会津観光と相馬野馬追見物の旅(5) - 会津観光と相馬野馬追見物の旅_2019_Jul
FC2ブログ

会津観光と相馬野馬追見物の旅(5)

相馬野馬追見物(2)
まずは甲冑競馬から見学だ
甲冑競馬(1)
最初のレース
最初はノートリミングで行こうとしたが、どうしても邪魔(特に麦わら帽子のおじさんが終始立ちっぱなし)が入ってしまう。これを除去するために、節を曲げて、トリミングを行うことにした。それにしてもものすごい悪コンディション。泥はねが相当あった。決してノイズではないので、誤解しないでほしい。
最初のレース_1
最初のレース_2
最初のレース_3
最初のレース_4
最初のレース_5
最初のレース_6
最初のレース_7
最初のレース_8
落馬もあった。ほとんど動くことが困難なくらいにダメージを受けていた騎馬武者。この馬さんは興奮してしまったのか静止をも振り切って3周ほどを周回してやっと留まった。
最初のレース_9
最初のレース_10
最初のレース_11
最初のレース_12
第2レース
3番手がイライラするほど遅いなあ。専門の騎手じゃないのだから、仕方がないのかなあ。
第2レース_1
第2レース_2
第2レース_3
第2レース_4
第2レース_5
第2レース_6

甲冑競馬の開始を告げる螺の音。若武者たちは兜を脱ぎ、白鉢巻をしめる。駿足に自信のある馬にまたがり、先祖伝来の旗差物をなびかせながら風を切って疾走する。この甲冑競馬は、一周千メートル、十頭立てで十回行われる。指旗のはためく音、鎧、草摺の摺りあう音・・・。渾然となった音のかたまりが、砂塵が舞う中を走り抜ける。迫力と感動のシーンだ。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2019年08月13日
最終更新 2019年08月13日

24 Comments

There are no comments yet.

ヒデの気まぐれ撮影日記  

すごい迫力ですね
それに観客の数も多くてびっくりです

馬に乗っている人達は素人さんなんですか?
落馬してしまえば大けがをしてしまいますよね。
たいへんなお祭りなんですね

一度は撮ってみたいシーンがたくさん
ありそうです
一度体験すると病みつきになりそうです

2019/08/13 (Tue) 04:30

kaz  

おはようございます!

凄い迫力ありますね!右側の芝生の中に入れないんですか? もっと違う画が撮れたと思います。僕は、馬に乗って矢を打つやつなのかな? ~と思ってました。

2019/08/13 (Tue) 08:06

憂行写人  

おはようございます

なかなかの迫力ですね。
自由度がなくて難しかったのでしょうけれど、もっと低い位置から撮りたかったのでは?
普段カラフルな帽子をかぶった人が乗った、ゼッケンを着けた馬しか見ないので新鮮でした(笑)

2019/08/13 (Tue) 08:44

hg  

お早うございます。
凄い迫力ですね、私もたった一度ですが野馬追を見に行きました。
運が悪く雨に会いそれはドロドロの中を戦場さながらにやっていましたが、
こちらも隠れる所もなくずぶぬれでの見学、あまりいい思い出ではなかったです。
晴天の下でもう一度改めて見たいと思っています。
これだけのシーンを撮られるには相当のご苦労がおありだったと思います。
ご苦労様でした。

2019/08/13 (Tue) 09:34

りおん  

泥はねも臨場感あふれていいですよ~!!
実際に目の前で見たら、興奮しそうです~^^
でも、落馬もあるのですね。
お馬さんの背中は、かなり高さがあるので
いきなり落ちたら痛いですよね~💦
お馬さんは賢いですから。心を一体化するのは
付け焼刃では難しそうですよね。
たくさんの人たちが見に来ているのですね~@@

2019/08/13 (Tue) 10:59

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/08/13 (Tue) 11:09

unknown  

こんにちは
凄い迫力だ。
砂被りに近いところからですか?
今の時代、馬一頭飼うだけでも大変でしょう。
まして調教してして乗りこなすなんて、相当余裕がある人でないと出来ないのかなあ。

2019/08/13 (Tue) 12:55

x都人x  

泥を跳ね上げて走る光景は
凄く~迫力が絵から感じ取れますね~

まして近くなら猶更ビンビンと
伝わりますよね!

