富士山5合目奥庭での定点観察(9) - 富士山5合目奥庭での定点観察_2019_Jul
FC2ブログ

富士山5合目奥庭での定点観察(9)

ルリビタキの若鳥は成鳥の雌と殆ど見かけが変わらない。皆で目を凝らしてみていたが、尾羽に青いものが見えた。なので、ルリビタキの若鳥、それも雄と判断した。

ルリビタキ(若鳥の雄)
水浴び前
やっぱり皆に拍手をいただく…そんな間が必要だと考えているビジュアル系の鳥さんなのかなと思ってしまう。確かに若鳥のうちから美しさは群を抜いている。
水浴び前_1
水浴び前_2
水浴び前_3
水浴び前_4
水浴び前_5
見えにくいところで水浴びかな
真正面に居る私のところからは、手前の土手が邪魔をしてしまう。
見えにくいところで水浴びかな_1
見えにくいところで水浴びかな_2
見えにくいところで水浴びかな_3
見えにくいところで水浴びかな_4
確かに水浴びしているのだが。良く見えないなあ。立ち上がると後方に人に迷惑がかかるし。
見えにくいところで水浴びかな_5
(ΦωΦ)フフフ…、激しく始めたな。見えないのが残念な限り。
見えにくいところで水浴びかな_6
また来たぞ
う~~ん、抜群にキレイだ。若鳥のときから見事だ。このときはすぐ飛んでしまった。中速の連写ではなく高速の連写にすべきだったかなあ。
また来たぞ_1
また来たぞ_2
今度こそ
やっとよく見える位置に来てくれた。そう思ったのに、…。どうも定位置が有るようだ。そこから、真正面に構えている私に向かって、『爺さん、そんなことばかりしていて、飽きないの?』という感じで見られたように感じた。『確かに、…』
今度こそ_1
今度こそ_2
今度こそ_3
今度こそ_4
今度こそ_5
またまた現れた
正直な話、成鳥の雌か、若鳥の雌雄か、私には判別ができない。今までの流れから、若鳥の雄と判断して扱う。
またまた現れた_1
またまた現れた_2
またまた現れた_3
またまた現れた_5
またまた現れた_6
またまた現れた_7
次に現れたとき
今回は比較的長く、あっちチョロチョロ、こっちチョロチョロとサービスしてくれた。この個体は間違いなく若鳥の雄だろう。ということで、直前のものも、若鳥の雄だと仮に見做したのだ。
次に現れたとき_1
次に現れたとき_2
次に現れたとき_3
次に現れたとき_4
次に現れたとき_5
次に現れたとき_6
次に現れたとき_7
次に現れたとき_8
次に現れたとき_9
次に現れたとき_10
次に現れたとき_11
次に現れたとき_12
木の上で
水分を除去しなくっちゃね
木の上で_1
木の上で_2
木の上で_3
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2019年08月30日
最終更新 2019年08月30日

14 Comments

There are no comments yet.

kaz  

おはようございます!

若のルリは綺麗です。ただし、水浴び前がいいですね・・・。

2019/08/30 (Fri) 06:11

徒然草  

おはようございます

この季節にルリビタキ君が見られるとはさすが富士山です。
まだまだ青くなるまでにはだいぶありそうな若鳥君ですが、
これはこれで奇麗だしお目目ぱっちりでカワイイですね。

2019/08/30 (Fri) 06:31

りおん  

あ!ほんとだ!!
腰のあたりが青いですね~!!
鳥さんの年齢や雌雄の見分け方まで
勉強されていらっしゃるのですね~@@
すごい~!!
おとこのこということは、何れあのお色に変化するのですね?
瑠璃色になったときにまた、お会いできるといいですね♪

2019/08/30 (Fri) 09:53

のんびり熊  

こんばんは
そうか、成鳥か、幼鳥か区別がつきにくいですか。
ヒトのメスも最近?は区別がつきにくくなっているような・・・

2019/08/30 (Fri) 19:38
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます!

kazさん、こんばんは。

> 若のルリは綺麗です。ただし、水浴び前がいいですね・・・。

そうですね。キレイですよね。勿論、私も大好きです。

ところが、最近は、以前は興味がなかったシメのようなブサイクなご面相の野鳥さんも併せて好きになってきました。私とシメさんと、同病相哀れむところがあるのでしょうか?

