芝公園(ザ・プリンスパークタワー東京の敷地)~増上寺~芝大神宮~芝離宮恩賜公園(2) - 芝公園(ザ・プリンスパークタワー東京の敷地)~増上寺~芝大神宮~芝離宮恩賜公園_2019_May
FC2ブログ

芝公園(ザ・プリンスパークタワー東京の敷地)~増上寺~芝大神宮~芝離宮恩賜公園(2)

増上寺
旧方丈門
港区指定有形文化財だそうだ。ほとんど取り上げられることがないが、私の好きな門だ。古色を帯びた感じが堪らなく好きだ。
旧方丈門_1
旧方丈門_2
旧方丈門_3
増上寺の方丈(庫裡)の表門であったので方丈門とよばれ、また全体が黒漆塗であたために黒門ともよばれた。四脚門で、建造年代を明らかにする棟札などの記録は見出せないが、江戸時代初期の特徴を示す様式から17世紀後半のものと推測される。蟇股には唐獅子や牡丹が浮彫されていて、精巧で写実的な図柄は、近世の建築彫刻の特色を示している。長年の風蝕のため、古色をおびているが、桃山建築の豪華さのおもかげがうかがえる。
慈雲閣(開山堂)
戦災で焼失した開山堂。再建は増上寺開山・酉誉聖聰(ゆうよしょうそう)上人の550年遠忌記念事業の中心として平成元年(1989)になされたのか。
慈雲閣(開山堂)_1
慈雲閣(開山堂)_2
この御堂は、平成元年(1989)増上寺開山・酉誉聖聰(ゆうよしょうそう)上人の550年遠忌記念事業の中心として、戦災で焼失した開山堂の再建を企画、建築されました。二階中央には聖聰上人像、両脇にはその師・聖冏(しょうげい)上人像と当山中興の聰観智国師像が安置されています。
経蔵
東京都指定建造物。収蔵されていた家康公が増上寺に寄進した宋版、元版、高麗版の各大蔵経は国の重要文化財に指定されている。現在は、後方にある収蔵庫に移管されているとのことだ。
経蔵_1
経蔵_2
経蔵_3
徳川幕府の助成により建立されました。内部中央に八角形の輪蔵を配する、九間半四面、土蔵造の典型的な経蔵で、都の有形文化財に指定されています。 家康公が増上寺に寄進した宋版、元版、高麗版の各大蔵経が収蔵され、これは国の重要文化財に指定されています。(現在は後方の収蔵庫に移管)
三解脱門…国指定重要文化財
大門から三門までは約108間か。三門をくぐり108の煩悩から解脱できるというわけなんだ。そして、さらに三門から大殿までは距離にして約48間。阿弥陀仏の48願。大無量寿経に説く、阿弥陀仏が法蔵菩薩であった時に立てた願をいうのか。う~~ん。
三解脱門…国指定重要文化財_1
三解脱門…国指定重要文化財_2
三解脱門…国指定重要文化財_3
三解脱門…国指定重要文化財_4
三解脱門…国指定重要文化財_5
東京都内有数の古い建造物であり東日本最大級を誇るこの門は、正式名称を三解脱門といいます。元和8(1622)年、徳川幕府の助成により幕府大工頭・中井正清とその配下により建立。再建されました。増上寺が江戸の初期に大造営された当時の面影を残す唯一の建造物で、国の重要文化財に指定されています。 三解脱門とは三つの煩悩「むさぼり、いかり、おろかさ」を解脱する門のことです。上層部(楼上)には、釈迦三尊像と十六羅漢像が安置されています。
鐘楼堂
除夜の鐘の中継でしか聞いたことがなかったが、やはり巨大な梵鐘に鐘楼だ。いろいろな梵鐘を見てきたが、間違いなく最大級のものだ。
鐘楼堂_1
鐘楼堂_2
鐘楼堂_3
寛永10年(1633)年の建立ですが、現在の鐘楼堂は戦後に再建されたものです。鐘楼堂に収められている大梵鐘は、延宝元(1673)年にあまりの大きさに7回の鋳造を経て完成し(東日本で最大級)、江戸三大名鐘の一つに数えられています。 朝と夕べ、2回撞く鐘の音は、時を告げるだけではなく、人を惑わす108の煩悩を浄化し、人々の心を深い安らぎへと導く6度の誘いでもあります。 江戸時代の川柳には「今鳴るは芝(増上寺)か上野(寛永寺)か浅草(浅草寺)か」「江戸七分ほどは聞こえる芝の鐘」「西国の果てまで響く芝の鐘」等と謳われ、庶民に親しまれました。
大殿
戦災に遭い焼失した本堂が再建されたのは、戦後29年後の昭和49(1974年)年までまたねばならなかった。それまでは、安国殿が本殿お役目を負っていた。その不便な状況に終止符を打ち、大本山の念仏の根本道場として、あらゆる儀式法要が行えるよう斬新な設計と意匠で、大堂として再建されたのだ。
大殿_1
大殿_2
大殿_3
大殿_4
昭和49(1974年)年、大本山の念仏の根本道場として、あらゆる儀式法要が行えるよう斬新な設計と意匠で、戦災に遭い焼失した本堂が再建されました。首都圏では最大級の御堂で、石段を登りつめた二階に本堂、三階に道場、一階に檀信徒控室、地下に増上寺宝物展示室があります。本堂のご本尊阿弥陀如来(室町期製作)は、両脇壇に高祖善導大師と宗祖法然上人の御像が祀られ、参拝される方々の厚い信仰をあつめています。
大殿と安国殿と東京タワーとの3ショット
安国殿は、戦災で焼失した大殿の代わりに仮本堂としていた建物を、昭和49(1974)年、新大殿完成の折りに境内北側に移転し、御堂「安国殿」としたもの。その後、老朽化のため、平成23(2011)年法然上人八百年御忌を記念し、念仏信仰の拠点として徳川家康公が成し遂げた"天下泰平の世(安らかな国づくり)"を願い、新しい安国殿が建立されたそうだ。
大殿と安国殿と東京タワーとの3ショット
大殿と光摂殿と東京タワーとの3ショット
絶品と言われる光摂殿の大広間、各天井の天井絵を見てみたいものだ。
大殿と光摂殿と東京タワーとの3ショット
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2019年05月13日
最終更新 2019年05月13日

