東京港野鳥公園にて(4) - 東京港野鳥公園にて_0725_2019_Jul-Aug
FC2ブログ

東京港野鳥公園にて(4)

今回の主目的
同じタイトルを使い続けているが、前回分までは7月25日撮影分で、今回分からは8月10日撮影分だ。実はレンジャーブログに、オグロシギが来ているとの書き込みがあったので、行ってみた。前回の7月25日のときは、カラシラサギが来ているという書き込みがあった後だったが、用事を片付けて約1週間後に行ったが影も形もなかった。今回はダメ元で、割と早くに行った。
オグロシギかなあ?

遠いところにばかりいた。これじゃ、判断するのは無理だなあ。暑くて近くに来るのを待っていられなかったが、レンジャーブログによれば、午後になってから近くに来たこともあったようだ。う~~ん、残念無念。
3J8A9829_20190812122438652.jpg
3J8A9891_20190812122437832.jpg

白鷺の見分け方で迷いが出た
白鷺は、レンジャーブログによれば、この日(08月10日)は、ダイサギ、チュウサギ、コサギの出没だったようだ。『白鷺の見分け方』によれば、大中小ともに夏羽の時期は、嘴が黒いはずだ。ところが、ダイサギかチュウサギと思しき鳥さんたちの嘴が冬羽のときのように黄色い。なぜだろう?
これはダイサギ?
目の下の嘴の切れ込み(口角)が、ダイサギでは目の後ろまで伸びているのに対し、チュウサギの口角は、目の下まで。ということで、冬ならば、容易にダイサギと判定できそうだが、今回は夏の暑い盛りの撮影。嘴が黄色の個体が多数というのが解せないが、…。
これはダイサギ?_1
これはダイサギ?_2
これはダイサギ?_3
これはダイサギ?_4
これはダイサギ?_5
これはダイサギ?_6
これはダイサギ?_7
彼らの飛翔シーンでまたまた迷いが
嘴の先が黒いぞ。もしかしてチュウサギなのかなあ?カラシラサギということはないよね?趾が黄緑色じゃないから、可能性は低そうだ。
彼らの飛翔シーンでまたまた迷いが_1
彼らの飛翔シーンでまたまた迷いが_2
彼らの飛翔シーンでまたまた迷いが_3
彼らの飛翔シーンでまたまた迷いが_4
彼らの飛翔シーンでまたまた迷いが_5
彼らの飛翔シーンでまたまた迷いが_6
彼らの飛翔シーンでまたまた迷いが_7
彼らの飛翔シーンでまたまた迷いが_8
彼らの飛翔シーンでまたまた迷いが_9
あれれ、後方の個体の嘴の先の方が黒いぞ。もしかして、…。
彼らの飛翔シーンでまたまた迷いが_10
彼らの飛翔シーンでまたまた迷いが_11
彼らの飛翔シーンでまたまた迷いが_12
彼らの飛翔シーンでまたまた迷いが_13
彼らの飛翔シーンでまたまた迷いが_14
彼らの飛翔シーンでまたまた迷いが_15
彼らの飛翔シーンでまたまた迷いが_16
彼らの飛翔シーンでまたまた迷いが_17
油断している隙に、置いていっちゃおう。この個体は嘴の先が黒くないなあ。
彼らの飛翔シーンでまたまた迷いが_18
彼らの飛翔シーンでまたまた迷いが_19
こちらはダイサギっぽい
こちらはダイサギっぽい
これはコサギ
これはコサギ_1
これはコサギ_2
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2019年08月17日
最終更新 2019年08月17日

22 Comments

There are no comments yet.

ヒデの気まぐれ撮影日記  

サギのことに関しては何も知らないのに
何故かいろいろ考えさせられてしまいます。
春先 樹の上に巣作りをしている様を
望遠で撮ることはここ2~3年前から撮っていますが
それ相当のレンズがないもので中途半端になっています。

Aztakさんの記録写真?とはいえ
素晴らしいものを感じます。
これだけ丁寧に観察してそれを写真に残せている事を
思うと素晴らしいとか努力などの言葉では表せないですね。

2019/08/17 (Sat) 04:40

senri32  

夏場は、カモもサギも鵜も1羽も我が街にはいなくなります。

2019/08/17 (Sat) 05:26

kaz  

おはようございます!

