1月26-27日の様子(3) - 1月26-27日の様子_2019_Jan
FC2ブログ

1月26-27日の様子(3)

根津美術館(2)
庭園(2)
飛梅祠を後にして、庭園散策を続ける。ほどなく池を渡る橋が見えてくる。
池を渡る橋
渡ったわけでなく見ただけ。何処を通っても粋なことは間違いがない。実際に歩いていて、心が弾んでくる感じだ。
池を渡る橋_1
池を渡る橋_2
池を渡る橋_3
建物が見えてきた
斑鳩庵・清溪亭だ。茶室のようだ。ほんのたまに一般公開をすることがあるらしい。池を見るように意匠されているのだろう。対岸から見なくては。この横の道からも池を渡ることができるようだ。またも素通り。HPによれば、斑鳩庵は、江戸末期に本所に建てられた茶室が、昭和30年にこちらに移築されたとのことだ。清溪亭は付属する建物。
建物が見えてきた_1
建物が見えてきた_2
建物が見えてきた_3
披錦斎・一樹庵だ。こちらも茶室のようだ。同様にほんのたまに一般公開をすることがあるらしい。HPによれば、二代目の嘉一郎が還暦を記念して揮毫した扁額のあるのが披錦斎で、一樹庵は明治32年に大阪に建てられた茶室を移築したもの。
建物が見えてきた_4
建物が見えてきた_5
薬師堂と竹林
最初は祠。次に茶室が2棟。次には何が出てくるのかと興味津々。薬師堂と竹林とが待っていてくれた。HPによれば、薬師堂として伝わる宝形造りの建物とあるだけで、細かいことは書かれていない。故事来歴は明かしたくない事情があるのかな。
薬師堂と竹林_1
薬師堂と竹林_2
薬師堂と竹林_3
薬師堂と竹林_4
薬師堂と竹林_5
薬師堂と竹林_6
薬師堂と竹林_7
薬師堂と竹林_8
薬師堂と竹林_9
ほたらか山
HPによれば、『庭園南西、銅造の観音菩薩立像を中心に石仏や仏塔を集めた丘を、観音が住むPotalakaにちなんで、ほたらか山としました』とある。お金があると、収集できるものなんだなあ。
ほたらか山_1
ほたらか山_2
ほたらか山_3
ほたらか山_4
ほたらか山_5
ほたらか山_6
ほたらか山_7
ほたらか山_8
ほたらか山_9
ほたらか山_10
ほたらか山_11
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2019年02月01日
最終更新 2019年02月01日

10 Comments

There are no comments yet.

りおん  

わあ~!緑に囲まれた小道、雰囲気がいいですね~!
こういう場所を静かに歩いてみたいです~^^

上から5枚目のお地蔵様?は、何かの動物ですか?
鬼さんにも見えて、不思議な感じがしました。

寒い時期なのに、緑が多くて嫌されました^^

2019/02/01 (Fri) 11:19
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

りおんさん、こんにちは。

> わあ~!緑に囲まれた小道、雰囲気がいいですね~!
> こういう場所を静かに歩いてみたいです~^^

足元の石畳も気分が良くて、ルンルン気分で散策しました。

> 上から5枚目のお地蔵様?は、何かの動物ですか?
> 鬼さんにも見えて、不思議な感じがしました。

あれは、斑鳩庵・清渓亭の門前にある16世紀の朝鮮の侍童像だそうです。
『侍童』とは、貴人のそばに仕えて雑務をする少年のことをいうようです。『さぶらい‐わらわ(さむらいわらわ)』とも読ませるんでしょうかね。
一休さんも『侍童』からキャリアを始めたと言えるようです。

今だったら韓国との関係がギクシャクしていて、『そんな物持ってくるんじゃない』通し借りを受けるかもしれませんね。

> 寒い時期なのに、緑が多くて嫌されました^^

日差しがあって、気持ちが良い日でした。

2019/02/01 (Fri) 11:59

x都人x  

竹林もあって、、京都の何処かの
お寺かと思いました。

美術館の庭園ですか!
風情が感じれます。

2019/02/01 (Fri) 17:50

のんびり熊  

こんばんは
有難い事です。
根津美術館に行ったような気分になります。
由緒ありげな観音様がどうして此処に有るのかな?
クマの地区の産土様の石像が20数年前に無くなってしまいました。
気が付いた時は土台だけでした。
変な事を思ってしまいました。

