山陰への駆け足旅行(10) - 山陰への駆け足旅行_2019_Mar
FC2ブログ

山陰への駆け足旅行(10)

出雲大社
出雲大社には何の恨みもないが、ちょっと見たいところまで行った関係で時間がなかったことと、持参したバッテリーの残りが少なくなったこと。この2つの理由から、写真の点数が極端に少ない。『写す価値なし』などではないので、誤解なきように。
本殿
本殿_1
PDF画像借用
本殿_2
一体、いつどこから撮ったのだろうか?社務所辺りからかなあ。人物がたった一人だ。う~~ん。PDF画像借用
本殿_3
古代の本殿の模型PDF画像借用
本殿_5
東端垣から天前社・御向社・本殿を望むPDF画像借用
本殿_4
観祭楼及び廻廊 重要文化財(国指定)
案内のお姉さんに『あれは何』と訪ねたがよくわからない様子。帰ってから調べてわかった。
観祭楼及び廻廊_1
観祭楼及び廻廊_2
観祭楼及び廻廊_3
八足門 重要文化財(国指定)
蛙股の「瑞獣」や流麗な「流水文」などの彫刻は左甚五郎の作と伝えられる。普通は、ここで本殿を参拝する。二礼二拍手一礼という参拝が一般的だが、出雲大社では二礼四拍手、最後にもう一度おじぎをする遣り方なんだそうだ。
八足門
十九社 重要文化財(国指定)
神在月に出雲大社に集まられた神々のお宿となる社。御本殿の東西にあり、神在祭の期間は扉が開かれているそうだ。それ以外のときは閉じられている。
十九社_1
PDF画像借用
十九社_2
拝殿
1963年に新築された拝殿は、戦後最大の木造神社建築といわれる。高さは12.9mで、大社造りと切妻造の折衷様式。ご祈祷や奉納行事などもここで行われる。しめ縄が一般の神社とは左右逆なところにも注目。
拝殿
神楽殿
昭和56(1981)年に造営され、祭典、祈願、結婚式などが行われる。大広間は270畳式の広さがあり、神社建築には珍しく正面破風の装飾にステンドグラスが使われている。正面には日本最大級の大注連縄(長さ13.6m、重さ5.2t)がある。
神楽殿
大注連縄
昨年(2018年)7月に6年ぶりに取り替えられたそうだ。長さ13.6メートル、重さ5.2トン、胴回りは最大8メートルだとか。すごく巨大なものだ。
大注連縄_1
大注連縄_2
国旗掲揚塔
日本一大きな国旗(畳75畳分〔約14m×9m〕とポールの高さ(47m)だそうだ。そんなに大きいのかとびっくり仰天してしまった。
国旗掲揚塔
千家国造館「せんげ こくそうかん」
千家尊裕国造の長男の「千家国麿氏(現:出雲大社の権宮司)」が、「高円宮憲仁親王の第二女子(典子女王)」と結婚されたことが記憶に新しい。
千家国造館「せんげ こくそうかん」_1
千家国造館「せんげ こくそうかん」_2
社務所
社務所_1
社務所_2
さざれ石
さざれ石
ムスビの御神像
ムスビの御神像
御慈愛の御神像
御慈愛の御神像_1
御慈愛の御神像_2
銅鳥居
銅鳥居
勢溜(せいだまり)の大鳥居
大きな石碑とともに立つ高さ8.8m、横幅12mの鋼管製の大鳥居。ここが出雲大社の正門でこの先から参道が始まる。神門通りの入り口にある宇迦橋の大鳥居から出雲大社本殿までは合計4基の鳥居があり、ここは二の鳥居。
ここからが出雲大社の参道になる。珍しいことに参道が下り坂なんだそうだ。確認したかったが、旧大社駅へ行きたくて、省略せざるを得なかった。

勢溜(せいだまり)の大鳥居
時間がなくてみることができなかった建物
彰古館 国の登録有形文化財PDF画像借用
彰古館
発掘時の岩根御柱約3.6mPDF画像借用
1024px-Izumooyashiro84.jpg
素鵞社 重要文化財(国指定)PDF画像借用
ヤマタノオロチ退治で有名な素戔嗚尊(すさのおのみこと)を祀る社。大国主大神の父神とされ、御本殿後方の一段高いところに祀られているそうだ。
素鵞社
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2019年03月28日
最終更新 2019年03月28日

20 Comments

There are no comments yet.