良いものを拝見させて頂きました^^

2019/08/13 (Tue) 14:27

MT  

こんにちは

これはものすごい迫力です!
撮影にやってきた甲斐があると言うものですね。飛び散る砂塵も最高です。AzTakさんは外周からの撮影となっていますが、内側に入るには特別な資格が必要なのでしょうか?それにしても激しいレース中でのあの高さからの落馬はさすがに体のダメージが大きそうです…。

2019/08/13 (Tue) 15:37

鏡花水月  

AzTak様、こんばんは!
迫力がありますね。
泥はねが動きと躍動感を伝えていると思います。
ハプニングはつきものなのかもしれませんが、それも含めての迫力という感じがします。

2019/08/13 (Tue) 18:38
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

ヒデの気まぐれ撮影日記さん、こんばんは。

> すごい迫力ですね
> それに観客の数も多くてびっくりです

気に入っていただけましたか。私の下手な写真でも、素材が良いので、何とか見られることと思います。

> 馬に乗っている人達は素人さんなんですか?
> 落馬してしまえば大けがをしてしまいますよね。
> たいへんなお祭りなんですね

甲冑競馬では、今回はたしかこの1件だけだったと思います。かなりダメージがあったようですが、幸いにもどろんこがショックを多少は軽減してくれたようでした。
この後行われた『神旗争奪戦』の方が、皆が神旗を取ろうと必死になっていますから、落馬が多く、数件あったように記憶しています。

> 一度は撮ってみたいシーンがたくさん
> ありそうです
> 一度体験すると病みつきになりそうです

ぜひぜひ、「雲雀ヶ原祭場地(馬場内)撮影許可証」を得て、あの枠の内側から激写してください。『神旗争奪戦』ももしかしたら、『神旗』をとった瞬間を激写できるかもしれません。
その際は、焦点距離のごく短い望遠レンズでないとだめだと思います。つまり軽い装備でOKです。
なぜかは、明日の写真を見て判断してくださいね。

2019/08/13 (Tue) 19:32
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます!

kazさん、こんばんは。

> 凄い迫力ありますね!右側の芝生の中に入れないんですか? もっと違う画が撮れたと思います。僕は、馬に乗って矢を打つやつなのかな? ~と思ってました。

「雲雀ヶ原祭場地(馬場内)撮影許可証」が必要なんですよ。多分、早めに申し込めばなんとかなると思います。
今回も、どうしようかと悩みました。来年は、常磐線も運転再開するので、いわきに帰省して、誰かと一緒に馬場内から撮影できたら良いなと思います。

2019/08/13 (Tue) 19:36
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます

憂行写人さん、こんばんは。

> なかなかの迫力ですね。
> 自由度がなくて難しかったのでしょうけれど、もっと低い位置から撮りたかったのでは?

よくお見通しですね。そのとおりです。すぐ立ち上がるマナーを弁えないおじさん・おばさんばかりで、イライラしながら採っていました。できれば、あの馬場内から撮りたかったです。来年は、ダメ元で申し込んでみようかと思います。

> 普段カラフルな帽子をかぶった人が乗った、ゼッケンを着けた馬しか見ないので新鮮でした(笑)

次回まで、『甲冑競馬』を取り上げます。その後は、『神旗争奪戦』を取り上げるつもりです。評判が良くなければ、すぐに打ち切るつもりです。

2019/08/13 (Tue) 19:44
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> お早うございます。

hgさん、こんばんは。

> 凄い迫力ですね、私もたった一度ですが野馬追を見に行きました。
> 運が悪く雨に会いそれはドロドロの中を戦場さながらにやっていましたが、
> こちらも隠れる所もなくずぶぬれでの見学、あまりいい思い出ではなかったです。
> 晴天の下でもう一度改めて見たいと思っています。

