北鎌倉の花さんなどを楽しむ(8) - 北鎌倉の花さんなどを楽しむ_2019_Jun
FC2ブログ

北鎌倉の花さんなどを楽しむ(8)

浄智寺(3)
境内の様子
横井戸
井戸は縦に掘るものと思いこんでいた。ところがこの井戸は横井戸だった。横井戸を調べてみた。水平方向に地面を掘り、しみ出てくる地下水を貯める仕組み。もともと湧き水のあるような斜面を掘って広げたものが多いとのことだった。ここは何度も通っているはずなのに、横井戸という認識がなかった。この辺りにもイワタバコがたくさん。岩肌から水が滲み出す土地なのだろう。
横井戸_1
横井戸_2
やぐらとその周辺
随分、お墓が並んでいる。立錐の余地なしというくらいに。土地が狭い鎌倉の独特のものなのかな?
やぐらとその周辺_1
やぐらとその周辺_2
やぐらとその周辺_3
東慶寺程ではないものの、イワタバコが咲いていた
やぐらとその周辺_4
やぐらとその周辺_5
やぐらとその周辺_6
かなりの水が滴り落ちてくる。イワタバコには好都合なのだろう。
やぐらとその周辺_7
まさか布袋様と見間違える人は居ないよね
やぐらとその周辺_8
これは何かな?
孟宗竹もアナコンダも顔色を失うほどの太さだ
これは何かな?_1
これは何かな?_2
客殿に向かう道筋
だが、その前に布袋様にご挨拶
客殿に向かう道筋_1
客殿に向かう道筋_2
客殿に向かう道筋_3
客殿に向かう道筋_4
振り返るとこんなふう
客殿に向かう道筋_5
江ノ島鎌倉七福神の布袋尊
布袋寅泰ではない。でも、ちょっとだけ似ていなくもないかな。触った箇所が良くなるということで触られまくっているようだ。黒光りの様子からは圧倒的に腹部が多い感じだ。影の出方で気付いた方がおられるかも知れないが背後にいつまでも立ち去らない長尻の女性が居た。おばけじゃないからご安心を。
江ノ島鎌倉七福神の布袋尊
茶室
『龍淵荘』かな?イベントなどのおりには開かれることが有るようだ。残念ながら、私は中には行ったことがない。
茶室_1
茶室_2
こちらのほかに、徒歩数分のところに、『宝庵』という通常は、非公開の茶室もあるそうだ。最近は、月に一度の公開があるようで、2019年7月は、6日(土)11時〜16時だそうだ。
興味の有る方は、説明記事にjump
茶室と客殿との間
ホタルブクロが咲いていた。近くにはキンシバイも。秋には秋明菊が見事なはずだ。
茶室と客殿との間_1
茶室と客殿との間_2
茶室と客殿との間_3
茶室と客殿との間_4
書院(客殿)
一般人が立ち入ることができるところではない。しかし、玄関から見える庭の様子が見事だ。紅葉の時期は本当に見ものだと思う。玄関からの眺めは、明月院の丸窓とはまた違った趣きがある。
書院(客殿)_1
書院(客殿)_2
書院(客殿)_3
書院(客殿)_4
書院(客殿)_5
棟門
棟門には葵の紋がある。軒下には蟇股がある。葵の紋が有るということで、江戸の幕府とのつながりが窺い知れよう。
棟門_1
棟門_2
棟門_3
蟇股はこんなふうに使われていたか
棟門_4
入り口からの様子。梅花樹下の茶會は中国で好まれるようだ。
棟門_5
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2019年06月26日
最終更新 2019年06月26日

12 Comments

There are no comments yet.

MT  

おはようございます

都留で見た噴き出すような湧き水を見た後でしたので、このお写真の横井戸というのもなるほどなと頷けます。いったいどのあたりの水がここまできていたのでしょうか。そこが気になります。

2019/06/26 (Wed) 06:48

りおん  

横井戸、初めて見ました~@@
こういう水がしたたり落ちる場所って
なんか好きなんですよね~^^
いつまでも見続けられそう~!!
奥行きはどのぐらいあるのでしょうか?

アナコンダの正体は、もしかすると
藤ヅルかもしれないですね^^
それにしても太い~!!

耳鼻咽喉科の検査、ちょっと受け入れがたいですよね^^;

2019/06/26 (Wed) 09:31

makira  

こんにちは!

