次大夫堀公園民家園~岡本公園民家園~岡本八幡神社~静嘉堂文庫~二子玉川駅(3) - 次大夫堀公園民家園~岡本公園民家園~岡本八幡神社~静嘉堂文庫~二子玉川駅_2020_Feb
FC2ブログ

次大夫堀公園民家園~岡本公園民家園~岡本八幡神社~静嘉堂文庫~二子玉川駅(3)

旧加藤家住宅主屋
主屋外観
江戸近郊の農家でも、純然たる農家なんだなあ。間取りも江戸後期の典型的な農家の間取りだ。昔は、養蚕をしていたようだ。
主屋外観_1
主屋外観_2
主屋外観_3
物置
案内図では『水屋』と表記されているが『物置』と敢えて表記する。自家製の茶葉を作る焙炉(ホイロ)が置かれていたり、竹の雨どいがあったりして、凝っているなあ。
物置_1
物置_2
物置_3
物置_4
屋内の一番右端のスペース
ここでは、藍染めの会の作業スペースがあった。藍建てを行ったりするのかな?活動日でなかったようで、誰も居ず、質問などはできなかった。昔は馬屋だったところだろうか?
屋内の一番右端のスペース
2015年6月に行ったときの様子
2015年6月に行ったときの様子_藍染めの会
土間
梁の木材は、地方の農家と同様に曲がった木材を使用しているんだ
土間_1
土間_2
土間_3
居間など
居間など_1
居間など_2
居間など_3
雛飾りなど
雛飾りの時期なんだなあ
雛飾りなど_1
雛飾りなど_2
吊るし雛をも飾る準備をしているんだ
雛飾りなど_3
切り干し大根と菱餅の残りで雛あられも製作中だった。時期になれば、桑の葉を食べる蚕の様子が観察できるのだが、それは、初夏のころかな。
雛飾りなど_4
雛飾りなど_5
2015年6月に行ったときの様子
2015年6月に行ったときの様子_養蚕_1
2015年6月に行ったときの様子_養蚕_2
2015年6月に行ったときの様子_養蚕_3
2015年6月に行ったときの様子_養蚕_4
2015年6月に行ったときの様子_養蚕_5
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2020年03月03日
最終更新 2020年03月03日

20 Comments

There are no comments yet.

ヒデの気まぐれ撮影日記  

江戸時代の農家をゆっくり
見せていただきました。
ちいさいころの我が家もこんな造り?
のような気がしましが実感はありません。
記憶の奥にあるような気がします。
お蚕さんは小さい頃からあまり好きではありません
一番の収入源だったのでしょうね。

2020/03/03 (Tue) 05:15

りおん  

日本昔話に出てくるようなおうちですね~^^
ちいさくてかわいい感じがしますが、中はかなり広そうですね。
農家の間取り・・・どんな間取りなのでしょうか?
室内の、黒く燻された感じが落ち着きますね~・・・
こういう場所で本でも読みながらのんびり過ごしてみたいものです。

2020/03/03 (Tue) 07:16

K.R.M  

おはようございます。
3枚目の絵に写っているのは脱穀機ですよね。
子供の頃、実際に作業している様子を見た記憶があります。
懐かしくて涙が出そうです。

2020/03/03 (Tue) 09:59

pescetarian  

おはようございます。
小さい頃は蚕の繭で遊んだりして。
彼方此方走り回ったら、そこら中にある桑の実がオヤツでした。
タイミングが合うと森林公園の山桑の実を食べちゃいますが、チョット違う。。。

2020/03/03 (Tue) 11:37

x都人x  

建物とか軒先に置かれた農機具などを
見てると子供の頃に見た田舎の家を
思いだしますね~

とっても懐かしい風景です。

2020/03/03 (Tue) 14:22

さゆうさん  

こんにちは。
古民家を見せて頂きましたが、農機具などで見覚えのあるものが見らて懐かしく思いました。
養蚕、疎開の頃を思い出しました。
良きものを見せて頂きありがとうございます。

