浄妙寺と一条恵観山荘(3) - 浄妙寺と一条恵観山荘_2018_Jun・Sep
FC2ブログ

浄妙寺と一条恵観山荘(3)

一条恵観山荘(2)
庭園(2)
前回の続き。夏季休業期間(8月10日~21日までの期間)中に、施設の修繕等による維持管理作業を行ったそうだ。なので、現在は建屋がガタついたところが補修され、庭なども少しリフレッシュしているかもしれない。
庭園(2)_1
庭園(2)_2
庭園(2)_3
庭園(2)_4
庭園(2)_5
庭園(2)_6
庭園(2)_7
庭園(2)_8
庭園(2)_9
庭園(2)_10
庭園(2)_11
庭園(2)_12
庭園(2)_13
庭園(2)_14
庭園(2)_15
庭園(2)_16
庭園(2)_17
庭園(2)_18
庭園(2)_19
庭園(2)_20
庭園(2)_21
庭園(2)_22
庭園(2)_23
庭園(2)_24
庭園(2)_25
庭園(2)_26

この後から、待ちに待った山荘内部見学に入る。この時と、9月12日(多分、今回記事UP日)に行ったときとで、少しは様子が変わっているかな?山荘内部見学の様子は、9月12日の再度の見学の後に、記事にしようと考えている。また、暫し間隔があいてしまう。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2018年09月12日
最終更新 2018年09月12日

14 Comments

There are no comments yet.

kaz  

おはようございます!

鎌倉もいい場所があるんですね、関東在住の大昔に、アジサイで有名なところに行ったきりです。江ノ電も乗ったことがないんです。

PS:10日のイベント、台風がこなければいいのですが・・。携帯忘れずにお願いします。あの抑える薬もらいに行きます。

2018/09/12 (Wed) 06:24

みすてぃ  

おはようござてます。

緑豊かで、藁葺屋根の厚みにも目を見張ります。
今日再び訪問されるのですか。
よくお手入れされた庭園で建屋の補修ですか。
結構、改修や補修工事をされている所があって、
長持ちするには大切です。。。
お天気もよくって楽しみですねぇー♪

2018/09/12 (Wed) 07:51

makira  

こんにちは!

AzTakさん、こんにちは!
茅葺屋根の建物は風情がありますね♪
広大な庭の維持管理も大変でしょうね。
でも、そういうご苦労があって、素晴らしい空間が保たれているんですね!
感謝!感謝!ですね♪

2018/09/12 (Wed) 12:07

りおん  

苔のお庭、いいですね~^^
これだけ広いお庭なのに、手入れがいき届いていて
気持ちがいいですね~^^
うちの狭いお庭は、いつも汚庭です~^^;
もう少し涼しくなったら、ちゃんとお手入れします~^^;

にゃんこちゃんと暮らしていらしたのですね^^
20年とはかなり長生きしてくださったのですね!

2018/09/12 (Wed) 14:02

MT  

こんばんは

いつもながらいろいろの散策に頭が下がります。
こちらは暑い夏も木陰が気持ちよさそうです。そう言えば、先日、ご紹介いただいたの光明寺ですが、裏には海とお寺の見える展望台があるのですね〜。情報ありがとうございます。^^

2018/09/12 (Wed) 19:06

senri32  

わが家から行ったら報国寺の手前右。知りませんでした。

2018/09/12 (Wed) 20:05
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます!

kazさん、こんばんは。

> 鎌倉もいい場所があるんですね、関東在住の大昔に、アジサイで有名なところに行ったきりです。江ノ電も乗ったことがないんです。

ここは、京都から貴重な文化遺産のお裾分けです。目端が利く人達が残す方向でうまく動いてくれたのでしょう。
鎌倉オリジナルのものは、殆ど灰燼に帰したのが正確なところでしょうね。世界遺産として認められなかったのは、そういう事情があったと思います。
江ノ電は明治後期(1902年開業)の鎌倉に新しくできた遺産です。一度乗ってみる価値があると思います。鎌倉駅を出発し、狭いところを抜けると、一気に海岸線が開け、江の島も見えてきます。そして腰越あたりは路面電車そのものになります。楽しいですよ。
周辺地域は、中村雅俊のドラマ『俺たちの朝』の舞台にもなっていますね。

> PS:10日のイベント、台風がこなければいいのですが・・。携帯忘れずにお願いします。あの抑える薬もらいに行きます。

そうですね。神様にお願いしなくっちゃ。

2018/09/12 (Wed) 20:15
AzTak

AzTak  

Re: おはようござてます。

みすてぃさん、こんばんは。

> 緑豊かで、藁葺屋根の厚みにも目を見張ります。

後で説明しますが、三層構造の屋根だそうです。

> 今日再び訪問されるのですか。

はい、今日の午前中に行ってきました。覚えきれないので、前回の反省を踏まえボイスレコーダーを持参したのですが、直前に落とし、その時に録音スイッチが切れてしまったようです。う~~んです。

