秩父夜祭_H24(8) - 秩父夜祭_H24_2012_December
FC2ブログ

秩父夜祭_H24(8)

夜祭のメインである笠鉾・屋台行列(2)

下郷笠鉾
下郷地区(金室町、永田町、柳田町、阿保町、大畑町、滝の上町)の6町会が所有する山車。以前は桜木町も含み下郷七村といわれた。鉾をつけると高さ約16メートルになり関東地区では最大の山車である。 現在のものは電線の高架によって屋形をつけたもので3代目の笠鉾である。屋形をつける際に笠鉾の部品も散逸してしまい笠鉾の部分も含めほぼ新造建築に近い。白木作りの屋形が特徴であるが、本来は朱塗りの屋形になるはずであった。天道・波形石台・万灯に3層の花笠をもち総重量は20トンともいわれている、他の山車とくらべて漆塗りや彩色をしていないが、二段屋根等で組木が多い。
ずっと気づかなかったが、この下郷笠鉾のみが二段屋根になっている。他の笠鉾や屋台はすべて屋根は一段のものだ。
下郷笠鉾_1
下郷笠鉾_2
下郷笠鉾_3
下郷笠鉾_5
下郷笠鉾_6
下郷笠鉾_7
下郷笠鉾_9
下郷笠鉾_10
下郷笠鉾_12
下郷笠鉾_13
下郷笠鉾_14
下郷笠鉾_15
下郷笠鉾_17

笠鉾・屋台の方向転換
上町屋台のみがキリン方式(ジャッキ方式)による方向転換を行う。この方式は屋台の重心のかかる部分にキリンと呼ばれるジャッキをあてがい、これで回転させる。そのため、屋台が傾ぐことはない。
他の笠鉾や屋台はギリ方式という方法を用いて行う。下記のやり方で行う。方向転換の初めと終わりとの2回、ちょっと驚くほど笠鉾・屋台が傾ぐ。


ギリ棒(心棒)方式(下記URLの説明を一部改変)
京都・祇園祭の辻回し(つじまわし)と呼ばれる山鉾の90度方向転換作業は、秩父では「ギリ廻し」と呼ばれる別の方式で行い、一つの見所となっている。長さ約7m、幅20cmの二本の角材を屋台の前後どちらかに差し入れ、馬(支点になる台)を梃子に約20人が呼吸を合わせて角材に体重をかけ車輪を持ち上げる。
屋台の片方が20度ほど浮き上がったところで、屋台の下にギリ棒(心棒)を置き、台車の回転中心をギリ棒に嵌め込み、屋台がギリ棒に乗って浮き上がったところで、屋台の各部に何人かずつぶら下がり、水平を保ちながら、みんなで押して90度旋回させた後、再度二本の角材で車輪を浮かせてギリ棒を取り去り、もとの四輪車となって曳行する。

詳しい写真と説明がある和田フォトへjump
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2012年12月12日
最終更新 -0001年11月30日

8 Comments

There are no comments yet.

はせがわ  

毎年12月になると今年こそは行ってみようかなとおもうのですが、帰りのことを考えるとやめてしまいます。
見事な屋台風景、お写真で堪能させて頂きました。

2012/12/12 (Wed) 05:22

makira  

AzTakさん、おはようございます!
笠鉾・屋台の壮大な行列は凄い迫力ですね!
↓の花火も盛大に打ち上げられたのですね。
一度が行ってみたいと思うのですが・・・
予備知識をここでしっかりと勉強しておこうと思います 笑)

2012/12/12 (Wed) 05:45

solo  

AzTakさん
おはようございます。

パワフルなお祭ですね。
一連のシリーズを通して見てきますと、AzTakさんのパワフルさに!
まず感心しました。

2012/12/12 (Wed) 07:44

maverick07  

こんいちわ♪
凄い迫力ありますね~!!
人々、屋台の傾きからお祭りの臨場感が伝わりますね(^o^)