自然現象にだけは逆らえないですよね。でも中止にならなかっただけマシかも知れません。東北大震災に伴う大津波で、相馬地方もかなりの方がお亡くなりになりました。当然馬さんも相当数が犠牲になったと思います。
それでも、不死鳥のように立ち上がってくる。福島県人の粘り腰だけは評価してやってほしいと思います。
機会があれば、ぜひリベンジを果たしに出掛けていただけませんか。

> これだけのシーンを撮られるには相当のご苦労がおありだったと思います。
> ご苦労様でした。

ふふふ、好きで遣っています。が、流石に疲れました。

2019/08/13 (Tue) 19:50
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

りおんさん、こんばんは。

> 泥はねも臨場感あふれていいですよ~!!

次回のゴールシーンを見てください。泥パック状態の騎馬武者も大変です。勿論馬さんも大変だったと思います。

> 実際に目の前で見たら、興奮しそうです~^^
> でも、落馬もあるのですね。
> お馬さんの背中は、かなり高さがあるので
> いきなり落ちたら痛いですよね~💦

相当に痛そうで、心配になってしまいました。それでも救急搬送されなかったので、強烈な打撲で済んだのかもしれません。

> お馬さんは賢いですから。心を一体化するのは
> 付け焼刃では難しそうですよね。
> たくさんの人たちが見に来ているのですね~@@

甲冑競馬や神旗争奪戦に出場する騎馬武者の方は、相当に練習を積んでいるはずです。それでも、…。
今年は昨年の倍の観客が詰めかけたそうです。あの自由席の何倍かの指定席での見物客がいました。

2019/08/13 (Tue) 20:00
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

Sさん、こんばんは。
是非一度は見られることをおすすめします。幸いにも来年は、常磐線が全面再開通します。個人でも十分に行きやすくなると思います。

相馬家の当主夫人だった相馬雪香女史(尾崎行雄氏の三女)が理事長を勤めていた認定NPO法人で、愚妻が常任理事を勤めていたことがありました。その昔は、私の先祖が相馬藩の吸うような地位についていたこともありました。なんだか、縁がなさそうでつながっています。

2019/08/13 (Tue) 20:09
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは

こんばんは。

> 凄い迫力だ。
> 砂被りに近いところからですか?

(ΦωΦ)フフフ…、かなり遠いところから見ました。近かったら、砂かぶりどころか泥水かぶりになってしまうところでした。次回分のゴールシーンを見るとわかると思います。ハンサムも台無しの状態になりました。

> 今の時代、馬一頭飼うだけでも大変でしょう。
> まして調教してして乗りこなすなんて、相当余裕がある人でないと出来ないのかなあ。

私の従弟の隣家でも、馬を飼育していました。時どきは騎乗して、この日に備えているんだと思います。もしくは、乗馬クラブで腕を磨いて、レンタルの馬さんで出るか。
いずれにしてもかなりの物入りでしょうね。

2019/08/13 (Tue) 20:14
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

x都人xさん、こんばんは。

> 泥を跳ね上げて走る光景は
> 凄く~迫力が絵から感じ取れますね~
>
> まして近くなら猶更ビンビンと
> 伝わりますよね!
>
> 良いものを拝見させて頂きました^^

(ΦωΦ)フフフ…、来年は生きていれば、あの馬場内からの撮影券を入手して、短いレンズでド迫力の画を撮りたいものです。神旗争奪戦もよく見たいんです。

2019/08/13 (Tue) 20:17
AzTak

AzTak  

Re: こんにちは

MTさん、こんばんは。

> これはものすごい迫力です!
> 撮影にやってきた甲斐があると言うものですね。飛び散る砂塵も最高です。AzTakさんは外周からの撮影となっていますが、内側に入るには特別な資格が必要なのでしょうか?それにしても激しいレース中でのあの高さからの落馬はさすがに体のダメージが大きそうです…。

