会津観光と相馬野馬追見物の旅(7) - 会津観光と相馬野馬追見物の旅_2019_Jul
FC2ブログ

会津観光と相馬野馬追見物の旅(7)

今回は、相馬野馬追の本祭における『甲冑競馬』と並ぶメインイベント『神旗争奪戦』を取り上げる。御神旗は、相馬中村神社が青、相馬太田神社が赤、相馬小高神社が黄色だそうだ。
神旗争奪戦(1)
数百騎が集結
神旗争奪戦に参加する数百の騎馬が集結してきた。そのさまは壮観だ。最初は関係者も混じっていた。
数百騎が集結_1
もう騎馬武者だけに。臨戦モードに突入だ。
数百騎が集結_2
旗指物の花が咲いた。などとのんびりした感想を言うのは部外者だからか。騎馬武者は興奮で、喉がからからかもしれない。
数百騎が集結_3
最初の御神旗が打ち上げられた
赤(相馬太田神社)と黄(相馬小高神社)の御神旗だ。画面中央に赤の御神旗が。右端に黄の御神旗が。左側に陣取った騎馬武者たちは目算が狂ったということだろう。空中で鞭で搦め取る。地上に落ちてしまった御神旗を、馬から降りて手で取ってはいけない。それがルールのようだが、…。争奪戦だから、そんな綺麗事では済まないのかなあ???
最初の御神旗が打ち上げられた_1
最初の御神旗が打ち上げられた_2
最初の御神旗が打ち上げられた_3
最初の御神旗が打ち上げられた_4
最初の御神旗が打ち上げられた_5
最初の御神旗が打ち上げられた_6
まだ誰も搦め取っていない。誰が搦め取ったのか不明だが、濃い赤の騎馬武者か相対している赤の騎馬武者かだとすると、相当御神旗の左側にいることになる。う~~ん、まったくわからない。
最初の御神旗が打ち上げられた_7
最初の御神旗が打ち上げられた_8
赤い騎馬武者の足下にある赤い布がそうかなあ?こうなると本当はアウトなのかなあ?
最初の御神旗が打ち上げられた_9
落馬の方はすぐわかった
御神旗の行方と違って、いとも簡単にわかった。肝心要の場所で落馬しないでよ。一生懸命御神旗の行方を追っているのに。
落馬の方はすぐわかった_1
皆でそ~っと囲い込むんだ。馬さんの後方の女性騎馬武者の位置に注目だ。
落馬の方はすぐわかった_2
思いがけず女性騎馬武者もフレームに入った。勇敢にも、興奮した馬さんを鎮めたようだ。凄いなあ。落馬の騎馬武者もしっかりせねば。腰を抜かしている暇なんて無いよ。
落馬の方はすぐわかった_3
優しそうに微笑まれ、馬さんも興奮状態が収まったかな。後方の少年騎馬武者も落馬したのかな?
落馬の方はすぐわかった_4
御神旗を搦め取ったのは
赤い方のご神旗の行方を追っていてわからなくなった。こちらの騎馬武者は赤を取ったのか、黄色を取ったのか、よくわからなかった。『取ったぞーっ』って高く掲げてくれればよくわかったのに。シャイなのかなあ。
御神旗を搦め取ったのは_1
御神旗を搦め取ったのは_2
御神旗を搦め取ったのは_3

御神旗を空中で鞭で搦め取る瞬間を1度は撮りたい。私の腕と機材と撮影位置とでは無理かなあ?

陣螺が鳴り終え、空中に炸裂した花火の中から二本の御神旗がゆっくりと舞い下りると、数百の騎馬は一斉にその方向へ。旗の下に群がり、鞭を振りかざしての奪い合いは、抜刀こそないが、まさに戦闘さながらである。御神旗をとった騎馬武者は高々と誇らしげに旗をかかげながら、本陣山の羊腸の坂を一気に駆け上る。この時のどよめきと喝采は、旗を得た者の最高の栄誉だ。こうして花火二十発・御神旗四十本が打ち上げられ、そのたびに旗の波が揺れ動く光景は一幅の戦国絵巻をも彷彿させる。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2019年08月19日
最終更新 2019年08月19日

18 Comments

There are no comments yet.

ヒデの気まぐれ撮影日記  

ちょっとルールが今いちわからないのですが
要するに打ち上げられた御神旗を馬に乗りながら取り
そのままゴールまで走りこめばいいのですか?
運動会の何かの競技に似ているような気がします(失礼)
それにしてもちょっと高い目線からその競技をきちんと
撮られていることに関心します
カメラ席のような場所があるのでしょうか?
お見事です

2019/08/19 (Mon) 05:18

鏡花水月  

AzTak様、おはようございます!
ホントに戦国絵巻の戦闘シーンのようですね。
武士の装束や旗のつけ方も様になっているというか、こなれた感じがします。
これだけの頭数の馬と乗り手を揃えられるのは、相馬は馬の産地なのかなと思いました。
戦国ドラマのロケとかもやっていそうです。

2019/08/19 (Mon) 07:31

憂行写人  

おはようございます

御神旗を空中で絡め取ったら勝負あり、ということでしょうか?それをさらに取り合ったりはしない感じですね。
なかなか興味深い御神事です。

2019/08/19 (Mon) 09:29

nagomi(yosaku03)  

今晩は!

