確かに有名人が住んでいてもおかしくない高級住宅地ですよね。
私のイメージからすると、磯子のドルフィンの方がお似合いの気がします。『海を見ていた午後』がつくられたころ、会社をさぼって行っていました。

2020/04/14 (Tue) 19:09
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます

MTさん、こんばんは。

> これはすごい灯籠を見つけましたね!これに気付くなんてさすがです。

このあたりでは結構有名なようです。といっても知る人ぞ知る存在程度でしょうが。

> 2月の撮影とのことですが、今年は2月、3月に夏らしい日が続きましたよね。一方で4月になって寒い日が続くなんて体調壊しそうです。少しでも悪くなりそうになると暖かくして寝たり、栄養ドリンク飲んだりと季節の変わり目に調子悪くならないように必死です。気を付けねば、コロナにやられそうで今年はいつもにないくらい用心しています。

本格的な春になってから寒く感じる日が続きますね。うっかり風邪でも引こうものなら、周囲から蛇蝎の如くみられるのは覚悟しなくては。
引き籠もっているうちに春の渡り鳥が居なくなってしまいますよね。気は焦りますが、仕方がありません。
自宅に引きこもっていたのでは照準器の練習もできません。腕立て伏せでもするしかないでしょうかね。(^^;

2020/04/14 (Tue) 19:16
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> おはようございます。

K.R.Mさん、こんばんは。

> 足踏みの脱穀機覚えています。
> 子供の頃に動かしてみたのですが、回転が逆になって上手くいかなかった記憶があります。
> 懐かしいですね〜。

私は鈍臭いので、回転する機械が怖くて。ポーカーフェイスで居ましたが、『やってみないか』などと声を掛けられないように、興味が無さそうな顔をしていました。興味は人一倍あったのですが。

2020/04/14 (Tue) 19:19
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

hgさん、こんばんは。

> お早うございます。どこもこの頃は古民家をしっかり残してお披露目していますね。

そうですね。大都市川崎市がその走りだったようです。けいひんこうぎょうちたいがどんどんはってんし、固定資産税がどんどん入ってきたらしいです。そのお金で、『日本民家園』を作ったようです。
それを見に行った地方自治体の関係者が、何故地元に残さなかったのかと切歯扼腕したとか。それがきっかけで、各地の古民家が残されるようになったという事情があったようです。

> 昔の家はどっしりと貫禄十分立派な物ですね懐かしい土間続きのおくどさん?わかります?(笑)

我が家にも土間はなかったですが、かまどがありました。炊飯は私の仕事でした。今でも羽釜炊飯はちゃんとできると思います。

> わらじに石臼・・・子供の時に田舎のおばあちゃんの家に行ったときの事を思い出しました。
> 囲炉裏を囲んで団子汁を食べた懐かしい思い出です。今はあの家もどうなってるのかな?

どうなっているんでしょうね。たいていは取り壊されてしまったようですが。

2020/04/14 (Tue) 19:26
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

x都人xさん、こんばんは。

> 子供の頃に見た生活道具とか農機具は
> どれも懐かしくて実際に子供の頃使い
> お手伝いをしてましたね^^
>
> タイムスリップした感覚に(笑

昔はコンバインなどない時代でしたから。こういう昔ながらの野プ危惧も結構使い続けられていたんでしょうね。それがいまは、トラクターが入りやすいように1枚の田圃が広大に。
お蔭で、オオカラモズの撮影には遠すぎて、安物レンズでは歯が立たなくて悔しい思いをしました。

2020/04/14 (Tue) 19:29

のんびり熊  

こんばんは
足踏みの脱穀機、まだ家のと何処かにあるかも

アラッ
現代でも寄進される方がおられるんですネエ
無信心なボクは縁が無い
と言うとバチが当たるかナア
せめてお賽銭くらいにしとこう

2020/04/14 (Tue) 19:34

ラブリーバード  

こんばんは、

岡本民家園、私も良く行きますょ

数年前には蛍の飼育と蛍祭り等いろんなイベントが行われて

いました。野鳥も多く見られます。

2020/04/14 (Tue) 20:30

ichan  

こんばんは

古民家の風情、良い感じですね。
昔は皆、このような感じだったのでしょうね。
東日本大震災時に半壊した土蔵に似たような
器具が収納されていました。
塵として処分してしまいました。

2020/04/14 (Tue) 20:52
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 足踏みの脱穀機、まだ家のと何処かにあるかも

コンバインを使用していなければ、まだまだ重宝するかもしれませんよね。

> アラッ
> 現代でも寄進される方がおられるんですネエ
> 無信心なボクは縁が無い
> と言うとバチが当たるかナア
> せめてお賽銭くらいにしとこう

安い金額じゃ済みそうもありませんからね。我々レベルでは、お賽銭でとどめておくのが妥当かも。
こちらの寄進者はユーミンご夫妻ですから。私のように金額の算段なんかしないのでしょうね。

2020/04/14 (Tue) 20:57
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは、

ラブリーバードさん、こんばんは。

> 岡本民家園、私も良く行きますょ

あれまぁ、そうでしたか。考えれば、バス1本で来られそうですね。

> 数年前には蛍の飼育と蛍祭り等いろんなイベントが行われて
> いました。野鳥も多く見られます。

国分寺崖線の湧水がありますし、緑も多いですから、野鳥さんがいてもおかしくないことなんでしょうね。
居たような気がしましたが、スナップ用のレンズでは、…。

2020/04/14 (Tue) 21:04
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは

ichanさん、こんばんは。

> 古民家の風情、良い感じですね。
> 昔は皆、このような感じだったのでしょうね。

今でこそ、付近は超高級住宅地ですが、その昔は、江戸近郊の大農村。田圃と畑と茅葺きの家だけだったのでしょうね。この崖からは国分寺崖線の湧水がわいています。なので、田んぼなども水の心配などなかったのではないかと思います。農業に適した土地だったと思います。

> 東日本大震災時に半壊した土蔵に似たような
> 器具が収納されていました。
> 塵として処分してしまいました。

もったいないけど仕方がないことですよね。私の生れ育ったところでは、大勢の方の人命が失われました。

2020/04/14 (Tue) 21:10

nagomi  

今晩は!

昔懐かしい精米機や脱穀機など見覚えのある農機具が保存されていますね。
母親の実家へ行くとこの様な農機具が沢山有りました。
夏休みはスイカ番小屋に寝泊まりしてスイカ泥棒を見張っていました。
古い民家を見ると懐かしさが思い出されます。

2020/04/15 (Wed) 20:04
AzTak

AzTak  

Re: 今晩は!

nagomiさん、こんばんは。

> 昔懐かしい精米機や脱穀機など見覚えのある農機具が保存されていますね。
> 母親の実家へ行くとこの様な農機具が沢山有りました。
> 夏休みはスイカ番小屋に寝泊まりしてスイカ泥棒を見張っていました。
> 古い民家を見ると懐かしさが思い出されます。

そんな田舎まで行かずとも、すんでいたところにはいくらでもありました。農耕馬までいましたから。
スイカ泥棒はしたことがありません。横須賀に住んでいたころは、隣の三浦市の知人のところに行って、おいしい三浦スイカをごちそうになるのが楽しみでした。わが故郷には、スイカと似たような球がありました。外の皮をむくと真っ白い中身が。それを天日干しにすると、おいしい干瓢に。

2020/04/15 (Wed) 20:24

Leave a reply