日本民家園(5) - 日本民家園_2019_Mar
FC2ブログ

日本民家園(5)

水車小屋
長野県長野市にあった水車小屋。灌漑などで水を上げるのに使うものもあるが、この水車は動力として用いたもの。米つき、粉ひき、蕎打ちなどに利用していたそうだ。
個人的には杉の葉を搗いて搗いてついには粉にし、線香の材料にする一連の作業を見てみたいと思っているが、殆ど残っていないようで、見るのは無理だろう。
以前は、目黒区内を流れる目黒川にも呑川にも水車があった。都市部に近かった目黒川の水車は主に動力源として使われ、私の自宅傍を流れる呑川の水車は、此処に登場する水車と同様の使い方をしていたそうだ。
外観
水車小屋_外観_1
水車小屋_外観_2
小屋内部ほか
杵・搗臼だが、杵に引っ掛けてある縄を使った「輪」を臼の中央に入れる。何に使うものか最初はわからなかった。調べたら、これによって、臼の中の穀物がむらなく精白できるようにするちょっとしたアイディアグッズだそうだ。動かした末の工夫だったんだなあ。
水車小屋_小屋内部ほか_1
水車小屋_小屋内部ほか_2
水車小屋_小屋内部ほか_3
水車の仕組みを教えるHPへjump

佐久穂町にあった石碑など
庚申塔
文字だけの庚申塔もまた良いものだ。万延元年のものだそうだ。『万延元年のフットボール』という作品があったなあ。
佐久穂町にあった石碑など_1
道祖神
村の入口や道の辻などに祀って、悪いものが入ってくるのを防ぐ境界の神様か。だから私が此処を越すのが辛かったのかなあ。
佐久穂町にあった石碑など_3
馬頭観音
死んでしまった牛馬を供養するために道端に建てられたものか。牛馬の扱いも相当なものだったようだ。
佐久穂町にあった石碑など_2
3ショット
すべて長野県南佐久郡佐久穂町にあった石碑など。佐久穂町というと白駒の池のあるところか。
佐久穂町にあった石碑など_4
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2019年04月09日
最終更新 2019年04月09日

16 Comments

There are no comments yet.

MT  

おはようございます

オランダは風車、日本は水車を見かけますが、自然の力を巧みに利用していますよね。どこで誰が最初に考えたのか、古来からギアになっているのですよね。すごいと思いました。

2019/04/09 (Tue) 05:50

京一朗  

水車の土壁、いい味だしてますね。

2019/04/09 (Tue) 08:00

りおん  

水車の知恵、すばらしいですよね。
自然の力を借りて生活していた時代が
確かにあったのですね。
それにしても、杉の葉がお線香の材料になるとは
知りませんでした。香りがいいですものね。
道祖神の結界越え、お疲れさまでした^^
AzTakさんは、悪いものだったのかあ~( ̄ー ̄)ニヤリ

2019/04/09 (Tue) 13:59

x都人x  

え~趣のある素敵な水車小屋ですね~
日本昔話に出てきそうな感じでしょね^^

良いなこんな所でのんびりと過ごしたい(笑

2019/04/09 (Tue) 17:53

のんびり熊  

こんばんは
白駒の池は佐久穂町ですね。
でも、どうして佐久穂町の石碑などが有るんだろ??
疾しい心持の人は充分に心を清めてから入郷するように!!
道祖神に阻まれますよ。

2019/04/09 (Tue) 19:42

ichan  

こんばんは

風情のある水車小屋ですね。

栃木県の今市に線香用の水車小屋があります。
多分、未だに現役だったと思います。
杉が多い分、杉花粉も多いのが栃木県北部です。

2019/04/09 (Tue) 21:37
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます

MTさん、こんばんは。

> オランダは風車、日本は水車を見かけますが、自然の力を巧みに利用していますよね。どこで誰が最初に考えたのか、古来からギアになっているのですよね。すごいと思いました。

すごいものを思いつくものですね。水車はもしかしたら、日本オリジナルのものかもしれないと思い調べましたが、小アジアで発明されたといわれているそうですね。まあ、そうなんでしょうが、器用な日本人は技術を発展させていったのでしょうね。
一方の風車は、どうなんでしょう。オランダが初めではないことは容易に想像がつきますが、そうとう以前からあるようですね。それでも、オランダが技術を継承し、発展させてきたのは間違いがないことなんでしょう。

そこにはギアが使われていましたか。う~~ん、すごい。

2019/04/09 (Tue) 22:22
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

京一朗さん、こんばんは。

> 水車の土壁、いい味だしてますね。

そうですね。移築する際に土壁は一旦削ぎ落とし、骨組みを中心に持ってきて組み立て、土壁をこねて塗ったのでしょう。
子供の頃からそういうのをじっと見るのが好きでした。その割には手先が不器用で、理科系の分野には進めませんでしたが。

