秩父夜祭(8) - 秩父夜祭_2018_Dec
FC2ブログ

秩父夜祭(8)

下郷笠鉾(1)
中近笠鉾が方向転換を終えて、御旅所に向かっていったのは19:24だった。次に登場したのは、下郷笠鉾で、19:37だった。この間、約十数分。じっと待っている身には辛い。寒さが募るし、トイレに行くと、留守の間に次が来てしまいそうな気がする。電車の運行図のようなものが公開されているから、それを入手しておけばよかったのだが、今更後悔しても始まらない。
大きな傘鉾が入ってきた
威風堂々とはこのことだ
大きな傘鉾が入ってきた_1
大きな傘鉾が入ってきた_2
大きな傘鉾が入ってきた_3
微妙なところで停止した
電柱、交通標識、信号などが邪魔をする最悪の位置。構図を決めるのに困ってしまう。傘鉾が大型のため、あの位置に停止するしかないのだろう。
微妙なところで停止した_1
微妙なところで停止した_2
微妙なところで停止した_3
微妙なところで停止した_4
曳き手は先に進行方向に移動して待機している
微妙なところで停止した_5
梃子棒が取り出された
これからギリ棒を入れるために傘鉾が傾けられる
梃子棒が取り出された_1
梃子棒が取り出された_2
梃子棒はかなり長い。総重量20tを傾かせるのだから、当然かも知れない。
梃子棒が取り出された_3
これからの作業をじっと見つめる
梃子棒が取り出された_4
梃子棒が取り出された_5
梃子棒が取り出された_6
梃子棒が取り出された_7
少し傘鉾が傾き始めた
梃子棒の位置が不揃いなのが気になる。大丈夫なのだろうか?と思ったら、同じ位置に修正したようだ。
少し傘鉾が傾き始めた_1
少し傘鉾が傾き始めた_2
少し傘鉾が傾き始めた_3
もう一段傾ける
あの綱にぶら下がるのだ。でも少しずつなのだ。持ち上がった高さに楔を置き、支点を前にして、持ち上げるのかな?
もう一段傾ける_1
もう一段傾ける_2
もう一段傾ける_3
もう一段傾ける_4
もう一段傾ける_5
もう一段傾ける_6
それからも頑張る
最終的にはかなりの傾きに
それからも頑張る_1
それからも頑張る_2
それからも頑張る_3
それからも頑張る_4
それからも頑張る_5
それからも頑張る_6
それからも頑張る_7

下郷(したごう)笠鉾は秩父地方最大の笠鉾で、二重の屋形に白木造りが特徴。笠鉾ですので正式な形はこの上に三層の笠がつき、高さは15.5メートル、建物の高さで約4階建てになる。しかし、大正3年(1914)の電線架設によって正式の形で曳くことができなくなり、中近笠鉾と同様に笠を取り外した状態で曳かれている。屋型のみで約7メートル。重さは約20トン。下郷地区6町会で運営されている。神社から御旅所への屋台・笠鉾行列時には2番目に曳行される。
 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
下郷地区(金室町、永田町、柳田町、阿保町、大畑町、滝の上町)の6町会が所有する山車。以前は桜木町も含み下郷七村といわれた。鉾をつけると高さ約16メートルになり関東地区では最大の山車である。現在のものは電線の高架によって屋形をつけたもので3代目の笠鉾である。屋形をつける際に笠鉾の部品も散逸してしまい笠鉾の部分も含めほぼ新造建築に近い。白木作りの屋形が特徴であるが、本来は朱塗りの屋形になるはずであった。天道・波形石台・万灯に3層の花笠をもち総重量は20トンともいわれている、他の山車とくらべて漆塗りや彩色をしていないが、二段屋根等で組木が多い。

秩父祭笠鉾特別公開 下郷笠鉾組立て(1日目)のページへjump
秩父祭笠鉾特別公開 下郷笠鉾組立て(2日目)のページへjump
10月6日の組立ての様子のページへjump
秩父祭笠鉾特別曳行 10月7日昼の様子のページへjump

AzTak
Posted by AzTak
投稿 2018年12月15日
最終更新 2018年12月15日

14 Comments

There are no comments yet.

kaz  

おはようございます!