2012/12/12 (Wed) 08:48

AzTak  

Re: タイトルなし

はせがわさん、こんにちは。

> 毎年12月になると今年こそは行ってみようかなとおもうのですが、帰りのことを考えるとやめてしまいます。

附け祭が終わるまでいると、22時を軽く過ぎてしまいます。その前に途中で退場しようとすると物凄い人波をかき分けて駅などに向かう必要があります。だから、私はゆっくり見られる帰りがバスのツアーに参加することにしています。
今年はどうしても有料観覧席で見たかったので、直接観光協会に申し込んだのですが、抽選であえなく外れてしまいました。仕方なく、西武の行きはレッドアロー号、帰りはバスの有料観覧席付きツアーコースを申し込みました。ところが、このコースは出発が遅く、昼の市内曳行が殆ど終わってしまい、残念なことでした。

なかなか、すべてを満足させる企画は少ないようです。

> 見事な屋台風景、お写真で堪能させて頂きました。

はせがわさんにそう言っていただけると嬉しいのですが、自分ではどうにも満足できない出来なのです。
来年も行けるようだったら、花火は諦めて、笠鉾・屋台の撮影だけに集中しようかと思います。
問題はピント合わせ。薄暗くAFには頼り切れないのです。MFにしてマグニファイア装着ではどうかと考えているのですが。

2012/12/12 (Wed) 14:37

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTakさん、おはようございます!

makiraさん、こんにちは。

> 笠鉾・屋台の壮大な行列は凄い迫力ですね!
> ↓の花火も盛大に打ち上げられたのですね。
> 一度が行ってみたいと思うのですが・・・
> 予備知識をここでしっかりと勉強しておこうと思います 笑)

昼間は、時間が間に合えば、笠鉾・屋台の市内曳行の様子を撮ったり、曳き踊りを撮ったり、秩父神社の彫刻を撮ったり、古風な建物を撮ったり、いろいろできると思います。
問題は夜です。私は鳥目というわけではないと思うのですが、薄暗い会場でピント合わせに苦労しています。安物の暗いレンズは思い切り仇をとられて、AFはかなり厳しいです。MFはやはりピントがあっているように見えなくもないんですが、あとで見てみるとかなりピントが甘くなっています。仕方がないから、来年行く機会に恵まれれば、マグニファイアの装着で勝負してみようかと思います。どうですかねえ???

2012/12/12 (Wed) 14:46

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTakさん
> おはようございます。

soloさん、こんにちは。
今日は会社のOB連中に機関誌を配布したりして遅くなりました。配布した先は、平町、柿の木坂、中根、緑が丘でした。巨人の選手だった人が多いんです。平町は篠塚、柿の木坂は原、中根は王、緑が丘は国松(今は亀屋万年堂の社長さん)など。凄い住宅地で、配っていて楽しいんですが、昨日の疲れが残っていて、少し大変でした。

> パワフルなお祭ですね。

本当にそう思います。秩父の人たちの祭りにかける熱い思いがそうさせるんでしょうね。

> 一連のシリーズを通して見てきますと、AzTakさんのパワフルさに!
> まず感心しました。

私はヘタレですヨ。昨日、江戸東京たてもの園の完全制覇をして疲れてしまいました。明日は太極拳の教室があり、明後日は生活支援の活動がありますので、少し、体力を温存しなくてはいけません。江戸東京たてもの園の写真をう~~んと小出しにして、出不精を何とかごまかそうかと算段しています。

2012/12/12 (Wed) 15:01

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんいちわ♪

maverick07さん、こんにちは。

> 凄い迫力ありますね~!!
> 人々、屋台の傾きからお祭りの臨場感が伝わりますね(^o^)

団子坂を上る時が最高のようです。上がり終えた途端の大きな大きなどよめきが起きます。
全然見えませんが、笠鉾や屋台の下部には、太鼓や笛の連中が入り込んで賑やかに演奏しているんです。だから見た目以上に迫力があるんです。

但し、あのギリ廻しによる傾きは、笠鉾や屋台が倒れてしまわないか、上に乗っている人が落ちはしないか気になって、心臓によくありません。私が心配しても始まらないんですが。

2012/12/12 (Wed) 15:15

Leave a reply