江戸東京たてもの園(4) - 未分類
FC2ブログ

江戸東京たてもの園(4)

東ゾーンのその他の建物(1)
丸二商店(荒物屋)
小さい銅板片を巧みに組み合わせて模様をかたち作り、建物の正面を飾っているのが特徴と解説がなされてある通り。その模様は、江戸小紋の模様を借用したものだそうだ。関東大震災直後はファサードだけを飾るのが精いっぱいだったのかな。
丸二商店(荒物屋)_1
昔懐かしい商品が並んでいた。いまはこういう商品は、ホームセンターのようなところで買い求めるのかなあ。
丸二商店(荒物屋)_2
江戸小紋の模様だそうだ。鈑金でここまでやるのは大変だったことだろう。
丸二商店(荒物屋)_3
店舗の裏には長屋が作られていたようだ
丸二商店(荒物屋)_4
丸二商店(荒物屋)_5
建築年代:昭和初期
所在地:千代田区神田神保町三丁目
解説:昭和初期に建てられた荒物屋です。小さい銅板片を巧みに組み合わせて模様をかたち作り、建物の正面を飾っているのが特徴です。店内は昭和10年代の様子を再現しています。裏手には長屋も移築し、それとともに路地の様子も再現しています。


花市生花店
昭和初期にすでにこうしたお花屋さんが存在したんだ。さすがは花の東京だったのかなあ。お客さんを案内中で店内の写真を撮り損ねてしまった。
花市生花店
建築年代:1927年(昭和2)
所在地:千代田区神田淡路町一丁目
解説:昭和初期に建てられた〈看板建築〉の花屋です。建物の前面は花屋らしくデザインされています。店内は昭和30年代の花屋を再現しています。


川野商店(和傘問屋)
あの辺りでは和傘づくりが盛んだったのか。江戸の世では、なかなか生計を立てるのが困難な武士も多く暮らしていただろうから、内職の手もいっぱいあったのかな。明治以降もその伝統を受け継いだのかもしれない。
川野商店(和傘問屋)_1
和傘にも東西の文化差があるのかなあ
川野商店(和傘問屋)_2
川野商店(和傘問屋)_3
川野商店(和傘問屋)_4
製作工程が解説されてあったが、矢鱈細かく、私にはできそうにない技能だと痛感した
川野商店(和傘問屋)_5
建築年代:1926年(大正15)
所在地:江戸川区南小岩八丁目
解説:傘づくりが盛んであった江戸川区小岩に建てられた和傘問屋の建物です。内部は1930年(昭和5)ころの和傘問屋の店先の様子を再現しています。


仕立屋
『萬御仕立物所』の看板がかかっていた。祖母が私に洗い張りの手伝いをさせ、そのあと、チクチクと仕立てていたのを思い出した。
仕立屋_1
仕立屋_2
この場では気付かなかったが、照明は室内用のガス灯だったようだ。明治の初期にすべて電気に置き換えられたと思ったが、ここには残っていたんだ。拡大して確認したら、ガス灯は点灯していた。すごい。
仕立屋_3
上の画像をトリミングしたもの
仕立屋_3
建築年代:1879年(明治12)
所在地:文京区向丘一丁目
解説:明治初期に現在の文京区向丘に建てられた〈出桁造り〉の町家です。 内部は大正期の仕立屋の仕事場を再現しています。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2018年11月08日
最終更新 2018年11月08日

8 Comments

There are no comments yet.

りおん  

いいなあ~こういうおうち^^
今でも住めそうな感じだけど、管理が大変なのでしょうね。
昔の道具、手作りのものって長持ちするんですよね。
お母さま、洗い張りをされていらしたのですね。
わたしの母も、和裁が好きで和服を何枚も作ってくれました。
なかなか着る機会がないんですけどね~^^;
おばあちゃんになって、あまり活動しなくなったら
着ようかな^^

2018/11/08 (Thu) 15:29

みすてぃ  

こんばんは~

お店屋さんのあった場所が神保町とか淡路町なので、その辺りには
これほどの古さでなくっても、そこそこの古い建物がひょっとすると
わずかに残っているかなと、思ったりもします。
荒物屋さんは見かけませんが、今なら100均かニトリか
イケアか、物によって探しそうです^^
それでも木製のチリトリとかお櫃とかはどこにあるのでしょうね…
和傘屋さんの室内の建具が綺麗に保存され、ここはカメラマンさんも
多いようですネ~~

2018/11/08 (Thu) 18:53

yosaku03  

今晩は!