18 Comments

There are no comments yet.

MT  

おはようございます

こちらは東京タワーからのコラボも素敵な都心のスポットですよね。
こんないい場所で日本を感じられる場所があって海外の人が昔からちらほらいました。
こちらに来れば必ず小さなお地蔵さんたちを見て帰ります。

2019/05/13 (Mon) 06:22

りおん  

東京タワーとのコラボが、ステキですね!
東日本一の大梵鐘、どのぐらいの重さがあるのでしょうか?
これを支え続ける鐘楼堂も、かなり頑丈な造りなのでしょうね。
お寺の門にはいろいろな意味があるのですね・・・
増上寺、ちょっと言いにくいですね^^;

2019/05/13 (Mon) 06:23

kaz  

おはようございます!

広角レンズうまく使われてますね!
大殿と光摂殿と東京タワーとの3ショットなんなく、撮れるんですから・・・。

2019/05/13 (Mon) 08:11

makira  

こんにちは!

AzTakさん、こんにちは!
増上寺ですね!
行きたい行きたいとと思いつつ、未だに行けてない所です 汗)
東京タワーから見下ろす度に思うのですが・・・
昨日はお伺い出来ず申し訳ございませんでした 汗)
私の誕生日と母の日とのことで
娘たち家族が食事に招待してくれ、たらふく食べ
帰ってからバタンキューでした 笑)
健康診断が近いこともあり、そろそろ食事制限です 笑)

2019/05/13 (Mon) 14:15

x都人x  

広角レンズで色々撮られて参考になりますね^^

スカイツリーと違って
東京タワーの方が歴史的な
建物と似合うような気がします^^

もう一度のぼって見たいです!

2019/05/13 (Mon) 19:13

のんびり熊  

こんばんは
増上寺、懐かしいですネエ
東京勤務時代に、早朝、増上寺横にあったゴルフ練習場に起き抜けで行きました。
最若年の熊が何時もタクシーを止めて、お偉いさん方を待ってました。
その代わり奢ってもらいましたが。
こんなに色々有るんなら、当時にもっと行っとけばよかったなあ。

2019/05/13 (Mon) 19:40

ichan  

こんばんは

この界隈は新旧の建物の織り成す光景がいかにも
日本らしいです。
雑多すぎることなく調和がとれていると感じます。
東京タワーもおじいちゃんになってしまいましたが、
増上寺に比べれば若者ですね。

2019/05/13 (Mon) 20:49

yosaku03  

今晩は!

