洗足池にて(1) - 未分類
FC2ブログ

洗足池にて(1)

何でこんなに
ご覧になった方は、何でこんなにたくさんいるのか不思議に思うだろう。次の瞬間には合点がいくはず。餌を与えているからだ。こんな安易に餌がもらえるとなったら、馬鹿くさいことはしていられなくなる。その挙句、生命力を失わせることにつながらないか危惧するのだが。
何でこんなに_1
何でこんなに_2
何でこんなに_3
遂には喧嘩まで。何種類かのうちで、一番強そうなのは、オナガだった。
遂には喧嘩まで_1
遂には喧嘩まで_2
餌を与えているのだ
餌を与えているのだ_1
餌を与えているのだ_2
餌を与えているのだ_3
手漕ぎボートにも
手漕ぎボートにも_1
手漕ぎボートにも_2
手漕ぎボートにも_3
あっちのほうがくれそうだと思うと、躊躇なく飛んでいく
キンクロハジロも懸命に飛んでいたが、オナガガモのように滑空するようには飛べない
躊躇なく飛んでいく_1
躊躇なく飛んでいく_2
水上飛行機のように飛ぶようだ。足で蹴って勢いをつけている感じ。
躊躇なく飛んでいく_3

杭の上
杭の上はお飾りではない。ユリカモメがラインダンスのようにとどまっている。
と思ったら黒いのが。よく見ると鵜のようだ。でも、遠くてカワウかウミウか判然としなかった。
ユリカモメのラインダンス_1
ユリカモメのラインダンス_2
ユリカモメのラインダンス_3
ユリカモメのラインダンス_4


池の様子
池の様子_1
池の様子_2
池の様子_3
池の様子_4
水が一番綺麗な辺り
水が一番綺麗な辺り_1
水が一番綺麗な辺り_2
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2012年11月29日
最終更新 -0001年11月30日

8 Comments

There are no comments yet.

solo  

AzTakさん
おはようございます。

>何でこんなに
仰せの通りです。
小生の散歩する公園のボート池にも、珍鳥の飛来する時節となりました。
ウォーキングしていると野鳥観察会の方々から「パンダガモ」、昨日 見かけましたとか
こちらはカモ程度はわかりますが、何カモって言われても??

>水上飛行機のように飛ぶようだ。足で蹴って勢いをつけている感じ。
上手く撮れてますね。
チャレンジはしているのですが、なかなかこんな感じには・・

>ユリカモメがラインダンス
撮っちゃいますよね(笑)。
このシチュエーション
横画の方は環境もわかりますね。

>洗足池にて(1)
ってことは(2)は何が登場するのですか?
楽しみです。


2012/11/29 (Thu) 04:04

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTakさん
> おはようございます。

soloさん、おはようございます。

> >何でこんなに
> 仰せの通りです。
> 小生の散歩する公園のボート池にも、珍鳥の飛来する時節となりました。
> ウォーキングしていると野鳥観察会の方々から「パンダガモ」、昨日 見かけましたとか
> こちらはカモ程度はわかりますが、何カモって言われても??

ミコアイサというカモのようですね。もちろん、見たことなどありませんが。

> >水上飛行機のように飛ぶようだ。足で蹴って勢いをつけている感じ。
> 上手く撮れてますね。
> チャレンジはしているのですが、なかなかこんな感じには・・

失敗が多かったのですが、ごく一部、こんなふうに撮れました。

> >ユリカモメがラインダンス
> 撮っちゃいますよね(笑)。
> このシチュエーション
> 横画の方は環境もわかりますね。

ユリカモメは寒がりなんですかね。いつでも暇さえあれば、地上の何かに留っている感じがあります。

> >洗足池にて(1)
> ってことは(2)は何が登場するのですか?
> 楽しみです。

カモさんの大きなアップだけで終了させます。300ミリまでだと、少し離れると有難味が失せてしまいます。そこが泣きです。
よく見回したら、隅のほうからどデカいレンズで撮っている人がいました。どんなふうに見えているのか覗かせてもらいたかったけど、私みたいな風貌のやつがノコノコ近づくと、…。

2012/11/29 (Thu) 07:02

Aunt Carrot  

いつもありがとうございます。

池の淵の喫茶店で池を眺めながらコーヒーを頂いたことがあります。
懐かしいです。
今でもあるのでしょうか?
以前猪苗代湖に行った時、タクシーの運転手さんが白鳥見るなら
田んぼの中で落穂拾ってる白鳥見てね。湖にいる白鳥は馬鹿鳥だから目をつむってね、と言いました。
うっすら雪の積もった田で落穂をついばんでる白鳥は美しかったです。
湖で人間が与える餌になりふり構わず殺到する白鳥は悲しかったです。
そんなことを思い出しました。

2012/11/29 (Thu) 12:42

ijin  

餌で鳥を呼ぶ。

何処の公園でも鳥に餌を与えることは問題ですね。

私の近くの薬師池公園にも、日頃カルガモだけですが、冬鳥の季節のには、賑わいます。

スナック菓子を撒くのです。あれは油で揚げたもの。
「油で池が汚れますから。餌を与えないで下さい。」と立て札がありますが、効果なし。

鳥が悪いのではなく、人が悪い。

これも、日本の現在の悲しい姿の一端です。自分勝手で他を顧みない人多し。

野鳥が日本で弱くなって帰ってきた。

2012/11/29 (Thu) 16:48

jsk  

凄い数ですね、これだけいると写真撮るのも迷いますね。オナガガモはどちらかといえば、強い方なんですね。確かに足で水面をたたいていますね。白鳥はかなりの距離を走って飛び立ちますが、カモはそれほど走った感じはありませんか? 離陸直前の写真、綺麗に撮れてますね。私も飛ぶ鳥をとるとボケ写真の山ができます。ユリカモメの数も多いのには驚きます。水も綺麗で、いい公園ですね。こんな公園が近間にあると何かと便利でいいですね、私も探さなくちゃ!!