2019/02/01 (Fri) 19:12
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

x都人xさん、こんばんは。

> 竹林もあって、、京都の何処かの
> お寺かと思いました。
>
> 美術館の庭園ですか!
> 風情が感じれます。

財力を持ってすれば、外見を見ただけではわからないような愛人具加工などを施した新しい建築物を作ることももちろん可能でしょう。ですが、このこだわりぶりからすると、どこぞの寺院から持ってきたものだと思います。HPには、薬師堂として伝わる宝形造りの建物とあるだけです。元々は何処にあった薬師堂なんでしょうね。
京都や鎌倉かもしれませんね。

2019/02/01 (Fri) 20:18
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 有難い事です。
> 根津美術館に行ったような気分になります。

下手くそな写真を見るよりも行ったほうが早いです。予備知識くらいにとどめてください。

> 由緒ありげな観音様がどうして此処に有るのかな?
> クマの地区の産土様の石像が20数年前に無くなってしまいました。
> 気が付いた時は土台だけでした。
> 変な事を思ってしまいました。

そのような盗品を売買するようなことは根津美術館の名誉にかけても絶対にしていないと思います。廃村、廃寺になった所にいったりして、粘り強く交渉して買い取ったものでしょう。
今後は朝鮮のものなどは入手したくてもできなくなるんでしょうね。両国の関係が悪化しすぎています。尤も大統領が変われば、銅変わるかわかりませんが。

2019/02/01 (Fri) 20:25

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
美術館なのに立派な庭もあるのですね!
ちょっと珍しくありませんか?
庭の散策だけでも充分楽しめそうですね♪
やっぱり、今朝は雪は無かったですね 笑)

2019/02/01 (Fri) 23:05
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 美術館なのに立派な庭もあるのですね!
> ちょっと珍しくありませんか?

初代の根津嘉一郎から代々この方面の造詣が深かったようで、庭園も一つの展示要素なんだと考えたのではないでしょうか。
東京都の庭園美術館というものもありますよね。

> 庭の散策だけでも充分楽しめそうですね♪

そうですね。斯く言う私も庭園を目当てに行きました。

> やっぱり、今朝は雪は無かったですね 笑)

ありませんでした。あると雪掻き人夫にならざるを得ないので、降らないように願っていました。

PS.日本代表は旗色が良くないようですね。前半半ばで2失点では、…。

2019/02/01 (Fri) 23:35

鏡花水月  

AzTak様、こんばんは!
石の物にはあまり目が向かないので、こんなにいろいろ置かれていたんだと今更のように思います。
春には披錦斎でお抹茶のイベント、秋には斑鳩庵の茶庭公開にタイミング良く行き合いました。
茶室の中もゆっくりと見学したいです。
画像を拝見しているとまた行きたくなります。

2019/02/02 (Sat) 00:03
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTak様、こんばんは!

鏡花水月さん、こんばんは。

> 石の物にはあまり目が向かないので、こんなにいろいろ置かれていたんだと今更のように思います。

そうですか。私は、なぜだか石造物が大好きです。頭が石頭の所為何でしょうか。(^_^;)
なので、よく道端を見て歩きます。

> 春には披錦斎でお抹茶のイベント、秋には斑鳩庵の茶庭公開にタイミング良く行き合いました。
> 茶室の中もゆっくりと見学したいです。

それはラッキーでしたね。今回は全くそういうものには円がありませんでした。ちょっとだけ、残念です。

> 画像を拝見しているとまた行きたくなります。

そうでしょうね。
このときは、企画展で、酒呑童子の展示をやっていました。酒も飲みすぎるとろくな目に合わないんだとつくづく思い知らされました。

2019/02/02 (Sat) 20:28

Leave a reply