和のあかり×百段階段2019(1) - 和のあかり×百段階段2019_2019_Jul
FC2ブログ

和のあかり×百段階段2019(1)

今年も私が勝手に仲間と思っている方の『和のあかり×百段階段2019』の作品がいち早くブログ上に取り上げられた。私も何年か続けて撮ってはいるものの、その方のような素晴らしい作品とは程遠い出来。多分、今年も泣きながら帰るのかなと思いながらも、たっぷりと刺激を受け出陣した。
今回はNIKON D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRを使用

十畝の間
竹のあかりの展示。竹のあかりの展示は最近の流行りなのか、いろいろなところで目にする。『和のあかり』のイベントに最適と判断して、今年新たに展示品目に加えたようだ。有機物の素材なのに、竹で作ったあかりは無機質な光を放つ感じだ。不思議だなあ。
最初に回ったとき
他のお客さんとの関係でなかなか思うように撮れない。帰りにももう一回、見ることにした。
十畝の間_最初に回ったとき_1
十畝の間_最初に回ったとき_2
十畝の間_最初に回ったとき_3
十畝の間_最初に回ったとき_4
十畝の間_最初に回ったとき_5
十畝の間_最初に回ったとき_6
十畝の間_最初に回ったとき_7
十畝の間_最初に回ったとき_8
十畝の間_最初に回ったとき_9
十畝の間_最初に回ったとき_10
十畝の間_最初に回ったとき_11
帰りにももう一度チャレンジ
もしかしたら、少しはマシに撮れるかも知れない。そう思って戻ってきた。諦めが悪い性格だ。
十畝の間_帰りにももう一度チャレンジ_1
十畝の間_帰りにももう一度チャレンジ_2
十畝の間_帰りにももう一度チャレンジ_3
十畝の間_帰りにももう一度チャレンジ_4
十畝の間_帰りにももう一度チャレンジ_5
十畝の間_帰りにももう一度チャレンジ_6
十畝の間_帰りにももう一度チャレンジ_7
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2019年07月21日
最終更新 2019年07月21日

20 Comments

There are no comments yet.

ヒデの気まぐれ撮影日記  

竹で作った「和のあかり」
すばらしいですね
当方でもたくさんの竹をくり抜いてローソクを灯した
市主催のお祭りがありますが室内ではないのです
町内の路地裏?(数百メートル)で空き地を利用して
その竹細工をするのです
夜はたくさんの人たちがそこに集まってそれぞれ好きなように
撮影をしたりしています
ただ混雑であまりゆっくり撮影できないのが難点ですけどね

2019/07/21 (Sun) 05:06

鏡花水月  

AzTak様、おはようございます!
今年も百段階段の『和のあかり』始まりましたね。
私も春の桜イベント以来、ふたつのイベント展示を見落としてしまいましたが和の明かりは絶対行くつもりでいるので刺激になりました。
竹筒は強い明かりを入れると銅か何かの金属質に見えますね。
昨年11月に東京ドームのイルミネーションイベントで見た竹あかりの筒が、今回の画像と似て金属に見えたのですが、展示まで距離があり竹か無機質の筒か確認ができないでいました。
今回の画像で疑問が解けました。
ありがとうございます。

2019/07/21 (Sun) 10:21

りおん  

竹や板を使った、光のアートなのでしょうか?
すっごいキレイ~✧*。٩(ˊᗜˋ*)و✧*。
こちらでも、竹を使った光のアートがありますが
多分規模が違う!!
いいなあ~実物を見てみたい~^^

仔猫ちゃん、無事に親猫が迎えに来てくれました!
ありがとうございました~!!!

2019/07/21 (Sun) 10:32

x都人x  

和!らしく竹を使っての光のアートですか!
とっても綺麗ですよね~
螺鈿も☆彡~^^

照明はLEDなんですかね?
個人的には蝋燭の灯りのように
優しい色が好みかな(笑

2019/07/21 (Sun) 12:26

のんびり熊  

こんにちは
諦めの悪い性格、おおいに結構じゃないですか。
気になって寝れなくなったんじゃ痩せてしまうかも・・・・・
ウチの親父も国鉄を退職して、暇仕事に何やら竹で作ってましたがレベルが違いますネエ。

2019/07/21 (Sun) 15:31

徒然草  

こんばんは

ずいぶん精緻な手作業の作品だと思います。
見事すぎて私の周りでは勿体なさすぎて実用には縁がないようです。

NIKON D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR ・・・写りがいいですね。

2019/07/21 (Sun) 17:01

MT  

こんにちは

AzTakさんの恒例の和のあかり編ですね!今年は竹をモチーフにしたものが加わったのですね。おっしゃられるようにかなり無機質なようなので、これをどう料理しようか悩ましいですよね。この先別のバージョンの写真も登場かなと思います。楽しみにしてますね。^^

