新しく導入したフルサイズ中級機と撒き餌レンズとでの試写(7) - 新しく導入したフルサイズ中級機と撒き餌レンズとでの試写_2019_Jun
FC2ブログ

新しく導入したフルサイズ中級機と撒き餌レンズとでの試写(7)

日本丸(3)

相当に大きくしっかりしたものだ。船体はそれほど大きくなくても、確実に停泊するためには必要な大きさなのだろう。巻き上げるのは、ウィンドラス(揚錨機)で行うのだろうが、海中に投下するのはどうするのかなあ。人力で行うとしたら相当困難な作業だろう。
錨
キャプスタン
係留したロープが緩まないように巻き上げる装置。これも手動で動かしているんだ。大変だなあ。
キャプスタン
キャプスタンは垂直な軸を持つ回転機械で、 帆船でロープ、ケーブルや大綱に力を加えることを目的にして開発されたものである。原理はウィンドラスの原理と類似で、ウィンドラスの場合には水平な軸がある。
火床
昔は鍛冶仕事もこういうところで行ったんだ。今だったら、便利な道具がたくさんありそうだが。
火床

いよいよ船内に入っていく。

第2甲板と呼ばれるゾーン
床はきれいに磨き上げられていた
第2甲板と呼ばれるゾーン
実習生室
当然ながら階段ベッドだ。狭いエリアを標準レンズで撮るのは難しいぞ。
実習生室_1
実習生室_2
実習生室_3
1部屋8人で生活する狭い部屋ですが、実習生にとっては憩いの場所です。ベッドの大きさは、長さ185cm、幅65cm。
上甲板への階段
真鍮がピカピカに磨き上げられてあった。まだ上がらずに順路指示に従って、第2甲板をしっかり見てから上甲板へ上がる。
上甲板への階段_1
上甲板への階段_2
上甲板への階段_3
通路を進む
通路を進む_1
通路を進む_2
通路を進む_3
通路を進む_4
通路を進む_5
機関室
機関室_1
機関室_2
機関室_3
機関室_4
操機長室
操機長室
水密扉
こういう備えは不可欠のようだ
水密扉
更に通路を進む
更に通路を進む
調理員室
調理員室_1
調理員室_2
調理員室_3
調理員室_4
調理員室_5
調理員室_6
調理員室_7
診察室
船酔いでだけはご厄介にはなりたくないだろうなあ。実習生の名折れだから。
診察室
機関部食堂
特殊な勤務をするので、別個の部屋が用意されたのだろう
機関部食堂
展示室
展示室_1
展示室_2

船内マップ
船内マップ

漸く先程の階段を上ることができるぞ
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2019年07月15日
最終更新 2019年07月15日

24 Comments

There are no comments yet.

鏡花水月  

AzTak様、こんばんは!
船は1つの町…コミュニティですね。
コンパクトな特別な世界観がありますね。
飾り折をしているのは毛布ですか?

2019/07/15 (Mon) 00:23

ヒデの気まぐれ撮影日記  

船内にこれだけの設備が整っているなんて初めて知りました。
まるでホテルのようですね。
でもちょっとした窮屈さは写真から感じ取れます
初めて船内を見せてもらいました。

2019/07/15 (Mon) 05:20

senri32  

食道で折りたたんであるものは、チョット大きいかなと思いましたが、ナプキンでしょうか?

2019/07/15 (Mon) 05:51

憂行写人  

おはようございます

またしても興味深く拝見、自分が見学している気分になりました。
機関車にしろ、船にしろ、長い歴史を持つということはそれだけで偉大だとおもいます。

2019/07/15 (Mon) 08:45

nagomi  

お早う御座います!

何時もブログを拝見して感じることは細かく写真を撮り詳細な説明文が光ります。
私は写真を撮るだけで説明文などは殆ど読みませんのでこの辺が私とは可成り差があります。
何時も上手に書かれているので驚いています。

話は変わりますが横浜のマリンタワーが工事で現在閉鎖中なんですね。
マリンタワーで夜景を撮っていると人が歩くと揺れるのがわかります。
強風が吹くと可成り揺れると思います。
大きな地震が発生すると危険かも知れませんね。

2019/07/15 (Mon) 10:11

りおん  

船内というのは、独特な雰囲気がありますよね~。
鉄と木と真鍮と。
昨日、清水港に寄港している、海王丸を見に行きました。
混んでいてあまりじっくり見ることはできませんでしたが
小さな世界を覗き見て、不思議な感覚を
味わってきました^^
日本丸も見に行きたいなあ~^^

2019/07/15 (Mon) 11:10

のんびり熊  

こんばんは
ほ~~
ロープの結び方ですか?
熊は、垣根縛りと舫い縛りくらいしか出来ないなあ
それと、毛布のたたみ方かな?
遊び心がいいですネエ

2019/07/15 (Mon) 13:25

x都人x  

船内は快適に過ごせるように色々と工夫されてるのですね~
海王丸モスでしたが、、、

特に興味深く拝見したのがロープワーク!
釣りをしてる時に色々と結び方を
練習して、、、通じるものがありますね^^

2019/07/15 (Mon) 13:44

MT  

こんにちは!