皆さん見物客は、完全防寒具ですね!寒いとトイレが近くなります。
PS:どうですか?肩の痛みは・・・。テレビでたけしの家庭の医学で、症状別で病院外来を紹介されています。そういうなんも頼られてもいいんじゃないでしょうか?

昨日、大阪まで往復1900円の運賃払って、スノーブーツを買いに行ったのですが、少し小さいのを買ってしまってまた、1900円払って返品に行かないといけません。北海道は、-5以下で、船の上で早朝じ~として撮影ですから、完全防備しないといけないらしい。

2018/12/15 (Sat) 08:18

りおん  

本当に、この狭そうな障害物だらけの場所で
よくこのような作業ができるものだと
感心してしまいます~@@
傾け方も微妙な加減があるのでしょうね。
見ている方も、はらはらしそう~^^;
花火がいい感じに上がっているだけに
電柱や信号機が、残念ですね~^^;

2018/12/15 (Sat) 11:09

のんびり熊  

こんにちは
下郷笠鉾、大きさ、造り共に素晴らしいですね。
地域の誇り、心意気は誠に見事です!!
電線が無ければと、つい思ってしまいます。

2018/12/15 (Sat) 12:52

x都人x  

今晩は
障害物をプロのテクニックで
進んでいくってのも見どころの
一つで、、花火が花を添えてますね^^

2018/12/15 (Sat) 16:52

MT  

こんばんは!

20トンですか・・・。それは回転も大変そうです。
一番の見どころをいつもしっかりと捉えようとなされるAzTakさんの執念には脱帽です。本当に寒い中、お疲れ様です。^^

2018/12/15 (Sat) 17:49
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます!

kazさん、こんばんは。

> 皆さん見物客は、完全防寒具ですね!寒いとトイレが近くなります。

私も、上半身はかなり着込んでいったのですが、下半身は、ちょっと足りませんでした。
靴下を二重に履くとか、オーバー・パンツを履くとかすべきでした。

> PS:どうですか?肩の痛みは・・・。テレビでたけしの家庭の医学で、症状別で病院外来を紹介されています。そういうなんも頼られてもいいんじゃないでしょうか?

整形外科の窓口は、私より遥かに年上の患者でごった返しています。手術をしない場合は、いわゆる保存療法ですから、傷みさえ我慢すれば、自分でも何とかできてしまいます。とは言うもののかなり痛いです。
今日は久しぶりにカメラを持ったのですが、縦構図のときは、かなり痛い感じです。

> 昨日、大阪まで往復1900円の運賃払って、スノーブーツを買いに行ったのですが、少し小さいのを買ってしまってまた、1900円払って返品に行かないといけません。北海道は、-5以下で、船の上で早朝じ~として撮影ですから、完全防備しないといけないらしい。

靴下も厚手のものを二重にしたりするようです。靴屋さんの行くときに、厚手の靴下を2足持参して、感触を確かめたほうがよろしいのでは。

2018/12/15 (Sat) 19:39
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

りおんさん、こんばんは。

> 本当に、この狭そうな障害物だらけの場所で
> よくこのような作業ができるものだと
> 感心してしまいます~@@

本当ですよねえ。あの道の狭い京都でも、祇園祭のコースだけは、かなりの道幅と広い歩道とがあり、無電柱化が図られています。それに比して、秩父は道が片道1車線ですし、歩道があると言い難いくらいだし、電線などがごちゃごちゃしているし、露店まで出張っていますから、たいへんなことは此の上ありません。
そこで泣き言を言わないのが、秩父人らしいです。

> 傾け方も微妙な加減があるのでしょうね。
> 見ている方も、はらはらしそう~^^;

見ている人たちから、期せずして大きなどよめき声が上がります。

> 花火がいい感じに上がっているだけに
> 電柱や信号機が、残念ですね~^^;

本当に。誰かスーパーマンが市長になりませんかねえ。

2018/12/15 (Sat) 20:05
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 下郷笠鉾、大きさ、造り共に素晴らしいですね。
> 地域の誇り、心意気は誠に見事です!!