芝増上寺は桜の季節に何回かお邪魔していますが、桜の季節は屋台やテントが沢山あるので写真を撮るには今一です。
桜の時期でなくても見る所はあるので又出かけてみたいと思います。
先日浜松町へ行った時行こうと思いましたが、体力的に無理だと思いパスしました。

2019/05/13 (Mon) 20:50
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます

MTさん、こんばんは。

> こちらは東京タワーからのコラボも素敵な都心のスポットですよね。

そうですね。ちょっと確認したいことがあって、通りすがりの僧侶に聞いたことが有るんです。その際の応対の丁寧さ、腰の低さが印象に残りました。おそらく、増上寺でもトップの方だったようなんですが。蛇に怖じずに聞いた感じになりました。

> こんないい場所で日本を感じられる場所があって海外の人が昔からちらほらいました。

浄土宗は昔から、縁もゆかりもない人がたまたま足を踏み入れても気分良く変えることができる、不思議な魅力があり宗派かなと思っています。

> こちらに来れば必ず小さなお地蔵さんたちを見て帰ります。

横目に見ながら徳川将軍家の墓所を見てきました。

2019/05/13 (Mon) 22:32
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

りおんさん、こんばんは。

> 東京タワーとのコラボが、ステキですね!

そうですね。増上寺の敷地の一部を提供したというくらいですから、よく見えるのは当たり前ですね。もちろん、東京タワーの展望台からもよく見えるんですが、ました近くを見ると、恐怖心が襲ってきて、…。

> 東日本一の大梵鐘、どのぐらいの重さがあるのでしょうか?
> これを支え続ける鐘楼堂も、かなり頑丈な造りなのでしょうね。

そうだと思います。15tなどという重さを感じたことはありませんから。未知の領域です。
椎名伊予吉寛が品川の御殿山で鋳造したもので、延宝元年(1673)に七回目の鋳造で完成したといわれています。高さ八尺(龍頭を入れると一丈、約3.3m)、径五尺八寸、重さ四千貫(約15t)といわれ、江戸時代の梵鐘としては東日本最大といわれています。時の将軍家綱(四代)の命により、奥方のかんざしなど多くの寄附を集めて江戸で初めて造られた鐘である。

> お寺の門にはいろいろな意味があるのですね・・・

もともとは江戸城の近くにあった寺らしいです。家康が始めてきたときに住職と話をして、感じるところがあったということから重用されたそうです。それで江戸城の裏鬼門をまもるということで、この地に移ったそうです。なので、つくりたいようにつくったというのが事情かもしれませんね。

> 増上寺、ちょっと言いにくいですね^^;

そうですね。私は滑舌が良くないので、なおさらです。

2019/05/13 (Mon) 22:41
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます!

kazさん、こんばんは。

> 広角レンズうまく使われてますね!
> 大殿と光摂殿と東京タワーとの3ショットなんなく、撮れるんですから・・・。

レンズのおかげでしょうね。あの光摂殿ですが、比較的新しい建物です。それはさておき、その天井絵がものすごい豪華だと言われています。多くの画家の競作のような感じらしいです。
信徒団体の研修会などで入る人はいとも簡単に画を写真に撮れるようですが、こちらはそういうわけにはいきません。特別に開放する機会にでも潜り込んで撮りたいものだと思います。

2019/05/13 (Mon) 22:46
AzTak

AzTak  

Re: こんにちは!

> AzTakさん、こんにちは!

makiraさん、こんばんは。

> 増上寺ですね!
> 行きたい行きたいとと思いつつ、未だに行けてない所です 汗)
> 東京タワーから見下ろす度に思うのですが・・・

古い建造物が殆ど残っていないのが、増上寺の悲しいところですね。昔の国宝の扱いも全て返上したのが実情です。
それで仮本堂などでしのいで、近年になってやっと建物が揃ったという感じなんです。
根津神社との違いは何でしょうかね。

> 昨日はお伺い出来ず申し訳ございませんでした 汗)
> 私の誕生日と母の日とのことで
> 娘たち家族が食事に招待してくれ、たらふく食べ
> 帰ってからバタンキューでした 笑)
> 健康診断が近いこともあり、そろそろ食事制限です 笑)

2ヶ月ちょっとの間、お兄さんになるんですね。この年になると、カウントアップしたくないので、『おめでとうございます』とは言いませんから。でも、もうちょっと長生きしましょうね。
我が家では妻が歌舞伎を見に行きました。朴念仁の亭主は置いていかれて、留守番専門です。

2019/05/13 (Mon) 22:57
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

x都人xさん、こんばんは。

> 広角レンズで色々撮られて参考になりますね^^

(ΦωΦ)フフフ…、失敗例でしょうかね。自分だったらこう撮るんだけどなあというのが有ると思います。いろいろ考えて見せてください。

> スカイツリーと違って
> 東京タワーの方が歴史的な
> 建物と似合うような気がします^^
>
> もう一度のぼって見たいです!

