ホテル雅叙園東京「百段雛まつり2020 出雲・因幡・萩ひな紀行」(2) - ホテル雅叙園東京「百段雛まつり2020 出雲・因幡・萩ひな紀行」_2020_Jan
FC2ブログ

ホテル雅叙園東京「百段雛まつり2020 出雲・因幡・萩ひな紀行」(2)

百段階段至る途中
都合上、順番を前後させた
最初はエレベータの表扉と内部の螺鈿細工。凄いといえばすごいが、ゲテモノ趣味だと反発する人もいらかもしれない。単純な私は、単に驚いてみているだけだった。
百段階段至る途中_1
百段階段至る途中_2
百段階段至る途中_3
エレベータを下りた辺りの展示。最初は浅草橋の職人原孝洲の手になる御所雛だった。現代人は飽きっぽいから、飽きが来ないようなシンプルなデザインになっているのだろうか?
百段階段至る途中_4
百段階段至る途中_5
吊るし雛も雰囲気がある。地方により特徴が出るのだろう。出雲のウサギの吊るし雛のようだ。
百段階段至る途中_6
百段階段至る途中_7
百段階段至る途中_8
百段階段至る途中_9
百段階段至る途中_10
百段階段至る途中_11
百段階段至る途中_12
十畝の間…時を旅するお雛さま、島根のお雛さま(島根・出雲 / 島根・松江)(2)
前回分で魂を盗られてしまったのかもしれない。大雑把な撮り方だった。う~~ん。
十畝の間(2)_1
十畝の間(2)_2
十畝の間(2)_3
十畝の間(2)_4
十畝の間(2)_5
十畝の間(2)_6
十畝の間(2)_7
十畝の間(2)_8
十畝の間(2)_9
十畝の間(2)_10
十畝の間(2)_11
十畝の間(2)_12
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2020年01月30日
最終更新 2020年01月30日

23 Comments

There are no comments yet.

ヒデの気まぐれ撮影日記  

日本の文化 伝統をここで見た
という感じです。
すばらしいですね。
気になることがあります。
♪お内裏様とお雛様二人並んですまし顔
と歌いますが二人の並び位置は
どちらが本当なんでしょうかね?
(お内裏様は向かって右?それとも左?)

2020/01/30 (Thu) 05:39

K.R.M  

おはようございます。
日本建築、日本庭園、盆栽、お人形等々、日本の伝統技術の高さと美しさに感動します。
吊るし雛、初めて拝見しました。日本人として恥ずかしい!

2020/01/30 (Thu) 07:49

hg  

お早うございます。
豪華絢爛とはこのことですね、インスタ映えで目の置き所に困ります。
エレベーターも凝った細工に驚きですね。
これでもかこれでもかとの芸術作品に感動のひとときです。

2020/01/30 (Thu) 08:35

りおん  

エレベーターがすごいことに@@
煌びやかさも、すぎると品がなくなりますよね。
これは賛否両論ありかと言うのも、わかる気がします~^^;

つるし雛、かわいくて場所をとらずに飾れるのが
いいですね!^^

2020/01/30 (Thu) 10:16

x都人x  

絢爛豪華で贅沢な気分を存分に
味合わせて頂きました。

2020/01/30 (Thu) 16:00

のんびり熊  

こんばんは
エレベーターの内・外の表現。
ここだから良いんじゃないの。
霞ヶ関のどこかだと・・・・
叱られるかも。

2020/01/30 (Thu) 17:33

turedure  

こんばんは

まぁ、部屋のほんのごく一部の映像に過ぎないのでしょうけど、
日本人作り出した伝統的な美意識と文化の作品ですね。

しかし、幼少から貧困が染みついたオイラは、
この環境に長く居るのは疲れるかも。(笑)

2020/01/30 (Thu) 18:42

MT  

こんばんは

ゲテモノだとか色々意見もありそうですが、ぶれないところは、さすが雅叙園と言ったところでしょうか。お雛様の時期まで、ここを訪れる人々の目を楽しませてくれそうです。こういう日本の文化をたくさんの中国の人にも見ていただきたかったですね。