2019/07/21 (Sun) 17:11
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

ヒデの気まぐれ撮影日記さん、こんばんは。

> 竹で作った「和のあかり」
> すばらしいですね
> 当方でもたくさんの竹をくり抜いてローソクを灯した
> 市主催のお祭りがありますが室内ではないのです
> 町内の路地裏?(数百メートル)で空き地を利用して
> その竹細工をするのです
> 夜はたくさんの人たちがそこに集まってそれぞれ好きなように
> 撮影をしたりしています
> ただ混雑であまりゆっくり撮影できないのが難点ですけどね

『〇〇灯路』などというイベントが各地で盛んですよね。屋外だとろうそくの生火を光源とすることができますね。ゆらゆらめくさまは、幻想的ですよね。

2019/07/21 (Sun) 20:42

ichan  

No title

こんばんは

竹を精緻に加工していますね。
結果、とても綺麗な光のアートになっています。
竹の照明も見事ですが、展示室の天井等の絵や
螺鈿細工も見事ですね。

2019/07/21 (Sun) 20:46
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTak様、おはようございます!

鏡花水月さん、こんばんは。

> 今年も百段階段の『和のあかり』始まりましたね。
> 私も春の桜イベント以来、ふたつのイベント展示を見落としてしまいましたが和の明かりは絶対行くつもりでいるので刺激になりました。

私の下手くそな写真では刺激にもならないのでは?(^_^;)

> 竹筒は強い明かりを入れると銅か何かの金属質に見えますね。
> 昨年11月に東京ドームのイルミネーションイベントで見た竹あかりの筒が、今回の画像と似て金属に見えたのですが、展示まで距離があり竹か無機質の筒か確認ができないでいました。
> 今回の画像で疑問が解けました。
> ありがとうございます。

勝手に私の感想を書いただけなので、自信はないです。肉眼で見たときはもう少しオレンジぽく見えたような記憶が。本当はどうだったか、昨日のことなのに、記憶が曖昧です。困ったぼけ爺さんです。
気になって、上級者の撮影したものを確認しましたが、やはり白っぽく見えているようです。

2019/07/21 (Sun) 20:50
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

りおんさん、こんばんは。

> 竹や板を使った、光のアートなのでしょうか?
> すっごいキレイ~✧*。٩(ˊᗜˋ*)و✧*。
> こちらでも、竹を使った光のアートがありますが
> 多分規模が違う!!
> いいなあ~実物を見てみたい~^^

竹のあかりは人気があるようで、屋外ではよく見かけるようになりましたね。小さな蝋燭の炎がゆらめく様は素敵ですね。
こちらは、この種の専門家の作品だと思います。これはこれなりに完成された作品でしょう。ただ、撮り手の腕前が良くなくて、感動を伝えきれないのが残念です。

> 仔猫ちゃん、無事に親猫が迎えに来てくれました!
> ありがとうございました~!!!

良かったですね。親猫と一緒に暮らすのが一番でしょう。

2019/07/21 (Sun) 20:56
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

x都人xさん、こんばんは。

> 和!らしく竹を使っての光のアートですか!
> とっても綺麗ですよね~

花灯路などもキレイですが、この手の専門家の作品もまた素敵なものですね。

> 螺鈿も☆彡~^^

螺鈿は今じゃ、高すぎて、やりたくてもできないものなんでしょうね。『美の壺』で高岡の螺鈿が入った箸が紹介されていました。あの大きさならもしかしたら、私も入手できるかなと思いましたが、それでも高額なんでしょうね。

> 照明はLEDなんですかね?
> 個人的には蝋燭の灯りのように
> 優しい色が好みかな(笑

生の火の方が揺らめいて楽しいでしょうね。でも、細かい作品ですし、文化財の百段階段でのイベントなので、LEDで行うしか無いと思います。
京アニさんの悲惨な事件が、どうしても頭によぎってしまいます。被害者のご冥福を祈りたいものです。

2019/07/21 (Sun) 21:10
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 諦めの悪い性格、おおいに結構じゃないですか。
> 気になって寝れなくなったんじゃ痩せてしまうかも・・・・・

いつでもどこでもうつらうつらしています。

> ウチの親父も国鉄を退職して、暇仕事に何やら竹で作ってましたがレベルが違いますネエ。

こういうものは他の方と比べるものではなく、自分で楽しめれば、それで良いのでは。
作家の方はプロ中のプロでしょうから、他の人に後れをとる訳にはいかないことなんでしょうね。

2019/07/21 (Sun) 21:14
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは

徒然草さん、こんばんは。

> ずいぶん精緻な手作業の作品だと思います。
> 見事すぎて私の周りでは勿体なさすぎて実用には縁がないようです。

私も器用だったら、真似して竹に穴を開けて楽しみたいところですが、あいにく無敵の不器用さ。泣けてきます。

> NIKON D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR ・・・写りがいいですね。

ニコンさんが造ったものですから、『宜なるかな』なんでしょうね。イケナイ、『宜』がどんな植物だったか、また忘れてしまいました。

2019/07/21 (Sun) 21:17
AzTak

AzTak  

Re: こんにちは

MTさん、こんばんは。

> AzTakさんの恒例の和のあかり編ですね!今年は竹をモチーフにしたものが加わったのですね。おっしゃられるようにかなり無機質なようなので、これをどう料理しようか悩ましいですよね。この先別のバージョンの写真も登場かなと思います。楽しみにしてますね。^^

