全国高校サッカー選手権準々決勝@等々力(7) - 全国高校サッカー選手権_2018_Dec&2019_Jan
FC2ブログ

全国高校サッカー選手権準々決勝@等々力(7)

第2試合(3)
前半は、尚志が押し気味に試合を進めたと前回分に記事で書いた。ところが、後半は状況が一転。虎の子の1点を死守しようと気持ちがプレーを消極的にさせたのか、あるいは、疲れで動きが良くなくなかったのか、尚志の動きが後手後手になってきた。
前半は面白いように取れていたセカンドボールがことごとく、帝京長岡側に渡るように変わっていった。尚志が退いて守る作戦に出て、中間があいたこともその一因だろう。簡単にゴール近くまで運ばれだした。

尚志ファンにすれば何とか守りきってほしいし、帝京長岡ファンにすれば、同点、さらに逆転に持っていってほしい。そういう思いが交錯した激しい戦いとなった。

帝京長岡の猛攻
SCENE-1
帝京長岡は、終始攻め続けた。尚志も男気を見せて攻め返したいところだろうが押されっぱなし。
帝京長岡の猛攻_1
帝京長岡の猛攻_2
帝京長岡の猛攻_3
帝京長岡の猛攻_4
こぼれ球が尚志ゴールを割ってもおかしくない展開だった
帝京長岡の猛攻_5
GKがキャッチできず。あと一蹴りだったのだが、…。
帝京長岡の猛攻_6
帝京長岡の猛攻_7
帝京長岡3番のヒールキックが出れば
帝京長岡の猛攻_8
そうはさせじとGKも必死。オヤジ狩りに遭ったように見えなくもない。
帝京長岡の猛攻_9
帝京長岡の猛攻_10
帝京長岡の猛攻_11
GKの必死さが勝ったのだろうか
帝京長岡の猛攻_12
帝京長岡の猛攻_13
SCENE-2
14番がインターセプトした
帝京長岡の猛攻_14
それを受けた8番が粘る
帝京長岡の猛攻_15
帝京長岡の猛攻_16
帝京長岡の猛攻_17
帝京長岡の猛攻_18
帝京長岡の猛攻_19
22番が待ち構えている
帝京長岡の猛攻_20
帝京長岡の猛攻_21
帝京長岡の猛攻_22
22番が蹴った
帝京長岡の猛攻_23
帝京長岡の猛攻_24
弾き返されたボールに、このチャンスを作った14番が食らいつく
帝京長岡の猛攻_25
帝京長岡の猛攻_26
22番が受ける。動いて突破口を見出そうとする。
帝京長岡の猛攻_27
帝京長岡の猛攻_28
切り返すが、思ったような穴は見つからなかった
帝京長岡の猛攻_29
帝京長岡の猛攻_30
帝京長岡の猛攻_31
SCENE-ETC
その後も再三再四コーナーキックを得るが、同点ゴールにはつながらず。攻める方も守る方も死力を尽くしての戦いだった。
帝京長岡の猛攻_32
帝京長岡の猛攻_33
帝京長岡の猛攻_34
帝京長岡の猛攻_35
帝京長岡の猛攻_36
帝京長岡の猛攻_37
帝京長岡の猛攻_38
アディショナル・タイムに突入。目安は3分だった。たったそれだけなのか。はたまた、そんなに長いのか。
帝京長岡の猛攻_39
尚志がインターセプトし、逆襲。とにかく自陣ゴール前からボールを移したいということだったのだろう。
帝京長岡の猛攻_40
その直後にホイッスル。試合終了だった。尚志の2番は紳士だなあ。
帝京長岡の猛攻_41
帝京長岡の猛攻_42
試合終了後
勝利監督インタビュー
青森山田の監督さんも温厚な人物と見たが、こちらはさらに腰の低い人物だった。見かけは熊さんのようだったが。『次は同じ東北で勉強させていただいている(青森山田)黒田監督。その先には(習志野時代の)恩師(流通経大柏・本田監督)も待っている。絶対にやりたい』と控えめながらも、言い放った。その夢は実現するのだろうか?試合後のミーティングで、どういう話をするのか聞いてみたい気がした。
試合終了後_1
試合終了後_2
殊勲選手インタビュー
染野唯月(『いつき』と読ませる)選手。U17の中心選手なんだな。本領発揮というところだろうか。
試合終了後_3
試合終了後_4