2020/03/03 (Tue) 17:05

のんびり熊  

こんばんは
フ~~ン
鯱鉾飾りの雛壇は初めて見ました。
凝ってますねエ。
岡谷市の蚕糸博物館では毎年お蚕さんを飼っていますよ。
それで絹布を作っているようです。

2020/03/03 (Tue) 19:30

ichan  

こんばんは

旧加藤家住宅主屋の梁、現代の大工さんで
組める人は宮大工他の一部だけでしょうね。
この曲がった梁が煤けているところが
良い味を醸し出していると感じます。

2020/03/03 (Tue) 20:41

MT  

こんばんは

農家といえば、大江戸今昔めぐりというアプリを入れているのですが、23区内の今の場所が江戸時代どうだったかがわかるものです。それによるとほとんど村ばかりで、今はいい高級住宅地も、昔はど田舎ばかりです!?結局、威張っても仕方ないんじゃないの〜、と思いました。

2020/03/03 (Tue) 21:10
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

ヒデの気まぐれ撮影日記さん、こんばんは。

> 江戸時代の農家をゆっくり
> 見せていただきました。
> ちいさいころの我が家もこんな造り?
> のような気がしましが実感はありません。
> 記憶の奥にあるような気がします。

農家の間取りには大きく分けて、土間に面する床のある部分が広い一部屋である広間型と、その発展系として考えられている部屋が田の字に主に四室から構成された田の字型の二つに大別できるそうです。その内でも、田の字型の間取りが多かったんじゃないかと思います。

> お蚕さんは小さい頃からあまり好きではありません
> 一番の収入源だったのでしょうね。

私が学生のころは、農業経済学の教授が、農家の一番の収入源は、お米だと言っていました。そのころは、逆ザヤなどがあった頃でしたから、そうだったんでしょう。
江戸の時代までさかのぼれば、食管制度など存在するはずもなく、また、人絹なども存在せず、養蚕が一番の収入源だったのでしょうね。
ムニュムニュとうごめくのはお好きじゃありませんか。まあ、そうでしょうね。

2020/03/03 (Tue) 22:42

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
竹の雨どいですか! いいものですね~♪
蚕は小学校の頃飼いました♪

今日は久しぶりの友達と会い、近くの公園に行ったら初見の椿寒桜が満開でした!
事務所では飾ってあったひな人形の片付けを始めていました。
公園はコロナの影響か人は少なめでしたが、気持ちのよい陽射しの中で
いい時を過ごせました♪ 

2020/03/03 (Tue) 22:54
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

りおんさん、こんばんは。

> 日本昔話に出てくるようなおうちですね~^^
> ちいさくてかわいい感じがしますが、中はかなり広そうですね。

今の狭小な住宅と比較すれば、かなり広いということになりますが、さほど広くはなかった感じでした。次の取り上げる家屋は少し広く、最後の取り上げる家屋は極めて広い感じです。

> 農家の間取り・・・どんな間取りなのでしょうか?

農家の間取りには大きく分けて、土間に面する床のある部分が広い一部屋である広間型と、その発展系として考えられている部屋が田の字に主に四室から構成された田の字型の二つに大別できるそうです。
日本民家園などを見ても田の字型が圧倒的に多いと認識しています。もっとも、百年住宅どころじゃない数百年住宅ですから、大きく叱りした住宅じゃなければ、今の時代まで残らなかったことでしょう。そういう観点からは、田の字型になるのは必然だったかもしれません。

> 室内の、黒く燻された感じが落ち着きますね~・・・
> こういう場所で本でも読みながらのんびり過ごしてみたいものです。

セキュリティなどを考えなければ、夏はあちこち開け放して風の通りを良くし、蚊帳を吊ってその中に寝る。最高に気分がよかったかもしれませんね。

2020/03/03 (Tue) 23:05
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> おはようございます。

K.R.Mさん、こんばんは。

> 3枚目の絵に写っているのは脱穀機ですよね。

唐箕ですか。千歯扱きや足踏式脱穀機で脱穀した後に、もみ殻を吹き飛ばす機械ですよね。

> 子供の頃、実際に作業している様子を見た記憶があります。
> 懐かしくて涙が出そうです。

我が家は農家じゃありませんでしたが、親せきは皆農家で、よく見たものでした。

2020/03/03 (Tue) 23:14
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> おはようございます。

pescetarianさん、こんばんは。

> 小さい頃は蚕の繭で遊んだりして。
> 彼方此方走り回ったら、そこら中にある桑の実がオヤツでした。
> タイミングが合うと森林公園の山桑の実を食べちゃいますが、チョット違う。。。