次は長崎のランタンが登場します。今回のモノクロに近い感じから、それこそフルカラーの世界に。いきなりの場面転換で目が眩みそうでした。大先輩のそれと比べるとかなり出来が違いました。まあ、自分の記録&記憶用なんですが、できることなら美しく撮りたかったです。

2019/07/21 (Sun) 21:21
AzTak

AzTak  

Re: No title

> こんばんは

ichanさん、こんばんは。

> 竹を精緻に加工していますね。
> 結果、とても綺麗な光のアートになっています。
> 竹の照明も見事ですが、展示室の天井等の絵や
> 螺鈿細工も見事ですね。

そうですね。百段階段は、以前は写真現金のところとして有名だったんです。数年前からこのイベントなどに限って撮らせてもらえるようになりました。うまく撮れれば良いのですが、なかなか思うようには撮れません。感性の欠如はいかんともしがたいです。

2019/07/21 (Sun) 21:24

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
今年も目黒雅叙園い行かれましたか!
「竹のあかり」ですか!
例年とは違って新鮮に感じられます♪
竹細工の小さな隙間や穴から毀れ出る光が
とっても神秘的で美しいです♪

2019/07/21 (Sun) 23:40

nagomi(yosaku03)  

今晩は!

目黒雅叙園へ行かれたんですね。
竹を利用した和のあかりも私は大変気に入り帰りに再び立ち寄りました。
上の方の部屋はそれ程感動しませんでしたが、十畝の間~静水の間までは私的には可成り満足したと思います。
色の出し方はピクチャーコントロールとホワイトバランスの組み合わせで可成り変化しますのでその場で試してみるのも良いかと思います。
使用されたレンズ、写真を見ると解像度は可成り良さそうで私も使ってみたいと思いました。
f4通しと120㎜迄有るので使用頻度が増えると思います。
見学者は多かったでしょうか?
私の時は少なくて撮りやすかったです。

最近目の疲れが酷くなり偏頭痛や肩こりが続きお休みさせて頂きました。

2019/07/22 (Mon) 17:41
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 今年も目黒雅叙園に行かれましたか!
> 「竹のあかり」ですか!
> 例年とは違って新鮮に感じられます♪
> 竹細工の小さな隙間や穴から毀れ出る光が
> とっても神秘的で美しいです♪

今回は今までとは展示内容が変わったものが少なくなく、新鮮に感じました。
また、今回はじめてフルサイズ機を携えていきました。AF―ONを親指で行っているのですが、キャノンの位置と微妙に違い。私の短い指では足らないことがあります。更に試写してきたのに、全く試写になっていなくて、明るいところに出て、ボタン類を確認したり、『何をしているんだ』と自分で自分が情けなくなりました。
それでも今までよりかは若干きれいに撮れるようになった気がします。

2019/07/22 (Mon) 21:44
AzTak

AzTak  

Re: 今晩は!

nagomi(yosaku03) さん、こんばんは。

> 目黒雅叙園へ行かれたんですね。

はい、同じく無いですから、バス1本で行くことができます。いぜんは、歩いていったことも何度かありましたが、今は、きっちりバスに乗っていきます。

> 竹を利用した和のあかりも私は大変気に入り帰りに再び立ち寄りました。
> 上の方の部屋はそれ程感動しませんでしたが、十畝の間~静水の間までは私的には可成り満足したと思います。

楽しそうに撮られていたなあ、という印象を記事から感じました。途中から冷や汗をかきながら悪戦苦闘しだした私とは大違いです。

> 色の出し方はピクチャーコントロールとホワイトバランスの組み合わせで可成り変化しますのでその場で試してみるのも良いかと思います。

ピクチャーコントロールとホワイトバランスですか。あまりじったことがありません。失敗しても構わない状況のとき、練習してみようかと思います。

> 使用されたレンズ、写真を見ると解像度は可成り良さそうで私も使ってみたいと思いました。
> f4通しと120㎜迄有るので使用頻度が増えると思います。

そうですか。私は、フルサイズ機を使うこと自体初めてで、良いのかまあママなのかよくわかりません。ですが、当分、浮気するだけの原資がありません。使い込むしかなさそうです。

> 見学者は多かったでしょうか?
> 私の時は少なくて撮りやすかったです。

土曜日の昼下がりでした。夏休み期間中でもあり、割と混んでいました。

> 最近目の疲れが酷くなり偏頭痛や肩こりが続きお休みさせて頂きました。

お大事にしてください。複合した原因があると思いますから、身体を休めるのが一番なんだと思います。それにつけても居座り型の長梅雨はこまりますね。
私は今のところ白内障などは出ていませんが、ドライアイだけは出てきました。

2019/07/22 (Mon) 22:13

Leave a reply