バス1泊旅行〔金沢~白川郷~高山〕(2) - バス1泊旅行〔金沢~白川郷~高山〕_2017_Nov
FC2ブログ

バス1泊旅行〔金沢~白川郷~高山〕(2)

金沢(1)
兼六園(1)
今まで十分な観光時間が確保できなくて、恥ずかしながら、徽軫灯籠と霞ヶ池を見ただけで終わりにせざるを得なかった。今回はもう少しだけ時間が確保できたので、若干丁寧に見て回ることにした。
水源の問題
天下の名称であることは論を俟たないが、ほかの土地より高いところに水がたっぷりある。これは如何なる原理なのか。不思議に思われる方も多いことだろう。どこから水が来るのだろうか?
水源の問題_1
答えは簡単。犀川上流から取水した辰巳用水の水が引かれているのだ。だが、水は高いところから低い所へ流れる。それがなぜ、高いところに水が上がっていくのだろうか。それはサイフォンの原理の応用だそうだ。犀川上流の取水口の高さよりも兼六園が低い位置にあり、途中の水路がいったん下がっていたとしても、サイフォンの原理で、水が流れ続けるのだ。この石の下を水が流れ続けているのだ。
殆どの人が、こともなげにここを踏んで先に進んでいる。できることなら跨いでほしいところだ。
水源の問題_2
水源の問題_3
興味のある方は、ここをクリックされたい
噴水
こちらもその応用だ。動力など一切使わずに水を噴き上がらせているそうだ。
噴水_1
噴水_2
噴水_3
噴水_4
徽軫灯籠と霞ヶ池
どんなに時間がなくても、ここだけは見ていくはずだ。兼六園の象徴といっても過言ではない。
徽軫灯籠
難しい漢字だ。読みは「ことじとうろう」。霞ヶ池の北岸に位置する灯籠で、兼六園を代表する景観となっている。脚が二股になっており、琴糸を支える琴柱に似ていることから名付けられたそうだ。
徽軫灯籠_1
徽軫灯籠_2
唐崎松の雪吊り
ホテルでローカルニュースを見ていたら、『雪吊り』の作業を始めたことが取り上げられていた。行った日は、季節外れの蒸し暑い日で、まだまだ雪は降りそうにもなかった。でも、用意を怠らなければ、いざという時に慌てずに済むし、観光客にも評判が良いことなんだろう。
こちらが鶴に見立てたもので、蓬莱島の様子が亀に見立てたものか。鶴と亀とが揃うんだな。

唐崎松の雪吊り_1
唐崎松の雪吊り_2
唐崎松の雪吊り_3
内橋亭
残念ながら補修工事中だった。仕方がないことだが、…。
内橋亭_1
内橋亭_2
腕が良くない所為で、光の道がはっきり撮れなかった。失敗だなあ。
内橋亭_3
蓬莱島
いつ見ても見事だ。初見は高2の時の北陸一周の修学旅行の時だったかな。
蓬莱島
雁行橋
11枚の赤戸室石が、雁が列をなして飛んでいるように見えるところから『雁行橋』という名前が付いている。また、石の1枚1枚が亀甲の形をしていることから、『亀甲橋』ともいう。以前来たときは、これを渡ることができたのだが、…。
雁行橋_1
雁行橋_2
雁行橋_3
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2018年11月11日
最終更新 2018年11月11日

19 Comments

There are no comments yet.

sanbariki  

こんばんは
私が行きたい所ですので興味津々
です、紅葉 冬の金沢どちらも季節も
見所が満載で

2018/11/11 (Sun) 00:21

MT  

おはようございます

兼六園はとても広くていつも回ると疲れてしまいます。スポットだけ回るのもいいのかも知れませんね!
秋のことじ灯篭といえば、聖子ちゃんの風立ちぬの曲とともに流れるポッキーのCMが今も印象的です。

2018/11/11 (Sun) 08:48

りおん  

広い庭園をお時間をかけて
じっくりゆっくり眺める・・・
そういうゆとりのある旅、いいですね~!

