北鎌倉の花さんなどを楽しむ(9) - 北鎌倉の花さんなどを楽しむ_2019_Jun
FC2ブログ

北鎌倉の花さんなどを楽しむ(9)

東慶寺(1)
明月院も浄智寺もすっ飛ばした感じで見てきた。やっと、多くの人を振り切って東慶寺についた。そんな感じだった。と思ったが、後でわかったのだが、せいぜい20分ほど時間を稼いだだけだった。山門を退出するときにはかなりの参拝者とすれ違うことに。
山門前
このときはこんなものだった。ゆっくり見ることができるぞ。
山門前_1
山門前_2
山門前_3
山門
だいぶ屋根が傷んだ感じだなあ。
山門
山門を潜ってすぐの辺り
花の寺だけあって、いつ行っても何かが咲いているように努力している。
山門を潜ってすぐの辺り_1
山門を潜ってすぐの辺り_2
山門を潜ってすぐの辺り_3
田村俊子の記念碑
「この女作者はいつも おしろひをつけてゐる この女の書くものは 大がひおしろひの中から うまれてくるのである」
田村俊子の記念碑
鐘楼と梵鐘
天井に龍が描かれてあるそうだ。そこまで確認したことがなかった。鐘楼は、この寺院では唯一の関東大震災での倒壊を免れたものだそうだ。重量物を支えるべくしっかりつくってあったのが幸いしたのだろうか?
鐘楼と梵鐘_1
鐘楼と梵鐘_2
四賀光子の歌碑「東慶寺開山覚山尼賛歌」
「流らふる 大悲の海に よばふこゑ 時をへだてて なほたしかなり」
四賀光子の歌碑「東慶寺開山覚山尼讃歌」
本堂(泰平殿)
この位置にかつては仏殿があった。栄華を誇っていたかつての駆け込み寺も新政府の廃仏毀釈政策で、貧窮に喘ぎ、雨漏りを凌ぐだけで精一杯だったようだ。その仏殿は現在三渓園に有る。単刀直入にいえば、売られたわけだが、この地にそのままあったならば、関東大震災で壊滅してしまったことだろう。曲がりなりにも国指定の重要文化財として残っているのは、不幸中の幸いだったかも知れない。
この本堂は、昭和になってから建てられたもの。なお、この本堂内部は撮影禁止にはなっていない。ありがたく撮らせていただいた。

本堂(泰平殿)_1
中門を入った右手の立派な石塔は「宗光塔」。最も期待していた愛弟子の植村宗光を日露戦争で失った際に、釈宗演が建立したものだそうだ。
本堂(泰平殿)_2
本堂(泰平殿)_3
本堂(泰平殿)の内部
本堂(泰平殿)_4
本堂(泰平殿)_5
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2019年06月28日
最終更新 2019年06月28日

16 Comments

There are no comments yet.

ヒデの気まぐれ撮影日記  

写真で拝見する限りでは人も少なく
静かでよい寺院のような気がします。
時間に束縛されないでゆっくりと寺院内を歩きながら
目に止まるものがあったら撮影をする
記録写真でもいいし
じっくり作品作りの撮影タイムでもいい
ゆっくりと時間が流れている世界に入り込んで
のんびりと散歩できることはいいです。

2019/06/28 (Fri) 05:38

りおん  

緑に囲まれた、静かなお寺ですね~。
常にいろんなお花が咲いているということは
それだけお手入れが行き届いているという
ことなのですね。
ゆっくり時間をかけて散策したいところですが
人が多いとなかなかね~^^;
平日でも人出は多いですか?

2019/06/28 (Fri) 07:53

鏡花水月  

AzTak様、おはようございます!
大混雑の明月院をから来ると静かでホッとしますね。
三渓園に行ったことがあるのに本堂が移築されていたのに気づきませんでした。
次に行くときはチェックしてこようと思います。
結果として震災を免れたので何が幸いするか分からないですね。

2019/06/28 (Fri) 08:10

yosaku03(nagomi)  

今日は!

