バス1泊旅行〔金沢~白川郷~高山〕(5) - バス1泊旅行〔金沢~白川郷~高山〕_2017_Nov
FC2ブログ

バス1泊旅行〔金沢~白川郷~高山〕(5)

金沢(4)
兼六園(4)
瓢池と夕顔亭(2)
本当に美しい景観だ。いままで、時間がないことを理由に見逃していたのが悔やまれてならない。この景観は、フルサイズ機と相応の高級レンズとでRAWで撮りたい極上のものだ。
瓢池(ひさごいけ)
瓢箪型の池なのか。すごくきれいな池なのに、私にはその良さが引き出せない。困った下手っピイだ。
瓢池_1
瓢池_2
瓢池_3
瓢池_4
瓢池_5
瓢池_6
瓢池_7
瓢池_8
架けられている橋も粋なものだ
瓢池_9
瓢池_10
瓢池周辺はかつて蓮池庭(れんちてい)と呼ばれ、兼六園の作庭はこの辺りからはじまったと言われています。そのユニークな名前は、池のなかほどがくびれて、瓢箪(ひょうたん)のような形をしていることから名付けられたものです。池の中には不老長寿の島、神仙島をかたどった大小二つの島があります。

翠滝(みどりたき)
霞ヶ池から流れ出た池の水が、かなり大きな滝となって瓢池に落下する。殆ど自然の滝かと見まがうほどの迫力だ。
翠滝_1
翠滝_2
霞ヶ池から流れ出て、瓢池に注ぎ込む大滝。夕顔亭の対岸に懸かっています。高さ6.6m、幅1.6mで水量が豊富、滝音も大きく、目と耳を同時に楽しませてくれます。その荘厳さは他庭には見られない景観で、兼六園のなかでも最もすぐれた庭景の一つと言うことができます。

海石塔(かいせきとう)
何とも味わい深い石塔だ。しみじみ見入ってしまった。
海石塔_1
海石塔_2
瓢池の中島に建つ、高さ4.1mの塔。虫が喰ったように穴の空いた淡茶色の笠石が、六重に重ねられています。3代藩主・利常がつくらせ、金沢城の庭園にあった13層の石塔の一部を移したという説と、朝鮮出兵の際、加藤清正が持ち帰ったものを、のちに豊臣秀吉が、前田利家に贈ったという説があります。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2018年11月16日
最終更新 2018年11月16日

12 Comments

There are no comments yet.

MT  

おはようございます

瓢池のところどころ秋の色に色付く風景がなかなか素晴らしく感じます。
AzTakさんがおっしゃっるように綺麗ですが、なかなか難しい場所のように感じます。
ツアーですので訪れた時間帯の問題もあるのかも知れませんね。私も兼六園に行けばチャレンジして見たいと思います。

2018/11/16 (Fri) 07:13

りおん  

瓢池のほとんど倒れて池に浸かりそうなもみじに
心惹かれました。
幹に洞ができているのも素晴らしいですね。
古木なのかしら?

滝はこうして見ると、さほど大きくは見えないのに
6m以上もあるのですね@@
これが人工の滝だとは!

海石塔、お気に入りのようですね^^
はじめの方のお写真にも、ばっちり写っていますね^^
苔むした感じがまた、いいですね~!!

2018/11/16 (Fri) 07:47

徒然草  

こんにちは

兼六園は、国の特別名勝に指定されているあまりにも有名な日本庭園。

その昔昔・・・招待旅行で金沢に行った時に立ち寄ったのですが、
バスの中でビールを飲んだりしていましたので、出来上がってしまって・・・。
兼六園の散策はしたものの明確な記憶は忘却の彼方に・・・。

写真を見せていただいて、
そういえばこんな風な感じだったっけ、と、少し懐かしくもあります。
ありがとうございます。

今思えば、折角行ったのに勿体ない散策でした。

2018/11/16 (Fri) 10:58

makira  

こんにちは!

こんにちは、AzTakさん!
紅葉の赤、黄色が点在し、
周りの緑とのコントラストが素晴らしい瓢池ですね!
是非、フルサイズ機と相応の高級レンズでのお願いします♪

2018/11/16 (Fri) 14:13

yosaku03  

今晩は!