AzTakさん、こんにちは!
横井戸なんてのもあるんですね!
書院(客殿)の庭が素晴らしい!
葵のご紋の棟門ですか、恐れ多くて通れませんね 笑)

2019/06/26 (Wed) 13:04

x都人x  

お天気も良くて緑が☆彡~
輝いてますね~

京都も今日いよいよ梅雨入りしましたよ~(笑
チャリ通は大変、、、

2019/06/26 (Wed) 19:28

のんびり熊  

こんばんは
ウサギ小屋から御墓に入ってもこんなんじゃあたまらんなあ。
ヒトの心配より自分の心配をせにゃならん。
さてどうしたものか・・・・

2019/06/26 (Wed) 19:43
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます

MTさん、こんばんは。

> 都留で見た噴き出すような湧き水を見た後でしたので、このお写真の横井戸というのもなるほどなと頷けます。いったいどのあたりの水がここまできていたのでしょうか。そこが気になります。

都留と似た感じなのは、水量が全然違いますが、国分寺崖線の端っこにある等々力渓谷の轟の滝のほうでしょう。地層から染み出してきます。
北鎌倉はどうなんでしょうね。明月院も反対側の斜面ですが、かなり水が出ます。土が流されて困るので、紫陽花を土止めに植えたくらいですから。そして、浄智寺や東慶寺もそれなりに。どちらかというと、表層水なんだと見ています。
その昔は塔頭がいくつもある大寺院でしたから、境内はかなり広いのだと思います。気がいっぱいありますから、少しずつ島出すのでしょうかねえ。

2019/06/26 (Wed) 20:22
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

りおんさん、こんばんは。

> 横井戸、初めて見ました~@@
> こういう水がしたたり落ちる場所って
> なんか好きなんですよね~^^
> いつまでも見続けられそう~!!
> 奥行きはどのぐらいあるのでしょうか?

怖がりでは誰にも負けない私に聞かないでください。怖くて覗くこともできません。

> アナコンダの正体は、もしかすると
> 藤ヅルかもしれないですね^^
> それにしても太い~!!

やはりそうですかねえ。本当に太いですねえ。びっくりするほどです。

> 耳鼻咽喉科の検査、ちょっと受け入れがたいですよね^^;

私は、ひとえに鼻中隔膜が弱く、大量の鼻出血があります。冗談では済ませられないほどの出血量なんです。なので、一度出たら、厳重注意。柔道もそれでやめざるを得ませんでした。
耳だけは悪くないと思っていたのですが、今日はあっちフラフラこっちフラフラ。酔っ払いみたいな歩き方に。多分三半規管などの不調ではなく、熱中症の軽いものだったと思います。三半規管などの不調だったら大変です。

2019/06/26 (Wed) 20:34
AzTak

AzTak  

Re: こんにちは!

> AzTakさん、こんにちは!

makiraさん、こんばんは。

> 横井戸なんてのもあるんですね!

何度も見ていたのに、ずっと気が付きませんでした。怖がり爺さんはだめですね。中を覗こうとしませんから。

> 書院(客殿)の庭が素晴らしい!

あれは実にいいなあと思います。行くたびにじっと見続けています。

> 葵のご紋の棟門ですか、恐れ多くて通れませんね 笑)

その昔だったらそうなのでしょうね。いまは良い時代です。

2019/06/26 (Wed) 20:47
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

x都人xさん、こんばんは。

> お天気も良くて緑が☆彡~
> 輝いてますね~

このときはたしかに天気がまずまずでした。今日は更に良くて、暑かったです。おかげで、熱中症発症寸前で、…。

> 京都も今日いよいよ梅雨入りしましたよ~(笑
> チャリ通は大変、、、

そうですね。大変でしょうが安全に走行してくださいね。

2019/06/26 (Wed) 20:53
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> ウサギ小屋から御墓に入ってもこんなんじゃあたまらんなあ。
> ヒトの心配より自分の心配をせにゃならん。
> さてどうしたものか・・・・

これでも身分の高い人の墓のようですよ。私のようなものは、墓なしでしょう。実際、私が死んでも何もするなと愚妻には言ってあります。

2019/06/26 (Wed) 20:56

ichan  

こんばんは

横井戸、初めて見ました。
夏、その付近は涼しそうですね。
書院に入れたなら書院からの眺めは
素晴らしいでしょうね。

2019/06/26 (Wed) 22:03
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは

ichanさん、こんばんは。

> 横井戸、初めて見ました。
> 夏、その付近は涼しそうですね。

私もそう思います。

> 書院に入れたなら書院からの眺めは
> 素晴らしいでしょうね。

そうなんでしょうね。ですが、こちらの寺院は商売っ気がないというか、その日その日の暮らしが成り立てば、余分なお金はいらないというスタンスのようです。そういう変わり者がいてもおかしくないのかも知れません。

2019/06/26 (Wed) 22:15

Leave a reply