和のあかり×百段階段2019(5) - 和のあかり×百段階段2019_2019_Jul
FC2ブログ

和のあかり×百段階段2019(5)

静水の間から星光の間に向かう通路
篠原風鈴が頭上に飾られてあった
チリンチリンと音がすれば風流なのだが、室内ではそうはいかない。見るだけだ。
篠原風鈴
星光の間
『零(こぼ)れるあかり』がコンセプトのようだ。『静水の間』と同様に苦戦した。
錆和紙を使用した独特の作品
実に見事。若い作家の作品だそうだが、才能がある人はいるものなんだなあ。
星光の間_1
星光の間_2
和紙に新たな世界観を送り込む、「錆和紙」。 島根県の海辺で採集した砂鉄を和紙に漉き込むことによって生まれる錆和紙で、静寂に包まれた闇の中の星空を表現。
こちらもユニークな作品
何を表しているものかな?
星光の間_3
星光の間_4
星光の間_5
星光の間_6
ガスストーブのスケルトン・ストーブに似た感じのあかり
良いなあ。この質感がたまらなく好きだ。
星光の間_7
星光の間_8
型染め灯籠というものだろうか
本当に素敵なものだ。異次元空間に迷い込んだかのようだ。
星光の間_9
星光の間_10
星光の間_11
星光の間_12
星光の間_13
これも不思議な作品
触って質感を確かめたかったが、そういう掟破りはできない。どうやってつくったのかなあと考えながら見ていた。作者の工房名には『漉工房』とあった。ということは漉いてつくったものなのかなあ。
星光の間_14
星光の間_15
如何にも和そのもののあかり
飽きが来ない丈夫さがあるかな
星光の間_16
星光の間_17
星光の間_18

江戸組子や籠染灯籠など、日本の匠の技術の詰まった様々な作品が、暗闇の中で美しく照らしだされます。零(こぼ)れるあかりをご覧ください。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2019年07月29日
最終更新 2019年07月29日

16 Comments

There are no comments yet.

徒然草  

おはようございます

なんとまあ・・・「光と影」を楽しんで作品にしていますよね。

「光と影」を楽しむ、と言えば写真もそうなんですが、
コンセプトが違っていて面白いです。

2019/07/29 (Mon) 07:16

りおん  

キレイですね~・・・
光をうまく使ったアートがお見事です~!!
何を表しているのかな?の最初の作品は
池に浮かぶ蓮の葉と、蓮のつぼみに見えますよ^^
涼しげでいて、温かい作品ですね~。
でも、三日月のランプが欲しいなあ~と
思っちゃいましたよ~^^

2019/07/29 (Mon) 08:05

AzTakさんのんびり熊  

こんばんは
瓦斯屋さんですネエ
はるか昔小学校のガキの頃、だるまストーブの当番で早く行き、皆が来るまでに燃やしつけたことを、思い出しましたよ。
石炭に燃やしつけるまでが一仕事だった。
その火を思い出しました。

2019/07/29 (Mon) 19:48
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます

徒然草さん、こんばんは。

> なんとまあ・・・「光と影」を楽しんで作品にしていますよね。

皆さん、考えて作品にするものですねえ。芸術的才能のかけらもない私めには、驚くばかりの世界です。

> 「光と影」を楽しむ、と言えば写真もそうなんですが、
> コンセプトが違っていて面白いです。

面白いですよね。面白いんですが、私のような下手っぴぃが撮ろうとすると、本当に難しいです。静物の撮影って難しくないと思っていましたが、そんなことはないものですね。う~~ん。

2019/07/29 (Mon) 20:06
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

りおんさん、こんばんは。

> キレイですね~・・・
> 光をうまく使ったアートがお見事です~!!

写真がもう少しマシだと、もっと見栄えが良くなるだろうに、腕が悪いのが残念です。

> 何を表しているのかな?の最初の作品は
> 池に浮かぶ蓮の葉と、蓮のつぼみに見えますよ^^
> 涼しげでいて、温かい作品ですね~。

そうですか。言われてみると、そういう感じに見えてきました。不思議なものですね。

> でも、三日月のランプが欲しいなあ~と
> 思っちゃいましたよ~^^

あれはやはり三日月なんでしょうかね。う~~ん。
私は食い意地が張っているのかなあ。バナナに見えて、仕方がありませんでした。

2019/07/29 (Mon) 20:12

MT  

こんにちは!