兼六園は残念ながら行きませんでしたが、AzTakさんの細かな説明と画像を見せて頂き行った気分になりました。
加賀百万石に相応しい池の作りと美しさは流石日本を代表する庭園だと思います。

2018/11/16 (Fri) 19:03

のんびり熊  

こんばんは
瓢亭、瓢と言えば中身が気になる。
当然の事ながら酒類。
兼六園には何回か行きましたが何れも観光バスでアルコール漬け・・・・・
どうも良く有りません。
海石塔?見たような気もするが定かではない。。。。。
面白い塔ですねえ
次回はシャンとして見なければ兼六園に失礼だ。

2018/11/16 (Fri) 19:42
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます

MTさん、こんばんは。

> 瓢池のところどころ秋の色に色付く風景がなかなか素晴らしく感じます。
> AzTakさんがおっしゃっるように綺麗ですが、なかなか難しい場所のように感じます。
> ツアーですので訪れた時間帯の問題もあるのかも知れませんね。私も兼六園に行けばチャレンジして見たいと思います。

いいところなんですが、やはり撮るのが難しい感じがします。何せ、腕無し、機材無しですから。こういう景観はフルサイズ機と相応のレンズとで、底支えしてもらいながら、丁寧に撮りたいものですね。
時間帯は、厳しい時間帯でもMTさんのようにうまく撮る人は撮ることなんでしょう。

2018/11/16 (Fri) 22:31
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

りおんさん、こんばんは。

> 瓢池のほとんど倒れて池に浸かりそうなもみじに
> 心惹かれました。
> 幹に洞ができているのも素晴らしいですね。
> 古木なのかしら?

どうなんでしょうね。雪の重みで折れかかったのを何とか支えてもらい、あんな形状になったのかなあ、などと考えました。

> 滝はこうして見ると、さほど大きくは見えないのに
> 6m以上もあるのですね@@
> これが人工の滝だとは!

鎌倉に『三郎の滝』という天然自然の滝がありますが、同じくらいの落差でしょうかね。

> 海石塔、お気に入りのようですね^^
> はじめの方のお写真にも、ばっちり写っていますね^^
> 苔むした感じがまた、いいですね~!!

あれは、うまい人に撮ってもらったら最高かもしれません。私が撮ると、『そんなに取り上げなくてもいいよ』って感じになってしまいます。(´;ω;`)ウゥゥ

2018/11/16 (Fri) 22:41
AzTak

AzTak  

Re: こんにちは

徒然草さん、こんばんは。

> 兼六園は、国の特別名勝に指定されているあまりにも有名な日本庭園。
>
> その昔昔・・・招待旅行で金沢に行った時に立ち寄ったのですが、
> バスの中でビールを飲んだりしていましたので、出来上がってしまって・・・。
> 兼六園の散策はしたものの明確な記憶は忘却の彼方に・・・。

そうでしたか。そういうときって、なぜか印象が薄くなってしまうものですねえ。自分でお金を出したときは、『モトをとらなくっちゃ』って思って真剣になるからでしょうか?

> 写真を見せていただいて、
> そういえばこんな風な感じだったっけ、と、少し懐かしくもあります。
> ありがとうございます。
>
> 今思えば、折角行ったのに勿体ない散策でした。

まあ、これから、奥様の具合が良くなったら、無理をしない範囲でお出掛けになられたらいかがでしょうか?

2018/11/16 (Fri) 22:46
AzTak

AzTak  

Re: 今晩は!

yosaku03さん、こんばんは。

> 兼六園は残念ながら行きませんでしたが、AzTakさんの細かな説明と画像を見せて頂き行った気分になりました。
> 加賀百万石に相応しい池の作りと美しさは流石日本を代表する庭園だと思います。

頭の中には、ざっと入れておくにとどめ、本格的にはご自身の目で見て、ご自身の手で得心のいく作品を撮るべきだと思います。
体調や諸事情とを勘案しなくてはいけないでしょうが。

2018/11/16 (Fri) 22:57
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 瓢亭、瓢と言えば中身が気になる。
> 当然の事ながら酒類。
> 兼六園には何回か行きましたが何れも観光バスでアルコール漬け・・・・・
> どうも良く有りません。

金沢には福光屋の加賀鳶、福正宗などの銘酒があります。本日クラス会があり、加賀鳶の差し入れがありました。慣らし運転中なんですが、お代わりしてしまいました。

> 海石塔?見たような気もするが定かではない。。。。。
> 面白い塔ですねえ
> 次回はシャンとして見なければ兼六園に失礼だ。

そうです。その通りです。車で行くと、酒は飲めませんから、その方が良かったりするかも。諏訪からだと、車が便利ですよねえ。

2018/11/16 (Fri) 23:02
AzTak

AzTak  

Re: こんにちは!

> こんにちは、AzTakさん!

makiraさん、こんばんは。

> 紅葉の赤、黄色が点在し、
> 周りの緑とのコントラストが素晴らしい瓢池ですね!

素晴らしいんですが、その感動を画面に込めるのは、かなり難しい感じがします。

> 是非、フルサイズ機と相応の高級レンズでのお願いします♪

ここは是非そうしたいものです。EOS RとRFレンズとの組み合わせで、アシストしてもらいながらしっかり撮りたいものですね。
問題は軍資金です。

2018/11/16 (Fri) 23:06

Leave a reply