バス1泊旅行〔金沢~白川郷~高山〕(3) - バス1泊旅行〔金沢~白川郷~高山〕_2017_Nov
FC2ブログ

バス1泊旅行〔金沢~白川郷~高山〕(3)

金沢(2)
兼六園(2)

成巽閣と赤門
成巽閣(せいそんかく)は兼六園に隣接しているが、厳密には兼六園の一部という訳ではない。兼六園側の入り口は裏口になるようだ。行った日は水曜日であいにくの定休日。敷地に入ることがかなわなかった。
成巽閣と赤門_1
成巽閣と赤門_2
こちらにも赤門がある。奥御殿ではなかったと思うので、本当は赤門にしてはいけないのかもしれないが、浅学菲才の私には、詳しい事情は分からない。東大の赤門が有名だが、加賀藩前田家の江戸藩邸上屋敷の御守殿門として建てられたもの。御守殿とは、江戸時代において三位以上の大名に嫁いだ徳川将軍家の姫君の敬称であり、その元姫君が住む奥御殿のことで、その門なので、御守殿門と呼ばれた。御守殿門は丹塗りだったために外観が赤く、そのため「赤門」と呼ばれた。文政10(1827)年、第12代藩主(加賀前田家13代)前田斉泰が11代将軍徳川家斉の21女・溶姫(やすひめ)を妻として迎えた際に建設された。
成巽閣と赤門_3
成巽閣と赤門_4
成巽閣と赤門_5
太鼓気味になっている橋の上から見ようと思ったが、樹木以外は見えなかった。残念。
成巽閣と赤門_6
以下3点の画像はPDF画像を借用
成巽閣玄関
成巽閣と赤門_7
飛鶴庭
成巽閣と赤門_8
赤門の内側
成巽閣と赤門_9
成巽閣(せいそんかく)とは、文久3年(1863年)に加賀藩12代藩主・前田斉泰が母・真龍院(11代斉広夫人)の隠居所として建てた歴史的建造物である。歴史博物館として一般公開されている。兼六園に隣接する。

紅葉の具合
京都の庭園と違い、楓で埋め尽くされているわけではないようだ。紅葉はまずまずという感じだった。
紅葉の具合_1
紅葉の具合_2
紅葉の具合_3
紅葉の具合_4
紅葉の具合_5
紅葉の具合_6
紅葉の具合_7
紅葉の具合_8

時雨亭と長谷池
時間がなくて、内部見学には至らなかった。かなり悔しいが仕方がない。
時雨亭と長谷池_1
時雨亭と長谷池_2
時雨亭と長谷池_3
時雨亭と長谷池_4
5代藩主・綱紀が兼六園を作庭した頃からあった建物で、廃藩の後、惜しくも撤去されてしまった時雨亭。それを、平成12年、新しい庭園の完成とともに復元したものです。亭内での抹茶・煎茶の呈茶(有料)、見学もできます。

辰巳用水
ここは暗渠ではなくなっている。最高地点まで水を運んだのだから当然なのだろう。
辰巳用水

明治紀念之標
ここだけは、明治のものか。ちょっとだけ、浮き上がった感じがするのは否めない。それはさておき、日本で最初に建てられた銅像なのか。知らなかった。日本武尊はちょっとメタボ体型だったのかなあ。
明治紀念之標_1
明治紀念之標_2
明治紀念之標_3
明治紀念之標_4
中央に日本武尊像を、左に石川県戦士尽忠碑を据える明治紀念之標は、西南戦争で戦死した郷土軍人の霊を慰めるものです。銅像の身長は5.5m、明治13年(1880)日本で最初に建てられた銅像といわれている。両脇に植えられた赤松は「手向松(たむけまつ)」と呼ばれ、当時、京都の東西両本願寺の門跡から移されたものです。

最後に雪吊り
本当は兼六園を退出する間際に見たのだが、編集の都合上、ここで取り上げる。
最後に雪吊り_1
最後に雪吊り_2

次回と次々回とは、瓢池と夕顔亭とを取り上げます。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2018年11月12日
最終更新 2018年11月12日

20 Comments

There are no comments yet.

りおん  

兼六園にも行っているはずなのですが
広い庭園、と言う以外にあまり印象に残っていません。
若く、歴史にあまり興味がなかったせいも
あるかもしれませんが、きちんと予習をして
しっかり見ておくべきだったなあと
今になって思います^^;
武尊さん、確かにおなかがちょっと出ていて
お顔もふくよかですね。裕福だったのでしょうか?
銅像とか肖像画って、実際よりも美化しているものだという
印象があるのですが・・・^^;

2018/11/12 (Mon) 08:56

ララ  

もみじが真っ赤に色づいて庭園が一段と鮮やかになったようですね。
兼六園はもう10数年行ってないですがまた行ってみるかと
思わしてくれる写真の数々、ここは初雪もいいですよね。

2018/11/12 (Mon) 13:51

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/12 (Mon) 17:22

x都人x  

今晩は
紅葉が真っ赤に色ずいて庭が一際
鮮やかで素敵ですね!