東慶寺と言えば可成り有名なお寺さんですが、随分空いているようですね。
お寺の内部も撮らせてくれるんですね。
内部は撮影禁止と言う所が多いので珍しく感じます。
私は外回りだけでも充分満足しますが、内部も撮れると嬉しいです。

D750の使用感は如何ですか?
私は28-300㎜、24-120㎜のレンズが欲しいです。
特に28-300㎜は是非欲しいので中古を探して買おうかと思っています。

2019/06/28 (Fri) 17:07

x都人x  

お寺等は人も多そうで余り行かないですが
緑も豊かでゆっくりと散策できそうで
こんな所なら訪れたくなりますね^^

週間天気予報ず~~~~っと傘マークがついてます(笑

2019/06/28 (Fri) 19:18

のんびり熊  

こんばんは
鐘楼だけ焼け残ったのは、ヒョットシテ梵鐘が振り子の役割をして倒壊を免れたのではないかいな、と愚考しますが、そんなことないか・・・・・
山門と鐘楼、簡素でいいなあ。
好みだなあ!!

2019/06/28 (Fri) 19:33
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

ヒデの気まぐれ撮影日記さん、こんばんは。

> 写真で拝見する限りでは人も少なく
> 静かでよい寺院のような気がします。

明月院をそそくさとみて、浄智寺はほとんど駆け足で回り、かなりの方を振り切って駆け込みました。
そうなんです。『駆け込み寺』なんですよ。山門を出るときにはすごい数の客が向かってきていました。

> 時間に束縛されないでゆっくりと寺院内を歩きながら
> 目に止まるものがあったら撮影をする
> 記録写真でもいいし
> じっくり作品作りの撮影タイムでもいい
> ゆっくりと時間が流れている世界に入り込んで
> のんびりと散歩できることはいいです。

東慶寺は、昔は縁切り寺として名を馳せました。明治以降は廃仏毀釈の愚策で、没落しかかったのですが、釈宗演師が立て直し、夏目漱石なども参禅したという由緒ある寺です。そして、ここの墓苑には、西田幾多郎氏や和辻哲郎氏も眠っています。
私はイワタバコやイワガラミなどを見たくていきましたが、お寺の佇まいも素晴らしく、必見の寺院だと思います。京都の寺院に引けを取らない数少ない寺院だと思っています。
花の写真も思う存分撮ることができます。いい寺院です。

2019/06/28 (Fri) 20:08
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

りおんさん、こんばんは。

> 緑に囲まれた、静かなお寺ですね~。
> 常にいろんなお花が咲いているということは
> それだけお手入れが行き届いているという
> ことなのですね。

そうですね。かつては駆け込み寺として、明治期には釈宗演師がいて、夏目漱石なども産前に来ていた寺院です。
そして、昭和にはさだまさしの歌にも歌われ、今に至ります。
いまは落ち着く雰囲気のある花の寺として名を博しています。

> ゆっくり時間をかけて散策したいところですが
> 人が多いとなかなかね~^^;
> 平日でも人出は多いですか?

紫陽花の時期は、北鎌倉全体が膨れ上がりますが、それ以外の時期の平日は比較的のんびり見て回ることができると思います。
なお、鎌倉は狭い待ちなので、車で来られると、停める馬車がなくて困ります。公共交通機関利用が一番でしょう。

2019/06/28 (Fri) 20:15
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTak様、おはようございます!

鏡花水月さん、こんばんは。

> 大混雑の明月院から来ると静かでホッとしますね。

そうですね。雰囲気が抜群に良くて、大好きな寺院です。

> 三渓園に行ったことがあるのに本堂が移築されていたのに気づきませんでした。
> 次に行くときはチェックしてこようと思います。

合掌造りの旧矢箙原家住宅のすぐ近くにひっそりと佇んでいます。どちらも国指定の重要文化財です。

> 結果として震災を免れたので何が幸いするか分からないですね。

そうですね。明治38年に円覚寺派管長と建長寺派管長とを兼ねていた釈宗演師が、その地位を辞して東慶寺住職となったんです。それから、盛り返したんですね。あの夏目漱石も参禅したくらいです。仏道をやむなく処分した頃が一番つらい時期だったのでしょう。

2019/06/28 (Fri) 20:26
AzTak

AzTak  

Re: 今日は!

yosaku03(nagomi) さん、こんばんは。

> 東慶寺と言えば可成り有名なお寺さんですが、随分空いているようですね。

大体の方が、混まないうちにと明月院を目指すはずなんです。私もそうでした。底と浄智寺都を駆け足で回り、混み合わないうちに到着することができました。見終わった頃、すごい数の人とすれ違いました。

> お寺の内部も撮らせてくれるんですね。
> 内部は撮影禁止と言う所が多いので珍しく感じます。
> 私は外回りだけでも充分満足しますが、内部も撮れると嬉しいです。

鎌倉は、円覚寺も建長寺も基本的にはそういう扱いで、他も右倣えしている寺院が少なくありません。非常にありがたい話です。焦ってよく撮れなかったのは愛嬌でした。(^_^;)

> D750の使用感は如何ですか?