2012/11/29 (Thu) 20:25

AzTak  

Re: いつもありがとうございます。

Aunt Carrotさん、こんばんは。

> 池の淵の喫茶店で池を眺めながらコーヒーを頂いたことがあります。
> 懐かしいです。
> 今でもあるのでしょうか?

多分、ボートハウスのことじゃないかと思いますが、それなら、まだあります。入ったことがないので、詳しいことは分かりかねるんですが。
前にも書いたんですが、地井武男さんが徹子の部屋に出た時に、洗足池の鳥の話が出たんです。それでいないはずはないと思っていたのです。

> 以前猪苗代湖に行った時、タクシーの運転手さんが白鳥見るなら
> 田んぼの中で落穂拾ってる白鳥見てね。湖にいる白鳥は馬鹿鳥だから目をつむってね、と言いました。
> うっすら雪の積もった田で落穂をついばんでる白鳥は美しかったです。
> 湖で人間が与える餌になりふり構わず殺到する白鳥は悲しかったです。
> そんなことを思い出しました。

故郷、福島の運転手もいいことを言ってくれたようです。コツコツと乏しい餌を懸命に食べている鳥と、人間の与える餌になびく鳥と、いろいろですね。
餌付けが絶対ダメだとは思わないものの、安易に与えすぎるのは絶対に良くないことだと思うのです。野生の喪失につながりかねません。呑川で一生懸命水草をついばんでいるカモたちを見ると、『頑張れよ』って思ってしまいます。

2012/11/29 (Thu) 22:48

AzTak  

Re: 餌で鳥を呼ぶ。

ijinさん、こんばんは。

昨日は新宿御苑にいき、3~4時間ほどほっつき歩き、オープンしたばかりの大温室にも寄って来ました。
今日は、生活支援員の仕事を行い、その後、太極拳の教室にも行きました。
2日続けてあちこち歩きまわったら、さすがにバテました。体力が落ちたことを否応なしに実感させられました。

> 何処の公園でも鳥に餌を与えることは問題ですね。
>
> 私の近くの薬師池公園にも、日頃カルガモだけですが、冬鳥の季節には、賑わいます。
>
> スナック菓子を撒くのです。あれは油で揚げたもの。
> 「油で池が汚れますから。餌を与えないで下さい。」と立て札がありますが、効果なし。
>
> 鳥が悪いのではなく、人が悪い。
>
> これも、日本の現在の悲しい姿の一端です。自分勝手で他を顧みない人多し。

ijinさんの仰っしゃられるとおりですよね。一人ひとりがルールを守るようにしたいものです。洗足池にはそういう表示が出ていないか、目立たないかなんでしょうね。注意しにくい状況がありました。
本来の鳥の様子を見たかったら、平日に行くべきだったかもしれません。

> 野鳥が日本で弱くなって帰ってきた。

これを言われたら、日本の恥じです。だけど、実態はそうなってしまっているのかもしれませんね。

2012/11/29 (Thu) 23:05

AzTak  

Re: タイトルなし

jskさん、こんばんは。

> 凄い数ですね、これだけいると写真撮るのも迷いますね。オナガガモはどちらかといえば、強い方なんですね。確かに足で水面をたたいていますね。白鳥はかなりの距離を走って飛び立ちますが、カモはそれほど走った感じはありませんか? 離陸直前の写真、綺麗に撮れてますね。私も飛ぶ鳥をとるとボケ写真の山ができます。ユリカモメの数も多いのには驚きます。水も綺麗で、いい公園ですね。こんな公園が近間にあると何かと便利でいいですね、私も探さなくちゃ!!

写真撮影にはありがたかったんですが、あまり餌を上げているシーンは目撃したくはありませんでした。生態系を破壊する元になると思うからです。

それは抜きにして、いっぱいいるお蔭で、飛翔のシーンも何枚か撮影できました。白鳥が水面を走るのは、ガタイが大きいからなんでしょうか?私が鳥になったなら、とてもじゃないけど、飛び上がれない欠陥の鳥になってしまうかもしれません。尾長ガモやカルガモは飛ぶのが上手いですね。ほれぼれとしてしまいました。それに引き換え、キンクロハジロは大変そうです。でも、歴とした渡り鳥。おそらく海の上で休みながら渡ってくるんでしょうね。

水質は湧き水が水源ということもありますが、水質浄化の取り組みをしている成果でもあるようです。
あまりたくさん群れているところより、適当にいるところのほうが、観察する楽しみがありませんか?

2012/11/29 (Thu) 23:17

Leave a reply