那須一泊旅行(1) - 那須一泊旅行_2018_Nov
FC2ブログ

那須一泊旅行(1)

人生の仕上げになるかもしれないと、2018年は個人の旅行を多めに計画した。が、体調はやや持ち直し、こんなに焦って旅行に行かなくてもよかったのにと思うようになった。オーバーペースだと反省しているところへ、以前から計画があった小団体の旅行があったのを忘れていた。それが今回の那須一泊旅行だった。
何度も行っている那須にまた行くのは本音を言えば、気が進まなかった。いやいやながら参加したのだったが、幹事の企画がよかったようで、思いのほか楽しむことができた。

今回の小旅行のダイジェスト
茶臼岳と朝日岳
以前からよくわからなかったのだが、『那須岳』というのは『茶臼岳』の別称のようだ。そうだったのか。
茶臼岳と朝日岳_1
茶臼岳と朝日岳_2
藤城清治美術館
影絵の第一人者の個人美術館。メインの作品は素晴らしいものばかり。当然撮影禁止なので、その分の画像は一切ない。
藤城清治美術館_1
藤城清治美術館_2
藤城清治美術館_3
藤城清治美術館_4
藤城清治美術館_5
藤城清治美術館_6
藤城清治美術館_7
千本松牧場
萬歳閣-松方別邸が残るほか、見どころが多かった。また、ちょうど紅葉の盛りで、十分楽しむことができた。
千本松牧場_1
千本松牧場_2
千本松牧場_3
千本松牧場_4
千本松牧場_5
千本松牧場_6
千本松牧場_7
千本松牧場_8
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2018年11月29日
最終更新 2018年11月29日

18 Comments

There are no comments yet.

MT  

おはようございます

旅はできるときにしておくべきだと私も思っています。今まで、何をするでもなく家でゴロゴロしていた日々が後悔されています・・・。
藤城清治美術館を訪ねられたのですね!小学生の頃にNHK教育TVで藤城清治の影絵を何度となく見たのですが、都度、何とも言えない世界観に魅了されていました。メルヘン、夕暮れ時、魔物を見るような恐怖感などなど、いろんな思いが頭の中に湧いて出ていました。大人になって見れば、その芸術性の高さや独創性、きめ細やかな感性には感心をするしかありません。

2018/11/29 (Thu) 08:27

unknown  

こんにちは、すっかりご無沙汰いたしております。
相変わらずお元気でご活躍のようで何よりです。
那須旅行楽しい旅となりよかったですね。
写真を拝見して、私も旅をしたような気分になりました。
那須の茶臼岳美しく輝いて、とても綺麗な山ですね。
千本松牧場の紅葉はとても美しく、乗馬も出来て楽しそうです。
藤城清治さんの影絵は一度東京で見たことがありますが、
素敵な影絵ばかりで、うっとりとして眺めだ記憶がよみがえってきました。
美術館には一段素晴らしい影絵が展示してあるのでしょうね。

2018/11/29 (Thu) 16:02

りおん  

よくご旅行に行かれる方だなあ~と思っておりましたが
そのような理由があったのですね^^;
どちらへお出かけになられても、知識が豊富でいらっしゃるから
わたしなどはすごく勉強になります^^
いろいろなところを、これからもぜひぜひ
レポートしていただきたいです~^^

影絵、かわいいですね~^^
美術館、撮影OKエリアもあればいいのに~!
ステンドグラスもステキです~!!

乗馬シーンがステキですね~!!

2018/11/29 (Thu) 16:33

ぴあの  

こんにちは

旅は行かれる時に行っておいた方がいいわ
我が家の旦那は「何時でも行かれる」
そう言っていたけれど人格るち心も変わり行きたくなくなる

行かれる時が一番だと気が付いた2018年でしたね。

2018/11/29 (Thu) 16:55

x都人x  

今晩は
元気な間に旅行とか出来ることはしたいですよねー

気が進まなかったかもしれないですが
ステンドグラスも見応えもあり、、
何より紅葉が綺麗で良かったですね^^

2018/11/29 (Thu) 17:46

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/29 (Thu) 18:06

ふくみみ  

こんばんは(^^)

行きたい所には、行けるときに行こうと、思い始めた今日この頃です。
AzTakさんの思いも分かる気がします。
あまりお疲れにならない程度に(^^)

那須と言えば茶臼岳!
そして秋は紅葉!
写真もとても美しいですね。
藤城清治さんの影絵、ほのぼのと可愛らしいですよね。
ゆっくり見られたようで、羨ましいです。

さて、AzTakさんの継の旅は、、、(^^)