そうですね。

> 電線が無ければと、つい思ってしまいます。

送電線は、東電の別会社が運営していて、電気事業者から、手数料を徴収する仕組みになっているはずです。なので、東電だけが背負い込む負荷ではなく、地元自治体からの強い要請があれば、応じるはずなんですが。

2018/12/15 (Sat) 20:08
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> 今晩は

x都人xさん、こんばんは。

> 障害物をプロのテクニックで
> 進んでいくってのも見どころの
> 一つで、、花火が花を添えてますね^^

そうですね。最後の最後がきついんです。秩父線の架線は、電鉄の関係者が取り外します。その先の団子坂が極めて厳しい勾配なんです。短い距離なんですが、時間がかかります。かなりの時間格闘して、やっと引き上げる感じです。
御旅所の特別観覧席からは、団子坂の半分くらいまで上がってこないと見えません。上に上がっても、かなり会場が暗く、距離もそれなりにあります。なので、大口径の明るいレンズと暗さに強い高性能のカメラがないとどうにもなりません。私は、そこでの観覧は諦めています。

2018/12/15 (Sat) 20:16
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは!

MTさん、こんばんは。

> 20トンですか・・・。それは回転も大変そうです。

回転が一番大変だと思います。引き上げるのは、最後の団子坂の急勾配だけですね。その他は、車がありますから、それほどでもないと思います。
御柱に出て2日間、曳いたときは辛かったです。出発順で3日間が多いんです。それからすると、まあまあ楽なのかもしれません。

> 一番の見どころをいつもしっかりと捉えようとなされるAzTakさんの執念には脱帽です。本当に寒い中、お疲れ様です。^^

いまごろになってあちこちに来ています。明日から、少し別な記事を挟みます。

2018/12/15 (Sat) 20:21

鏡花水月  

AzTak様、こんばんは!
20トンの重量感が想像もつきませんが、作業がものすごいということだけは分かります。
寒いさなかで山車の間隔が開くので、花火で飽きないように間をつないでいるのかなと思いました。

2018/12/16 (Sun) 20:39

senri32  

私は夜の外出は絶対にいたしません。理由?体にいいことはひとつもないと思っているからです。夜は寝る。それが基本だと思ってます。まだ60過ぎたばかですが、夜の外出は体にこたえます。

2018/12/16 (Sun) 21:43
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTak様、こんばんは!

鏡花水月さん、こんばんは。

> 20トンの重量感が想像もつきませんが、作業がものすごいということだけは分かります。

大型ダンプの土砂を満載したくらいの重量という感じでしょうか。極めて重たいものなんだと思います。それでも、人間の英知は、何とか料理してしまうものなんですねえ。大した知恵だと思います。

> 寒いさなかで山車の間隔が開くので、花火で飽きないように間をつないでいるのかなと思いました。

花火は、主に御旅所で見ている人へのサービスなんでしょう。私達の席からは、半分くらいが見えて、ラッキーという感じでした。御旅所では、全く傘鉾も屋台も来ない時間が長く続きますから。もっと寒くて辛いんです。此の後、2回方向転換し、団子坂の急勾配を上ってからが見えだすときですから。

2018/12/16 (Sun) 21:47
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

senri32さん、こんばんは。

> 私は夜の外出は絶対にいたしません。理由?体にいいことはひとつもないと思っているからです。夜は寝る。それが基本だと思ってます。まだ60過ぎたばかですが、夜の外出は体にこたえます。

そのほうがよろしいでしょうね。ですが、夜祭だけは、夜でなければ見られないので、仕方ありません。
以前、ボランティアでボケかけた老人が生きていくためのお手伝いをしていたことがありました。だんだん、手伝いを受ける方に近くなってきたかなって、感じるこの頃です。

2018/12/16 (Sun) 21:51

Leave a reply