相馬野馬追の行事も大変な行事だと思います。
馬に乗って走り回れば当然落馬することもあると思いますので危険を伴うと思います。
慣れているのでその様な事故は少ないと思いますが、十分な訓練と対策が行われていると思います。
見ている方は楽しくて夢中で写真を撮ってしまいと思います。
私も一度見てみたいですね。

今日は眼鏡を買い換えました。
今度は良く見えるようになりましたので目に疲れが軽減され調子が戻ると思います。

2019/08/19 (Mon) 17:21

x都人x  

え~何だか凄い事になってますが、、
此れが騎馬戦って、、本物か?

落馬してる人が居ましたが
大丈夫ですかね^^

2019/08/19 (Mon) 19:16

のんびり熊  

こんばんは
参加する人馬数は分かりませんが、これだけ揃うと壮観ですネエ
まさに軍事演習です。
当時は最高の演習だったのでしょうね。

2019/08/19 (Mon) 19:37

ichan  

こんばんは

御神旗は花火で打ち上げるようですね。
これだけの数の騎馬武者、壮観ですが、
誰が何処にいるのかを識別するのも
難しそうですね。
騎馬武者にしてみれば、実践馬術訓練
と言えそうです。

2019/08/19 (Mon) 20:42
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

ヒデの気まぐれ撮影日記さん、こんばんは。

> ちょっとルールが今いちわからないのですが
> 要するに打ち上げられた御神旗を馬に乗りながら取り
> そのままゴールまで走りこめばいいのですか?
> 運動会の何かの競技に似ているような気がします(失礼)

御神旗を搦め取ることが主眼目です。御神旗は敵兵士の首と見立てるのです。それを羊腸の坂の上に陣取っている総大将に報告に行き、覚えをめでたくしてもらう。そういうものです。
その昔、我が祖先が実際の先頭で敵の大物の首を討ち取り、それを殿様に報告し、取り立てられた経緯があるようです。我が家の歴史をなぞるような軍事訓練のようです。

> それにしてもちょっと高い目線からその競技をきちんと
> 撮られていることに感心します
> カメラ席のような場所があるのでしょうか?
> お見事です

私達は団体観覧席からの見物&撮影です。段々畑のような席で、見るのも楽ではない席です。いずれ、あの馬場内部から撮りたいものです。

2019/08/19 (Mon) 21:54

MT  

こんばんは!

神旗争奪戦なるものがあるのですか!打ち上げて取るのなんてなかなか難しそうです。そしてそれを撮るのもこれまた難しそうですね。

2019/08/19 (Mon) 22:02
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTak様、おはようございます!

鏡花水月さん、こんばんは。

> ホントに戦国絵巻の戦闘シーンのようですね。
> 武士の装束や旗のつけ方も様になっているというか、こなれた感じがします。
> これだけの頭数の馬と乗り手を揃えられるのは、相馬は馬の産地なのかなと思いました。
> 戦国ドラマのロケとかもやっていそうです。

相馬のひとかどの家に生まれたら、将来は騎馬武者になるんだという文化が有るんでしょうかね。数百騎が集結するといいますから、ものすごい話です。
いまは見た感じ、サラブレッド種かアラブ種のようですが、その昔は農耕馬で代用したのでしょうかね。あるいは、乗馬専門の馬だったのでしょうか?
今の浜離宮で吉宗が馬術の訓練をしたときの馬はアラブ種だったとか。江戸時代も半ばころからは、そういう馬さんがいてもおかしくはなかったのでしょうが、どうだったのでしょうね。

2019/08/19 (Mon) 22:09
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます

憂行写人さん、こんばんは。

> 御神旗を空中で絡め取ったら勝負あり、ということでしょうか?それをさらに取り合ったりはしない感じですね。
> なかなか興味深い御神事です。

鞭で搦め取るというのがルールですが、画面でも分かる通り、何十騎もの集結する中に落ちてきますから、最後は引っ張り合って、そこまでと声がかかったときに手にしたものが御神旗の獲得者の栄誉に輝くのでしょうね。かなり泥臭いものです。
なんといっても、軍事訓練の発展形ですから。

2019/08/19 (Mon) 22:13
AzTak

AzTak  

Re: 今晩は!

nagomi(yosaku03) さん、こんばんは。

> 相馬野馬追の行事も大変な行事だと思います。
> 馬に乗って走り回れば当然落馬することもあると思いますので危険を伴うと思います。
> 慣れているのでその様な事故は少ないと思いますが、十分な訓練と対策が行われていると思います。
> 見ている方は楽しくて夢中で写真を撮ってしまいと思います。
> 私も一度見てみたいですね。