水路のおかげで、高い場所にもお水を届けることが
できるのですね。
水路を石板で覆ってあるので、知らないと確かに
踏んづけてしまうかも。
こういう石敷きを見かけたら、ちょっと注意しようと思いました。

雪吊りの風景、ステキですよね~!
今年は紅葉も残っていて、冬が遅くやって来るのでしょうか。
雪景色も見てみたいですね~^^

奥大井湖上駅までは、普通に2車線の道路があります。
その先の井川湖ダムまでの道が、すごく狭かったのです。
たぶんもう行かれないわ~^^;

2018/11/11 (Sun) 09:50

makira  

こんにちは!

こんにちは、AzTakさん!
灯籠と噴水だけが鮮やかな記憶として残っているだけで
水源なんていった当時は考えもしませんでした 汗)
年を重ねて、再度行くことがあったら
ちゃんと見てくるとは思いますが・・・汗)
紅葉が少し始まっていますね!
盛りのときはキレイなんでしょうね♪

2018/11/11 (Sun) 11:58

のんびり熊  

こんにちは
この噴水、何時見ても良いですねえ。
動力なしでこれだけ噴き上げる仕掛けを考えた人は、エライ!!
熊の少ない知恵ではとても無理じゃな。
今、ウチノ庭の池の周りの石垣を積みなおしている。
半分は出来たが、後の半分は石を外したら積みなおすのに合わない!!!
石に番号を書いて、撮ってあるんだが、その通りの積んでも合わない。
微妙に食い違うんですよねえええ。
マア、納期が有る訳じゃなし、気長に行こうか。


2018/11/11 (Sun) 13:01

x都人x  

こんにちは
紅葉も色好き始めてていい感じで
和みますねー

冬支度も終えた庭が風情が
素敵です。

2018/11/11 (Sun) 15:54

みすてぃ  

こんばんは^^

兼六園を代表する景観の霞ヶ池と徽軫灯籠は綺麗です。
紅葉も雪景色もしっとりとした良い所で、
でも撮影には秋のとてもいい時期に訪れた
のですね。
フットワークが大変軽いです(^_^)v
初見の修学旅行と今回とでは違いはいかがでしたか。

2018/11/11 (Sun) 19:14
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは

sanbarikiさん、こんばんは。

> 私が行きたい所ですので興味津々
> です、紅葉 冬の金沢どちらも季節も
> 見所が満載で

お正月に行ったこともありましたが、その年は例年にない暖冬の年で、雪ではなく雨がしとしと降っていました。雪をまとった白い世界を見たかったのですが、大外れになってしまいました。菰がけした武家屋敷も雪吊りした兼六園も、寒い画になってしまいました。そういう年もあるんですねえ。
今回は行くことができませんでしたが、ひがし茶屋街なども素敵です。

2018/11/11 (Sun) 20:13
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます

MTさん、こんばんは。

> 兼六園はとても広くていつも回ると疲れてしまいます。スポットだけ回るのもいいのかも知れませんね!
> 秋のことじ灯篭といえば、聖子ちゃんの風立ちぬの曲とともに流れるポッキーのCMが今も印象的です。

時間があればあっただけ、駆け回る方です。徹底した貧乏性です。(^^;
今回は90分しかなかったので、まず、金沢城公園に走っていき、何枚か写真を撮り、そのあと、兼六園に回りました。熱いとかさむとかは別として、日が落ちるのが早く、暗い画になってしまいました。
そういうCMがありましたっけ。そのころは、大規模アプリの開発に入っていて、遊んでいる暇がなかった頃です。記憶の片隅に微かに、…。

2018/11/11 (Sun) 20:29
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

りおんさん、こんばんは。

> 広い庭園をお時間をかけて
> じっくりゆっくり眺める・・・
> そういうゆとりのある旅、いいですね~!

