代官山~恵比寿~代官山~(青葉台)~中目黒(3) - 代官山~恵比寿~代官山~(青葉台)~中目黒_2019 _May
FC2ブログ

代官山~恵比寿~代官山~(青葉台)~中目黒(3)

旧朝倉家住宅…国指定重要文化財(2)
中庭
表庭は他の何処にも引けを取らない立派さだが、この中庭もなかなか渋くて良い。この家屋の6割相当部分を公開しているが、画面から見える右側部分などは非公開のゾーン。
中庭_1
別角度から見た様子。奥は非公開ゾーン。
中庭_2
階段と中庭との間の通路
かなり変形の構造だ。最初に朝倉家を訪問した客は、迷ってしまったかもしれない。この通路は案外長いものになっている。
階段と中庭との間の通路
杉の間などへの通路
杉の間などへの通路
杉の間(裏)
杉の間(裏) _1
いたずらして、細竹を折ってしまったのかな?
杉の間(裏) _2
杉の間(裏) _3
杉の間(裏) _4
杉の間(表)
当主自慢の部屋だったと思う。何から何まで、吟味して上質の空間を作り上げてあった。床の間の脇に女中さんの出入り口が有る。
杉の間(表)_1
この見晴らしは最高。よほどの上客でない限りは、通さなかったのではなかろうか?
杉の間(表)_2
さり気なく贅の限りを尽くした感じ
杉の間(表)_3
杉の間(表)_4
丸窓の客間(立入禁止)
丸窓の客間(立入禁止)
茶室(立入禁止)
この2方向の雨戸があいているのは、私は今回が初めて。内部から見るのと、後ほど庭から見るのと、見え方の違いを楽しもうと思う。
茶室(立入禁止)
土蔵(立入禁止)
土蔵(立入禁止)
角の杉の間
角の杉の間_1
角の杉の間_2
角の杉の間_3
角の杉の間_4
杉の間(表) に通じる出入り口
女中さんが料理や茶菓を運ぶのに出入りしたのだろう。杉戸絵の戸があるんだ。
杉の間(表) に通じる出入り口
角の杉の間の廊下からの眺め
角の杉の間の廊下からの眺め

かつて、仏間、中の間、寝間の3間があった部分は、現在は会議室に改装されている。何とも無粋なものにしたものだ。ここは省略する。

事務室
金庫番の人が居たのだろう。こういう部屋も和室だったんだ。
事務室
内玄関
内玄関
洋間
洋間

次回は表庭を見ていく。崖線をうまく活かした極上の庭だ。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2019年05月30日
最終更新 2019年05月30日

12 Comments

There are no comments yet.

りおん  

しっとりとした中庭がステキですね~・・・
非公開ゾーンが気になりますが!
ふすまを外すと大きな一続きのお部屋になるのですね@@
たくさんの人が訪れることもあったのでしょうか。
床の間脇の地袋が斜めだったり、丸窓のお部屋があったり
パノラマのようなお部屋があったり、洋間もと、かなり凝った
造りになっているのですね~@@
笹の新芽の絵も印象的です。
表庭、かなりのものなのでしょうね!!
楽しみにしています~^^

2019/05/30 (Thu) 06:32

MT  

おはようございます

丸窓の客室はほんのちょっと障子を開けてくれていると有難いところですよね。そしてその窓から紫陽花など見えれば最高なのですが。^^

2019/05/30 (Thu) 08:22

x都人x  

やはり畳のある部屋は落ち着きますよね~
夏なんか、、こんな所で昼寝を
したら気持ち良いだろうな^^

2019/05/30 (Thu) 17:53

makira  

ここんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
何度か取り上げていただいて見ていますが、
見る度に一度は行こうと思いつつ
なかなか行けない旧朝倉家住宅です。
杉の間から見る庭は最高ですね!
客人への最高のおもてなしだと思います。

2019/05/30 (Thu) 18:54

のんびり熊  

こんばんは
贅沢なもんですねえ
誰がいたずらしたのか?
折れてる・・・・・
短かったのかな?