2018/11/29 (Thu) 19:00

のんびり熊  

こんばんは
人生の仕上げ、にしてはこの先が長くなりそうですね。
あんまり長くなると、途中下車したくなりますよ~~
北関東は行ったこと無いですねえ。
通り越して福島は数回行きましたよ。
いつも楽しかったです。

2018/11/29 (Thu) 19:20
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます

MTさん、こんばんは。

> 旅はできるときにしておくべきだと私も思っています。今まで、何をするでもなく家でゴロゴロしていた日々が後悔されています・・・。

そうですね。『膵臓が悪い』と言われて、膵臓癌か膵炎かと考えたら、生きていたとしても旅には出られないかもと思いました。
考えられる中で一番軽い『慢性膵炎』で、14ヶ月かけて少し回復気味にまで戻したようです。
そうすると、ただの遊び好きの爺さんになりそうです。来年は少し控えめに行きます。

> 藤城清治美術館を訪ねられたのですね!小学生の頃にNHK教育TVで藤城清治の影絵を何度となく見たのですが、都度、何とも言えない世界観に魅了されていました。メルヘン、夕暮れ時、魔物を見るような恐怖感などなど、いろんな思いが頭の中に湧いて出ていました。大人になって見れば、その芸術性の高さや独創性、きめ細やかな感性には感心をするしかありません。

素晴らしかったです。残念ながら作品は撮影禁止の扱いで、取り上げることはできません。その中で、東北大震災と大津波の被害を受けた様子をも作品にしていました。何でも作品に取り込むバイタリティ、感性の素晴らしさには驚かされました。
近所のおじいさんは、頑張るものです。

2018/11/29 (Thu) 19:55
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは、すっかりご無沙汰いたしております。

お名前が抜けていますが、花さか爺サン様ですよね。こんばんは。

> 相変わらずお元気でご活躍のようで何よりです。
> 那須旅行楽しい旅となりよかったですね。

以前は、那須にも会社の保養所があり、子どもたちを連れてよく行きました。
その保養所が廃止されてからは、少し足が遠のきました。殆ど言ったことがあるところばかりかなと思っていたのですが、行ったことがないところが残っていて、しかも、いい感じで楽しめました。

> 写真を拝見して、私も旅をしたような気分になりました。
> 那須の茶臼岳美しく輝いて、とても綺麗な山ですね。

下から見ると、駆け足で登ってしまえそうな感じがしましたが、そんな甘いものではないのは当然ですね。ホテルからは残念ながら、噴煙は見えませんでした。

> 千本松牧場の紅葉はとても美しく、乗馬も出来て楽しそうです。

いつもの年ならば、紅葉シーズンはとっくに終了かと思っていたのですが、奇跡的に紅葉に間に合いました。
乗馬の人たちはノーブルに見えました。

> 藤城清治さんの影絵は一度東京で見たことがありますが、
> 素敵な影絵ばかりで、うっとりとして眺めだ記憶がよみがえってきました。
> 美術館には一段素晴らしい影絵が展示してあるのでしょうね。

ご近所のおじいさん先生ですが、素晴らしい才能の持ち主です。那須に行った甲斐があると思いました。

2018/11/29 (Thu) 20:08
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

りおんさん、こんばんは。

> よくご旅行に行かれる方だなあ~と思っておりましたが
> そのような理由があったのですね^^;

以前は、引きこもり気味の傾向がありました。膵臓が良くないようだと言うことで焦りました。14ヶ月ほど節制して、やっと検査の値が上限の1.5倍位まで落ちました。まあ、仮免状態かもしれませんが、それまでは悪くなる一方だったので、内心は気が気じゃなかったのです。
来年からは、旅行に関しては、通常ペースに戻すと思います。

> どちらへお出かけになられても、知識が豊富でいらっしゃるから
> わたしなどはすごく勉強になります^^
> いろいろなところを、これからもぜひぜひ
> レポートしていただきたいです~^^

詳しいわけじゃなく、たんなり知りたがりなだけです。

> 影絵、かわいいですね~^^
> 美術館、撮影OKエリアもあればいいのに~!
> ステンドグラスもステキです~!!

1枚だけでいいから、撮影OKの扱いがあると嬉しかったのですが、残念ながら、そういう扱いにはなっていませんでした。

> 乗馬シーンがステキですね~!!