今回の反省
やっぱりズームで撮影すべきだった。それと肝心要のシーンが欠落しないよう、高速連写にすべきだった。あと、日が陰ってくると見えにくくなるので、その前に目薬を点して置くべきだった。なんだか反省点ばかりだった。

以上で、カテゴリー『全国高校サッカー選手権』のシリーズは終了です。準決勝と決勝は遠くて行けそうにありません。最後までご覧いただきありがとうございました。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2019年01月12日
最終更新 2019年01月12日

12 Comments

There are no comments yet.

MT  

おはようございます

サッカーは精神的なものも大きく影響して面白いですよね。
スポーツ写真はのうちサッカーはそれほどたくさん点数が入るわけではないので逃したショットは大きいといったところですね。写真は奥が深くて私も風景写真ですら悔やまれることばかりです・・・。

2019/01/12 (Sat) 04:33

のんびり熊  

こんにちは
熊はもっとスマート(本人以外は誰も認めない)だよ~
何の試合でもそうだが、守りに入った試合、引いた試合は殆ど負けている。
特に目に付くのが相撲、我慢しきれずに引いた相撲は負けている。
悪い癖!、で負け越しては仕方ないだろう。
分かっちゃいるけど止められない。
人間なんだねエ
言うは易く・・・。

2019/01/12 (Sat) 13:21

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
お疲れ様でした!
>準決勝と決勝は遠くて行けそうにありません。
と、ありますが、埼玉スタジアムですから
そんなに遠くは無いですよ 笑)
準決勝で尚志と青森山田は最後PK戦にもつれ込む
接戦だったようですね♪
AzTakさんの中継撮影で見たかったです 笑)

2019/01/12 (Sat) 16:18

x都人x  

こんにちは
本当にお疲れさまでした。

後はTV観戦でしょうか
寛ぎながらゆっくりと観戦してください。

俺も準決、、青森山田と何処だったか、、
少し見て寝ちゃいました(笑

2019/01/12 (Sat) 16:33

ふくみみ  

こんばんわ(^^

こんばんわ!

今日のAzTakさんのブログの「今回の反省」を読んで、、
「日が陰ってくると見えにくくなるので、その前に目薬を点して置くべきだった。」
と言うフレーズで、思わず笑ってしまいました(^-^;
ごめんなさい、、、(´・ω・`)

2019/01/12 (Sat) 18:22
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます

MTさん、こんばんは。

> サッカーは精神的なものも大きく影響して面白いですよね。

はい、面白いです。

> スポーツ写真はのうちサッカーはそれほどたくさん点数が入るわけではないので逃したショットは大きいといったところですね。写真は奥が深くて私も風景写真ですら悔やまれることばかりです・・・。

やっぱり、最初から最後まで観覧席で手持ちでカメラを構え続けると、本当に疲れてしまいます。なので、点数が入りそうにないときは肉眼で楽しんでいるんです。そういうときに限って、点数が入ったりします。そのシーンを撮りそこねると、次の得点シーンこそはと思って狙うのですが、なかなか思うように得点シーンはないものですね。

次回撮ることがあれば、シグマのライト・バズーカ(100-400)を持参しようと思います。コレの望遠端の解像ぶりが気に入らなくて何となく使わずに居たのですが、またぞろ復活させようと思っています。
今までの反省を踏まえ、絞りを少し絞りみ、その分、ISO感度を上げて、撮ってみようかと思います。

2019/01/12 (Sat) 22:01
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 熊はもっとスマート(本人以外は誰も認めない)だよ~
> 何の試合でもそうだが、守りに入った試合、引いた試合は殆ど負けている。
> 特に目に付くのが相撲、我慢しきれずに引いた相撲は負けている。
> 悪い癖!、で負け越しては仕方ないだろう。
> 分かっちゃいるけど止められない。
> 人間なんだねエ
> 言うは易く・・・。