2019/08/30 (Fri) 19:47
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます

徒然草さん、こんばんは。

> この季節にルリビタキ君が見られるとはさすが富士山です。

流石に晩秋から初春にかけては、下界に降りてきて、我々の目を楽しませてくれるのでしょうが、私は成鳥の雌だけを見ただけで、幸せの青い鳥には下界ではお目にかかっていません。

> まだまだ青くなるまでにはだいぶありそうな若鳥君ですが、
> これはこれで奇麗だしお目目ぱっちりでカワイイですね。

野鳥界のジャニーズJrといったところでしょうかね。私など、美男子などとはまるで縁のない人生を歩んできました。どちらかと言うと、シメさんタイプでしょうか。(ノД`)シクシク

2019/08/30 (Fri) 19:54
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

りおんさん、こんばんは。

> あ!ほんとだ!!
> 腰のあたりが青いですね~!!
> 鳥さんの年齢や雌雄の見分け方まで
> 勉強されていらっしゃるのですね~@@
> すごい~!!

私は教えてもらったほうです。バードガイドさんが、水場に近づいてきた鳥さんを逸早く観察し、近づいてきたことと、鳥種や雌雄の別などを教えてくれるんです。時間があれば、特徴などもです。
その受け売りをしています。(^_^;)

> おとこのこということは、何れあのお色に変化するのですね?
> 瑠璃色になったときにまた、お会いできるといいですね♪

そうですね。下界ではどういうわけか雌さんにしか遭遇したことがありません。私は、幸せになりそこねの境遇なんでしょうかねえ。
次回以降、成鳥の雄を取り上げますが、年を経るごとに色味が濃くなるようです。が、本当に誰もが魅了されるような鮮やかな色味になるまで生きながらえるのは、ごく僅かだそうです。

2019/08/30 (Fri) 20:02

MT  

こんばんは

ジャスピンのお写真が多いですね。ここはAzTakさんの鍛えられた実力にそれを支えるキヤノンの能力の高さですね。こういう場所で私と機材の能力がどのような結果になってしまうのか、考えただけでも恐怖感があります…。

2019/08/30 (Fri) 20:09
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> そうか、成鳥か、幼鳥か区別がつきにくいですか。

流石に幼鳥は区別が付きます。成鳥の雌か若鳥の雌雄かが区別が難しいところですね。後で写真を見返すからわかるんです。私のレベルでは、瞬間ではなかなか自信を持って判別できません。

> ヒトのメスも最近?は区別がつきにくくなっているような・・・

(ΦωΦ)フフフ…、雌などと言うと叱られますよ。男性も本当に男性なのかよくわからない方が居ますよね。

2019/08/30 (Fri) 20:20
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは

MTさん、こんばんは。

> ジャスピンのお写真が多いですね。ここはAzTakさんの鍛えられた実力にそれを支えるキヤノンの能力の高さですね。こういう場所で私と機材の能力がどのような結果になってしまうのか、考えただけでも恐怖感があります…。

MTさんが撮れば、それこそバッチリでしょう。
ここは、日光が当たるところに来れば、ものすごく明るくなり、日陰だとものすごく暗くなります。そこをちょこまか動いてくれるので、日向のショットのときには、どうしても露光過剰になってしまいます。何とか補正していますが、冷や汗モノです。
ベテランさんは、ファインダーを覗きながらちょちょっといじって事なきを得ているようですが、私にはそういう余裕がなくて、…。

2019/08/30 (Fri) 20:27

ichan  

こんばんは

ルリビタキの写真、お見事です。
鳥さんの、個人的には難易度が高いです。

2019/08/30 (Fri) 20:56
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは

ichanさん、こんばんは。

> ルリビタキの写真、お見事です。
> 鳥さんの、個人的には難易度が高いです。

ここは、鳥撮り愛好家には撮りやすく、野鳥さんには撮られても安心の場所のようです。なによりおちついてとれますから、こんな有難いことはありません。

近づこうと思えばいくらでも近づける距離ですが、一度怖い思いをさせたら、もう二度と近寄ってはくらないかも。そういう気持ちがここに集まる人を紳士淑女にするのかもしれません。

どこかそういう場所があれば、野鳥さんは近寄ってくるのではないでしょうか。

2019/08/30 (Fri) 21:28

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
ルリビタキの幼鳥ですか!
オスの成長の青い色が印象的で
その他はすべてメスにしちゃいます 汗)
若い時から端正な顔立ちで、成長になった暁には
さぞ立派な青いルリビタキになるのでしょうね♪

2019/08/30 (Fri) 23:33
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、おはようございます。

> ルリビタキの幼鳥ですか!
> オスの成鳥の青い色が印象的で
> その他はすべてメスにしちゃいます 汗)

幼鳥はそれこそひっ捕まえてあそこを調べるしかなさそうです。それが若鳥になると、ちょっとだけ調べるすべが出てきた感じですね。

> 若い時から端正な顔立ちで、成鳥になった暁には
> さぞ立派な青いルリビタキになるのでしょうね♪

まあ、そうですね。雄さんが美しい瑠璃色なのも格別ですが、雌の優しげな様子も、それに負けないくらい好きです。

2019/08/31 (Sat) 07:32

Leave a reply