私の腕前には過ぎた存在です。中古の美品でシャッター回数が千回前後ということだったんです。嘘がないようで、殆ど使用した形跡なし。どういう事情があったのでしょう。しかもマップカメラやサイトウカメラよりもかなり安い価格だったので、オークション以下の感じで入手できました。

> 私は28-300㎜、24-120㎜のレンズが欲しいです。
> 特に28-300㎜は是非欲しいので中古を探して買おうかと思っています。

(ΦωΦ)フフフ…、レンズ沼に嵌りそうですね。私の方は、無い袖は振れないので、もう少しだけ貯金して、…です。

2019/06/28 (Fri) 20:39
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

x都人xさん、こんばんは。

> お寺等は人も多そうで余り行かないですが
> 緑も豊かでゆっくりと散策できそうで
> こんな所なら訪れたくなりますね^^

ここはいいところです。いったんは没落しかかったのですが、釈宗演師が救ってくれました。夏目漱石も参禅したと言うし、西田幾多郎氏、和辻哲郎氏のお墓もこちらにあります。京都の寺院に引けを取らない数少ない寺院だと思っています。

> 週間天気予報ず~~~~っと傘マークがついてます(笑

こちらもそうですが、今日は台風も寝ている間に通過し、蒸し暑い晴れ。明日は多少涼しい曇り空。天気予報は外れっぱなしです。水不足が本当に心配です。

2019/06/28 (Fri) 20:44

ichan  

こんばんは

東慶寺の山門、傷んではいますが、趣があって
良いですね。
時代の悪戯とは言え、仏殿を手放さなければ
ならなかったのは痛ましいです。
もっともそのお陰で三渓園に残ることになった
のは御利益だったのかもしれませんね。

2019/06/28 (Fri) 20:49
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 鐘楼だけ焼け残ったのは、ヒョットシテ梵鐘が振り子の役割をして倒壊を免れたのではないかいな、と愚考しますが、そんなことないか・・・・・

そうだと思います。関東大震災は、茅ヶ崎市沖でした。あそこからならちょいと泳いで鎌倉まで来るなんて意外に簡単なくらいの距離です。鎌倉はほとんど壊滅的な打撃を受けました。

> 山門と鐘楼、簡素でいいなあ。
> 好みだなあ!!

それしかないんです。でも、釈宗演師が来てくれて、禅の世界では世界的な前の発信地に大変身したのです。人が財産の寺院です。

2019/06/28 (Fri) 21:35
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは

ichanさん、こんばんは。

> 東慶寺の山門、傷んではいますが、趣があって
> 良いですね。
> 時代の悪戯とは言え、仏殿を手放さなければ
> ならなかったのは痛ましいです。
> もっともそのお陰で三渓園に残ることになった
> のは御利益だったのかもしれませんね。

鎌倉も横浜も隣り合った市同士です。茅ヶ崎市との距離も似たようなものでしょう。まあ、そうなんですが、移築するにあたって、解体し、再度建てるにあたって、かなりの補強をしたのだと思います。それが功を奏したのではないかと。

仏殿を手放すのは、東慶寺再興の祖と言われる釈宗演師が着任直後の大英断だったようです。苦渋の決断だったと思います。一歩一歩、着実に老刑事の状況を立て直していったようです。

2019/06/28 (Fri) 21:46

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
私がパスした東慶寺ですね♪
続く石畳の両脇に書院、鐘楼、本堂塔が並び
見学しやすかったのでは?
撮影時期は6月と思いますので
紫陽花に似た「岩絡み(イワガラミ)」は咲いていたでしょうか?

2019/06/28 (Fri) 22:14
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 私がパスした東慶寺ですね♪
> 続く石畳の両脇に書院、鐘楼、本堂塔が並び
> 見学しやすかったのでは?

そうですね。

> 撮影時期は6月と思いますので
> 紫陽花に似た「岩絡み(イワガラミ)」は咲いていたでしょうか?

イワタバコとイワガラミとがありました。前者は旬の終わりかけ、後者は旬そのものでした。
あとは、どくだみの八重を見てきました。あるものなんですねえ。

最後の最後に、西田幾多郎氏や和辻哲郎氏のお墓を見てきました。京都学派のひとたちが鎌倉後に眠るのはきいな感じを受けないでもありませんでしたが、ここは釈宗演師が中興の祖であり、そういう事があってもおかしくはないのかなと思い直しました。

2019/06/28 (Fri) 22:32

Leave a reply