浄妙寺と一条恵観山荘(7) - 浄妙寺と一条恵観山荘_2018_Jun・Sep
FC2ブログ

浄妙寺と一条恵観山荘(7)

一条恵観山荘(6)
南庇六畳の間
この茶屋の建物内部見学もいよいよ最後。恵観公が見せたかった庭園が目の前に広がる。以前にも書いたとおり、この庭園は、記録に従って忠実に再現したものだ。なので、高貴な方たちが観賞したであろう景観が目の前に広がるといってもよいのではなかろうか。
庭園を眺める
説明役の川野氏が言うには、『このような晴天の日も勿論良い眺めなのですが、私は雨の日の庭の眺めが好きなんです。というのは、赤松のグラデーションが鮮やかに映えるからなんです』ということだった。う~~ん、雨の日の鎌倉か。
庭園を眺める_1
庭園を眺める_2
庭園を眺める_3
庭園を眺める_4
庭園を眺める_5
庭園を眺める_6
庭園を眺める_7
庭園を眺める_8
庭園を眺める_9
杉戸絵
おそらく江戸時代の初期に、一条家で池坊が花を生けた際の記録と花の絵が池坊に残っているのだそうだ。その時に活けたものを絵にしたものだろうか?
杉戸絵_1
杉戸絵_2
杉戸絵_3
杉戸絵_4

以上で6月30日の見学記録は終了。9月12日に再訪したが、次回はその時の記録をざっと取り上げる予定でいる。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2018年09月22日
最終更新 2018年09月22日

10 Comments

There are no comments yet.

 匠石 戒丘  

(y^ω^)yこんばんは~☆

(y^ω^)y 松の存在感って本当に素晴らしいですよね、庭は西洋のものより、日本の方が好きです~☆

2018/09/22 (Sat) 00:10

MT  

おはようございます!

杉戸絵ですが、今はすっかり汚れていますが、真新しい時の木の色や艶、色彩豊かな生け花の絵などが想像できます。新しい時も楽しめ、時とともに落ち着いて来るその雰囲気も楽しめるといったまさに日本の美ですね!

2018/09/22 (Sat) 04:56

みすてぃ  

おはようございます

雨の日のお庭の赤松のグラデーションが鮮やかと言われると、
しっとりと濡れる様子や滴とか連想して、雨のお庭も魅力です。
でも他に行く道筋やカメラのこと等を考えると逡巡して
しまいます~ヾ(・∀・)ノ ムズカシイ

2018/09/22 (Sat) 09:56

のんびり熊  

こんにちは
ボクも雨の日が好きですねえ。
晴れだと光が強すぎるように思えてて仕方ないんです。
モットモ、濡れて修理に出さなければいかんことも有りますがね。

2018/09/22 (Sat) 13:03

りおん  

そうですね~!お庭は雨の日の方がキレイに見えますね。
園芸雑誌などは、わざわざお庭にお水を撒いてから
撮影したりするぐらいですから^^;
レンガや木の幹も、乾いているより濡れている方が
色が濃く、キレイに見えるんですよね^^

畳、懐かしい~^^
畳のお部屋がないので、畳を見ると
ごろごろしたら気持ちよさそう~!
と思ってしまいます。

再訪記事、楽しみにしています~^^

2018/09/22 (Sat) 19:14
AzTak

AzTak  

Re: (y^ω^)yこんばんは~☆

匠石 戒丘さん、こんばんは。

> (y^ω^)y 松の存在感って本当に素晴らしいですよね、庭は西洋のものより、日本の方が好きです~☆

そうですか。日本の風情そのものですよね。
松は関東以北では黒松が多く、関西では赤松が多いのだそうです。説明役の方が言うには、雨の日は、その赤松のグラデーションがはっきり出て、いい感じなんだそうです。そういうものかなと思いながら、雨の日の様子を見てみたくなりました。
ただ、このところの雨は、いったん降りだすと、とんでもない雨量になる傾向があり、雨の日にのこのこ足をのばす気にはなれません。

2018/09/22 (Sat) 19:29
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます!

MTさん、こんばんは。

> 杉戸絵ですが、今はすっかり汚れていますが、真新しい時の木の色や艶、色彩豊かな生け花の絵などが想像できます。新しい時も楽しめ、時とともに落ち着いて来るその雰囲気も楽しめるといったまさに日本の美ですね!

そうですね。すっきりさせたいのはやまやまなんでしょうが、文化財の修復も難しいことなんでしょうね。
今のところはかつてはどんな姿だったか、心の目で見るしかないようです。

2018/09/22 (Sat) 19:39
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます

みすてぃさん、こんばんは。

> 雨の日のお庭の赤松のグラデーションが鮮やかと言われると、
> しっとりと濡れる様子や滴とか連想して、雨のお庭も魅力です。
> でも他に行く道筋やカメラのこと等を考えると逡巡して
> しまいます~ヾ(・∀・)ノ ムズカシイ

そうですねえ。小雨くらいならば、喜んで出かけますが、このところはゲリラ豪雨が珍しくありません。雨の予報が出ると、出足に待ったがかかってしまいますよね。

2018/09/22 (Sat) 19:41
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> ボクも雨の日が好きですねえ。
> 晴れだと光が強すぎるように思えてて仕方ないんです。
> モットモ、濡れて修理に出さなければいかんことも有りますがね。

雨の予報が出たら、万一のことを考え、レインウェアの上下に身を包み、カメラ・レンズもレイン・カバーで防護するくらいの方がよろしいようですね。
この間の航空祭でピンポイント天気予報が大外れで、手痛い目にあった私の心からの反省です。

2018/09/22 (Sat) 19:45
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

りおんさん、こんばんは。

> そうですね~!お庭は雨の日の方がキレイに見えますね。
> 園芸雑誌などは、わざわざお庭にお水を撒いてから
> 撮影したりするぐらいですから^^;
> レンガや木の幹も、乾いているより濡れている方が
> 色が濃く、キレイに見えるんですよね^^

そういうものなんでしょうね。朴念仁の私にはなかなか気付くことができない世界かもしれません。

> 畳、懐かしい~^^
> 畳のお部屋がないので、畳を見ると
> ごろごろしたら気持ちよさそう~!
> と思ってしまいます。

まあ、日本人ならば、畳が嫌いな人はいないことでしょう。家の中に畳の間を用意できるか否かは別のものだ意図して。

> 再訪記事、楽しみにしています~^^

(ФωФ)フフフ・・・、何も考えていないんです。書けるかなあ、とちょっと不安です。

2018/09/22 (Sat) 19:53

Leave a reply