バス1泊旅行〔金沢~白川郷~高山〕(11) - バス1泊旅行〔金沢~白川郷~高山〕_2017_Nov
FC2ブログ

バス1泊旅行〔金沢~白川郷~高山〕(11)

白川郷(2)

最初にズズッと真東(感じとして橋からまっすぐの方向)に進む。そこは明善寺[みょうぜんじ]のそば。案内図を見ると、集落の南端にあたる辺り。

本格的な合掌造りの屋並みになってきた
茅葺き屋根が生きて呼吸をしている。良い感じだなあ。
お日様はまだ東に。逆光で撮るのが難しいなあ。そのお蔭で煙が抜けていくのが良く見える。
本格的な合掌造りの屋並みになってきた_1
本格的な合掌造りの屋並みになってきた_2
いつも思うのだが、鐘楼門の屋根などは煙で燻さなくても、大丈夫なのだろうか?
屋根は見ての通り、茅葺きだが、1階に板庇をつけた珍しい建築物。亨和2年(1801)加藤定七により、延べ人数1425人を要して建てたと伝えられているそうだ。
本格的な合掌造りの屋並みになってきた_3
本格的な合掌造りの屋並みになってきた_4
本格的な合掌造りの屋並みになってきた_5
本格的な合掌造りの屋並みになってきた_5
本格的な合掌造りの屋並みになってきた_6
明善寺の本堂。普段は、内部公開の関係上、正面を開けていないようだ。
本格的な合掌造りの屋並みになってきた_7
民宿『ふるさと』の屋根からは、盛大に煙が抜けている。いい感じだなあ。
本格的な合掌造りの屋並みになってきた_8
こちらも、民宿の『きどや』。この時間は、囲炉裏に火をくべてはいないようだ。
本格的な合掌造りの屋並みになってきた_9
本格的な合掌造りの屋並みになってきた_10
先ほどの民宿『ふるさと』。角度によっては、屋根から煙が抜けている様がよくわからないかな。
本格的な合掌造りの屋並みになってきた_11
明善寺の本堂
本格的な合掌造りの屋並みになってきた_12
本格的な合掌造りの屋並みになってきた_13
本格的な合掌造りの屋並みになってきた_14
小高い所から川向こうの西側斜面を見た様子。紅葉はちょっと残念な感じかな?
本格的な合掌造りの屋並みになってきた_15
屋根を葺き替えたばかりかな?
本格的な合掌造りの屋並みになってきた_16
本格的な合掌造りの屋並みになってきた_17
本格的な合掌造りの屋並みになってきた_18
本格的な合掌造りの屋並みになってきた_19
本格的な合掌造りの屋並みになってきた_20
田舎に住んでいたころを思い出す。合掌造りではなかったものの、茅葺き屋根の家屋も若干残っていた。
本格的な合掌造りの屋並みになってきた_21
本格的な合掌造りの屋並みになってきた_22
本格的な合掌造りの屋並みになってきた_23
本格的な合掌造りの屋並みになってきた_24
本格的な合掌造りの屋並みになってきた_25
本格的な合掌造りの屋並みになってきた_26
本格的な合掌造りの屋並みになってきた_27
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2018年11月23日
最終更新 2018年11月23日

12 Comments

There are no comments yet.

りおん  

茅葺屋根は、煙にいぶされるのがいいのですね?
知らなかったです~゚。(*^▽^*)ゞ
人が住んで、囲炉裏を使わないと、屋根も傷んでしまうのですね?
屋根から抜ける煙、とっても不思議な光景です。
囲炉裏の前に座ると、とっても落ち着くんですよね~・・・
いいなあ~・・・

2018/11/23 (Fri) 00:56

kaz  

おはようございます!