なかなかワイルドな少年時代をお過ごしになったようですね。私はかなり田舎にいましたが、いわゆる漁業の新開地で、養蚕農家は周囲にはいませんでした。なので桑の実を頬張る機会も御蚕さんを見たりする機会もありませんでした。
遣ることがありませんから、毎日海や川で遊んでいました。
大人になって、桑の実のジャムを買い求めて食べたりしています。非常に美味なものですね。

2020/03/03 (Tue) 23:20
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

x都人xさん、こんばんは。

> 建物とか軒先に置かれた農機具などを
> 見てると子供の頃に見た田舎の家を
> 思いだしますね~
>
> とっても懐かしい風景です。

昔は、刈り入れてから、ハサガケに始まる一連の作業がありましたね。あれで美味しくなるんだと思っていたのに、今はトラクターで脱穀まで一気にやってしまうんですね。なんだか味気ない感じがします。

2020/03/03 (Tue) 23:23
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは。

さゆうさんさま、こんばんは。

> 古民家を見せて頂きましたが、農機具などで見覚えのあるものが見らて懐かしく思いました。
> 養蚕、疎開の頃を思い出しました。
> 良きものを見せて頂きありがとうございます。

今年、古希を迎えますが、私より上の年代の地方の子供たちは、懐かしく思う情景だと思います。QOLは今の方がよいとは思うのですが、何か昔の生活も良かったなあと思うのです。

2020/03/03 (Tue) 23:27
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> フ~~ン
> 鯱鉾飾りの雛壇は初めて見ました。
> 凝ってますねエ。

言われて初めて気づきました。確かにしゃちほこがついていますねえ。

> 岡谷市の蚕糸博物館では毎年お蚕さんを飼っていますよ。
> それで絹布を作っているようです。

こちらでもやっています。一番大きな住宅に織機が難題もあり、そこで作業をしています。女の城としう感じでなかなか踏み込めませんが。

2020/03/03 (Tue) 23:35
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは

ichanさん、こんばんは。

> 旧加藤家住宅主屋の梁、現代の大工さんで
> 組める人は宮大工他の一部だけでしょうね。

(ФωФ)フフフ・・・、今の大工さんはまっすぐな材木しか扱っていないでしょうから、出来ない方がほとんどでしょうね。

> この曲がった梁が煤けているところが
> 良い味を醸し出していると感じます。

そうですね。世田谷だと、付近に雑木林などないでしょうから、燻すのもモノ入りなんでしょうね。

2020/03/03 (Tue) 23:37
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは

MTさん、こんばんは。

> 農家といえば、大江戸今昔めぐりというアプリを入れているのですが、23区内の今の場所が江戸時代どうだったかがわかるものです。それによるとほとんど村ばかりで、今はいい高級住宅地も、昔はど田舎ばかりです!?結局、威張っても仕方ないんじゃないの〜、と思いました。

そうですよね。『春の小川』なんて、代々木辺りの情景を歌った歌ですから。純農村だったようです。山浮き講釈帝から出た水が河骨川となり、その辺りが『春の小川』のあったところのようです。それが渋谷の宇田川に合流しすぐに渋谷川になり、渋谷駅の地下を流れているんですから。
目黒も世田谷も、昔の江戸ではなく、江戸近郊の農村だったはずです。

2020/03/03 (Tue) 23:44
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 竹の雨どいですか! いいものですね~♪

鎌倉にある一条恵観山荘に素敵なのがありました。粋だなあと思っていましたが、此方にもありました。あそこは、いろいろなグループ活動が盛んなので、ああいうものは自作してしまうのかもしれませんね。

> 蚕は小学校の頃飼いました♪

そうでしたか。私のところは田舎ですが、漁業だけの新開地で、そういうのはなかったんです。

> 今日は久しぶりの友達と会い、近くの公園に行ったら初見の椿寒桜が満開でした!
> 事務所では飾ってあったひな人形の片付けを始めていました。
> 公園はコロナの影響か人は少なめでしたが、気持ちのよい陽射しの中で
> いい時を過ごせました♪ 

それはよかったですね。今日は所用があり、浜松町の元の勤め先に行きました。ついでだから竹芝桟橋などに立ち寄りました。そうしたら、帆船の日本丸が晴美に停泊していました。もう少し長いレンズを持参するんでした。

2020/03/03 (Tue) 23:51

Leave a reply