江戸東京たてもの園(11) - 江戸東京たてもの園_2012_December
FC2ブログ

江戸東京たてもの園(11)

E2小寺醤油店(こでらしょうゆてん)
大正期から、現在の港区白金で営業していた店です。味噌や醤油、酒類を売っていました。
庇の下の腕木とその上の桁が特徴の〈出桁造り(だしげたづくり)〉がこの建物のみどころです。
[港区白金五丁目/1933年(昭和8)]

味噌や醤油、酒類を商っていた。而して看板は『小寺醤油店』としたのか。今だと専門店の少ない順から、醤油、味噌、酒かな。なぜ、酒店としなかったのか?主人のこだわりがあったのだろうか?調べてみたら、創業者が醤油造りの蔵元で修行したためのようだ。
建物の側面に一切開口部がないのは、今の東京の建て込んだ状況と同じだ。この頃からそうだったのだろうか?母屋の右隣りに立つ袖蔵は、鉄筋コンクリート造2階建だそうだ。
小寺醤油店_0
小寺醤油店_1
小寺醤油店_2
小寺醤油店_3
小寺醤油店_4
小寺醤油店_5
小寺醤油店_6
こんなに堅牢な金庫を用意するほど売上があったのだろうか
小寺醤油店_7
随分と小粋な火鉢だ
小寺醤油店_8
小寺醤油店_9
小寺醤油店_10
小寺醤油店_11

詳しい解説があるHPへjump
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2013年01月18日
最終更新 -0001年11月30日

10 Comments

There are no comments yet.

makira  

こんばんは

AzTakさん こんばんは
私の田舎町も城下町でしたが、将軍様お膝元の江戸は
相当の住居密集地帯だったと思われます
道路の両脇に口の歯のように商店や住居が隙間なく建っていたと
思われます。
田舎もそうでしたが、やはり両脇の側面壁には窓はなかったです
明かりは側面ではなく上から取っていました

あれ?サントリーオールドがある
オールドは1940年(昭和15年)誕生なんですが・・・?

2013/01/18 (Fri) 04:13

AzTak  

Re: こんばんは

> AzTakさん こんばんは

makiraさん、お早うございます。

> 私の田舎町も城下町でしたが、将軍様お膝元の江戸は
> 相当の住居密集地帯だったと思われます
> 道路の両脇に口の歯のように商店や住居が隙間なく建っていたと
> 思われます。
> 田舎もそうでしたが、やはり両脇の側面壁には窓はなかったです
> 明かりは側面ではなく上から取っていました

そういうものなんですかね。まあ、前後に窓があるから窓なし部屋ではないんでしょうが。

> あれ?サントリーオールドがある
> オールドは1940年(昭和15年)誕生なんですが・・・?

最盛期の商いの様子を再現するコンセプトだそうです。この建物は、看板建築熱も少し下火になっただろう昭和8年建築のものです。付属する蔵の方の探検を失念してしまったので、詳しい解説があるHPのURLを追記しておきます。

http://white.ap.teacup.com/syumoku/1063.html

2013/01/18 (Fri) 07:25

花咲かじいさん  

昭和の香り

建物の外観・店内の様子が昭和の香りで
プンプンしていますね。
この時期は大型店も無くこのような小売店が繁盛
していたんですよね。
我が街でかって人混みでごった返していた駅前の
商店街は大型店の進出で閑古鳥が鳴いています。
全国のいたるところでこのような現象が
起こっていますね。
商店街の方も色々と努力はされているんでしょうが
打開策が見つかるといいんですが・・・

2013/01/18 (Fri) 19:46

梅サクラ  

こんばんは!

地方に行くと、まだこのような商店はあるかも知れないですが・・・。
懐かしい、感じがします。
でも、良く色々なものが保存されていましたね。
レジまで、残っているし、大きな金庫もありますね。
神棚もきちんとあって、素晴らしいです!!

2013/01/18 (Fri) 20:32

AzTak  

Re: 昭和の香り

花咲かじいさん様、こんばんは。

> 建物の外観・店内の様子が昭和の香りで
> プンプンしていますね。
> この時期は大型店も無くこのような小売店が繁盛
> していたんですよね。

かつては、醤油も味噌も、量り売り。量り売りかどうかは別問題として、対面販売が主流だったんですね。対面販売ということになれば、店舗が身近に必要だったんでしょう。いまは、大型店も生き残るのに必死な程の、通販全盛時代になりつつあるようですね。大分様相が変わって来ましたね。

> 我が街でかって人混みでごった返していた駅前の
> 商店街は大型店の進出で閑古鳥が鳴いています。
> 全国のいたるところでこのような現象が
> 起こっていますね。
> 商店街の方も色々と努力はされているんでしょうが
> 打開策が見つかるといいんですが・・・

単なる物品販売は、なかなか流れを取り戻すのが難しそうですね。食料品、ちょっとした日用品、工事が伴うようなもの、相談しながら購入したいものなどは、結構勝負できそうです。そういう業態が中心になっていくのかもしれません。

2013/01/18 (Fri) 21:14

AzTak  

Re: こんばんは!