煙がでているのは、見えますよ。
この煙で、屋根ももつんですよね、詳しいことはわかりませんが・・・。でも、使いながら保存も大変ですが、現代風の建物に屋根だけ、茅葺屋根がありましたがこれもね~~^どうだか? どうせ現代風にするなら、乗せただけじゃなくやめてしまえばいいと思うが・・・。

冬に民宿泊まったら、暖かいのかな? 

2018/11/23 (Fri) 06:54

MT  

おはようござます

これから深い雪に埋もれる直前の合掌造りの村ですね!
昔は不便な場所も今は高速道路がすぐ脇を通り観光地まっしぐらに違和感は感じるもののそれでも行けば写真に夢中になってしまいます。^^

2018/11/23 (Fri) 10:06

のんびり熊  

こんにちは
明善寺の鐘楼門、これ好きなんですよね。
行けばいつもこの周りをウロウロ。
写真を探したが見つからない。
どうしてかなあ
撮るのを忘れてぼ~~~~としてたんだ。

2018/11/23 (Fri) 12:54

ふくみみ  

こんばんわ

茅葺の屋根は、こうしてみると、すごく分厚いんですね。
これから、この屋根に雪が降り積もるのですねえ。
中の暮らしを想像すると、なつかしい、暖かい気持ちになります。
子供の頃、囲炉裏のある生活だったので、、(^^

若いころ、スキーの帰り道に、福島の大内宿に寄ったことがあります。
そのころはまだ観光化されていず、ライトアップもありませんでしたが、
深い雪に包まれ、物音ひとつなく、静かな静かな合掌の村でした。
ふと、そんな思い出に浸ってしまいました。(^-^;


2018/11/23 (Fri) 18:43
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

りおんさん、こんばんは。

> 茅葺屋根は、煙にいぶされるのがいいのですね?
> 知らなかったです~゚。(*^▽^*)ゞ

タール分が付着するからでしょうか、撥水効果が出てくるようです。多少茅が湿っても、それを乾かす働きもあるんだと思います。川崎の日本民家園や横浜の三渓園、東京の江戸東京たてもの園などでも、かなりの頻度で囲炉裏に火をくべています。

> 人が住んで、囲炉裏を使わないと、屋根も傷んでしまうのですね?
> 屋根から抜ける煙、とっても不思議な光景です。

煙突で排出せずに滞留させて、最後に屋根からほんわかと煙を出すようです。
一種のオンドルのようなものですから、御蚕さんを飼育したりしていたのが一般的だったようです。

> 囲炉裏の前に座ると、とっても落ち着くんですよね~・・・
> いいなあ~・・・

そうですよねえ。ですが、今の気密性の高い住宅では、ちょっと無理なんでしょうねえ。

2018/11/23 (Fri) 19:49
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます!

kazさん、こんばんは。

> 煙がでているのは、見えますよ。
> この煙で、屋根ももつんですよね、詳しいことはわかりませんが・・・。でも、使いながら保存も大変ですが、現代風の建物に屋根だけ、茅葺屋根がありましたがこれもね~~^どうだか? どうせ現代風にするなら、乗せただけじゃなくやめてしまえばいいと思うが・・・。

多少、もちが良くなるということなんでしょうね。毎日燻していたにせよ、やはり定期的に吹き替える必要はあると聞きました。

> 冬に民宿泊まったら、暖かいのかな? 

一種のオンドルのようなものですから、多少は暖かいと思います。ですが、気管支が弱い方は、どうなんでしょうね。
我々おじさん&おじいさんたちは、酒をかっ喰らって高鼾で寝るだけだから、最高かもしれません。

2018/11/23 (Fri) 19:57
AzTak

AzTak  

Re: おはようござます

MTさん、こんばんは。

> これから深い雪に埋もれる直前の合掌造りの村ですね!
> 昔は不便な場所も今は高速道路がすぐ脇を通り観光地まっしぐらに違和感は感じるもののそれでも行けば写真に夢中になってしまいます。^^

