秩父夜祭(5) - 秩父夜祭_2018_Dec
FC2ブログ

秩父夜祭(5)

中近笠鉾(1)
中近笠鉾が漸く姿を表したのは、19:13頃。上町屋台が出陣していったのは、17:10すぎだった。18:30に御神幸行列が通過したものの、よく見えないから感動はあまりなかった。ということで、ちょっと感動し掛けた上町屋台の出陣から2時間。ひたすら待ち続けたのだ。
初回のときに説明したが、笠鉾は、本来は非常に背が高い。その分重心が高く、ギリ回しの際に大きく傾ぐ。これが転倒しないよいうに、かなりの広範囲で綱を引く。これを混乱せずに夜祭に行えるか、ずっと検討課題のままのようだ。ということで、2012年10月の特別催行したとき以来、正装での曳行は実施できていない。


2012年10月の特別催行のときの下郷笠鉾の方向転換の様子
これをあの狭い秩父往還の人混みの中で展開できるかが大きな課題になっているのだ。
2012年10月の特別催行のときの下郷笠鉾の方向転換の様子_1
四方に展開している抑え綱。これが正装時の特徴の一つだ。
2012年10月の特別催行のときの下郷笠鉾の方向転換の様子_2
傍で見ていると、傘鉾が転倒しそうに感じてしまう。お気楽な私でさえそう思うくらいだから、上方の人は、本当に怖さを実感するのだろう。
2012年10月の特別催行のときの下郷笠鉾の方向転換の様子\3

秩父祭笠鉾特別公開 中近笠鉾組立てのページへjump

今年の方向転換の様子
ということで、今年も略装での曳行だ。正装時のほぼ半分ほどの高さかと思うが、それでもなお、威風堂々としたものだ。
交差点に進入してきた
交差点に進入してきた_1
交差点に進入してきた_2
交差点に進入してきた_3
交差点に進入してきた_4
交差点に進入してきた_5
交差点に進入してきた_6
交差点に進入してきた_7
交差点に進入してきた_8
交差点に進入してきた_9
交差点に進入してきた_10
交差点に進入してきた_11
交差点に進入してきた_12
方向転換に入る
梃子棒と支点となる頑丈な台とが用意される
方向転換に入る_1
方向転換に入る_2
まずはギリ棒を重心がかかる位置にセットする。それが可能になるまで屋台や傘鉾を傾けるのだ。
方向転換に入る_3
漸く花火も本格的に打ち上げられるようになってきた。祭りのムードがいやがうえにも高まっていく。
方向転換に入る_4
方向転換に入る_6
方向転換に入る_7
祇園祭を見慣れている人には、お囃子方がいったいどこにいるのかと思うことだろう。音は下の方から聞こえてくるが、少し抑えめの音量になった。細かい指示を聞き逃したりしないようにしているのだろう。
方向転換に入る_8
力点となる梃子棒の端は、かなり高い位置になる。そこまでは届かないので、知恵を出した。棒から垂らした綱に飛びつき重みを掛けるのだ。
方向転換に入る_10
方向転換に入る_11
方向転換に入る_12
ソロリソロリと傾けていく。それでも、観客からは大きなどよめきが起こる。
方向転換に入る_13
方向転換に入る_14
方向転換に入る_15
方向転換に入る_16
方向転換に入る_17
傾きがよく分かる感じになってきた。もう少し傾けるのだが、慎重に行う必要がある。
方向転換に入る_18
方向転換に入る_19
ここまで傾けば、ほとんどすべての人が傾いていると感じることだろう。『もういいか?』『もうちょっと』『まだ足らないか?』『うん、もう少し』というようなやり取りが行われているのだろう。
方向転換に入る_20
方向転換に入る_21
方向転換に入る_22
-22
方向転換に入る_23
方向転換に入る_24
方向転換に入る_25

中村町・近戸町の2町会が管理する笠鉾。御神幸祭の際に最初に曳行する(そのため、山車を引く際の運行組織は一番組の名称がつけられている)。秩父夜祭の中では一番古い歴史をもつ山車で、初代は屋台・2代目は笠鉾であった。現在の屋台笠鉾形式ものは3代目である。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2018年12月10日
最終更新 2018年12月10日

14 Comments

There are no comments yet.

りおん  

ものすご~く大きいのですね~@@
正装時の豪華さ、素晴らしいですが
こんなに大きいとは@@
動かすだけでも、大変なのに
向きを変えるとは~!!(゚ロ゚屮)屮

花火をバックに、キレイですね~!!
これを今年で撮影終了になさるのは
もったいない気もいたしますが・・・

2018/12/10 (Mon) 08:34

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/12/10 (Mon) 17:04

x都人x  

今晩は
う~こんな大きいものを方向転換と
成ると、こんなにも傾けないといけないのですねー

手に力が入ってきますね^^

2018/12/10 (Mon) 17:51

MT  

こんばんは!