嵐山に行ってきましたが、、
まだまだ~早い感じでしたね^^

2018/11/12 (Mon) 18:41

のんびり熊  

こんばんは
赤門、前は何回か通ったのだが、試験を受けたことも無いのでくぐった事は無い。
いや、有るなあ・・・・
熊の菩提寺の諏訪大社横の法華寺は赤門だ。
織田信長が明智光秀を打擲したのがここ、吉良上野介の息子義周の墓もある。
まんざら縁が無いわけでもないが、・・
ヤハリ前田さんには縁が無いなあ。。。

2018/11/12 (Mon) 19:23

makira  

こんばんは!

こんばんは、AzTakさん!
2回も行っているはずなのに
ほとんど記憶にありません 汗)
成巽閣は見てみたいと思います♪
紅葉がキレイですね♪
やっぱり、こちらより少し早いのですね!

2018/11/12 (Mon) 19:49

yosaku03  

今晩は!

金沢兼六園などの写真を拝見すると矢張り行けば良かったと今更ながら後悔しています。
妻が元気であればまた行きたいと思いますが、今の状態では行くのは難しいと思います。
AzTakさんの写真を拝見して気分を味わいさせて頂きます。

2018/11/12 (Mon) 20:33

みすてぃ  

こんばんは。

こちらにも赤門があるのですね。^^
成巽閣は加賀前田家の奥方御殿というのが
なにか畏れ多いです。
紅葉はこちらよりも色づいて早いですね。
雪吊りは高さがあって、大きくって見上げて
水辺に映えます~!

2018/11/12 (Mon) 20:46

つぅたろう  

成巽閣の建物の中に一度だけ入ったことあります。昔のことなのであまり記憶がありません。
日本武尊像にはカラスやハトなどの鳥が絶対とまらないので糞で汚れたことないそうです。
何故なのか調べた学者ではヒ素の含有率が多いことや、鳥が嫌がる電磁波が出てるとかでイグノーベル賞を受賞しました。

2018/11/12 (Mon) 22:15
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

りおんさん、こんばんは。

> 兼六園にも行っているはずなのですが
> 広い庭園、と言う以外にあまり印象に残っていません。
> 若く、歴史にあまり興味がなかったせいも
> あるかもしれませんが、きちんと予習をして
> しっかり見ておくべきだったなあと
> 今になって思います^^;

もしかしたら、ひがし茶屋街の方が、ストレートに心に響いたかもしれませんね。兼六園は、人間が枯れてきたころに漸く波長が合うのかもしれません。

> 武尊さん、確かにおなかがちょっと出ていて
> お顔もふくよかですね。裕福だったのでしょうか?
> 銅像とか肖像画って、実際よりも美化しているものだという
> 印象があるのですが・・・^^;

もうちょっとスマートに作ってもよかったと思いますが、明治のころの人の美意識ではこういう方がよかったのかもしれませんね。

2018/11/12 (Mon) 22:31
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

ララさん、こんばんは。

> もみじが真っ赤に色づいて庭園が一段と鮮やかになったようですね。

ほんのちょっとにとどめているようです。多分、四季それぞれに楽しめるように、偏らない程度に抑えたのかもしれませんね。

> 兼六園はもう10数年行ってないですがまた行ってみるかと
> 思わしてくれる写真の数々、ここは初雪もいいですよね。

雪もきれいなんでしょうね。冬に行ったのに、雨に降られて往生しました。旅行者にはタイミングが難しいですね。

2018/11/12 (Mon) 22:34
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは

Mさん、こんばんは。
日本男子であるからには、私も、和服の似合う男になりたいものです。が、残念なことに太り始めたときにすべて処分されてしまいました。調達から始めるのでは、…。

2018/11/12 (Mon) 22:38
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> 今晩は

x都人xさん、こんばんは。

> 紅葉が真っ赤に色ずいて庭が一際
> 鮮やかで素敵ですね!