そうですねえ。昔から住んでいらっしゃる土地の長老さんには隔世の感があることなんでしょうね。
川崎の日本民家園に行くと、合掌造りの家が何件かあるのですが、土地土地によって微妙に造作が違うようです。本当に今だったら、隣くらいの感覚でも、昔は山越え谷越えてでないと行くことができなかったのでしょうね。

2018/11/23 (Fri) 20:01
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 明善寺の鐘楼門、これ好きなんですよね。
> 行けばいつもこの周りをウロウロ。
> 写真を探したが見つからない。
> どうしてかなあ
> 撮るのを忘れてぼ~~~~としてたんだ。

諏訪大社でいろいろ荘厳な建物を見ていらっしゃるから、こういう建物には、目が肥えていらっしゃるんでしょうねえ。
お寺さんの建築物も負けていないようですね。

2018/11/23 (Fri) 20:03
AzTak

AzTak  

Re: こんばんわ

ふくみみさん、こんばんは。

> 茅葺の屋根は、こうしてみると、すごく分厚いんですね。
> これから、この屋根に雪が降り積もるのですねえ。
> 中の暮らしを想像すると、なつかしい、暖かい気持ちになります。
> 子供の頃、囲炉裏のある生活だったので、、(^^

あらまあ、それは素敵ですね。私が育った家は、私が生まれた時に建てたので、茅葺きの家ではありませんでしたが、親戚の家などは茅葺きで、囲炉裏もある家が何軒か残っていました。

> 若いころ、スキーの帰り道に、福島の大内宿に寄ったことがあります。
> そのころはまだ観光化されていず、ライトアップもありませんでしたが、
> 深い雪に包まれ、物音ひとつなく、静かな静かな合掌の村でした。
> ふと、そんな思い出に浸ってしまいました。(^-^;

昔の大内宿ですか。今よりも鄙びた感じだったんでしょうね。中学校卒業までしか福島県にいなかったので、結構最近まで、存在自体を知りませんでした。(^^;

2018/11/23 (Fri) 20:10

鏡花水月  

AzTak様、こんにちは!

どっしりとして苔を含ませた茅葺き屋根は見ごたえがありますね。
それを支える建物もどっしりとしていながら趣もあります。
ステキですね。

茅葺きと燻蒸を調べてみたら、2年前の毎日新聞の記事に
ー屋根の防虫・防腐のほか、屋敷の柱やはり、縄にすすを付着させることで丈夫にする効果があるとされる。ー
とありました。
わぉ!初めて知りました。
面白いですね。
煙突ではなく、屋根から煙が上がっているくだりもこれで納得です!
興味深い文化財ミニ情報を画付きで見られて良かったです(^^)
ありがとうございました。

2018/11/24 (Sat) 13:58
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTak様、こんにちは!

鏡花水月さん、こんばんは。

> どっしりとして苔を含ませた茅葺き屋根は見ごたえがありますね。
> それを支える建物もどっしりとしていながら趣もあります。
> ステキですね。

そうですね。ですが、苔は日当たりのよくない方角によく生えてしまうようですが、茅葺き屋根を長持ちさせるためにはあまり良くないのかもしれません。こちらは、平の方角は東西で、妻の方角は南北です。北が、蚊帳が葺かれていないので、傷みのほどはまずまずだったのかと思います。


> 茅葺きと燻蒸を調べてみたら、2年前の毎日新聞の記事に
> ー屋根の防虫・防腐のほか、屋敷の柱やはり、縄にすすを付着させることで丈夫にする効果があるとされる。ー
> とありました。
> わぉ!初めて知りました。
> 面白いですね。
> 煙突ではなく、屋根から煙が上がっているくだりもこれで納得です!
> 興味深い文化財ミニ情報を画付きで見られて良かったです(^^)
> ありがとうございました。

先人たちは、工夫して長持ちさせる方法を考え出したようですね。大したものです。

2018/11/24 (Sat) 20:57

Leave a reply