九品仏浄真寺(2) - 九品仏浄真寺_2018__Dec
FC2ブログ

九品仏浄真寺(2)

本堂横の道
九品仏浄真寺は世田谷城の支城だった奥沢城の敷地にある。他の寺院に見られるような参道から本堂まで一直線に進むような感じの道ではない。
参道・総門から左折して、仁王門をくぐった先の道がこの写真に見えている光景だ。
本堂横の道_1
その右側には本堂が見える
本堂横の道_2
本堂
新しい堂宇だろうが、決して出過ぎた感じはない。古刹にふさわしい佇まいを備えている。
此の本堂には、本尊で都指定有形文化財(彫刻)の木造釈迦如来坐像があり、同じく都指定有形文化財(彫刻)の木造珂碩上人坐像がある。また、中庭を挟んだ向かい側の三品堂には同じく都指定有形文化財(彫刻)木造阿弥陀如来坐像(9躯)がある。
浄真寺には、「お面かぶり」と呼ばれる仏教行事がある。正式には「二十五菩薩来迎会」といい、3年に一度、本堂と上品堂の間に渡された橋を菩薩の面をかぶった僧侶らが渡るというもので、菩薩の来迎の様子を表すものだという。東京都の無形民俗文化財に指定されている。

外観
本堂_外観_1
本堂_外観_2
向かいの上品堂との間に橋が仮設の渡され、「お面かぶり」行事が行われる。
本堂_外観_3
本堂内部左側
もちろんこれらの像を撮るのが主目的だったが、障子があいていれば、池にやってくる野鳥さんを撮りたかった。残念ながらあいていなかった。霊瑞(れいずい)師は、浄土宗京都知恩院の僧だった人か。偉い人だったのだろうなあ。
本堂内部左側_1
本堂内部左側_2
本堂内部左側_3
御本尊
大きさがよくわからないかもしれないが、間違いなく丈六(約4.85m)、この仏像の場合は、坐像なので八尺(約2.43m)の大仏像であると思われる。
御本尊_1
御本尊_2
御本尊_3
本堂内部右側
大きな数珠がかけられてある。念仏講の大念珠数珠繰りに使用するものだろうか。
本堂内部右側_1
仏像の寺院だけあって、見事な像が並ぶ。『松露斎』は開山の珂碩上人の号。
本堂内部右側_2
本堂内部右側_3
本堂内部右側_4
本堂内部右側_5
本堂内部右側_6
本堂内部右側_7
本堂内部右側_8
2014年のお面かぶりの様子
此の年までは旧盆に行われていたが、2017年からは5月5日に行われるようになった。次回は2020年の開催だ。
お面かぶり
3Dの宗教劇は迫力がある。浄土宗が説く極楽浄土を見たような気がする。
2014年のお面かぶりの様子_1
2014年のお面かぶりの様子_2
2014年のお面かぶりの様子_3
2014年のお面かぶりの様子_4
仁王門の上層階の扉も開いていた
2014年のお面かぶりの様子_5
鷺草の伝説が残っている
2014年のお面かぶりの様子_6
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2018年12月17日
最終更新 2018年12月17日

14 Comments

There are no comments yet.

りおん  

お面かぶりの行事って何だろう~?
と思いましたが、本当にお面をかぶって
行列をおこなうのですね。
輿を担ぐ方が、痛そうな表情をしているのが
気になっちゃいました^^;
肩にあたって痛いのでしょうね~^^;

鷺草の伝説、知りたいです~!!

2018/12/17 (Mon) 11:23

makira  

こんにちは!

こんにちは、AzTakさん!
ご本尊をはじめ多くの仏像や内部を
余すところなく公開しているのでしょうか?
さすが九品仏浄真寺、太っ腹ですね~♪
お面かぶりの様子は以前にアップしたときに
見させて頂きましたが、次は2020年なんですね!

2018/12/17 (Mon) 11:44

MT  

こんにちは!

このお面かぶりの画像も思い出しました!
再来年の春に拝めるのですね。どのくらいのお客さんが集まるのでしょうか。珍しいイベントだけに今からとても楽しみですね。きっとというより、絶対に生きているに違いないですよ〜。

2018/12/17 (Mon) 17:03

x都人x  

今晩は
法然上人の優しいお顔に
心が穏やかな気持ちになれますねー

俺も何時もこの様な
顔をしてたいですねー^^

2018/12/17 (Mon) 17:53

のんびり熊  

こんばんは
鷺草の伝説~??
秋のお終いの頃、近くの従弟からサギソウの鉢を頂きました。
冬を越すべく準備しましたが、はたしてどうなる事やら。

2018/12/17 (Mon) 19:15
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

りおんさん、こんばんは。

> お面かぶりの行事って何だろう~?
> と思いましたが、本当にお面をかぶって
> 行列をおこなうのですね。

上品堂から本堂へお迎えに来たということを表す儀式です。参加した方の話だと、本当にそのような体験をしたかのような気分になるようです。少なくとも、本当のお迎えが来るまで、しっかり生きなくてはという気持ちになるとかだそうです。

> 輿を担ぐ方が、痛そうな表情をしているのが
> 気になっちゃいました^^;
> 肩にあたって痛いのでしょうね~^^;

開山の珂碩上人像を担いでいます。あの像くらいなら、私一人でもイラク楽持つことができる重量かと。重くはないと思います。あの、僧侶はもしかしたら、四十肩だったりしたのかも。でも、重要な宗教行事ですから、もっと威儀を正してほしいものですね。

> 鷺草の伝説、知りたいです~!!