シギ系、サギ系が一番区別が難しいです。白い鳥、白飛びするので難しいです。白い中の微妙な調子を出すのに苦労しますし、これは撮る時に暗めに写すようにします(僕の場合)。よほど、珍しくないとシギ、サギ系は撮りません。オグロシギと判別できたんでしょうか?

2019/08/17 (Sat) 07:35

MT  

おはようございます

いい天気の中での撮影ですね!こんな日は白い鳥は白トビしてしまって撮影が難しかったのではないのでしょうか。
今日は暑くなるようです。熱中症などに気をつけて撮影なさってくださいね。

2019/08/17 (Sat) 08:41

みこたん  

涼感

この暑い中の撮影大変でしたでしょうね、
詐欺の優雅な姿を見ていると、
暑さを忘れ一瞬涼感が漂います、

2019/08/17 (Sat) 09:44

りおん  

鳥さんは、マニュアル通りの色ではないことも多いので
余計に判別が難しいですよね~^^;
飛び立つ瞬間の、すばらしいシーンをゲットされましたね~!!
いろいろ情報を分析してお出かけされた甲斐がありましたね!
ここはいつも、たくさんの種類の鳥さんがいるようですが
野鳥公園ということもあって、何か鳥さんが集まるような
特別なことをしていらっしゃるのでしょうか?
こちら方面には、ここまでたくさんの鳥さんが
集まる場所はないので、うらやましく思います~^^

2019/08/17 (Sat) 11:46

のんびり熊  

こんにちは
ナニサギか知りませんが、優雅に飛んでますねえ。
サギ族はどれも優雅に見えますよ。
飛び方もふんわりと見えます。
良いですネエ。

2019/08/17 (Sat) 12:48

nagomi(yosaku03)  

今晩は!

サギの見分け方で迷っている様ですね。
冬場と夏場で嘴の色が変わりますが、中途半端に変わる事も有るかも知れません。
嘴の先端が黒いのはチュウサギかも知れません。
体が小さくて嘴が黒いのはコサギだと思います。
嘴が短く黄色いのはダイサギと思います。
チュウサギは浅瀬で飛び回りながら(踊るように)して川の底をかき回し魚などが出てきたところを捕まえます。
此の動作が好きで私は良く撮っていました。
水面を飛び回っているのはチュウサギだと思います。
夏と冬場で嘴の色が変わるので見分けが難しいですね。
嘴が変わらないのも居るので混乱してしまいますね。

2019/08/17 (Sat) 20:51

ichan  

No title

こんばんは

居住地では、シラサギとアオサギを
見かけますが、何種もの鷺が飛来
する地域でスト、見分け方も重要
ですね。

2019/08/17 (Sat) 20:59
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

ヒデの気まぐれ撮影日記さん、こんばんは。

> サギのことに関しては何も知らないのに
> 何故かいろいろ考えさせられてしまいます。

私もほとんど知りません。鶴との大きな違いは首が折り畳めることでしょうか。あの姿で飛翔するのが、あまり好きではなかったのですが、今は見慣れたのか、嫌だとも思わなくなりました。(^_^;)
サギとはわかっても、それじゃ、何というサギかでいつも困ってしまいます。泣いてもいいから、大中小の白鷺とアオサギ以外のサギを見てみたいものです。

> 春先 樹の上に巣作りをしている様を
> 望遠で撮ることはここ2~3年前から撮っていますが
> それ相当のレンズがないもので中途半端になっています。

巣作りが観察できるとは恵まれていますねえ。情けない話ですが、鴉の巣くらいしか見たことがありません。

> Aztakさんの記録写真?とはいえ
> 素晴らしいものを感じます。
> これだけ丁寧に観察してそれを写真に残せている事を
> 思うと素晴らしいとか努力などの言葉では表せないですね。

下手の横好きの典型でしょう。
今日、猛暑の中、出陣しました。主たる目的は、花さんの撮影です。ついでにお野鳥さんもいたら撮ろう、というスタンス。
が、予想通り居ませんでした。それでもしつこく見て回ったら、一箇所だけ、相当先の林の中で野鳥さんが啼いているのが聞こえてきました。公園はいたる所、これ以上進入できない、そういうふうになっています。400ミリ(フル換算640ミリ)までのレンズしか持参していない中、100mほど先の野鳥さんを撮りました。
いたのはヒヨドリとメジロでした。他の野鳥さんもいたかもしれませんが、撮れなくて確認できませんでした。
下界では大苦戦の真っ最中です。