甲冑競馬での落馬はそれほど起こりませんが、神旗争奪戦での落馬は必ずと行っていいくらい起こるようです。みな、御神旗を見ていて寄ってくるのですから、ぶつかるのが必至。馬さんが驚くと、騎馬武者が落ちてしまうことが。

馬場内部で見学&撮影する権利をゲットすれば、甲冑競馬も神旗争奪戦もものすごい画が撮れそうです。母の具合が大丈夫なようでしたら、軒を入手して、堂々と撮りたいものです。そうしたら、短いレンズで撮ることができそうです。

> 今日は眼鏡を買い換えました。
> 今度は良く見えるようになりましたので目に疲れが軽減され調子が戻ると思います。

そうですか。調子が戻るといいですね。私もドライアイで、朝一番ではあまりよく見えない状態です。目薬をさすことから一日が始まります。

2019/08/19 (Mon) 22:21
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

x都人xさん、こんばんは。

> え~何だか凄い事になってますが、、
> 此れが騎馬戦って、、本物か?

まあ、本物に近い感じでしょうね。本当の先頭ともなれば、切り合いが行われるし、鉄砲の弾も飛んできます。そういう命がけのことは、徳川幕府が許さなかったことでしょうから、こういう神事として発展してきたのでしょうね。

> 落馬してる人が居ましたが
> 大丈夫ですかね^^

甲冑競馬と違って、落馬の衝撃は小さいと思います。それより何より、女性騎馬武者が馬さんを止めたのにはびっくりです。神旗争奪戦も勝つ人がいたりするそうです。男性かたなしですね。

2019/08/19 (Mon) 22:26
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 参加する人馬数は分かりませんが、これだけ揃うと壮観ですネエ
> まさに軍事演習です。

多分、神旗争奪戦に参加する騎馬は300騎ほどではないでしょうか。相当な規模ですよね。危ないからか、最初は2つずつ打ち上げ、途中から4つずつの打ち上げに変わります。分散して、飢餓などのリスクを減らす感じでしょうかね。

> 当時は最高の演習だったのでしょうね。

そうでしょうね。相馬の人の士気が上がる格別のイベントだったと思います。

2019/08/19 (Mon) 22:31
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは

ichanさん、こんばんは。

> 御神旗は花火で打ち上げるようですね。
> これだけの数の騎馬武者、壮観ですが、
> 誰が何処にいるのかを識別するのも
> 難しそうですね。
> 騎馬武者にしてみれば、実践馬術訓練
> と言えそうです。

そうですね。前部で数百騎のさんかと言われますが、よく見ると少年少女も混じっています。神旗争奪戦に参加する屈強の男女は、300騎ほどではないかと思っています。ある程度馬を乗りこなせるようにならないと、この競技には参加できないと思います。

2019/08/19 (Mon) 22:35
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは!

MTさん、こんばんは。

> 神旗争奪戦なるものがあるのですか!打ち上げて取るのなんてなかなか難しそうです。そしてそれを撮るのもこれまた難しそうですね。

そうですね。ヘボの私はぼやきまくるだけですが、神旗争奪戦に参加した騎馬武者さんたちは、御神旗を取ってやろうという行きに萌えているでしょうから、激しさがまるで違うことなんでしょうね。
馬場内部から撮りたいものです。

2019/08/19 (Mon) 22:38

花さか爺サン  

AzTakさま こんにちは

騎馬戦もこれだけの数を揃えると壮絶です。
ルールは良く解りませんが戦国武将の心意気が感じられます。
会津ならではの祭りですね。
馬の数も尋常ではないですが、会津の農家馬が飼われているのですか・・・・・

2019/08/20 (Tue) 15:31
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTakさま こんにちは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 騎馬戦もこれだけの数を揃えると壮絶です。
> ルールは良く解りませんが戦国武将の心意気が感じられます。

そうですよね。ものすごく勇壮ですが、私のカメラワークが下手すぎて、迫力が出ないままでした。大反省中です。

> 会津ならではの祭りですね。
> 馬の数も尋常ではないですが、会津の農家馬が飼われているのですか・・・・・

福島県は縦(南北方向)に三分割されています。太平洋側が浜通り、新潟県接している地区が会津地方で、その中間が中通りです。
私の故郷いわきは浜通りの最南端、野馬追が行われる相馬市や南相馬市は最北端になります。
相馬野馬追は、太平洋側で行われます。東北大震災に伴う大津波で4桁に上る犠牲者が出ました。あまりの惨状に、相馬野馬追もおしまいかと覚悟を決めたくらいでした。
それが相馬の人たちの頑張りで再興されたのです。

昔は知りませんが、今の馬さんはサラブレッドばかりのように見えました。農耕馬はいないと思います。自宅でこの日のために飼育している人がかなりいます。

2019/08/20 (Tue) 19:46

Leave a reply