圓融寺 - 未分類
FC2ブログ

圓融寺

目黒区碑文谷にある圓融寺。このお寺さんの辿った歴史は非常に興味深い。圓融寺HPの記事を抜粋すると次のようである。

経王山文殊院圓融寺は、今から約1150年前、平安時代の仁寿3年(853)、慈覚大師による創建と伝えられる天台宗の古刹。
草創当時は法服寺と名付けられたが、鎌倉時代の弘安6年(1283)に、日蓮上人の高弟である日源上人によって日蓮宗に改宗され、寺号も法華寺と改められた。この日蓮宗時代は江戸中期までの約400年間続き、寛永年間前後には江戸近郊屈指の名刹として知られた。しかし、法華経の信者以外に布施を受けず・施さないという、いわゆる不受不施派の主義が幕府の忌諱にふれるところとなり、第19世日附上人が八丈島に流刑され法華寺は取り潰しにあう。
こうして、元禄11年(1698)に再び天台宗に改宗され、はじめは東叡山寛永寺の末寺、のちには比叡山延暦寺の末寺に属した。やがて天保5年(1834)には円融寺と名が改められて現在に至っている。


上がったり、下がったり、エレベータの如き寺院だ。現在の圓融寺住職は天台宗の宗務総長を務めているようで、幕府により天台宗の寺の改宗させられ、それも末席を汚すという扱いからは、だいぶ寺格が上がってきたようだ。

円融寺山門
0山門
この門は原邦造氏の好意により、品川御殿山の同邸正門を移築せるもの。築造は天保四年元播磨国美囊群三木和田の某寺の山門で、工匠黒田重兵衛常久、瓦匠勝清が作ったという銘がある。明治三十年三月先代六郎氏が還暦記念に移し、数度の火難にも焼失を免れた。今回圓融寺大門となり、”山門三遷”して所を得たと言われる。江戸期の建築としては最秀であり、現在東京に於ても五指に屈する名門の一つである。

仁王門
本堂の前にある、四間に三間、当初は足利時代の建築によるものであるが、徳川時代に、殆んど改造に等しい修理が加えられたため甚しく原形を損した。
仁王門_1
仁王門_2
仁王門_3

釈迦堂(国指定重要文化財)
釈迦堂(国指定重要文化財)_1
釈迦堂(国指定重要文化財)_2
都内では2番目に古い木造建築。唐様に和様の美を取り入れた単層、入母屋造りの美しい屋根の線を見せている円融寺本堂釈迦堂がそれだ。中世建築の資料として貴重なこの建物は、建造物としては目黒区内唯一の国指定重要文化財である。釈迦堂の建立は室町時代初期といわれている。

日源聖人の法塔
日源聖人の法塔
釈迦堂の横、高さ一丈余の五輪石層、寛永十三年八月十世日瑞、日宗開基日源聖人供養のために建立したもの。

その他の写真
阿弥陀堂_1
阿弥陀堂_2
その他_1
その他_2
その他_3

法華寺の繁栄と衰退(目黒区のHPから)
室町時代、日蓮宗はいくつかの門派に分かれ、本寺を中心にそれに従属する末寺を支配していた。碑文谷法華寺は、地域的には池上本門寺に近かったが、この教団には属さず、むしろ自ら本寺として多くの末寺を従属させていた。10世日瑞上人のとき、寺運は頂点に達し、坊舎18、末寺75に及んだ。門前には露店が軒を連ね、参詣する老若男女がひきもきらず、大変なにぎわいであったという。元禄以前においては、碑文谷村民のほとんどが檀徒であった。
室町時代に威勢を示していた日蓮宗は、江戸時代に入ると各派が分立して、紛争が激しくなっていた。早くから関東における不受不施派の統率者であった法華寺は、寛永7年(1630年)、受不施を唱える身延山と対決したが、徳川氏一門の身延山に対する擁護もあって、不受不施は邪義とみなされ、多くの上人が処罰された。
不受不施とは、法華経の信者以外からは供養を受けず、またほどこしも行わないというもので、日蓮宗本来の純粋な法華信仰をたもつための宗門の規則である。
一時、不受不施派は赦免された時期もあったが、寛文5年(1665年)、幕府の朱印状書替を機会に弾圧が厳しくなり、大禁圧が加えられた元禄11年(1698年)、19世日附上人のときに法華寺は取りつぶされ、再び天台宗に改宗することになったのである。
改宗後、法華寺と村民との間には、檀家の離散とともに種々の紛争が起き、法華寺の権威も衰えていった。天保5年(1834年)3月には今の経王山円融寺と改称された。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2012年12月21日
最終更新 -0001年11月30日

8 Comments

There are no comments yet.

kaz  

こんばんわ!
gepeのスライドマウントをネットで検索してさまよってたら、宇谷屋写真館というブログに、gepeのスライドマウントについて最近の記述を拝見しました。そのブログのリンクにAzTakさんのブログを見つけてコメントを・・・・。
このgepeのスライドマウント面は、白とグレーの二色で使い方がわからずやっと見つけた写真館のブログで、ぶしつけに質問しました。映写機の光源側が白マウントはわかってるのですが、ポジの膜面はどっちかわからずこのブログに飛び込みました。

2012/12/21 (Fri) 00:37

makira  

おはようございます!

AzTakさん、おはようございます!
由緒あるお寺なのにずいぶんと浮き沈みが激しいのですね!
なかなか不受不施の宗門規則を貫くのは難しいことなのですね!
長いものには巻かれろ的な考えもないと生き残れないのでしょうか?