2019/05/30 (Thu) 19:54

ichan  

こんばんは

採光のために中庭を設ける例は京都の町屋にも
見られますが、この邸宅の場合は明らかに贅を
尽くした感じですね。
和室の欄間や引き戸の造作、一般庶民の家とは
異次元のものと感じます。

2019/05/30 (Thu) 20:54
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

りおんさん、こんばんは。

> しっとりとした中庭がステキですね~・・・

そうですね。ですが、表庭を見るまでの換装でしょう。表庭を見たら、中庭のことは忘れてしまう方がほとんどかと思います。

> 非公開ゾーンが気になりますが!

厨房とか、家族の部屋とか、女中さんの部屋とかがあったんだと思います。いまは、こちらの管理スタッフの事務所などに使われているようです。

> ふすまを外すと大きな一続きのお部屋になるのですね@@
> たくさんの人が訪れることもあったのでしょうか。

どんちゃん騒ぎはもっぱら2階で行っていたようです。こちらはとても懇意にしている方限定で使用したのではないかと思っています。私の想像に過ぎません。

> 床の間脇の地袋が斜めだったり、丸窓のお部屋があったり
> パノラマのようなお部屋があったり、洋間もと、かなり凝った
> 造りになっているのですね~@@
> 笹の新芽の絵も印象的です。

杉戸絵は、京都に負けないようにとつくらせたのでしょうね。しかし、あんな通用口をつくらせるとは、…。粋ですねえ。

> 表庭、かなりのものなのでしょうね!!
> 楽しみにしています~^^

私が言うのも何ですが、土地そのものが国指定の重要文化財になっています。それくらい価値が高いものと考えてもらっても構わないと思います。
問題は私のカメラワークです。やっぱり、下手っぴぃには荷が重すぎました。

2019/05/30 (Thu) 22:04
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます

MTさん、こんばんは。

> 丸窓の客室はほんのちょっと障子を開けてくれていると有難いところですよね。そしてその窓から紫陽花など見えれば最高なのですが。^^

公開している部屋は、床下の補強などもしっかりなされていて、どこを歩いてもギシギシ音がしたりしません。ですが、この丸窓の部屋は、」少し傷んでいるようです。外は、崖線になっていて、部屋に入ってそこから眺めるとちょうどいい具合になっているんだと思います。そう解釈しました。
表庭はこの後取り上げます。京都の名高い寺院にも引けを取らない優雅さだと思います。庭から、杉の間や茶室、土蔵などがどんなふうに見えるかも確認してみてください。

2019/05/30 (Thu) 22:11
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

x都人xさん、こんばんは。

> やはり畳のある部屋は落ち着きますよね~
> 夏なんか、、こんな所で昼寝を
> したら気持ち良いだろうな^^

最高でしょうね。ですが、臆病者の私めは、こんな土一升金一升の土地に住みたいとは思いません。固定資産税等が巨額になることなんでしょう。

2019/05/30 (Thu) 22:16
AzTak

AzTak  

Re: ここんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 何度か取り上げていただいて見ていますが、
> 見る度に一度は行こうと思いつつ
> なかなか行けない旧朝倉家住宅です。

今回は、最後のつもりで気合を込めて撮りました。どこが、なんて言わないでくださいね。特に表庭がキレイだったので、必死に食らいつきました。

> 杉の間から見る庭は最高ですね!

その反対に表庭からみた杉の間も、同様に素晴らしかったです。

> 客人への最高のおもてなしだと思います。

多分、当時の当主と私が面識があったとしても、とてもじゃないけど、この部屋には通してくれなかったと思います。大事に使っていた部屋なのかと。

2019/05/30 (Thu) 22:20
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 贅沢なもんですねえ
> 誰がいたずらしたのか?
> 折れてる・・・・・
> 短かったのかな?

こういうところに来てまで悪戯をする輩の気持ちがわかりません。文化財は、みんなの財産。大事にしなければ罰が当たります。

2019/05/30 (Thu) 22:23
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは

ichanさん、こんばんは。

> 採光のために中庭を設ける例は京都の町屋にも
> 見られますが、この邸宅の場合は明らかに贅を
> 尽くした感じですね。
> 和室の欄間や引き戸の造作、一般庶民の家とは
> 異次元のものと感じます。

異次元ですか。そういう感じかもしれませんね。
ですが、このあと取り上げる表庭は、本当に本当に素敵です。太陽と月くらい違うかもしれません。
土地そのものが、国指定の重要文化財になっています。そんなバカなとお思いになられるかもしれませんが、百聞は一見にしかずです。素敵です。

2019/05/30 (Thu) 22:33

Leave a reply