りおん  

広々として、すごく立派なのですね~@@
一度行ってみたいと思っているのですが、なかなか^^;
古代の模型、その時代にしては珍しいデザインなのでしょうね。
限りなく天に近く、ということなのでしょうか。
これを建築するのはかなり大変そう~💦
出雲大社を後回しにして、見たかった場所というのが
気になります。
そちらもご紹介していただけるのでしょうか?
楽しみです^^

2019/03/28 (Thu) 06:19

kaz  

おはようございます!

すごく立派な建物ですね!でも観光客少ないんですね!天気がよくてよかったですね、雨なら回る気分を降下ぎみでしょうから。

バッテリーは、予備は高いですから、充電器持っていかれたほうがいいですよ!
僕は、よく充電忘れやメディア装填わすれがあります。

2019/03/28 (Thu) 08:05

KF  

おはようございます。
出雲大社は、山陰方面を旅する時には必ず参拝しています。
前回は2015年の秋でしたが拝殿が工事中だったので、迂回して本殿で参拝しました。
本殿の後方も一周しましたが、可愛いうさぎの石像があったことを思い出します。
写真で拝見すると、神楽殿が工事中のようですね。

次に参拝するときは工事が終了していると良いのですが・・・・


2019/03/28 (Thu) 08:37

ブーくん  

こんにちは。

以前、松江に住んでいたのでとっても懐かしくて楽しく拝見させていただいております♬
やっぱりいいところですね❤️

東京の桜は、今年はすっごく早いですね!また拝見させてください🌸

2019/03/28 (Thu) 09:38

x都人x  

出雲大社何度訪れても厳かな感じで
素晴らしい雰囲気に背筋が伸びますね^^

この後何処に行かれたのか?
稲佐の浜も良いですよ^^

2019/03/28 (Thu) 18:00

MT  

こんばんは

出雲大社のあのウサギの耳のような屋根飾りが独特です。あの屋根を見るとすぐに出雲大社とわかります。この日はガッツリとお写真を撮られたのですね!私もそんな時は急に撮影が慎重になって、1枚1枚を厳選撮影に変わります。^^;

2019/03/28 (Thu) 19:07

のんびり熊  

こんばんは
出雲大社もいずれ行ってみたいですね。
二礼四拍手、昔、地区の産土様の総代をした時に、長老に教えてもらいました。
しかし,他の神事の儀礼など細かい事はほとんど忘れてしまいました。
ボケが進んできたようだ。

2019/03/28 (Thu) 19:25
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

りおんさん、こんばんは。

> 広々として、すごく立派なのですね~@@
> 一度行ってみたいと思っているのですが、なかなか^^;

伊勢神宮と並んで神社の中の神社でしょう。是非是非暇を作っておでかけください。と言いながら、動物さんをどう面倒見てもらうかの算段が大変ですよね。

> 古代の模型、その時代にしては珍しいデザインなのでしょうね。
> 限りなく天に近く、ということなのでしょうか。
> これを建築するのはかなり大変そう~💦

本当に、あんなに天高く神殿を作るというのは、よほどの信念と裏打ちされた技術とが無ければできることではないと思います。

> 出雲大社を後回しにして、見たかった場所というのが
> 気になります。
> そちらもご紹介していただけるのでしょうか?
> 楽しみです^^

国指定の重要文化財の旧JR大社駅です。略図にはすぐのように見えたのですが、とんでもなく遠かったです。着いたら、早めに集合する方は既に集合地点に戻っている時間。外観だけ撮ってさようならでした。内部はPDF画像を借用して、取り上げたいと思います。
ついでに一畑電車の駅や竹内まりやさんの御実家も撮ってきました。クレージーですねえ。

2019/03/28 (Thu) 19:40
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます!

kazさん、こんばんは。

> すごく立派な建物ですね!でも観光客少ないんですね!天気がよくてよかったですね、雨なら回る気分を降下ぎみでしょうから。

目隠しをしない代わりになるべく人が居ない瞬間にシャッターを押しました。シーズンオフにこれだけ集客できれば、と言っても人が居ない瞬間を狙ったのでわからないと思いますが、結構人出がある方だと思います。
やはり少し遠いところがネックになっているのかもしれませんね。