ノーブルに映りますね。
早く、馬事公苑が再開されないかと首を長くして待っています。写真で何を撮りたいかと聞かれたら、障害飛越競技を撮りたいんです。あの競技は、ハラハラ・ドキドキの面白い競技です。

2018/11/29 (Thu) 20:22
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは

ぴあのさん、こんばんは。

> 旅は行かれる時に行っておいた方がいいわ
> 我が家の旦那は「何時でも行かれる」
> そう言っていたけれど人格るち心も変わり行きたくなくなる
>
> 行かれる時が一番だと気が付いた2018年でしたね。

今年は、病気のことが気になって焦ってダボハゼのように行きました。それでいささか疲れました。来年は、行き先を厳選して、のんびり楽しみたいと思います。

2018/11/29 (Thu) 20:26
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> 今晩は

x都人xさん、こんばんは。

> 元気な間に旅行とか出来ることはしたいですよねー
>
> 気が進まなかったかもしれないですが
> ステンドグラスも見応えもあり、、
> 何より紅葉が綺麗で良かったですね^^

そうでした。行かなければ、悔いが残ったことでしょう。12月直前に那須塩原で紅葉が楽しめるとは、思ってもいないことでした。今年はなんという異常気象の年なんでしょうね。

2018/11/29 (Thu) 20:29
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

Mさん、こんばんは。
温かいお言葉ありがとうございます。話に出た秩父ですが、月曜の夜が『夜祭』ですね。これを見に行って、今年の無茶苦茶な度は終了です。教えていただいた湘南ですが、体調と母の具合とで、行くかどうか決めようと思っています。

2018/11/29 (Thu) 20:33
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは(^^)

ふくみみさん、こんばんは。

> 行きたい所には、行けるときに行こうと、思い始めた今日この頃です。
> AzTakさんの思いも分かる気がします。
> あまりお疲れにならない程度に(^^)

ありがとうございます。私もいわきに住み続けていたら、県内のあちこちに車中泊しまくっていることだろうと思います。

> 那須と言えば茶臼岳!
> そして秋は紅葉!
> 写真もとても美しいですね。

もう紅葉は終わっていると思っていました。思いがけず、楽しめて、ラッキーでした。シーズン・イン直前の京都で、予想外に早く紅葉が旬になり、空いている状態で存分に楽しんで以来のことでした。

> 藤城清治さんの影絵、ほのぼのと可愛らしいですよね。
> ゆっくり見られたようで、羨ましいです。

素晴らしいものでした。那須にお出かけの機会があれば、ぜひ、スケジュールに入れたほうがよろしいかと思います。

> さて、AzTakさんの継の旅は、、、(^^)

今年は、来週はじめの『秩父夜祭り』が最後です。来年は予定も立てていませんが、多分、ぐっとペースを落とすと思います。

2018/11/29 (Thu) 20:41
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 人生の仕上げ、にしてはこの先が長くなりそうですね。
> あんまり長くなると、途中下車したくなりますよ~~

膵臓がケチを付けましたから。本当にお陀仏かもと思いました。熊さん並みに長生きしそうです。

> 北関東は行ったこと無いですねえ。
> 通り越して福島は数回行きましたよ。
> いつも楽しかったです。

那須は高原の温泉地です。ちょっと粋な街ですよ。なんと行っても御用邸があるところですから、瀟洒なイメージが維持されますよねえ。
福島にも何回か来ていただけましたか。ありがとうございます。

2018/11/29 (Thu) 20:46

鏡花水月  

AzTak様、こんにちは!

那須はまだ行ったことがないので、ブログでプチ旅行気分を楽しませていただきました。
青の那須岳と赤の那須岳のツーショットいいですね。
切り替わる表情をいっぱい捉えたくて同じ場所に何回も行きたくなります。

藤城清治さんのステンドグラスも美しくてステキです。
影絵はステンドグラスに向いていますね。
影絵特有のぼかしはないけれど光で仕上げるところが似ているかもしれませんね。

2018/12/01 (Sat) 14:24
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTak様、こんにちは!

鏡花水月さん、こんばんは。

> 那須はまだ行ったことがないので、ブログでプチ旅行気分を楽しませていただきました。
> 青の那須岳と赤の那須岳のツーショットいいですね。
> 切り替わる表情をいっぱい捉えたくて同じ場所に何回も行きたくなります。

勤め先の保養所があり、何度か行きました。その内、賃借権が切れたのか何かの理由で保養所が廃止になり、次第に縁遠くなりました。なので、私も最近の那須・塩原の知識は殆どないんです。(^_^;)

> 藤城清治さんのステンドグラスも美しくてステキです。
> 影絵はステンドグラスに向いていますね。
> 影絵特有のぼかしはないけれど光で仕上げるところが似ているかもしれませんね。

ステンドグラスはあくまでも先生の余技なんでしょうかねえ。撮影ができなかった本館に多数展示されていた影絵はそれはそれは見事でした。ああいうジャンルは他ではあまり手がけていらっしゃる方が居なさそうです。御年90歳を超えても矍鑠とし、新作を世に問うているのはすごいことです。
東北大震災・大津波のあとの惨状を影絵にした一連の作品がありました。忘れたいと思っているのですが、忘れちゃいけないのでしょうね。

2018/12/01 (Sat) 21:51

Leave a reply