多分、うまい方が撮ると素敵に見えるのでしょうね。私が撮ると、そのものが持つ価値をかなり減らしてしまう嫌いがあるようです。困ったことです。(^^;

> 嵐山に行ってきましたが、、
> まだまだ~早い感じでしたね^^

あれま、そうですか。異常気象は今頃も続いているようですねえ。

2018/11/12 (Mon) 22:42
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 赤門、前は何回か通ったのだが、試験を受けたことも無いのでくぐった事は無い。

私たちの学年は、大学に進学する年に東大の入試がなかった年なんです。そのことで、屈折した心の人が多いかも。
わたしは、内部進学なので、…。

> いや、有るなあ・・・・
> 熊の菩提寺の諏訪大社横の法華寺は赤門だ。
> 織田信長が明智光秀を打擲したのがここ、吉良上野介の息子義周の墓もある。
> まんざら縁が無いわけでもないが、・・

あのお寺さんですね。

> ヤハリ前田さんには縁が無いなあ。。。

私も同様です。
ですが、今日、明治神宮野球大会高校の部の準決勝があり、星稜高校の試合を見てきました。

2018/11/12 (Mon) 22:48
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは!

> こんばんは、AzTakさん!

makiraさん、こんばんは。

> 2回も行っているはずなのに
> ほとんど記憶にありません 汗)

それが普通の人レベルでしょう。行ったことさえ忘れるようだったら、私が後見人にでもならないといけません。
いっぱい花さんを見て歩き、ボケないようにしてくださいね。

> 成巽閣は見てみたいと思います♪
> 紅葉がキレイですね♪
> やっぱり、こちらより少し早いのですね!

多少早いのかもしれませんね。成巽閣は見てみた飼ったです。でも、営業日だったとしても、あの時間では無理だったかもしれません。

2018/11/12 (Mon) 22:54
AzTak

AzTak  

Re: 今晩は!

yosaku03さん、こんばんは。

> 金沢兼六園などの写真を拝見すると矢張り行けば良かったと今更ながら後悔しています。
> 妻が元気であればまた行きたいと思いますが、今の状態では行くのは難しいと思います。
> AzTakさんの写真を拝見して気分を味わいさせて頂きます。

私の写真でなく、もっとうまい方の写真を見てください。なんで、こんなに下手なのかと、今更ながらに悔いています。
WBなどをきっちりしないといけませんでした。それに薄暮時はさらに難易度が上がってしまうようです。

2018/11/12 (Mon) 22:57
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは。

みすてぃさん、こんばんは。

> こちらにも赤門があるのですね。^^

たしか、豪徳寺にも赤門があったような記憶が。井伊家のものを移したものだと思いますが、…。

> 成巽閣は加賀前田家の奥方御殿というのが
> なにか畏れ多いです。

確かにそうですが、一般公開されていますから、ありがたくみせちぇもらえばいいんだと思います。

> 紅葉はこちらよりも色づいて早いですね。
> 雪吊りは高さがあって、大きくって見上げて
> 水辺に映えます~!

そうですね。ここに雪が降ってくれば最高ですが、…。

2018/11/12 (Mon) 23:03
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

つぅたろうさん、こんばんは。

> 成巽閣の建物の中に一度だけ入ったことあります。昔のことなのであまり記憶がありません。
> 日本武尊像にはカラスやハトなどの鳥が絶対とまらないので糞で汚れたことないそうです。
> 何故なのか調べた学者ではヒ素の含有率が多いことや、鳥が嫌がる電磁波が出てるとかでイグノーベル賞を受賞しました。

地元だと、見所がいっぱいで、楽しいことなんでしょうね。

全然話は変わりますが、金沢の星稜高校が神宮野球大会に出て頑張っています。今日、観戦してきました。強いですねえ。

2018/11/12 (Mon) 23:06

鏡花水月  

AzTak様、こんばんは!

画像だけで何ですが、兼六園は見どころが多いのですね。
そして、ひとつひとつに東京の庭園とは違う趣や風情がありますね。
紅葉がステキです!

2018/11/13 (Tue) 00:13
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTak様、こんばんは!

鏡花水月さん、こんばんは。

> 画像だけで何ですが、兼六園は見どころが多いのですね。
> そして、ひとつひとつに東京の庭園とは違う趣や風情がありますね。
> 紅葉がステキです!

同じ江戸時代に造られた庭園であっても、江戸に作るのと金沢に作るのとでは、困難さが違ったのかもしれませんね。金沢は、金沢藩前田家の支配する土地。為政者が何かをしようとしたときに、領民に納得して立ち退いてもらうなどのことはしやすかったのかもしれません。
この辺の事情は、後楽園も偕楽園も同じだったと思いますが、金沢が京都と張り合うほどの粋な街だったことが決定的なアドバンテージをもった原因かもしれませんね。そしてその経済力の裏打ちとして支藩領地である五箇山での煙硝製造などがあったのかも。
お金と遊び慣れた粋さとがなければ、こうしたレベルの、庭園はできなかったと思います。

2018/11/13 (Tue) 20:50

Leave a reply