日本民家園(1) - 日本民家園_2019_Mar
FC2ブログ

日本民家園(1)

最近になって、RAW撮影を始め、必然的にRAW現像をも始めた。条件が良いところではかなり美しく表現できるようになった気がする。そうなると、ちょっぴり欲が出てくる。屋外と屋内との明暗差が激しく、特に屋内での撮影がむずかしい古民家でうまく撮れるものか試したくなった。
ノイズが出やすいISO感度16000は極力使わない。もちろんフラッシュも使わない。それでも実用に耐える写真が撮れるものか。一番撮り手の自由が効くMモードで試してみた。

原家住宅
日本民家園で唯一明治の建物だ。建築に22年を要したという気宇壮大な豪邸だ。それをそれらしく撮れるものか否か大問題なのだが、…。兎に角一生懸命に撮ってみた。
明治期の建物だけあって、最初に登場するのは瓦葺きのしっかり造ってありそうな民家だ。
原家住宅_1
原家住宅_2
ボランティアの人達が障子紙の張替えを行っていた。腕前の方は、…。言わないでおこう。
原家住宅_3
原家住宅_4
戸袋の上部までしっかり造られていた。こういうのは初めて見た。細部までしっかり造って、22年の建築期間か。そうなるのだろう。
原家住宅_5
式台がキチンと作られていた。唐破風なんだな。それも格天井だ。見ていて気持ちが良い。
原家住宅_6
原家住宅_7
原家住宅_8
この一画を借りて活動をしているようだ。この大富豪の家で、機織りをしていたわけではない。
原家住宅_9
上がり間か。何もないように見えなくもないが非常に贅沢。当然のように格天井になっていた。この時代にシャンデリアが吊り下げられていた民家はどのくらい存在したのだろうか?
原家住宅_10
原家住宅_11
座敷。しっかり造られていて、寸分の狂いもなさそう。客人も大層な接遇を受けたと感じる空間なんだろう。
原家住宅_12
原家住宅_13
こらこら、よその仏壇を覗くなんて、品位に欠けるぞ。好奇心の発露であっても、…。
原家住宅_14
原家住宅_15
欅でもくり抜いて造ったのかな。ちょっとノイズが目立ってしまったなあ。
原家住宅_16
原家住宅_17

この家は川崎市中原区小杉陣屋町に所在した大地主の主屋です。
原家の伝承によると、当住宅の建築は22年を要し、驚くほど慎重に家づくりを行ったことが伺われます。
主屋はケヤキ材をふんだんに使用した木造・二階建て・桟瓦葺き・延べ117坪(387㎡)の大規模住宅で、南に面しています。
2階に入母屋造りの大振りな屋根をかかげ、1階は正面の式台(格式ある玄関)に唐破風(からはふ)屋根設けたり庇(ひさし)屋根も瓦葺きとするなど、重厚で格式を備えた外観が特徴といえます。
内部1階は正面向かって左手(西側)に土間・台所の作業空間、その右手(東側)に前後2列・左右3列の居住空間があり、2階は家族の生活空間となります。
1階は天井が高く、柱も太く、丈の高い差鴨居(さしがもい)が多用されており、豪快な空間構成が印象的です。一方2階は室の大きさと天井高が適度に抑制され、生活部分としての落ち着いた空間を作り出しています。
木工技術に関してはすべてに渡って精度が高く巧妙であるといえます。大振りな屋根は出桁造(だしげたづくり)による二軒(ふたのき)構造でしっかり支えているように見えますが、実際は屋根裏の跳木(はねぎ)や梁が荷重を負担し、出梁(だしばり)(腕木)は見せかけのつくりとなっています。また、柱の前後左右に差鴨居が取り付く場合の「四方差し(しほうさし)」技法や、欅の厚板を用いた縁板が反ったり隙間を生じたりしないような複雑な加工など、目に見えない部分で多大な配慮が認められます。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2019年03月30日
最終更新 2019年03月30日

18 Comments

There are no comments yet.

ララ  

RAW画像はJPEGと違って生データなんで味も素っ気もないって
とこですが、編集の楽しみがありますよね。
かと言っていじりすぎると違和感あるんでそこそこですね。
AzTakさんが一番RAW効果を実感するのは部屋の中の暗い部分が
現れてくることじゃないでしょうか。

2019/03/30 (Sat) 06:40

MT  

おはようございます

JPEG撮って出しはカメラ屋メーカーが勝手に組んだ現像ですし、結局、WBとか、クリエイティブモードとて、結局は他人の現像とも考えられます。どうせなら、自分で現像もいいものですよね。写真は趣味の世界ですので、やっていても、見ていてもその人の個性が出るのが楽しめます。AzTakさんの日々の現像の写真を引き続き楽しみにしています。^^

2019/03/30 (Sat) 07:35

無無  

 おはようございます。

  色々試していらっしゃいますね。

   室内も屋外でもそうですが、明暗差の大きい撮影が難しいですね。

    当然、RAW での現像も難しいです。

     あちらを立てれば此方が立たず・・・ (笑)