私は何度か上り、そのたびに『これで最後にしよう』と思っているのに、忘れた頃にまた、上っている感じです。真下は怖くて見られず、自分のかつての勤め先のビルなどを見て、まだ残っているなと思うくらいです。

2019/05/13 (Mon) 23:01
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 増上寺、懐かしいですネエ
> 東京勤務時代に、早朝、増上寺横にあったゴルフ練習場に起き抜けで行きました。
> 最若年の熊が何時もタクシーを止めて、お偉いさん方を待ってました。
> その代わり奢ってもらいましたが。
> こんなに色々有るんなら、当時にもっと行っとけばよかったなあ。

ゴルフ練習場が有るという話は聞いたことがあります。ゴルフが嫌いでにげまわっていたので、存在を知っているだけですが。
のんびり熊さんは優雅な生活を送っておられたんですねえ。昔は仮の建屋がほとんどだったかもしれません。苦しんで苦しんで、やっと大堂などの再建にこぎつけたようです。

2019/05/13 (Mon) 23:07
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは

ichanさん、こんばんは。

> この界隈は新旧の建物の織り成す光景がいかにも
> 日本らしいです。
> 雑多すぎることなく調和がとれていると感じます。

そういう感じがしますね。新しく建てた建物が殆どですが、浮ついた感じはしません。よほど考えて建てたようです。

> 東京タワーもおじいちゃんになってしまいましたが、
> 増上寺に比べれば若者ですね。

1958年ですかすでに還暦を過ぎたんですね。割と早くに上った記憶が。その時はぼーっとした田舎の子だったので、こwクァ差を感じずに済んだのかもしれません。

2019/05/13 (Mon) 23:15
AzTak

AzTak  

Re: 今晩は!

yosaku03さん、こんばんは。

> 芝増上寺は桜の季節に何回かお邪魔していますが、桜の季節は屋台やテントが沢山あるので写真を撮るには今一です。
> 桜の時期でなくても見る所はあるので又出かけてみたいと思います。
> 先日浜松町へ行った時行こうと思いましたが、体力的に無理だと思いパスしました。

そうですか。桜の時期は、呑川の桜だけで満足してしまい、他に行ったことがありません。確か薪能が行われたりもするようです。絵になるんでしょうねえ。

2019/05/13 (Mon) 23:19

鏡花水月  

AzTak様、こんばんは!
『増上寺』はまだ1回しか行ったことがないのですが、朱塗りの門がステキで好きです。
鳥居の色のせいか、個人的に朱塗りには神社のイメージが強くあります。
鐘は真横の満開のしだれ桜と一緒に映してウットリでした。
新緑と一緒の方が鐘楼の美しさや力強さが際立って、鐘のためには良いですね。

2019/05/14 (Tue) 00:01
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTak様、こんばんは!

鏡花水月さん、こんばんは。

> 『増上寺』はまだ1回しか行ったことがないのですが、朱塗りの門がステキで好きです。
> 鳥居の色のせいか、個人的に朱塗りには神社のイメージが強くあります。
> 鐘は真横の満開のしだれ桜と一緒に映してウットリでした。
> 新緑と一緒の方が鐘楼の美しさや力強さが際立って、鐘のためには良いですね。

大学後半の校舎も勤め先の本社も割と近くにあります。どちらからも大して時間がかからずに歩いてくることができます。が、殆ど行ったことがなかったんです。還暦を過ぎてから、時間ができ、あちこち歩くようになりました。それで、増上寺にも行くようになりました。
大した建物がなかったように記憶していましたが、記憶違いではなかったようです。仮の建物で、つましくやりくりし、何とか再建資金を調達して、今の堂宇群が有るようです。徳川の将軍たちも、霊廟が官軍との戦でなくなるのではなく、空襲で焼け落ちるとは、考えても居なかったことなのでしょう。
長い歴史にはドラマがありますね。

2019/05/14 (Tue) 21:19

Leave a reply