秩父夜祭_H24(4) - 秩父夜祭_H24_2012_December
FC2ブログ

秩父夜祭_H24(4)

昨2011年の市内曳行の様子(1)
今年はツアーのスケジュールで市内曳行に間に合ったのは中近笠鉾のみだった。これでは不十分なので、代わりに私が撮影した昨年のものを2回にわたってご覧いただく。
上町屋台の市内曳行
屋台の横幅が、6基の中で一番広く、後幕は鯉の滝登り。高さ約6.5m~6.7m、重さ約12~15トン
上町屋台の市内曳行_1
上町屋台の市内曳行_2
上町屋台の市内曳行_3
上町屋台の市内曳行_4
上町屋台の市内曳行_5
上町屋台の方向転換
秩父夜祭の6基の山車のうち、上町屋台のみキリン方式(ジャッキ方式)による方向転換。その画像は撮れなかったが、YouTubeなどで確認できる。ギリ方式よりスムーズに行われる感じだ。
上町屋台の方向転換_1
上町屋台の方向転換_2
上町屋台の方向転換_3
上町屋台の方向転換_4
上町屋台の方向転換_5
上町屋台の方向転換_6
上町屋台の方向転換_7
上町屋台の方向転換_8
上町屋台の方向転換_9
上町屋台の方向転換_10
上町屋台の方向転換_11
上町屋台の方向転換_12
上町屋台の方向転換_13
上町屋台の方向転換_14
上町屋台の方向転換_15
上町屋台の方向転換_16
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2012年12月08日
最終更新 -0001年11月30日

10 Comments

There are no comments yet.

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
秩父夜祭、堪能させていただきました♪
池上本門寺のお会式の何倍ものスケールなんでしょうね!
昨年の写真も交えた市内曳行も躍動感が溢れています♪
楽しく拝見させていただきました。

2012/12/08 (Sat) 02:52

solo  

AzTakさん
おはようございます。

>上町屋台の方向転換
へぇ~
小生の街はギリ方式ですね。
YouTubeで確認しなくても、この記事をマウスでスクロールスピードを
上げるだけで十分ムービーになってました(笑)。
祭っていいですよね!
皆が同じ方向性でエネルギーを発散している。
万国共通のようで

2012/12/08 (Sat) 05:04

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、お早うございます。

> 秩父夜祭、堪能させていただきました♪
> 池上本門寺のお会式の何倍ものスケールなんでしょうね!

それぞれめざすところが違うから、比較はしないでおきましょう。池上本門寺のお会式も秩父の夜祭も、共に楽しいものですよ。

> 昨年の写真も交えた市内曳行も躍動感が溢れています♪
> 楽しく拝見させていただきました。

今日の冒頭では屋根の右上に乗った人が、ケーブルを切断したりしないよう足で押しのけていますが、次回は左上側が大活躍します。屋台どうしのスレ違いがあるからです。

2012/12/08 (Sat) 08:29

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTakさん
> おはようございます。

soloさん、おはようございます。

> >上町屋台の方向転換
> へぇ~
> 小生の街はギリ方式ですね。

一回り小さい屋台で行う川瀬祭りの方はキリン方式で行いますが、夜祭でもこの上町屋台だけは小さくもないのに、キリン方式で行います。たったひとつのジャッキに13t+αの重みがかかります。お臍の部分に正確にジャッキをあてるのが難しそうです。

> YouTubeで確認しなくても、この記事をマウスでスクロールスピードを
> 上げるだけで十分ムービーになってました(笑)。

実際に早いんですよ、前のハゲのおじさんの頭が動いていないことからもわかります。(大笑)

> 祭っていいですよね!
> 皆が同じ方向性でエネルギーを発散している。
> 万国共通のようで

そうですね。ベクトルが一つになるってのは、素晴らしいことですね。溜まった古いエネルギーを発散させ、新しいエネルギーを胸いっぱいに吸い込んでいるのかも知れません。

2012/12/08 (Sat) 08:42

jsk  

おはようございます
日本三大曳山祭:京都の祇園祭、飛騨の高山祭、秩父夜祭とありました。300年にわたり笠鉾・屋台が曳かれ続けている・・このスケールの大きさに納得です。この祭りのことよく知りませんでした。
笠鉾の組立、見せていただきました。その大きさに驚きます。
見事な屋台、笠鉾、参加する人々の熱気は、まさに日本を代表する祭りですね。多くの写真から十分理解で敷きます。ありがとうございました。