2019/03/30 (Sat) 09:24

りおん  

わたしも最近、例会提出用の写真はRAWで撮影しています。
編集はおもしろいけど、やっているうちにわけがわからなくなりますね。
ほどほどにしておかないと^^;

わんこの赤ちゃんは、うちの子ではありませんよ^^;

2019/03/30 (Sat) 09:28

x都人x  

とてもシャープな仕上がりで素敵ですね~

きっと元の絵が良いんでしょうね^^

2019/03/30 (Sat) 15:10

のんびり熊  

こんにちは
凄い住宅ですね。
欅材はいくら乾燥させても湿度によって暴れる(歪む)んだそうですね。
それを最小限に抑える工法が有るんでしょう。
宮大工さんによると欅の大木が非常に少なくなっているようで、神社仏閣の建築修理に支障が出てきているようです。

2019/03/30 (Sat) 17:02

ichan  

こんばんは

柱や梁に使われている欅にも驚きですが、木戸も
一枚板ですね。
現代において新たに作るのは不可能なものだと
思います。
栃木県の宇都宮駅の近くにも大富豪の旧家があり
ますが、ほぼ同様の世界でした。

RAW現像、頑張って下さい。

JPEGで撮って出しなら富士のフィルムシミュレー
ションが面白いですね。

2019/03/30 (Sat) 19:42

鏡花水月  

AzTak様、こんばんは!
お天気のいい日でなによりですね。
晴れているとそれだけで画面がウキウキになりますね。

今年の1月上旬に私も行ったのですが、建物の数が多くて全部を集中して見るのは多分無理だろうなと思い、気に入った建物を集中的に見ました。
どんよりと曇った日で古民家の色彩の薄い建物の色とでなんだか絵面がさみしくてアップできないままでいます。
私もアップしてみようかな…

2019/03/30 (Sat) 21:22
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

ララさん、こんばんは。

> RAW画像はJPEGと違って生データなんで味も素っ気もないって
> とこですが、編集の楽しみがありますよね。
> かと言っていじりすぎると違和感あるんでそこそこですね。

今の所楽しみとうまくいかない焦りと相半ばしている感じです。

> AzTakさんが一番RAW効果を実感するのは部屋の中の暗い部分が
> 現れてくることじゃないでしょうか。

そうですね。ここはフラッシュ照射をしても叱られませんが、厳禁のところ、NGとは書いてないけれども係員によっては注意をしてくるところ。そういうところがあります。また、1灯のみのフラッシュ照射をすると、かなり濃い影が出たりもします。
そんなこんなで、普段からフラッシュ照射に頼らず、しかもノイズが抑えられるギリギリまでで撮ろうと考えています。
Mモードでパラメータをいじりながらやっているのですが、失敗がかなりあります。
まあ、被写体が鳥さんではないので、逃げられることはなく、懲りずに撮り続けています。
うまくいって、それまではっきりとは見えていなかった細部がわかると本当に嬉しくなります。言ってみれば、具象画志向というところでしょう。あくまでも『志向』でしかありませんが。

2019/03/30 (Sat) 22:04
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます

MTさん、今晩は。

> JPEG撮って出しはカメラ屋メーカーが勝手に組んだ現像ですし、結局、WBとか、クリエイティブモードとて、結局は他人の現像とも考えられます。どうせなら、自分で現像もいいものですよね。写真は趣味の世界ですので、やっていても、見ていてもその人の個性が出るのが楽しめます。AzTakさんの日々の現像の写真を引き続き楽しみにしています。^^

今回は、逃げていってしまわない被写体なので、1回ごと確認しながら撮ってみようと心がけました。それでも、逃げていかない被写体なので、Mモードでどういうパラメータにすれば、ちょっとはマシな写真になるか、感覚を身に着けたいと思っています。
野鳥さんのときには1ショットごとに確認というわけには行かないことも少なくないと思っています。当たらずといえども遠からずのパラメータ設定ができれば、RAW現像で焦らなくて済むのではないかと思っています。
あとは勘を磨くことなんでしょうが、そればかりは難しく、当面は留まっている野鳥さんを撮ることから始めて、…。

2019/03/30 (Sat) 22:19
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

>  おはようございます。

無無さん、こんばんは。

>   色々試していらっしゃいますね。
>
>    室内も屋外でもそうですが、明暗差の大きい撮影が難しいですね。
>
>     当然、RAW での現像も難しいです。
>
>      あちらを立てれば此方が立たず・・・ (笑)

いろいろ試してこれでどうだとやっています。ある程度うまくいくようになれば、構図なども考慮できるようになるのでしょうが、なかなかそんなレベルには達しないようです。

2019/03/30 (Sat) 22:22
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

りおんさん、こんばんは。

> わたしも最近、例会提出用の写真はRAWで撮影しています。
> 編集はおもしろいけど、やっているうちにわけがわからなくなりますね。
> ほどほどにしておかないと^^;

すぐわけがわからなくなるなんて、私の困惑ぶりを言い表しているようです。白旗上げて、モドに戻し、溜息をつくことからやり直しです。

> わんこの赤ちゃんは、うちの子ではありませんよ^^;