2019/08/17 (Sat) 21:19
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

senri32さん、こんばんは。

> 夏場は、カモもサギも鵜も1羽も我が街にはいなくなります。

冬鳥がいなくなるとともに、留鳥も数が少なくなるんでしょうね。
どうも留鳥と言われる鳥さんでも、本当に留鳥をしているのと漂鳥しているのが居るようです。残った数が少ないと、いざというときに身を守ることができないので、拠点に再集結するんでしょうかね。良くわかりませんが、居ないと寂しい限りですよね。

2019/08/17 (Sat) 21:34
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます!

kazさん、こんばんは。

> シギ系、サギ系が一番区別が難しいです。白い鳥、白飛びするので難しいです。白い中の微妙な調子を出すのに苦労しますし、これは撮る時に暗めに写すようにします(僕の場合)。よほど、珍しくないとシギ、サギ系は撮りません。オグロシギと判別できたんでしょうか?

私が選り好みするのは、カラス、鳩、ヒヨドリくらいでしょうか。それ以外は目に入るものすべてカメラを向けます。が、思うように撮れないのは、想像通りです。
オグロシギと思しき鳥さんは、これ以上撮れませんでした。今回は悔しいですが、断念です。

今日は出陣しましたが、大量の発汗で減量に効果があったくらいが、成果といえば成果でした。
400ミリの花さん撮り用のレンズではかなり遠くの野鳥さん撮りは厳しかったです。後で拡大してみたら、メジロさんが2羽いました。考えてみたら、春から遭遇していませんでした。

2019/08/17 (Sat) 21:42
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます

MTさん、こんばんは。

> いい天気の中での撮影ですね!こんな日は白い鳥は白トビしてしまって撮影が難しかったのではないのでしょうか。

首都圏では鳥撮りができるところは、殆どありませんから、通いなれたというか、少しは歯が立つくらいにはなりました。それでもボツ写真が多いですね。そう何度もシャッターチャンスが有るわけではないので、失敗は減らさないといけないのですが、…。

> 今日は暑くなるようです。熱中症などに気をつけて撮影なさってくださいね。

倒れても小遣いで帰ってこれるくらいのところに出陣しました。が、相当に暑かったです。今日は、花さんとトンボや蝶が中心で行きました。メジロさんの姿を久しぶりに見ることができたのが収穫だったでしょうか。使い物にはならないレベルです。

2019/08/17 (Sat) 21:49
AzTak

AzTak  

Re: 涼感

みこたんさん、こんばんは。

> この暑い中の撮影大変でしたでしょうね、
> サギの優雅な姿を見ていると、
> 暑さを忘れ一瞬涼感が漂います、

空冷と水冷と両方なので、結構涼しい思いをしていられるのでしょうね。この時期は涼しいくらいで済ませられますが、冬の寒さが厳しいときに水中に足を入れて、血行が悪くならないものかと心配してしまいます。
あれを分析して、冷え性を改善する薬を開発してもらいたいものです。

2019/08/17 (Sat) 21:53
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

りおんさん、こんばんは。

> 鳥さんは、マニュアル通りの色ではないことも多いので
> 余計に判別が難しいですよね~^^;

はい、素人泣かせも良いところです。

> 飛び立つ瞬間の、すばらしいシーンをゲットされましたね~!!

素晴らしくはないでしょうが、やっと撮れました。

> いろいろ情報を分析してお出かけされた甲斐がありましたね!
> ここはいつも、たくさんの種類の鳥さんがいるようですが
> 野鳥公園ということもあって、何か鳥さんが集まるような
> 特別なことをしていらっしゃるのでしょうか?