私の性格では夢のまた夢です。時間いっぱい駆け回る貧乏性です。写真を撮らないと、一切記憶に残らないくらい馬さんみたいに駆け回っています。

> 水路のおかげで、高い場所にもお水を届けることが
> できるのですね。
> 水路を石板で覆ってあるので、知らないと確かに
> 踏んづけてしまうかも。
> こういう石敷きを見かけたら、ちょっと注意しようと思いました。

案外大きな石です。私の短いコンパスでは跨ぐことができるか微妙です。(^^;

> 雪吊りの風景、ステキですよね~!
> 今年は紅葉も残っていて、冬が遅くやって来るのでしょうか。
> 雪景色も見てみたいですね~^^

服喪中の年末年始に加賀温泉郷に逗留し、1月4日に兼六園に行ったことがありました。ですが、雪が全くない状態で、絶句してしまいました。そういう年もあるんですね。

> 奥大井湖上駅までは、普通に2車線の道路があります。
> その先の井川湖ダムまでの道が、すごく狭かったのです。
> たぶんもう行かれないわ~^^;

私の得意な脱輪は、命の危険があるかもしれません。私が無謀にもドライブして行くのならば、奥大井湖上駅までにしないといけませんね。

2018/11/11 (Sun) 20:37
AzTak

AzTak  

Re: こんにちは!

> こんにちは、AzTakさん!

makiraさん、こんばんは。

> 灯籠と噴水だけが鮮やかな記憶として残っているだけで
> 水源なんていった当時は考えもしませんでした 汗)

まあ、よほどのへそ曲がりじゃなければ、そんなこと考えませんよね。誰かがうまくやってくれた。それでいいんだと思います。

> 年を重ねて、再度行くことがあったら
> ちゃんと見てくるとは思いますが・・・汗)

兼六園も良いですが、ひがし茶屋街も素敵ですよ。帰りにお土産にしようと、中田屋のきんつばを買ったのですが、帰宅するまでに食べてしまいました。

> 紅葉が少し始まっていますね!
> 盛りのときはキレイなんでしょうね♪

兼六園はそれほど楓の木がないようで、彩り程度かと。私は、京都風の単色の紅葉ではなく、パステルカラーのような紅葉が好きなんです。広葉樹の雑木がある山で見るのが一番好きかも。

2018/11/11 (Sun) 20:45
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> この噴水、何時見ても良いですねえ。
> 動力なしでこれだけ噴き上げる仕掛けを考えた人は、エライ!!
> 熊の少ない知恵ではとても無理じゃな。

私も同じです。理科系の才能皆無なもので、…。ボケ防止にやっている数学の問題解きも、難しい問題が出題され、手も足も出ない状態です。高校数学を何とか算数で解くなんて低レベルは私くらいなんでしょう。

> 今、ウチノ庭の池の周りの石垣を積みなおしている。
> 半分は出来たが、後の半分は石を外したら積みなおすのに合わない!!!
> 石に番号を書いて、撮ってあるんだが、その通りの積んでも合わない。
> 微妙に食い違うんですよねえええ。
> マア、納期が有る訳じゃなし、気長に行こうか。

そうです。焦らずに行きましょう。工作の話は、私に振ってはいけません。何せ、不器用を絵に描いたような男ですから。

2018/11/11 (Sun) 20:51
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは

x都人xさん、こんばんは。

> 紅葉も色づき始めてていい感じで
> 和みますねー

まあ、それでも京都には敵わないのでは。

> 冬支度も終えた庭の風情が
> 素敵です。

すっきりして美しいですよね。雪の重みを持ちこたえているさまを見てみたいものですが、異常気象で、そういう状況になりますかねえ。寒い時期は徹底して寒い方が私は好きなのですが。

2018/11/11 (Sun) 20:55
AzTak

AzTak  

Re: こんにちは。

Mさん、こんばんは。
加賀の文化のレベルはすごいものがありますね。京都も負けそうなところがあるかもしれません。
お互い切磋琢磨して、高みにもっていくのがいいのでしょうね。