えっ、と思って読み返しました。あわてんぼうぶりを露呈してしまいました。m(_ _)m
それにしても、赤ちゃんのときのワンちゃんもニャンコも可愛いものですね。我が家の女王様は、長じるに従って、わがままニャンコになり、私は全くの下男に成り下がりました。思いもしない展開でした。

2019/03/30 (Sat) 22:33
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

x都人xさん、今晩は。

> とてもシャープな仕上がりで素敵ですね~
> きっと元の絵が良いんでしょうね^^

(ΦωΦ)フフフ…、有難うございます。ですが、急にうまくなるわけもなく、おそらくカメラやレンズや現像ソフトが頑張っているんだと思います。頼らずともそこそこの画が撮れるといいのですが。

2019/03/30 (Sat) 22:36
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは

のんびり熊さん、今晩は。

> 凄い住宅ですね。

もしかしたら、熊さん宅もこんな感じですか?我が家は全くの破れ家です。(ノД`)シクシク

> 欅材はいくら乾燥させても湿度によって暴れる(歪む)んだそうですね。
> それを最小限に抑える工法が有るんでしょう。
> 宮大工さんによると欅の大木が非常に少なくなっているようで、神社仏閣の建築修理に支障が出てきているようです。

22年の歳月をかけて完成したようです。木材も十分乾燥させて狂いが少ない状態で組み立てたんでしょうかね。また、複雑な工法も採用して、精緻な建物に仕上がったんだと思います。よほどのお大尽だったようです。

2019/03/30 (Sat) 22:46
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは

ichanさん、今晩は。

> 柱や梁に使われている欅にも驚きですが、木戸も
> 一枚板ですね。
> 現代において新たに作るのは不可能なものだと
> 思います。
> 栃木県の宇都宮駅の近くにも大富豪の旧家があり
> ますが、ほぼ同様の世界でした。

途方もないお金持ちはいるものなんですねえ。我が家のかつての地主さんは、当主もその夫人もそれぞれ、その年の相続税日本一になったそうです。そのお屋敷を撮らせてもらいたいものですが、バカでかい長屋門しか外からはみえません。

> RAW現像、頑張って下さい。
>
> JPEGで撮って出しなら富士のフィルムシミュレー
> ションが面白いですね。

富士フィルムのカメラやレンズも優れていて、特に色へのこだわりは凄いようですね。一度試してみたいものですが、…。

2019/03/30 (Sat) 22:53
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTak様、こんばんは!

鏡花水月さん、今晩は。

> お天気のいい日でなによりですね。
> 晴れているとそれだけで画面がウキウキになりますね。

この日は暑いくらいでした。その後、一転して寒い日が続き、すっかり鼻風邪に捕まってしまい、ハクション大魔王状態です。人前に出るときはマスクを着用するのはもちろんなんですが、最近は気が引けてきました。

> 今年の1月上旬に私も行ったのですが、建物の数が多くて全部を集中して見るのは多分無理だろうなと思い、気に入った建物を集中的に見ました。

この日は少し調子が良かったので、全部の建物を見て回り、その後、生田緑地も少し歩きました。

> どんよりと曇った日で古民家の色彩の薄い建物の色とでなんだか絵面がさみしくてアップできないままでいます。
> 私もアップしてみようかな…

ドンドン出すべきです。皆さん、捉え方に個性が出るものです。お互いの違いを感じて、自分の画作りの参考にしている方が多いように思います。

2019/03/30 (Sat) 23:01

makira  

こんばんは!

こんばんは、AzTakさん!
室内の暗い所でもちゃんと明るく表現されています♪
元のMモードの設定が良かったのもあると思いますが
さすがですね!
画像で細かいところが多い林等は
あまり輪郭を強調しすぎるとかえって見難くなりますのでご注意を♪
建築に22年を要したという豪邸ですか!
さすがに維持管理も大変なんでしょうね! 

2019/03/30 (Sat) 23:16
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは!

> こんばんは、AzTakさん!

makiraさん、おはようございます。

> 室内の暗い所でもちゃんと明るく表現されています♪
> 元のMモードの設定が良かったのもあると思いますが
> さすがですね!

Mモードで何とかしようと思い、1枚撮るごとに確認しました。どうしてもノイズが入るISO感度にしないと駄目な薄暗いところもあり、予想通りノイズが入り込んでいるものもありました。

> 画像で細かいところが多い林等は
> あまり輪郭を強調しすぎるとかえって見難くなりますのでご注意を♪

そうなんでしょうね。どのくらいに納めればよいのかシアンのしどころなんでしょう。

> 建築に22年を要したという豪邸ですか!
> さすがに維持管理も大変なんでしょうね! 

どうなんでしょうね。茅葺屋根じゃないので、案外維持管理は容易かもしれません。重量級の私が廊下を歩いても、ギシギシ音が出たりはしません。よほどネダなどもしっかりしていたのでしょうね。窓ガラスは、高橋是清邸などと同じように、日本では最初に近い板ガラスをはめ込んであるそうです。

2019/03/31 (Sun) 06:31

Leave a reply