2020/01/30 (Thu) 19:49

ララ  

うわ〜、きれ〜い\(^o^)/もうその一言です。
飾りびなが全体を一段と引き立てているようです・
雅叙園か、行ってみたいけど写真で楽しませていただいています。

2020/01/30 (Thu) 21:23

ichan  

こんばんは

飾りびなも凄いですが、エレベータの扉の
螺鈿細工、凄いですね。
中国人向きの設えと間違うほどです。

2020/01/30 (Thu) 21:31
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

ヒデの気まぐれ撮影日記さん、こんばんは。

> 日本の文化 伝統をここで見た
> という感じです。
> すばらしいですね。
> 気になることがあります。


> ♪お内裏様とお雛様二人並んですまし顔
> と歌いますが二人の並び位置は
> どちらが本当なんでしょうかね?
> (お内裏様は向かって右?それとも左?)

どうもあの歌詞も正しくないようです。最上段のお人形は、「男雛・女雛」または「お殿様・お雛様」と呼ぶのが正しいようです。が、そのことはさておき、並べ方は、地域差があるようです。以下は検索したものです。

関東では、向かって左側が男雛で右側が女雛
京都や関西の一部では、向かって右側が男雛で左側が女雛
※女雛を「お雛様」と呼ぶのはサトウハチローの童謡が元となった全くの誤りで、一対で「内裏雛」です。

置き方が逆になる現象の要因は、内裏雛が模しているという「帝」と「妃」の位置が、昔と今では変わっているからです。

2020/01/30 (Thu) 22:51
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> おはようございます。

K.R.Mさん、こんばんは。

> 日本建築、日本庭園、盆栽、お人形等々、日本の伝統技術の高さと美しさに感動します。
> 吊るし雛、初めて拝見しました。日本人として恥ずかしい!

『吊るし雛』の風習は各地にあるという訳ではなく、どうも偏りがあるようです。なので、恥ずかしいと思う必要はないと思います。ひな人形が飾られるならば、あえて吊るし雛を作る必要も無い筈で、…。

吊るし雛が始まったのは、江戸時代といわれています。
その頃、特別裕福ではない一般のお家では、雛人形はとても高価なもので、なかなか手に入らないものでした。

だけど、生まれてきた子供の幸せを願う気持ちはみんな一緒。
だから、お母さんやおばあちゃん、叔母さんから近所の人たちまで、みんなで少しずつ小さな人形をつくり、持ち寄って「つるし雛」が作られ始めたんです。

2020/01/30 (Thu) 22:56
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> お早うございます。

hgさん、こんばんは。

> 豪華絢爛とはこのことですね、インスタ映えで目の置き所に困ります。
> エレベーターも凝った細工に驚きですね。
> これでもかこれでもかとの芸術作品に感動のひとときです。

あの螺鈿細工には参ります。とにかく、魔法にかかったようで、平常心を失わせてしまうほどの豪華なものだと思っています。

2020/01/30 (Thu) 22:59
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

りおんさん、こんばんは。

> エレベーターがすごいことに@@
> 煌びやかさも、すぎると品がなくなりますよね。
> これは賛否両論ありかと言うのも、わかる気がします~^^;

まあ、あまり目くじら立てるのも大人げないので、ごく普通に驚いて見せることにしています。毎年1-2度見ているのに、それでもなお、実際にも驚いているんです。

> つるし雛、かわいくて場所をとらずに飾れるのが
> いいですね!^^

娘の嫁入り先の伊豆地方などには結構あるようです。私の生まれ育った土地にはまったくなくて、初めて吊るし雛を見た時は驚きました。

2020/01/30 (Thu) 23:03
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

x都人xさん、こんばんは。

> 絢爛豪華で贅沢な気分を存分に
> 味合わせて頂きました。


健闘にもドン・キホーテのような気宇壮大な男がいたようです。よくぞこんなふうに金のかかる建物を建てたものだと、今更ながら驚かされます。

2020/01/30 (Thu) 23:05
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> エレベーターの内・外の表現。
> ここだから良いんじゃないの。
> 霞ヶ関のどこかだと・・・・
> 叱られるかも。