冒頭の写真に写っている雑貨品は殆ど見たことがあります。
使用していたこともありますので大変懐かしく感じました。
木製のちり取りなどは当然使用していました。

随分色々なところへ出かけられてブログにアップするのは並大抵の努力では出来ないです。
毎回色々なところへ出かけられて凄いと感心しています。
此の努力には脱帽です!

2018/11/08 (Thu) 22:07

makira  

こんばんは!

こんばんは、小旅行はどちらでしょうか?
成果を待っていますね♪

2018/11/08 (Thu) 23:06
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

りおんさん、こんばんは。亀レスになり申し訳ありません。

> いいなあ~こういうおうち^^
> 今でも住めそうな感じだけど、管理が大変なのでしょうね。

移築するに際して、耐震構造化したので、安心して住むことができるようですよ。日本人が大好きな木のぬくもりのある家ばかりですね。

> 昔の道具、手作りのものって長持ちするんですよね。
> お母さま、洗い張りをされていらしたのですね。
> わたしの母も、和裁が好きで和服を何枚も作ってくれました。
> なかなか着る機会がないんですけどね~^^;
> おばあちゃんになって、あまり活動しなくなったら
> 着ようかな^^

私の母は94歳になりますが、仕事をしていて、そういう時間はとれなかったようです。なんにでも手を出したのは、祖母です。孫の私に布の切れ端を引っ張らせ、洗い張りをして、裁縫しなおしていました。それと、梅干しつくりも手伝わされました。
梅干しつくりは私でもなんとかできそうですが、不器用な方で、裁縫などはできそうにありません。器用な人がうらやましい限りです。

2018/11/09 (Fri) 20:03
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは~

みすてぃさん、こんばんは。亀レスになり申し訳ありません。

> お店屋さんのあった場所が神保町とか淡路町なので、その辺りには
> これほどの古さでなくっても、そこそこの古い建物がひょっとすると
> わずかに残っているかなと、思ったりもします。

あるのかもしれませんね。あちらに行くと、私は間違いなく迷子になりそうです。うろうろするのが好きな分、危険がいっぱいです。(^^;

> 荒物屋さんは見かけませんが、今なら100均かニトリか
> イケアか、物によって探しそうです^^
> それでも木製のチリトリとかお櫃とかはどこにあるのでしょうね…

木製の塵取りはさすがにディスコンになったのではないかと思います。お櫃はもしかしたら三越などにはあるのかも。アマゾンにも普及品が置いてあるかもしれません。良いものは限りなく高いかもしれません。
私が炊いたご飯も、必ずお櫃に移し替えました。炊飯器の保温機能なんて、くそ倉重です。

> 和傘屋さんの室内の建具が綺麗に保存され、ここはカメラマンさんも
> 多いようですネ~~

新入社員の時、工場が勤務先だったので、雨の日に番傘に下駄で出社したら、上司に別室に呼ばれ、コンコンと説教されました。あの番傘は、どうしたかなあ。

2018/11/09 (Fri) 20:13
AzTak

AzTak  

Re: 今晩は!

yosaku03さん、こんばんは。

> 冒頭の写真に写っている雑貨品は殆ど見たことがあります。
> 使用していたこともありますので大変懐かしく感じました。
> 木製のちり取りなどは当然使用していました。

年齢が分かってしまいますよねえ。私も見たことがないとは言いませんから。

> 随分色々なところへ出かけられてブログにアップするのは並大抵の努力では出来ないです。
> 毎回色々なところへ出かけられて凄いと感心しています。
> 此の努力には脱帽です!

(ФωФ)フフフ・・・、好きなことをしているだけですから。ですが、昨日までの一泊バス旅行は疲れました。そろそろスケジュールがゆったりした旅を選択しなければと思います。と言いながら、また、来月初めの秩父夜祭も申し込んでしまいました。

2018/11/09 (Fri) 20:17
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは!

makiraさん、こんばんは。亀レスになり申し訳ありません。

> こんばんは、小旅行はどちらでしょうか?
> 成果を待っていますね♪

金沢、白川郷、高山を回るバスの旅でした。強行軍で疲れました。新しいレンズを持参して張り切って取ったのですが、腕前が良くなったわけではなく、相変わらずさえない写真ばかりです。期待されると申し訳ありません。
あと4時間後から見ることができます。

2018/11/09 (Fri) 20:21

Leave a reply