花火、屋台、花火の音と掛け声、いいですね~。できれば夏か秋にやって欲しいものですが、何故なのでしょうかね。調べて見たら、面白い説もあるようでした。^^

2018/12/10 (Mon) 18:31
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

りおんさん、こんばんは。

> ものすご~く大きいのですね~@@
> 正装時の豪華さ、素晴らしいですが
> こんなに大きいとは@@
> 動かすだけでも、大変なのに
> 向きを変えるとは~!!(゚ロ゚屮)屮

大変だと思います。傍から見ていてもよくわかります。
キリンに載せておこなう上町屋台のやり方のほうが、楽で安全なのでしょうが、ほかは、そういう楽なやり方に流れようとしません。秩父の人たちの矜持があるのでしょうかね。

> 花火をバックに、キレイですね~!!
> これを今年で撮影終了になさるのは
> もったいない気もいたしますが・・・

毎年、此のあと、風邪を引き込んで大変なんです。着ぶくれしていくのですが、…。
若い人が新しいカメラとレンズと腕前とで、きれいに撮って見せてくれないものかと、軟弱なことを考えています。

2018/12/10 (Mon) 20:28
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

Mさん、こんばんは。
鼻炎は何とか治りそうです。ありがとうございます。

そのかわりといっては何ですが、右肩の腱板断裂を起こしてしまったようで、かなり痛くて困っています。ご重症だと手術なんでしょうが、感じとしては部分的なもののようです。
手術どころか整形外科にもかからずに自然治癒を目指しています。暫くは泣いて暮らすことになるかもしれません。

秩父夜祭は、あまりの人での多さに仮設トイレが間に合わないのが現状でしょう。レストランのようなところがいくつかありますから、たっぷりそこで時間を費やして、出掛けにトイレに行くようにしたらいかがでしょうか。
私は頻尿の薬を処方してもらっているのですが、持参し忘れて、仕方なく、花摘みに行きました。

2018/12/10 (Mon) 20:39
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> 今晩は

x都人xさん、こんばんは。

> う~こんな大きいものを方向転換と
> 成ると、こんなにも傾けないといけないのですねー
>
> 手に力が入ってきますね^^

巨大なアレ(ギリ棒)を屋台や傘鉾の重心がかかる部分に嵌めるんです。今の画はその最中の様子です。
無事ハマったら、屈強な男たちが屋台や傘鉾の周りに張り付き、水平を取りながら、新たな方向に向けるのです。
オーケイが出たら、もう一度、ギリ棒を外すために傾けます。
20トンの重みに耐えるギリ棒って、どれだけ頑丈なんでしょうね。

2018/12/10 (Mon) 20:47
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは!

MTさん、こんばんは。

> 花火、屋台、花火の音と掛け声、いいですね~。できれば夏か秋にやって欲しいものですが、何故なのでしょうかね。調べて見たら、面白い説もあるようでした。^^

絹の市が終わった後というのが大きな理由だと聞いています。秩父流の収穫祭なんだと思います。
今回は行きませんでしたが、秩父神社の彫刻は見事なんですよ。東照宮のお手本ですから。というのは、家康が作り直させたのが秩父神社の社屋で、東照宮を造影するにあたっては、本人に意向を確認することができなかったんです。それで、秩父神社に行き、一生懸命、勉強したようです。
神社前の番場通りもレトロな建物が所々に残り、一見の価値ありです。

2018/12/10 (Mon) 20:54

senri32  

詐欺まがいのブログにはご注意を。

2018/12/10 (Mon) 22:55
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

senri32さん、こんばんは。

> 詐欺まがいのブログにはご注意を。

何かありましたか。世の中には、良からぬことを企む天才的に悪知恵が働く輩が居ます。おかしいと思ったら、相手にしないことが一番です。

2018/12/10 (Mon) 22:59

makira  

こんばんは!

こんばんは、AzTakさん!
笠鉾の正装姿は桜の造花のベールを被っているんですね!
規模がぜんぜん比較にならないとは思いますが
池上本門寺のお会式を思い出しました♪
方向転換も一苦労だと思いますが
私は信号機にぶつからないかとハラハラです 笑)

2018/12/10 (Mon) 23:15

鏡花水月  

AzTak様、こんばんは!
正装の画像をありがとうございます。
略装との違いがよく分かります。
夜祭りの山車の練り歩く道幅や高さがやっぱり正装時の大きさと釣り合わないのですね。
花火もキレイで2時間待ちの気合いの入った撮影ですね。

2018/12/10 (Mon) 23:22
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは!

> こんばんは、AzTakさん!

makiraさん、こんばんは。

> 笠鉾の正装姿は桜の造花のベールを被っているんですね!
> 規模がぜんぜん比較にならないとは思いますが
> 池上本門寺のお会式を思い出しました♪

そうですね。あの花飾りを巨大にしたような飾りが下がっています。

> 方向転換も一苦労だと思いますが
> 私は信号機にぶつからないかとハラハラです 笑)

あっちこっちにぶつかりそうで、ハラハラ・ドキドキしながら見ることになります。交通規制のゆるい、日中の市内曳行時に、屋台や傘鉾について回るのも面白いですよ。

2018/12/11 (Tue) 21:55
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTak様、こんばんは!

鏡花水月さん、こんばんは。

> 正装の画像をありがとうございます。
> 略装との違いがよく分かります。

だからどうってわけじゃないのですが、清掃した姿を知らない人ばかりのようで、非常に残念なんです。

> 夜祭りの山車の練り歩く道幅や高さがやっぱり正装時の大きさと釣り合わないのですね。

特別曳行のときも夜に曳いたんですよ。ですから、やってやれないことはないと思うんですが、問区別曳行のときと、夜祭本番のときとではお客さんの数が段違いです。そこでもやれるのかということになると、未だ踏み切れないものがあるようです。

> 花火もキレイで2時間待ちの気合いの入った撮影ですね。

いやぁ、こればかりは、機材の良し悪しに比例する感じでしょう。金もないのに、もう少しグレードの高い機材があればと思いました。

2018/12/11 (Tue) 22:01

Leave a reply