2018/11/11 (Sun) 20:57
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは^^

みすてぃさん、こんばんは。

> 兼六園を代表する景観の霞ヶ池と徽軫灯籠は綺麗です。

そうだと思いますが、列車や飛行機の時間があって、今回分くらいでいつも見学終了でした。今回は瓢池なども見てきました。そちらもなかなかのものでした。

> 紅葉も雪景色もしっとりとした良い所で、
> でも撮影には秋のとてもいい時期に訪れた
> のですね。

そうだったかもしれませんね。

> フットワークが大変軽いです(^_^)v
> 初見の修学旅行と今回とでは違いはいかがでしたか。

ボーっとしていた高校生だったので、写真を何枚か撮っただけで集合時間に。霞ヶ池と徽軫灯籠の写真しか残っていません。
爺さんになった今の方がフットワークが良いとは、皮肉な話です。のこり時間を考え出したのかもしれません。

2018/11/11 (Sun) 21:03

鏡花水月  

AzTak様、こんばんは!
憧れの『兼六園』をうっとり楽しませていただきました。
画像だけでも東京とサイズ感が違うのが感じられます。
東京の庭園はムードがすぐに途切れてしまいますし、園を出た後もすぐに大都会の喧噪がざわざわと入り込みます。
そして、橋にも雁行があるのですね。
今までは和館の建築スタイルに雁行があるのは知っていましたが、沢渡の石並べもなのが分かったのが良かったです。
昔はそれほど雁が日本の空にしっくりと馴染んでいたのですね。

2018/11/11 (Sun) 23:27
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTak様、こんばんは!

鏡花水月さん、こんばんは。

> 憧れの『兼六園』をうっとり楽しませていただきました。
> 画像だけでも東京とサイズ感が違うのが感じられます。
> 東京の庭園はムードがすぐに途切れてしまいますし、園を出た後もすぐに大都会の喧噪がざわざわと入り込みます。

兼六園は高台にあります。なので、あまりビルなどが写真に入り込まない利点があるのでしょうね。ただし、あれだけ水をふんだんに使う庭園を周りのどこよりも高い土地に実現させるのは、工夫が要ったことなんでしょうね。知恵者がいた証なんでしょう。

> そして、橋にも雁行があるのですね。

そうです。昔はあそこを渡ることができたのですが、かなり貴重な石がヘタってきたようで、通行禁止扱いにしてしまったようです。

> 今までは和館の建築スタイルに雁行があるのは知っていましたが、沢渡の石並べもなのが分かったのが良かったです。
> 昔はそれほど雁が日本の空にしっくりと馴染んでいたのですね。

どうなんでしょうかね。子供の頃に、雁行を見たことがありましたが、なじむほどだったかまでは、よくわかりません。ですが、印象的なものではあったのでしょうね。「雁擬き」という言葉もあるくらいですから、今よりは目にする機会はあったのでしょう。

2018/11/11 (Sun) 23:46

kaz  

おはようございます!

兼六園も雪があると全然違いますね!僕も雪の時は行ってないですが・・(笑)。Newsなどの映像で。

2018/11/12 (Mon) 07:10
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます!

kazさん、こんばんは。

> 兼六園も雪があると全然違いますね!僕も雪の時は行ってないですが・・(笑)。Newsなどの映像で。

そうでしょうね。そういうのが見られるんじゃないかと年末年始の加賀温泉郷での逗留を1日早く切り上げて、お正月の3日に出かけたことがありました。その冬は、まれにみる暖冬で、雨が降りました。
自然現象は思い通りにならないものですね。加賀温泉郷では白山の眺望が自慢のホテルでしたが、ほとんど見えずじまい。
仕方なくボーっとしていました。

2018/11/12 (Mon) 22:26

Leave a reply