2012/12/21 (Fri) 06:04

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんわ!

kazさん、こんにちは。

> gepeのスライドマウントをネットで検索してさまよってたら、宇谷屋写真館というブログに、gepeのスライドマウントについて最近の記述を拝見しました。そのブログのリンクにAzTakさんのブログを見つけてコメントを・・・・。

三沢達則プロのブログですね。私はそういう難しい話はプロの世界の話としてスルーして、割と頻繁にUPされる画像を楽しんで見させてもらっているんです。

> このgepeのスライドマウント面は、白とグレーの二色で使い方がわからずやっと見つけた写真館のブログで、ぶしつけに質問しました。映写機の光源側が白マウントはわかってるのですが、ポジの膜面はどっちかわからずこのブログに飛び込みました。

kazさんは、そんな深いところまで手を出しているんですか。凄いなあ。といいつつ、「GePe」社のスライドマウントのイメージが沸かず、焦っています。(^_^;)

2012/12/21 (Fri) 06:23

AzTak  

Re: おはようございます!

> AzTakさん、おはようございます!

makiraさん、お早うございます。

> 由緒あるお寺なのにずいぶんと浮き沈みが激しいのですね!
> なかなか不受不施の宗門規則を貫くのは難しいことなのですね!
> 長いものには巻かれろ的な考えもないと生き残れないのでしょうか?

江戸時代は幕府に睨まれたら、大変だったんでしょう。日蓮宗は激しいのが特徴ですが、そこでも最も尖っていた存在だったようで、厳しい処分を食らったようですね。而して今は天台宗。住職は宗派の宗務総長を務めているとのことですから、並の寺院ではないのでしょう。
今は宗教活動が自由な時代ですが、あまり積極的にやらないお寺さんが多い中で、圓融寺は結構頑張っているようです。
いろいろな活動の一つで、「ちょっと坐ろう会(朝禅・夜禅)」という催しでは、毎月1回・最終週の水曜日に坐禅会を開催しているようです。なんと国指定の重要文化財である釈迦堂の中で行うようです。

2012/12/21 (Fri) 06:40

jsk  

>慈覚大師による創建と伝えられる天台宗の古刹
>弘安6年(1283)に、日源上人によって日蓮宗に改宗
>元禄11年(1698)天台宗に改宗され、はじめは東叡山寛永寺の末寺・・

権力に翻弄され続け、なんとも浮き沈みの多い寺のようですが、
日附上人の権力におもねることのない精神は魅力的です。

>住職は宗派の宗務総長を務めていると
>圓融寺は結構頑張っているようです
仏教には、冠婚葬祭ではなく、別の活動があるように思いますが、
日附上人の気風の現れかもしれません。興味深い寺ですね。

2012/12/21 (Fri) 12:59

ブーくん  

面白い歴史があるのですね!
都内で2番目に古い木造の建築物なんてすごいですね。
一番最後のお写真、すてきですね!どのくらいの大きさなのでしょうか?
身近な場所にもこのような素晴らしい場所があったのかとまたまた発見です!

少し遠いかもしれないですが五反田から大崎間の目黒川のイルミネーションはご覧になりましたか?
桜並木の川沿いでこの時期はピンクの桜色のイルミネーションがとってもキレイだと思います❤
今年は行かれそうになく残念です(T_T)

2012/12/21 (Fri) 15:01

AzTak  

Re: タイトルなし

jskさん、こんにちは。

> >慈覚大師による創建と伝えられる天台宗の古刹
> >弘安6年(1283)に、日源上人によって日蓮宗に改宗
> >元禄11年(1698)天台宗に改宗され、はじめは東叡山寛永寺の末寺・・
>
> 権力に翻弄され続け、なんとも浮き沈みの多い寺のようですが、
> 日附上人の権力におもねることのない精神は魅力的です。

やり過ぎちゃったんでしょうね。監視の眼が厳しい江戸時代だったのに、まるで全裸で裸踊りをしたようなものですから。どうにも目立ってしまったんでしょう。

> >住職は宗派の宗務総長を務めていると
> >圓融寺は結構頑張っているようです
> 仏教には、冠婚葬祭ではなく、別の活動があるように思いますが、
> 日附上人の気風の現れかもしれません。興味深い寺ですね。

京都の観光庭園業のような生き方は全く賛成できず、宗教活動を行う本来の姿に戻してもらいたいものです。
御詠歌を歌える人はごく僅かなのに、殆どがお寺さんに葬られるというのは何か異常な気がしてなりません。

2012/12/21 (Fri) 15:18

AzTak  

Re: タイトルなし

ブーくん様、こんにちは。

> 面白い歴史があるのですね!
> 都内で2番目に古い木造の建築物なんてすごいですね。

確かに上がったり下がったり、波乱万丈の生涯のお寺版ですね。
都内で2番目に古い木造の建築物と目黒区のHPに書いてあったんですが、最古のものはどこにあるのか気になってしかたがないのですが、わかりません。

> 一番最後のお写真、すてきですね!どのくらいの大きさなのでしょうか?
> 身近な場所にもこのような素晴らしい場所があったのかとまたまた発見です!

巨大というほどでも小さいというほどでもありません。塔婆の大きさから想像してください。

> 少し遠いかもしれないですが五反田から大崎間の目黒川のイルミネーションはご覧になりましたか?
> 桜並木の川沿いでこの時期はピンクの桜色のイルミネーションがとってもキレイだと思います❤
> 今年は行かれそうになく残念です(T_T)

隠居生活を送っていると、混雑した電車に乗るのが億劫で、夜の外出が殆どできていません。
まずは、昼間のうちに東京駅の駅舎を見ておきたいものです。シグマの10-20ミリという超広角レンズをやっと入手したので。

2012/12/21 (Fri) 15:41

Leave a reply