2019/04/09 (Tue) 22:26
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

りおんさん、こんばんは。

> 水車の知恵、すばらしいですよね。
> 自然の力を借りて生活していた時代が
> 確かにあったのですね。

あったのでしょうね。目黒区でさえ、水車がたくさんあったようですから。

> それにしても、杉の葉がお線香の材料になるとは
> 知りませんでした。香りがいいですものね。

お香などの方は、別のものでつくられるようですが、墓参りに持っていくものは、安くて煙がたくさん出るものが喜ばれます。
杉線香がうってつけのようです。
杉線香は杉の葉を基材としています。
安価で製造することができるのも特徴の一つ。
何より、煙が多く出るのが最大の特徴です。
このため、杉線香はお墓参り用のお線香に使用されます。


> 道祖神の結界越え、お疲れさまでした^^
> AzTakさんは、悪いものだったのかあ~( ̄ー ̄)ニヤリ

なんだか『お前は遠さないぞ』って睨まれているような気がしてしまいます。平気そうな表情で通ってしまいますが。

2019/04/09 (Tue) 22:38
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

鏡花水月さん、こんばんは。

> え~趣のある素敵な水車小屋ですね~
> 日本昔話に出てきそうな感じでしょね^^

昔はそこかしこにあったようです。衾村にも、碑文谷村にも、目黒村にも。
目黒区は江戸近郊の農村でしたから当たり前ですよね。この水車があった長野市も、広域合併する前は、周囲は農村ばかりだったのでしょうね。

> 良いなこんな所でのんびりと過ごしたい(笑

渡辺篤史が出ていた「三太物語」という番組がありました。子供の頃、楽しみに見ていました。『おらのうちは水車小屋』という歌詞の主題歌でした。ジュディ・オングさんも出演されていました。そのことを思い出しました。

2019/04/09 (Tue) 22:54

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
目黒川にも呑川にも水車があったのですか?
今でもあれば観光スポットですね 笑)
桜と絵になりそうですね♪

2019/04/09 (Tue) 22:58
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 白駒の池は佐久穂町ですね。
> でも、どうして佐久穂町の石碑などが有るんだろ??

佐久穂町の古民家を川崎市が譲り受け、そのとき、お願いして、こちらも譲り受けたんだと思います。
今だと、何故、よそ者にわたしたんだという話になるところでしょうが、おおらかな時代もあったようです。

> 疾しい心持の人は充分に心を清めてから入郷するように!!
> 道祖神に阻まれますよ。

心臓にぐさっと突き刺さるお言葉。心して拝聴しないといけませんよね。
カトリックの世界でも、イースターを迎えるにあたって、身も心も清める四旬節の期間です。

2019/04/09 (Tue) 23:00
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは

ichanさん、こんばんは。

> 風情のある水車小屋ですね。

そうですね。だいぶ使い込まれた臼がおいてありました。

> 栃木県の今市に線香用の水車小屋があります。
> 多分、未だに現役だったと思います。
> 杉が多い分、杉花粉も多いのが栃木県北部です。

そうですか。日光に行くときに寄ってみたいものですが、極度の出不精で、困りました。いま、鳥撮りに少しハマりつつあり、自分の性格を無視して飛び回っているので、…。どうも調子が今ひとつです。道祖神に邪魔されたからではないと思うのですが。

2019/04/09 (Tue) 23:04
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 目黒川にも呑川にも水車があったのですか?
> 今でもあれば観光スポットですね 笑)
> 桜と絵になりそうですね♪

この水車と同じような感じで使われていたのはどちらかといえば田舎の色彩が強かった呑川のほうです。都市的色彩が強かった目黒川は、工業用動力源の働きをしていたとか。恵比寿にも水を供給していたようです。ビール工場に対してですね。
目黒区の広報誌に載っていたのですから、間違った話ではなさそうです。

2019/04/09 (Tue) 23:10

鏡花水月  

AzTak様、こんばんは!
杉からお線香をこしらえる件はとても興味深く読みました。
お線香の作り方は全然知りませんでした。
水車は水が豊かな日本の知恵なのだと思いました。
ここを見た記憶はあるのに、そこまで思い至りませんでした。

2019/04/10 (Wed) 00:02
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTak様、こんばんは!

鏡花水月さん、こんばんは。

> 杉からお線香をこしらえる件はとても興味深く読みました。
> お線香の作り方は全然知りませんでした。

お香の方とは違い、気軽に墓参りに使うことができる杉線香の方の話です。TV(NHKだったかな?)でそんな映像を見たことがあります。先程、ichanさんから今市市でまたそういう作り方をしている水車が見られそうだという情報をいただきました。さて、どうやって見に行こうかが問題ですが。

> 水車は水が豊かな日本の知恵なのだと思いました。
> ここを見た記憶はあるのに、そこまで思い至りませんでした。

かなり廃れてしまいましたね。遺してもらいたい文化遺産だと思います。

2019/04/10 (Wed) 00:09

Leave a reply