D750の試し撮りが着々と進行していますね!
いままで愛用のキヤノンと比べてその感触はいかがでしょうか。
メニューのインターフェイスもどちらが使いやすいのかも気になります。私も一時期、D810が気になって購入寸前まで行ったことがありましたが、その時は気の迷いだけで踏み込むまでには至りませんでした。

2019/07/15 (Mon) 14:14

hilo03  

AzTakさん、こんにちわ
以前、日本丸の総帆展帆の日に船内を見学しました。
二年ほど前の事なのですが、その日を思い出しました。

2019/07/15 (Mon) 15:57
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTak様、こんばんは!

鏡花水月さん、こんばんは。

> 船は1つの町…コミュニティですね。
> コンパクトな特別な世界観がありますね。

そうですね。特に練習船は、操船の基礎を体感させ、理解させることを目的としていますので、贅沢な装備など一切なしなのでしょう。そうなると、実習生をも含めて一丸になってことに当たる必要があるんでしょうね。
父が学生だった頃は、商船高等専門学校で、開運国日本を背負って立つ人材を育成するということで、給費学生の扱いだったようです。いま、そういう学校って、気象大学校、防大、防衛医科大など限定的です。

> 飾り折をしているのは毛布ですか?

そうです。航海科の学生にとっては、将来、客船や貨客船などに乗り組むことも考えられ、一般常識として、こういう方面の知識も詰め込まれたようです。氷川丸の船室にも、同様のものがありました。

2019/07/15 (Mon) 19:25
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

ヒデの気まぐれ撮影日記さん、こんばんは。

> 船内にこれだけの設備が整っているなんて初めて知りました。
> まるでホテルのようですね。

ホテル業界の方に叱られますよ。ホテルはもう少しハイグレードだと。(笑)

> でもちょっとした窮屈さは写真から感じ取れます
> 初めて船内を見せてもらいました。

実習中の学生ですから。贅沢旅行をさせているわけではないのです。
きょう、総帆展帆を見てきましたが、ボランティアの人達が、実に楽しそうにやっていました。これが、荒れ狂う洋上でもビビらずにできるか。難しい話ですよね。一時、訓練が辛いと立て続けにやめる学生がでて、問題になったことがありました。

こういう船も居住性などを改善していかなければいけない時代になりましたかねえ。

2019/07/15 (Mon) 19:31
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

senri32さん、こんばんは。

> 食堂で折りたたんであるものは、チョット大きいかなと思いましたが、ナプキンでしょうか?

あそこは、調理要員の部屋です。他に適当なスペースがなかったので、毛布の飾り方の展示をしたのでしょう。航海家の学生が将来、客船や貨客船に乗り込むことも考えられたので、ああいうことも教え込んだのかも知れません。
氷川丸の船室にもありましたよね。

2019/07/15 (Mon) 19:35
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます

憂行写人さん、こんばんは。

> またしても興味深く拝見、自分が見学している気分になりました。
> 機関車にしろ、船にしろ、長い歴史を持つということはそれだけで偉大だとおもいます。

喜んでみていただいて有難い限りです。今日、総帆展帆の様子を見てきました。なので、あっちこっち中途半端で困りますが、少しそちらも取り上げようと思います。

2019/07/15 (Mon) 19:37
AzTak

AzTak  

Re: お早う御座います!

nagomiさん、こんばんは。

> 何時もブログを拝見して感じることは細かく写真を撮り詳細な説明文が光ります。
> 私は写真を撮るだけで説明文などは殆ど読みませんのでこの辺が私とは可成り差があります。
> 何時も上手に書かれているので驚いています。

まあ、写真が足らない点をごまかすための方便です。いずれかには、写真だけで勝負したいのですが、どういうわけか足らない写真ばかり撮ってしまう傾向があるようです。(^_^;)

> 話は変わりますが横浜のマリンタワーが工事で現在閉鎖中なんですね。
> マリンタワーで夜景を撮っていると人が歩くと揺れるのがわかります。
> 強風が吹くと可成り揺れると思います。
> 大きな地震が発生すると危険かも知れませんね。

4月からまる3年間、改修工事で、閉鎖中のようですね。最初に横浜に行ったときにはなかったようです。もしかしたら、建設工事中だったかも。
nagomiさんは相当感覚が鋭敏なようですね。私はかなり鈍いのかも知れません。偏に怖がるばかりでした。怖いのに見たい、困った性格でした。
耐震性の強化が一番の目玉なんでしょうね。

2019/07/15 (Mon) 19:46
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

りおんさん、こんばんは。

> 船内というのは、独特な雰囲気がありますよね~。
> 鉄と木と真鍮と。

そうですね。掃除も楽じゃなかった土地力聞きました。

> 昨日、清水港に寄港している、海王丸を見に行きました。
> 混んでいてあまりじっくり見ることはできませんでしたが
> 小さな世界を覗き見て、不思議な感覚を
> 味わってきました^^
> 日本丸も見に行きたいなあ~^^