奥沢城の城主・大平出羽ノ守の愛娘・常盤姫が、世田谷城の7代目城主・吉良頼康公に10人目の側室として選ばれ寵愛を受け子供を宿した。このことを嫉妬した頼康公の他の9人の側室達の計略で、常盤姫は無実の罪を頼康公に咎められ、最期は上馬の地で追手に捕らえられ自害した。世田谷城から追われる前に、常盤姫は大平出羽ノ守に助けを求める手紙を白鷺の足に付け託したが、折からの雨に濡れた足の手紙が重くなり白鷺は奥沢城近くで力尽き息絶えた。白鷺の亡骸は付近の村人によって発見され丁寧に葬られた。あくる年の夏に、その白鷺を埋めた場所に美しい花が一斉に咲き、それは白鷺の舞い立つ姿にそっくりな花であった。人々は、常盤姫の運命を偲んでこの花を鷺草と名付けた。

2018/12/17 (Mon) 20:25
AzTak

AzTak  

Re: こんにちは!

> こんにちは、AzTakさん!

makiraさん、こんばんは。

> ご本尊をはじめ多くの仏像や内部を
> 余すところなく公開しているのでしょうか?
> さすが九品仏浄真寺、太っ腹ですね~♪

余すところなく公開しているか否かは、私にはわかりません。ですが、珂碩上人の作った像を始めとして、ズラズラと並ぶさまは壮観です。写真撮影も、内陣に入らない限りOKです。

> お面かぶりの様子は以前にアップしたときに
> 見させて頂きましたが、次は2020年なんですね!

そうなんです。昨年のときは、失念してしまいました。

2018/12/17 (Mon) 20:29
AzTak

AzTak  

Re: こんにちは!

MTさん、こんばんは。

> このお面かぶりの画像も思い出しました!
> 再来年の春に拝めるのですね。どのくらいのお客さんが集まるのでしょうか。珍しいイベントだけに今からとても楽しみですね。きっとというより、絶対に生きているに違いないですよ〜。

本来は旧盆に行う行事だったのですが、あのお面をかぶるので、暑くならないゴールデンウィークの時期に変更したそうです。
かなり広い境内が人で埋まります。結構な数の方がお見えになってるんだと思います。
でも、写真撮影は望遠で少し遠目から撮っても良いし、近くから見上げるように撮っても良さそうです。
一見の価値ありだと思います。

2018/12/17 (Mon) 20:36
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> 今晩は

x都人xさん、こんばんは。

> 法然上人の優しいお顔に
> 心が穏やかな気持ちになれますねー

人徳がお顔に現れているような感じですね。

> 俺も何時もこの様な
> 顔をしてたいですねー^^

もう既に半分くらいは、そうなっているのでは。後は、これから徳を積んで、完成させていおくものでしょうかね。

2018/12/17 (Mon) 20:41
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 鷺草の伝説~??

こちらではかなり有名な話です。

> 秋のお終いの頃、近くの従弟からサギソウの鉢を頂きました。
> 冬を越すべく準備しましたが、はたしてどうなる事やら。

昔は、此のお寺の境内に大きな鷺草園があったんです。いまは、小さな池の僅かに咲くくらいしか残っていませんが。
鷺草は、私の好きな花さんです。大事にしてくださいね。

2018/12/17 (Mon) 20:45

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/12/17 (Mon) 21:51
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

Mさん、こんばんは。

浄真寺の紅葉はたしかにきれいですねえ。もう少し綺麗な分を最後に出そうと思っていて、普通の紅葉の様子を先に出しました。
日当たりの良いところで、風も通り、発色が良いところが、おひさまにキラキラ輝いていました。

お面かぶりは3年に一度の宗教行事で、昨年行われました。なので、次回は再来年の5月5日になります。前回は昨年だったのですが、ついうっかりして忘れてしまいました。少しボケてきたのかもしれません。

2018/12/17 (Mon) 22:53

鏡花水月  

AzTak様、こんばんは!
仏像の見方もさっぱり分からないのですがいろいろありますね。

『お面かぶり』が劇なのは面白いですね。
古代ローマ時代の演劇も仮面をつけることで成り立っていたらしいです。
古代ローマと九品仏が似ているというか…人間の持つ特性は古代も現代も変わらない一面なのかなと興味深く思いました。

前エントリーでいただいた自由ヶ丘駅の旧名もエピソードも面白いですね。
旧名称でも今ほど繁盛したかしら?
ネーミングセンスって大切ですね。

2018/12/18 (Tue) 23:40
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTak様、こんばんは!

鏡花水月さん、こんばんは。

> 仏像の見方もさっぱり分からないのですがいろいろありますね。

私もよくわかりませんが、易しいお顔の仏像を見るのが好きで得す。

> 『お面かぶり』が劇なのは面白いですね。
> 古代ローマ時代の演劇も仮面をつけることで成り立っていたらしいです。
> 古代ローマと九品仏が似ているというか…人間の持つ特性は古代も現代も変わらない一面なのかなと興味深く思いました。

すごい。深い洞察に恐れ入りました。

> 前エントリーでいただいた自由ヶ丘駅の旧名もエピソードも面白いですね。
> 旧名称でも今ほど繁盛したかしら?
> ネーミングセンスって大切ですね。

そうですね。私にはそういうセンスが全くありません。文句を行って、五島慶太翁に睨まれたかもしれません。

2018/12/19 (Wed) 22:23

Leave a reply