大迫力の画を至るところでみます。大抵は、あの馬場内部から短いレンズで採ったもののようです。神旗争奪戦も含めてです。
「雲雀ヶ原祭場地(馬場内)撮影許可証」が必要なんです。多分毎年4月ころに案内が出るかと思います。あまり枚数がないようなので、すぐ売り切れてしまうのかもしれません。
あの落馬した騎馬武者は相当に痛がっていました。それでも最後方だったので、後続の馬に蹴られるような重大事故にはならなかったようで、不幸中の幸いでした。
落馬そのものは、神旗争奪戦の方が多かったですが、あちらは踏み潰されでもしない限り、痛くはなかったと思います。

2019/08/13 (Tue) 20:24
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTak様、こんばんは!

鏡花水月さん、こんばんは。

> 迫力がありますね。
> 泥はねが動きと躍動感を伝えていると思います。

台風が直撃するかもということでしたが、福島県は明け方にザーッと降ってそれで上がりました。ですが、馬場は最悪の状態。次回分のゴール・シーンをご覧になれば、悲惨な状態がおわかりいただけるかと。

> ハプニングはつきものなのかもしれませんが、それも含めての迫力という感じがします。

かなり痛そうで、大丈夫かなあと心配してしまいました。今回分と次回分と、どちらが迫力がありますかね。どちらもないというのが、素直な感想かなあ。

2019/08/13 (Tue) 20:32

ichan  

こんばんは

迫力ある素晴らしい写真です。
泥の飛沫が迫力を増しています。

甲冑や旗指物を付けているとかなり動き難いと
思いますが、練習の賜物でしょうね。

コースの内側に陣取れる方々はどのような方々
なのでしょう?
関係者やプレスの方々でしょうか?

2019/08/13 (Tue) 20:32
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは

ichanさん、こんばんは。

> 迫力ある素晴らしい写真です。
> 泥の飛沫が迫力を増しています。

有難うございます。本当はもう少し広範囲に撮っていたのですが、立ち上がって見る馬鹿者がいて、仕方なくトリミングしました。私自身の正直な感想は、ちょっと気が抜けた画像になっていた感じです。

> 甲冑や旗指物を付けているとかなり動き難いと
> 思いますが、練習の賜物でしょうね。

そうなんでしょうね。

> コースの内側に陣取れる方々はどのような方々
> なのでしょう?
> 関係者やプレスの方々でしょうか?

勿論そういう方もいると思います。が、「雲雀ヶ原祭場地(馬場内)撮影許可証」というのが4月ころから売出しの案内が出ます。それを入手すればよいのです。が、販売枚数があまり多くはないようなので、毎日チェックして売り出し当日にゲットするのが確実なようです。

2019/08/13 (Tue) 20:43

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
決してノイズとは思いません♪
泥はねがとってもリアルに撮れて
物凄い迫力が感じられます♪
こういう撮り方が最高だと思います!
拍手 パチ!パチ!パチ! 笑)

2019/08/13 (Tue) 23:42
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 決してノイズとは思いません♪
> 泥はねがとってもリアルに撮れて
> 物凄い迫力が感じられます♪
> こういう撮り方が最高だと思います!
> 拍手 パチ!パチ!パチ! 笑)

本当はかなり広角気味に撮りました。ところが前の方の座席の人たちが立ち上がり、影響のなりところだけを切り取りました。
こんなことなら最初から望遠を利かせた撮り方をすべきでした。次回は枠内の券がゲットできれば撮りに行くけど、撮れなければ諦めようかと思います。まあ、母の具合が良ければという前提付きですが。

2019/08/14 (Wed) 19:26

Leave a reply