海王丸の現役の方ですね。先代は富山にこの日本丸と同様に展示してあります。今日、総帆展帆の様子を見てきました。暫くは、私の下手な写真で代替してください。
そのうち、忘れなかったら、動いている帆船を撮りに行きたいものです。何のことはありません。浜松町の岸壁から晴海方面を撮るだけです。問題は非常に稀なことなので、忘れてしまうということだけです。

2019/07/15 (Mon) 19:53
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> ほ~~
> ロープの結び方ですか?
> 熊は、垣根縛りと舫い縛りくらいしか出来ないなあ

私はからっきしだめです。SMの趣味もないので、そちらも全くわかりません。

> それと、毛布のたたみ方かな?
> 遊び心がいいですネエ

あれは日本人の感性のなせる技のようですよ。気遣いの日本人ならばこそ到達し得た高みのようです。

2019/07/15 (Mon) 19:56
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

x都人xさん、こんばんは。

> 船内は快適に過ごせるように色々と工夫されてるのですね~
> 海王丸もそうでしたが、、、

快適かどうかはわかりませんが、狭い船室をうまく使っているものです。似た感じなのが、現代の潜水艦の居住スペースかも知れません。あちらは、相当に厳しいみたいです。それなので、せめてもの気晴らしの意味合いなのか、食費予算が少し他の艦船よりも上を行くようです。カレーの対抗戦でも負けなしとか。

> 特に興味深く拝見したのがロープワーク!
> 釣りをしてる時に色々と結び方を
> 練習して、、、通じるものがありますね^^

そうですか。知っていると役立つものなんですねえ。

2019/07/15 (Mon) 20:01
AzTak

AzTak  

Re: こんにちは!

MTさん、こんばんは。

> D750の試し撮りが着々と進行していますね!
> いままで愛用のキヤノンと比べてその感触はいかがでしょうか。
> メニューのインターフェイスもどちらが使いやすいのかも気になります。私も一時期、D810が気になって購入寸前まで行ったことがありましたが、その時は気の迷いだけで踏み込むまでには至りませんでした。

試し撮りはもうこのシリーズ限りでやめました。あとは本番ということで、今日は総帆展帆を見に行きました。
登檣している人達の顔が潰れてしまうかも知れないと思い、露出補正しなくちゃと思いました。ところがどこをどういじるのかわからず。どちらが優れているとか劣っているとかでなく、単純になれているか否かの問題ですが、まごつきました。
幸いにもいつ土砂降りになってもおかしくないような暗い空だったので、特に露出補正をしなくても、顔が潰れたりはしなかったようです。
インターフェースなどは一長一短かなと思います。

2019/07/15 (Mon) 20:10
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTakさん、こんにちわ

hilo03さん、こんばんは。

> 以前、日本丸の総帆展帆の日に船内を見学しました。
> 二年ほど前の事なのですが、その日を思い出しました。

そうでしたか。今日も『海の日』で、総帆展帆の日でした。総帆展帆を見たあと、船内見学に行く方が相当数居たようです。こんな混んだ状態じゃない日にと思い、船内見学は今回はパスしました。

2019/07/15 (Mon) 20:14

ichan  

こんばんは

日本丸、内部もピカピカに磨き上げられていますね。
途中にロープの結び方を展示していると思われる
コーナーがありましたが、結び方を学んだのでしょうね。
護衛艦のロープの処理も芸術的でしたが、日本人らしい
と感じます。
毛布も芸術的でした。

2019/07/15 (Mon) 20:58
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは

ichanさん、こんばんは。

> 日本丸、内部もピカピカに磨き上げられていますね。

今は外注の清掃業者が清掃して、メンテナンスをもしているのでしょう。その昔は実習生がせっせとモップがけをしていたはずです。

> 途中にロープの結び方を展示していると思われる
> コーナーがありましたが、結び方を学んだのでしょうね。
> 護衛艦のロープの処理も芸術的でしたが、日本人らしい
> と感じます。

ロープの結び方は、なんでもないことのようで非常に重要なことなのでしょう。簡単に外せて、しっかり締められる。あるいは、絶対に外せない。いろいろなものが用途に応じてあったんだと思います。

> 毛布も芸術的でした。

そうですね。

2019/07/15 (Mon) 21:53

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
日本丸も中の見学が出来るのですね♪
横浜の撮影はほとんどが夜景中心の夜だったため
分かりませんでした 汗)
次回は昼間の横浜に行かなくてはダメですね!

2019/07/16 (Tue) 00:11
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 日本丸も中の見学が出来るのですね♪
> 横浜の撮影はほとんどが夜景中心の夜だったため
> 分かりませんでした 汗)
> 次回は昼間の横浜に行かなくてはダメですね!

たしかに横浜の夜景は素敵だと思いますが、帰宅することを考えると、せわしなくなってしまいますよねえ。
昼間は景観がはっきり見えます。良いところも良くないところも。たまには昼間の様子を見るのも宜しいかも。

2019/07/16 (Tue) 21:21

Leave a reply