> よくお手入れされた庭園で建屋の補修ですか。
> 結構、改修や補修工事をされている所があって、
> 長持ちするには大切です。。。

今回の補修で家屋部分も補修したのか否かわかりませんが、何でもアライグマの侵入があり、貴重な障子を破かれてしまったようです。きれいに補修してありましたが。この障子が実に特殊な障子なんです。それもあとで取り上げます。

> お天気もよくって楽しみですねぇー♪

ちょっと曇りがちで、室内がかなり暗く、冷や汗をかきながら、フラッシュ照射なしの撮影をしいられました。見方によっては、情緒がある感じと言えなくもありませんが、…。とにかく、悪戦苦闘しました。

2018/09/12 (Wed) 20:23
AzTak

AzTak  

Re: こんにちは!

> AzTakさん、こんにちは!

makiraさん、こんばんは。

> 茅葺屋根の建物は風情がありますね♪
> 広大な庭の維持管理も大変でしょうね。
> でも、そういうご苦労があって、素晴らしい空間が保たれているんですね!
> 感謝!感謝!ですね♪

戦後朽ちるに任せていた西賀茂山荘。その茶屋だけでも残そうと尽力した目端の利く関係者がいたことを、一番感謝したいです。いまは、保存の道筋も整備され、当面文化財として後世の人たちをうならさせてくれることでしょう。
庭園も素晴らしいですが、茶屋の建物は、もっともっと素晴らしいです。

2018/09/12 (Wed) 20:29

のんびり熊  

こんばんは
それなりの敷地内に入るには、必ず門が有る。
門だけ見ていても、結構面白いんですね。
洒落っ気のあるもんだ好きですねえ

2018/09/12 (Wed) 20:32
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

りおんさん、こんばんは。

> 苔のお庭、いいですね~^^
> これだけ広いお庭なのに、手入れがいき届いていて
> 気持ちがいいですね~^^

相当に手間暇をかけているようです。思い通りにならないのは、京都の庭にいっぱい生えていたスギゴケが、この鎌倉ではあまり根付かなかったようで、他の苔がカバーしてくれているようです。そこだけは思惑が違ったとか。

> うちの狭いお庭は、いつも汚庭です~^^;
> もう少し涼しくなったら、ちゃんとお手入れします~^^;

庭があるだけでも羨ましいです。大事にしてくださいね。

> にゃんこちゃんと暮らしていらしたのですね^^
> 20年とはかなり長生きしてくださったのですね!

19.5年くらいでしたが、わがままし放題の女王様でした。私は完全な下男でした。

2018/09/12 (Wed) 20:34
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは

MTさん、こんばんは。

> いつもながらいろいろの散策に頭が下がります。
> こちらは暑い夏も木陰が気持ちよさそうです。そう言えば、先日、ご紹介いただいたの光明寺ですが、裏には海とお寺の見える展望台があるのですね〜。情報ありがとうございます。^^

富士山はいろいろなところから見えると思いますが、こちらからも素敵な眺めです。

光明寺の内藤家墓所には高さ3mを超える宝篋印塔や五輪塔が整然と並んでいます。見たことがない規模だと思います。まるで、スペインの巡礼の道の途中で出会うような壮大な墓所です。こちらの方がもっともっとお勧めです。
江戸深川の霊巌寺から移した理由ですが、会津の蒲生家に輿入れした姫の後嗣がなく、お家取り潰しになったのです。その薬王寺墓所の近くにという気持ちがあったのではと、勝手に考えています。
あの利休の子、少庵をかくまい、頃合いを見計らって、千家の再興につなげた蒲生氏郷の家が断絶してしまったんです。その男の子を生めなかったのが内藤家から輿入れした姫様だったんです。

2018/09/12 (Wed) 20:51
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

senri32さん、こんばんは。

> わが家から行ったら報国寺の手前右。知りませんでした。

左側になると思います。道と滑川とに挟まれた一画で、宗偏流家元の施設に隣接しています。

2018/09/12 (Wed) 20:56
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> それなりの敷地内に入るには、必ず門が有る。
> 門だけ見ていても、結構面白いんですね。
> 洒落っ気のあるもんだ好きですねえ

勅使門というのは聞いたことがあると思います。ここの門は、勅使などではなく、天皇そのものを招じ入れる門だったのです。
それなりの趣がありますよね。

2018/09/12 (Wed) 20:58

Leave a reply