これはすごいです。特に円柱の筒から漏れる光と影が計算されつくしていてよく考えられていますね。^^

2019/07/29 (Mon) 20:20
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 瓦斯屋さんですネエ

スケルトン式のストーブは都会の先進的な文化生活の証のような気がして、私のような田舎っぺには憧れたものでした。今でも、良いなあと思います。

> はるか昔小学校のガキの頃、だるまストーブの当番で早く行き、皆が来るまでに燃やしつけたことを、思い出しましたよ。
> 石炭に燃やしつけるまでが一仕事だった。
> その火を思い出しました。

石炭の火起こしがそんなに難しかったですか。私が育った家では、炊飯はかまどで行っていました。羽釜の炊飯は私の仕事。火をおこすのは得意中の得意技でした。
火起こしは色々やりましたが、石炭よりも高カロリーのコークスが一番難しかったかな。酸素が無茶苦茶必要なので、手回しの送風機でもあれば楽ですが、無いと、火起こし当番者は地獄だったかも。一体そんなものを現場で何に使ったのかと訝しがられてしまいますよね。

2019/07/29 (Mon) 20:27
AzTak

AzTak  

Re: こんにちは!

MTさん、こんばんは。

> これはすごいです。特に円柱の筒から漏れる光と影が計算されつくしていてよく考えられていますね。^^

MTさんのようなハイセンスの方でも驚かれましたか。めくるめくような美しい世界。しばし立ち尽くしました。が、いつまでもその場にとどまっていると後続の人に迷惑を掛けてしまいます。
『型染め』って、いろいろなものに応用が効くものなんですねえ。

2019/07/29 (Mon) 20:32

x都人x  

光のアート良いものですね~

2019/07/29 (Mon) 21:00

ichan  

こんばんは

作者さんの中には個展をされている方も
いらっしゃるようです。
光のアート、素材の使い方にも個性が
溢れていて、素晴らしいですね。

2019/07/29 (Mon) 21:43
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

x都人xさん、こんばんは。

> 光のアート良いものですね~

そうですねえ。この世知辛い現代社会でもこの世界で頑張って生きていこうとする人たちが居るんですねえ。続けていってほしいものです。

2019/07/29 (Mon) 22:10
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは

ichanさん、こんばんは。

> 作者さんの中には個展をされている方も
> いらっしゃるようです。

そのようです。

> 光のアート、素材の使い方にも個性が
> 溢れていて、素晴らしいですね。

元カノに夏休みの作品を酷評された経験がある私には、果てしなく遠い世界です。ここまでやってきて頭角を現した人たち。素晴らしいと思います。慢心せず、その先の高みを目指してほしいものです。

2019/07/29 (Mon) 22:13

里山のとっとこ  

どこかお出かけでしたか、

百段階段一度は見てみたいと思いながら未だ実現していません
いつの日かと思いながら拝見させて頂いてます

それから前の笹五位綺麗ですね
私も過去二度ほど見てますが思い出しました。

2019/07/29 (Mon) 22:19

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こばんは!
相馬野馬追いお疲れ様でした♪
明日もまたお出かけのようですが
梅雨も明けて、本格的な暑さが襲ってきます!
くれぐれも水分補給をこまめにして下さいね♪

2019/07/29 (Mon) 23:42
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

里山のとっとこさん、おはようございます。

> どこかお出かけでしたか、

福島県に1泊2日の小旅行に出掛けていました。会津観光と相馬野馬追見物とが目的でした。

> 百段階段一度は見てみたいと思いながら未だ実現していません
> いつの日かと思いながら拝見させて頂いてます

常時撮影かというわけではないので、イベントの内容を確認してからお出掛けください。

> それから前の笹五位綺麗ですね
> 私も過去二度ほど見てますが思い出しました。

そうですか。私も最近やっと遭遇できるようになりました。

2019/07/30 (Tue) 02:47
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こばんは!

makiraさん、おはようございます。

> 相馬野馬追いお疲れ様でした♪
> 明日もまたお出かけのようですが
> 梅雨も明けて、本格的な暑さが襲ってきます!
> くれぐれも水分補給をこまめにして下さいね♪

明日は、道中は別問題として行き先は富士山5合目なので、涼しさだけは確保できると思います。降りてからが地獄かも知れませんが。
頑張ってきます。

2019/07/30 (Tue) 02:49

Leave a reply