梅サクラさん、こんばんは。

> 地方に行くと、まだこのような商店はあるかも知れないですが・・・。
> 懐かしい、感じがします。

そうですね。古色蒼然とした店舗は東京ではお目にかかることができなくなりつつありますね。

> でも、良く色々なものが保存されていましたね。

移築作業工程が下記URLに示されています。移築する際に、耐震性能を強化したり、色々しているようです。
http://tatemonoen.jp/fukugen/place02.html

> レジまで、残っているし、大きな金庫もありますね。
> 神棚もきちんとあって、素晴らしいです!!

神棚はそのまま持ってきたものでしょうね。金庫やレジはもしかしたら、同業のお店から譲り受けたものかもしれません。廃業すると粗大ごみで処分しなくてはいけないので、江戸東京たてもの園で引き取ってくれないかという相談があるんだそうです。以前取り上げさせていただいた丸二商店(荒物屋)の展示商品などは、ありがたく引き取らせていただいたものだそうです。
でも、金庫やレジも多分、このお店のものだと…断言するほどの自信はありません。m(_ _)m

2013/01/18 (Fri) 21:27

びび  

AzTakさん こんばんは。

昔は(と言いましても私が子供の頃ですが;)出桁造りというのですか?
このようなお店とかお家がよく見られたのですが、
もうここらでも見かけなくなりました・・・
懐かしい感じがします。

蔵といえば、山梨に出かけるとよく見かけるんですよね。
どんなものがしまってあるのか、とても興味があります。
なんでも鑑定団の見すぎでしょうか?(笑)

2013/01/18 (Fri) 23:37

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTakさん こんばんは。

びびさん、お早うございます。

> 昔は(と言いましても私が子供の頃ですが;)出桁造りというのですか?
> このようなお店とかお家がよく見られたのですが、
> もうここらでも見かけなくなりました・・・
> 懐かしい感じがします。

何も特別なものを展示するのではなく、昔の様子を伝えたいというコンセプトでしょうから、懐かしいと思われる建物は少なくないことでしょう。現存している建物は少なくなってきていることでしょうね。

> 蔵といえば、山梨に出かけるとよく見かけるんですよね。
> どんなものがしまってあるのか、とても興味があります。
> なんでも鑑定団の見すぎでしょうか?(笑)

これは袖蔵というやつです。在庫の商品や生活用具を収納するためのものだったようです。何と鉄筋コンクリート造りだそうです。申し訳ありませんが、この内部は見逃してしまいました。m(_ _)m

2013/01/19 (Sat) 07:12

kozoh55  

こんにちは、AzTakさん。
建物も素晴らしかったですが、
店内、最高ですね。
金庫、レジ、冷蔵庫?の台。
レジは触りたかったです。
「チン」なんていい音がするんでしょうね。
昔は酒屋さんというのは
お金持ちだったんでしょうね。

2013/01/19 (Sat) 12:01

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは、AzTakさん。

kozoh55さん、こんばんは。

> 建物も素晴らしかったですが、
> 店内、最高ですね。
> 金庫、レジ、冷蔵庫?の台。
> レジは触りたかったです。
> 「チン」なんていい音がするんでしょうね。

レジスターには『手を触れないでください』という標識があったので、チンと音がしたものかどうかは確かめられませんでした。こういうものがあったこと自体、裕福な商人であったことを明示しているんだと思いました。
冷蔵庫の台と思しきものはなかったような気が。

> 昔は酒屋さんというのは
> お金持ちだったんでしょうね。

馬鹿でかい袖蔵があるくらいです。このお店は流行っていて裕福だったんでしょうが、一般的に酒屋さんお金持ちだったかどうかまでは私にはわかりません。
白金辺りは今でこそ『ショウガネーゼ』のお馬鹿さんたちがセレブ風を吹かせていますが、当時は東京の度外れでした。そこから先は田舎というところで、決して超高級住宅地ではなかったはずです。だからこそ、量り売りの商売が成り立ったのかもしれませんが、どのくらい儲かったかまではわかりません。

2013/01/19 (Sat) 19:21

Leave a reply