> バッテリーは、予備は高いですから、充電器持っていかれたほうがいいですよ!
> 僕は、よく充電忘れやメディア装填わすれがあります。

予備の電池も持参していたんです。それが充電忘れのものでした。いつも同じ失敗を繰り返す困った爺さんです。

2019/03/28 (Thu) 19:56
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> おはようございます。

KFさん、こんばんは。

> 出雲大社は、山陰方面を旅する時には必ず参拝しています。

そうですか。私は初めてなんです。よく行く横須賀の走水というところには神話の時代の逸話が残されていますが、出雲大社は今まで行く機会がありませんでした。日本人として恥ずかしいことだと気にかけていました。今回何とか念願がかなった次第です。

> 前回は2015年の秋でしたが拝殿が工事中だったので、迂回して本殿で参拝しました。
> 本殿の後方も一周しましたが、可愛いうさぎの石像があったことを思い出します。

案内時間がツアーコンダクターから指示されていたのか、余計なところの説明は一切省略でした。駆け足旅行の宿命なんでしょうね。本殿の後方に行く人が居たりすると、ツアーコンダクターがオロオロしてしまいかねないのでしょう。後方にも見どころがあったようで、見落したのは残念なことです。

> 写真で拝見すると、神楽殿が工事中のようですね。
>
> 次に参拝するときは工事が終了していると良いのですが・・・・

大した工事ではなさそうだったので、すぐに終了するのではないでしょうか。

2019/03/28 (Thu) 20:06
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは。

ブーくんさま、今晩は。

> 以前、松江に住んでいたのでとっても懐かしくて楽しく拝見させていただいております♬
> やっぱりいいところですね❤️

松江に行ってみたいと思ったきっかけは、そちらのブログ掲載写真を見たからです。Arigato!大いに参考にさせていただいたのですが、何分にも限られた時間しか無く、すべてパスせざるを得ませんでした。

> 東京の桜は、今年はすっごく早いですね!また拝見させてください🌸

今日あたりが満開という感じでしょうかね。他の人が撮り出すと、こちらははじき出されてしまいます。上手くタイミングが合えば、日体大脇の橋の欄干からの桜吹雪を撮りたいのですが、三脚がずらりと並ぶんです。のこのこ行っても場所なしかもしれませんね。

2019/03/28 (Thu) 20:16
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

x都人xさん、今晩は。

> 出雲大社何度訪れても厳かな感じで
> 素晴らしい雰囲気に背筋が伸びますね^^

そうでしょうね。デコ助の私でさえ背筋がピンとする気がします。そこは間違いがありません。
が、帰ってきたら、また元のぐうたら爺に戻ってしまいました。(^_^;)

> この後何処に行かれたのか?
> 稲佐の浜も良いですよ^^

JRの旧大社駅に行きました。ものすごく遠かったです。集合場所からは稲佐の浜とほぼ同距離。そこをほぼ全コース走りました。死ぬかと思いました。

2019/03/28 (Thu) 20:23
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは

MTさん、こんばんは。

> 出雲大社のあのウサギの耳のような屋根飾りが独特です。あの屋根を見るとすぐに出雲大社とわかります。

『千木』でしょうかね。あれと似たものが、日本民家園の旧菅原家住宅の茅葺きの上にあります。置千木を思わせるようなものですが、グシグラと呼ばれるものだとか。ああいうのを見るのが大好きなんです。

> この日はガッツリとお写真を撮られたのですね!私もそんな時は急に撮影が慎重になって、1枚1枚を厳選撮影に変わります。^^;

本当にあわてんぼうで、放電してしまったバッテリーを予備として、持参してしまいました。途中で気づき、何とか保たせようと無い頭で必死に勘定しました。

2019/03/28 (Thu) 20:32
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 出雲大社もいずれ行ってみたいですね。

松江と出雲とは近いというか昔は一つの国でした。両方共おいでになられたら如何でしょう。

> 二礼四拍手、昔、地区の産土様の総代をした時に、長老に教えてもらいました。
> しかし,他の神事の儀礼など細かい事はほとんど忘れてしまいました。
> ボケが進んできたようだ。