ゼミの仲間でボクシング部のキャプテンをしていたやつが居たので、頼み込んで、そいつとスパーリングをさせてもらいました。3ラウンドです。3ラウンド目の残り1分くらいまで進んで、かなりバテました。しっかり守れば、倒されないでいけるだろう。そう思ったんです。
そういう作戦に出た途端、めちゃくちゃパンチを浴びせられました。何とか倒されもせず、スパーリングが終了しましたが、責めずに守るというのはかなり危険なことなんだなあと思いました。

退いて守る練習をしてはいるとは思いますが、ヒヤヒヤものでした。

2019/01/12 (Sat) 22:10
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> お疲れ様でした!
> >準決勝と決勝は遠くて行けそうにありません。
> と、ありますが、埼玉スタジアムですから
> そんなに遠くは無いですよ 笑)

浦和美園から片道30分位歩きますよね。アレが嫌で。さいたまには土地がいくらでもあるだろうに、なんであれほど駅から離れた所にスタジアムを造るのか、ため息が出てしまいます。

> 準決勝で尚志と青森山田は最後PK戦にもつれ込む
> 接戦だったようですね♪
> AzTakさんの中継撮影で見たかったです 笑)

可愛そうですが、負けは負けです。それでも2年生エースの染野唯月選手がハットトリックを決めたのには驚きました。あの青森山田相手にです。来年が楽しみというか、将来の日本を背負うストライカーになってほしいものです。
私の撮影は、肝心要のところが欠落ばかりで、良いところ無しでした。当分は自粛します。(ノД`)シクシク

2019/01/12 (Sat) 22:18
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは

x都人xさん、こんばんは。

> 本当にお疲れさまでした。

下手くそな写真を見ていただいてありがとうございました。

> 後はTV観戦でしょうか
> 寛ぎながらゆっくりと観戦してください。
>
> 俺も準決、、青森山田と何処だったか、、
> 少し見て寝ちゃいました(笑

やっぱり故郷である福島県の代表校が勝ち残っていたので、平常心で見るわけには行きませんでした。
同点で、PK合戦。残酷でしたが、仕方がないことでしょう。それでも、2年生エースの染野唯月選手がハット・トリックを達成したのは特筆モノでした。来年の活躍もそうですが、将来の日本代表チームを牽引する存在に成長してほしいものです。

2019/01/12 (Sat) 22:24
AzTak

AzTak  

Re: こんばんわ(^^

> こんばんわ!

ふくみみさん、こんばんは。

> 今日のAzTakさんのブログの「今回の反省」を読んで、、
> 「日が陰ってくると見えにくくなるので、その前に目薬を点して置くべきだった。」
> と言うフレーズで、思わず笑ってしまいました(^-^;
> ごめんなさい、、、(´・ω・`)

(ΦωΦ)フフフ…、鳥目になってしまいましたかねえ。野鳥さんを少し追いかけだしたら、撮り手まで鳥目になるものなんでしょうかねえ。(^_^;)

尚志高校はPK合戦の末、負けてしまいましたが、2年生の染野選手のハットトリックは見事でした。来年も活躍して、将来は日本を背負うエースの育っていって欲しいものです。

2019/01/12 (Sat) 22:31

鏡花水月  

AzTak様、こんばんは!
サッカー観戦お疲れさまでした。
ルールも今ひとつ良く分かっていないのですが、若人の一生懸命な姿は心に響くものがあります。
青春の1ページって眩しいですね。

2019/01/12 (Sat) 23:57
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTak様、こんばんは!

鏡花水月さん、こんばんは。

> サッカー観戦お疲れさまでした。
> ルールも今ひとつ良く分かっていないのですが、若人の一生懸命な姿は心に響くものがあります。
> 青春の1ページって眩しいですね。

サッカーのルールは非常に単純です。GKだけが手を使うことが許されていますが、限られたエリアでだけの話です。それ以外の場合は、すべてハンドの反則となります。それとオフサイドとです。ラグビーのように難しくありません。それがわかれば、さらに面白く見ることができると思います。
割と感覚で競り合う色彩の強い競技だと思っています。それが可能なように単純明快なルールになっています。

感性を研ぎ澄ませてプレーをし、それが可能になるように練習を重ねる。そういう競技だと思います。だから全世界で行われているんだと思っています。高校生が情熱を傾けるのにふさわしい競技だと思います。


2019/01/13 (Sun) 22:36

Leave a reply