もともと野鳥さんが来ていたようです。本当は別の用途にする予定だったようですが、愛好家の陳情が実って、野鳥公園になったようです。本当に観察窓を作るくらいで、それ以上のことは何もしていないようです。餌付けも厳禁のようです。だから、必要以上の鳥さんの飛来はないようです。
海沿いなので、ここで羽休めをして数日滞在する渡りの鳥さんがいます。オグロシギなどはその例のようです。情報が公開されて2-3日以内に行く。結構難しいことです。

> こちら方面には、ここまでたくさんの鳥さんが
> 集まる場所はないので、うらやましく思います~^^

2019/08/17 (Sat) 22:01
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> ナニサギか知りませんが、優雅に飛んでますねえ。
> サギ族はどれも優雅に見えますよ。
> 飛び方もふんわりと見えます。
> 良いですネエ。

大型の鳥さんは滑空ができるから、優雅に見えますよねえ。ですが、相当胸肉が有るようです。これが草臥れないから、空を飛べるんでしょうね。体重のうちのかなりの部分を占めているそうです。人間が真似をしようと思ったら胸囲が200cmくらい必要かも。

2019/08/17 (Sat) 22:07
AzTak

AzTak  

Re: 今晩は!

nagomi(yosaku03) さん、こんばんは。

> サギの見分け方で迷っている様ですね。
> 冬場と夏場で嘴の色が変わりますが、中途半端に変わる事も有るかも知れません。

初等教科書どおりには行かないこともあるようですね。

> 嘴の先端が黒いのはチュウサギかも知れません。
> 体が小さくて嘴が黒いのはコサギだと思います。
> 嘴が短く黄色いのはダイサギと思います。
> チュウサギは浅瀬で飛び回りながら(踊るように)して川の底をかき回し魚などが出てきたところを捕まえます。

なかなか近くで見たことがなく、そういう観察までできていません。

> 此の動作が好きで私は良く撮っていました。
> 水面を飛び回っているのはチュウサギだと思います。
> 夏と冬場で嘴の色が変わるので見分けが難しいですね。
> 嘴が変わらないのも居るので混乱してしまいますね。

初心者は混乱するばかりです。もしかしたら、異常に梅雨が長くて、夏仕様に切り替えるタイミングを失してしまったりしたのでしょうか。そうだとすると、由々しき話ですが。

2019/08/17 (Sat) 22:12
AzTak

AzTak  

Re: No title

> こんばんは

ichanさん、こんばんは。

> 居住地では、シラサギとアオサギを
> 見かけますが、何種もの鷺が飛来
> する地域ですと、見分け方も重要
> ですね。

どうもチュウサギを見たという実感がなく、実はチュウサギを探しています。ダイサギとコサギとは割合いると思うのですが、チュウサギは、あまり、…。
それで今回も張り切ったのですが、くちばしの色の問題で、迷ってしまいました。難しいものですね。

2019/08/17 (Sat) 22:15

-  

こんばんは!

こんばんは、AzTakさん!
ダイサギとチュウサギはなかなか区別がつきませんね!
嘴の色も個体差があるようで難しいです!
口角の伸びている場所と首がスマートに長ければダイサギでしょうか?
これも当てになりませんね 汗)
花以上に同定は難しそうですね 笑)

2019/08/18 (Sun) 00:15

鏡花水月  

AzTak様、こんばんは!
小鳥も魅力的ですが、サギくらい大きいと動きが優美で華がありますね。
サギにもいろんな品種があるのですね。
これからもステキなサギのお写真を見せてください。

2019/08/18 (Sun) 00:16
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは!

> こんばんは、AzTakさん!

こんばんは。

> ダイサギとチュウサギはなかなか区別がつきませんね!
> 嘴の色も個体差があるようで難しいです!

いつも、この種のことで悩まされます。ベテランの方たちはあまり悩まずに判断できるようですが。

> 口角の伸びている場所と首がスマートに長ければダイサギでしょうか?
> これも当てになりませんね 汗)
> 花以上に同定は難しそうですね 笑)

花さんも私には難しいですが、鳥さんも油断がなりません。(^^;

2019/08/18 (Sun) 19:37
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTak様、こんばんは!

鏡花水月さん、こんばんは。

> 小鳥も魅力的ですが、サギくらい大きいと動きが優美で華がありますね。

大型の鷺さんは、滑空が得意だからでしょうか。せせこましく翼を動かす小型の野鳥さんと違い、優美に見えますよね。

> サギにもいろんな品種があるのですね。
> これからもステキなサギのお写真を見せてください。

素敵じゃない写真はたくさん撮れるのでしょうが、素敵な写真は私にはなかなか撮れません。

2019/08/18 (Sun) 19:42

Leave a reply