2012/12/08 (Sat) 11:20

AzTak  

Re: タイトルなし

jskさん、こんにちは。

> 日本三大曳山祭:京都の祇園祭、飛騨の高山祭、秩父夜祭とありました。300年にわたり笠鉾・屋台が曳かれ続けている・・このスケールの大きさに納得です。この祭りのことよく知りませんでした。
> 笠鉾の組立、見せていただきました。その大きさに驚きます。

笠鉾は確かに盛装すると相当な高さになります。更に相当揺れますから高所恐怖症の人では務まりません。悲しいことに電線が張り巡らされてから、笠なし曳行が続いていたんですね。10月にフル装備で特別曳行がなされた時には、我々観光客ばかりでなく、地元の人達の感動も凄いものがありました。
近い将来に、障害をクリアし、フル装備で曳行がなされることを祈ります。

> 見事な屋台、笠鉾、参加する人々の熱気は、まさに日本を代表する祭りですね。多くの写真から十分理解で敷きます。ありがとうございました。

多分、地元の人達の大きな誇りなのでしょう。

2012/12/08 (Sat) 16:53

君平  

こんにちは。
京都の祇園祭の方向転換は辻回しといって、
竹に水をかけて豪快に回しますが、ここは
ジャッキーを使うんですねえ。
効率的で山車に優しいような気がしますね。
どちらが、お客さんには人気があるのかですけどね。

2012/12/08 (Sat) 22:02

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは。

君平さん、こんばんは。

> 京都の祇園祭の方向転換は辻回しといって、
> 竹に水をかけて豪快に回しますが、ここは
> ジャッキーを使うんですねえ。
> 効率的で山車に優しいような気がしますね。
> どちらが、お客さんには人気があるのかですけどね。

上町屋台のみがキリン方式(ジャッキ方式)による方向転換を行います。他の笠鉾や屋台はギリ方式という方法を用います。全く違う方式で、私も混同して叱られたことがありました。

ここでまた、誤解をさせてしまうと再びお叱りを受けかねませんので、ギリのほうが夜祭の方向転換の方式としてメジャーだということを認識してください。その上で、上町屋台のみがキリン方式を採用しているということもです。


http://wadaphoto.jp/maturi/titibu2.htm
ギリ棒(心棒)方式
京都・祇園祭の辻回し(つじまわし)と呼ばれる山鉾の90度方向転換作業は、秩父では「ギリ廻し」と呼ばれ
る別の方式で行い、一つの見所となっている。長さ約7m、幅20cmの二本の角材を屋台の前後どちらかに差し入れ、馬(支点になる台)を梃子に約20人が呼吸を合わせて角材に体重をかけ車輪を持ち上げる。
屋台の片方が20度ほど浮き上がったところで、屋台の下にギリ棒(心棒)を置き、台車の回転中心をギリ棒に嵌め込み、屋台がギリ棒に乗って浮き上がったところで、屋台の各部に何人かづつぶら下がり、水平を保ちながら、みんなで押して90度旋回させた後、再度二本の角材で車輪を浮かせてギリ棒を取り去り、もとの四輪車となって曳行する。


辻回しのような荒っぽいやり方とは、秩父の2方式は違います。秩父の人たちの知恵と物を大事にしてきた気風が生み出した方式かもしれません。京都のは確かに豪快ではありますね。

2012/12/08 (Sat) 23:48

ゆるポタ  

http://yurupota.blog66.fc2.com/

これは素晴らしい山車ですね。
祇園祭の山車が一番と思っていましたが、
こちらの方が存在感を感じます。
秩父夜祭ですか、良い物を見せてもらいました。

2012/12/09 (Sun) 12:56

AzTak  

Re: http://yurupota.blog66.fc2.com/

ゆるポタさん、こんばんは。

> これは素晴らしい山車ですね。
> 祇園祭の山車が一番と思っていましたが、
> こちらの方が存在感を感じます。

みな、それぞれ良さがあると思いますが、祇園祭、高山祭りに次ぐ3番手に位置づけるべきかは、難しいところですね。自分の好きなところが一番で宜しいのでは。存在感は十分にあるかと思います。

> 秩父夜祭ですか、良い物を見せてもらいました。

山陰地方からではちょっとお出でになるのが難しいかも知れませんね。多分、あと1週間くらいで、御旅所会場内で撮影を許されている人たちの映像や画像が発表されると思います。
悔しいけど、腕も機材も撮影場所もみなあちらさんが上。ピンぼけや手振れのない写真をご覧になって下さい。
どうにも薄暗いところの撮影は失敗ばかりです。(T_T)

2012/12/09 (Sun) 19:37

Leave a reply