それは怒られることなんでしょうねえ。民間の破天荒な男がいたからこそできた建物なんでしょうね。

2020/01/30 (Thu) 23:08
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

ララさん、こんばんは。

> うわ〜、きれ〜い\(^o^)/もうその一言です。
> 飾りびなが全体を一段と引き立てているようです・
> 雅叙園か、行ってみたいけど写真で楽しませていただいています。

たしかにきれいです。ですが、私のカメラワークが貧弱で、建物の素晴らしさも展示品の素晴らしさも、カナル削がれてしまっています。もし時間が撮れるなら、ご自身の目で見て、それをカメラにも取って見られることをお勧めします。

2020/01/30 (Thu) 23:10
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは

turedureさん、こんばんは。

> まぁ、部屋のほんのごく一部の映像に過ぎないのでしょうけど、
> 日本人作り出した伝統的な美意識と文化の作品ですね。

かなりお金をかけた贅沢すぎる建物です。そこに山陰地方の名家から拝借したひな人形の展示ですから、見ごたえがありました。

> しかし、幼少から貧困が染みついたオイラは、
> この環境に長く居るのは疲れるかも。(笑)

ふふふ、右に同じです。ただし、写真が上手く撮れなかったので、思いがけず長い時間とどまっていました。

2020/01/30 (Thu) 23:13
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは

MTさん、こんばんは。

> ゲテモノだとか色々意見もありそうですが、ぶれないところは、さすが雅叙園と言ったところでしょうか。お雛様の時期まで、ここを訪れる人々の目を楽しませてくれそうです。こういう日本の文化をたくさんの中国の人にも見ていただきたかったですね。

そうですね。ぶれずに我儘を貫き通したようです。
ひな人形も素晴らしいのが続々出てくるのですが、腕と機材とがしょぼいのか、思ったほどには撮れませんでした。

2020/01/30 (Thu) 23:16
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは

ichanさん、こんばんは。

> 飾りびなも凄いですが、エレベータの扉の
> 螺鈿細工、凄いですね。
> 中国人向きの設えと間違うほどです。

百段階段のしつらえにふさわしいものを後年追加製作したのでしょうね。2基のエレベータが並んでいて、そこに孔雀の螺鈿細工がしてあるものもありました。2機で一つのテーマを表現しています。立派ですよ。

2020/01/30 (Thu) 23:19

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/01/31 (Fri) 11:22

nagomi  

今晩は!

目黒雅叙園のひな祭りも良いですね、私も行きたくなりましたが最近体調が今一良くないので断念です。
吊し雛は茨城県の真壁市で見ましたが、可愛らしく綺麗でした。
ひな人形などは撮るのが難しそうですね。
どの様に撮れば良いか悩みそうです。
2月は東京ドームで世界らん展が始まるので其方へ行く予定です。

2020/01/31 (Fri) 21:50
AzTak

AzTak  

Re: 今晩は!

nagomiさん、こんばんは。

> 目黒雅叙園のひな祭りも良いですね、私も行きたくなりましたが最近体調が今一良くないので断念です。
> 吊し雛は茨城県の真壁市で見ましたが、可愛らしく綺麗でした。
> ひな人形などは撮るのが難しそうですね。
> どの様に撮れば良いか悩みそうです。

撮影技術と良いカメラと良いレンズとがあれば、何も問題がないのでしょう。ですが、私の場合は、ないない尽くしで、かなりの苦戦を余儀なくされてしまっています。

> 2月は東京ドームで世界らん展が始まるので其方へ行く予定です。

そちらも華やかで心浮き立つ感じですね。頑張って、その成果を見せてください。

PS.体調が戻られるようお祈りしています。

2020/02/01 (Sat) 21:45

Leave a reply