秩父夜祭(10) - 秩父夜祭_2018_Dec
FC2ブログ

秩父夜祭(10)

下郷笠鉾(3)
最後のギリ棒外し
最初はかなり傾ける。見ていると、傘鉾が転げてしまわないか心配になるほどだ。
最後のギリ棒外し_1
最後のギリ棒外し_2
最後のギリ棒外し_3
最後のギリ棒外し_4
最後のギリ棒外し_5
ギリ棒が無事外れたのを確認したのだろう。傘鉾をいたわるように、徐々に下げていく。
最後のギリ棒外し_6
最後のギリ棒外し_7
最後のギリ棒外し_8
最後のギリ棒外し_9
でもまだ梃子棒が見えている。これを完全に外す。細かい様子は傘鉾の下に潜らない限りはわからないのかも。
最後のギリ棒外し_10
最後のギリ棒外し_11
最後のギリ棒外し_12
最後のギリ棒外し_13
最後のギリ棒外し_14
最後のギリ棒外し_15
最後のギリ棒外し_16
最後のギリ棒外し_17
最後のギリ棒外し_18
最後のギリ棒外し_19
最後のギリ棒外し_20
最後のギリ棒外し_21
最後のギリ棒外し_22
最後のギリ棒外し_23
梃子棒も格納され、この地点での方向転換は終了だ。それ行くぞという緊張が走る。そして行ってしまった。
最後のギリ棒外し_24
最後のギリ棒外し_25
最後のギリ棒外し_26
最後のギリ棒外し_27
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2018年12月28日
最終更新 2018年12月28日

10 Comments

There are no comments yet.

MT  

おはようございます

最後の引いたカットで、現場の雰囲気がよくわかりました。なかなかの迫力ですね。調べて見たら転倒事故もその昔にあったとか。決して安全ではないのですね。これはまさに真剣勝負のお祭りですね!

2018/12/28 (Fri) 04:18

りおん  

方向転換の作業、全員で息を合わせないとならない
大変な作業ですね。
大きな重いものを動かすのは、ひとりでも大変なのに。
音頭をとる役目の人がいるのでしょうか?
動き始めると、去ってしまうのはあっという間なのですね^^;

2018/12/28 (Fri) 10:46

x都人x  

今晩は
イヤー何度拝見してもこの大きな山車の
迫力は凄いですよね~

人の多さが物語ってますね^^

2018/12/28 (Fri) 18:00

のんびり熊  

こんばんは
こんなに重くて重心が不安定な笠鉾を移動するだけでも大変なのに、方向転換するなんて!!
引手と梃子衆の心意気でしょうね。
たいしたもんです。

2018/12/28 (Fri) 19:22

makira  

こんばんは!

こんばんは、AzTakさん!
ギリ棒外しの所で、倒れたりして事故が起こったことも
有ったことでしょうね!
一番神経を使うところですね!
何事無く終わって当たり前でしょうから
ご苦労が分かります!

2018/12/28 (Fri) 21:39
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます

MTさん、こんばんは。

> 最後の引いたカットで、現場の雰囲気がよくわかりました。なかなかの迫力ですね。調べて見たら転倒事故もその昔にあったとか。決して安全ではないのですね。これはまさに真剣勝負のお祭りですね!

およそ絶対安全などというものはこの世に存在しないものなのかもしれません。そのうちでも油断したら必ず重大事故につながるという危機意識を持って関係者が臨んでいると思います。並々ならぬ決意のほどを示さなければいけない場のようです。
次回は、順番を変えて、屋台を傾けない上町屋台を取り上げようと思います。大きなどよめきが起こらない地味な方向転換があるんです。

2018/12/28 (Fri) 22:42
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

りおんさん、こんばんは。

> 方向転換の作業、全員で息を合わせないとならない
> 大変な作業ですね。

実際には屋根をケアする上方と地面で頑張る下方とが殆ど全てを賄うようですね。その数はざっと見た感じ100人弱でしょうか。

> 大きな重いものを動かすのは、ひとりでも大変なのに。
> 音頭をとる役目の人がいるのでしょうか?

下方の責任者が頑張って指示を行います。それを次代の責任者候補が間近で見て弁口しているようです。
準備が完了すると、拍子木が鳴らされます。

> 動き始めると、去ってしまうのはあっという間なのですね^^;

拍子木が鳴らされルト、それまで控えめに打たれていた太鼓が郵送に打ち鳴らされます。そして、囃子手が大きな動作で囃し立てます。曳き手が太綱を引きます。曳き手が本当に大変なのは、最後の団子坂だけかなと思います。

2018/12/28 (Fri) 22:54
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> 今晩は

x都人xさん、こんばんは。

> イヤー何度拝見してもこの大きな山車の
> 迫力は凄いですよね~
>
> 人の多さが物語ってますね^^

これが清掃しているとこんなものじゃ間に合わなくなります。そして、最後の団子坂が厳しくなります。1998年には、雨により全ての山車の団子坂曳上げが中止となり、2009年には、雨により笠鉾2基の団子坂曳上げが中止となったそうです。最後の最後は本当にきつそうです。まあ、諏訪大社の御柱よりはきつくはないと思いますが。

2018/12/28 (Fri) 23:05
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> こんなに重くて重心が不安定な笠鉾を移動するだけでも大変なのに、方向転換するなんて!!
> 引手と梃子衆の心意気でしょうね。
> たいしたもんです。

下方と呼ばれる数十人の人たちが偏に頑張り抜きます。まあ、屋台や傘鉾の親衛隊みたいな存在ですね。若く屈強な男たちがその人任にあたるようです。

2018/12/28 (Fri) 23:08
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは!

> こんばんは、AzTakさん!

makiraさん、こんばんは。

> ギリ棒外しの所で、倒れたりして事故が起こったことも
> 有ったことでしょうね!
> 一番神経を使うところですね!
> 何事無く終わって当たり前でしょうから
> ご苦労が分かります!

過去の事故があって、かなりの修復をしたことがあったようです。うまく行って当たり前の世界じゃないんだ相です。
また、最後の団子坂の引き上げを断念した年もあったとか。雨の時でしょうが。

2018/12/28 (Fri) 23:13

Leave a reply