そちらも諏訪大社のお膝元ですから、礼儀作法には厳しい土地柄なんでしょうね。
何度か写真を撮っている内に集合次官になってしまって、肝心のお参りを忘れてしまいました。こちらのほうがもっとボケていました。

2019/03/28 (Thu) 20:42

ichan  

こんばんは

出雲大社、現在の社も荘厳です。
しかし、古代の社の模型の写真を拝見させて
頂き、思い出しました。
以前、テレビの特番で、木材と言い、組み立て
と言い、財力と権威がなければ困難だったと
していましたが、現在の社を見ただけでも
確かにそうなのだと感じます。

2019/03/28 (Thu) 20:49
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは

ichanさん、今晩は。

> 出雲大社、現在の社も荘厳です。
> しかし、古代の社の模型の写真を拝見させて
> 頂き、思い出しました。
> 以前、テレビの特番で、木材と言い、組み立て
> と言い、財力と権威がなければ困難だったと
> していましたが、現在の社を見ただけでも
> 確かにそうなのだと感じます。

う~~ん、本当にむずかしいものを大昔に建てたものだと感心しています。
『48メートルの巨大神殿が、過去の技術や環境で造ることが本当に可能なのか?』という疑問がついて回りますが、大林組を中心としたプロジェクトチームの検討によれば、その当時の技術でも建設可能だったということのようです。
3本の木材を束ねて1本の巨大な柱にするにしても、長さが地中埋設分をも含めると50m以上は必要だったはずです。どうやって強度を落とさずにつないだのか、柱を吊り上げるのはどうしたのか、など難しい問題山積だったことでしょうね。エジプトのピラミッド建設にも匹敵すると行ったら大げさかもしれませんが、難易度が高い問題だったようです。
それともう一つ。参拝する人は毎日上ったのでしょうかね。結構大変そうです。

2019/03/28 (Thu) 22:04

鏡花水月  

AzTak様、こんばんは!
『出雲大社』には独特のオーラがありますね。
広いのにスカスカ感がなく、どっしりとして、歴史も古さも感じます。
古さには仙人のような感じもします。
ここの古さにはちょっと怖いような…おどろおどろしいような…人間の愚かさを成敗する強さと力のような…
なんかものすごいけれど、それが何かよく分からないです。

2019/03/28 (Thu) 22:44

makira  

こんばんは!

AzTaさん、こんばんは!
私が行ったのは学生の頃頃の自転車旅行と
拝殿の修理の時で仮殿があった頃ですから
もう何年も前のことです。
大きなしめ縄とムスビの御神像の記憶しかありません 汗)
ずいぶんと変わったようです!

2019/03/28 (Thu) 22:44
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTak様、こんばんは!

鏡花水月さん、今晩は。

> 『出雲大社』には独特のオーラがありますね。
> 広いのにスカスカ感がなく、どっしりとして、歴史も古さも感じます。
> 古さには仙人のような感じもします。
> ここの古さにはちょっと怖いような…おどろおどろしいような…人間の愚かさを成敗する強さと力のような…
> なんかものすごいけれど、それが何かよく分からないです。

そうですか。こちらは残りのバッテリーでどうやって写真を撮ればよいかということばかり頭にあり、結局参拝するのを忘れてしまったくらいです。心がけが良くなかったようです。
正しい心がけの人には、背筋が伸びるような気合が入るようです。それだけでも私も欲しかったです。

2019/03/28 (Thu) 23:35
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTaさん、こんばんは!

makiraさん、今晩は。

> 私が行ったのは学生の頃頃の自転車旅行と
> 拝殿の修理の時で仮殿があった頃ですから
> もう何年も前のことです。
> 大きなしめ縄とムスビの御神像の記憶しかありません 汗)
> ずいぶんと変わったようです!

2度もお出掛けになりましたか。私の方は、行きたいと思いつつも、なかなか実現できずにいました。まさか、こんな人生の黄昏時期に実現するとは、…。全くの予想外でした。神様と向かい合っても、今まで何とか無事に生きてこられたことのお礼を申し上げるくらいしかなくなりました。
あまり欲が無くなり、肩を叩かれる日が近いのかと思う毎日です。

2019/03/28 (Thu) 23:42

Leave a reply