浄妙寺と一条恵観山荘(1) - 浄妙寺と一条恵観山荘_2018_Jun・Sep
FC2ブログ

浄妙寺と一条恵観山荘(1)

6月末の写真で恐縮だ。この日、一条恵観山荘の案内付き山荘見学に申し込んでいた。その時の様子だ。何故、今頃と思われるかもしれない。実は、一条恵観山荘の案内付き山荘見学を再び、申し込んだ。さすがにその前に取り上げておきたく、焦って記憶をたどりながら『松島基地航空祭2018』のシリーズを一旦中断して取り上げる次第。

浄妙寺
鎌倉五山の一つである浄妙寺。浄明寺地区にあるので、他のお寺さん寄りから若干参拝客が少ないかもしれない。その分、落ち着いて拝観できる。この日は本当の用件が別にあり、ササっと見て歩くだけにした。
山門
残念ながら茅葺きではない。
山門

花の寺の庭だけあって、参道の両側は花がたくさん。それを愛でに来た方も少なくなかろう。だが、ちょうど花の切れ目だったのだろうか。めぼしい花はなかった。
庭_1
庭_2
庭_3
庭_4
庭_5
庭_6
本堂
昔の方丈が今は本堂となっているそうだ。『はるばるとまゐりておかむ観世音 ほとけのおしへ弥陀乃浄土へ』
本堂_1
本堂_2
本堂_3
喜泉庵(きせんあん)と枯山水の庭
和カフェのような喜泉庵でお抹茶を頂きながら、手入れの行き届いた枯山水の庭を愛でる。それが普通のコースかな。至福の時だと思う。この日は、一条恵観山荘の案内付き山荘見学が主たる用件だったため、こちらには寄らず、庭の写真だけを撮らせていただいた。
喜泉庵(きせんあん)と枯山水の庭_1
喜泉庵(きせんあん)と枯山水の庭_2
喜泉庵(きせんあん)と枯山水の庭_3
喜泉庵(きせんあん)と枯山水の庭_4
喜泉庵(きせんあん)と枯山水の庭_5
喜泉庵(きせんあん)と枯山水の庭_6
喜泉庵(きせんあん)と枯山水の庭_7
喜泉庵(きせんあん)と枯山水の庭_8
石窯ガーデンテラス
こちらも喜泉庵と同じ理由でパス。私がドケチと思われるかもしれない。案外当たっているかな。
石窯ガーデンテラス_1
石窯ガーデンテラス_2
石窯ガーデンテラス_3
石窯ガーデンテラス_4
石窯ガーデンテラス_5
石窯ガーデンテラス_6
石窯ガーデンテラス_7
石窯ガーデンテラス_8
石窯ガーデンテラス_9
石窯ガーデンテラス_10
やぐら
石窯ガーデンテラス近くのやぐらはしっかり見させてもらった。無料のものは見逃さないあたりは、まごうかたなきドケチかも。『足利直義墓』という立札が。ここにあったのか。直義は尊氏の同母弟で、よく尊氏を補佐したが、…。
やぐら_1
やぐら_2
やぐら_3
やぐら_4
やぐら_5
やぐら_6
やぐら_7
鎌足稲荷神社
鎌倉の語源となった神社だとか。
鎌足稲荷神社_1
鎌足稲荷神社_2
鎌足稲荷神社_3
鎌足稲荷神社_4
鎌足稲荷神社_5
浄妙寺には、鎌倉の地名の由来ともされる藤原鎌足の「鎌槍伝説」が残されている。
昔、藤原鎌足は、鹿島神宮参詣の途中で由比の里(現鎌倉)に宿泊した。すると、夢に現れた老人から「鎌槍をこの地に埋めれば天下はよく治まる」というお告げを受け、白狐に導かれるまま所持していた鎌槍を浄妙寺の裏山に埋めたのだという。鎌倉という地名は、この鎌足の「鎌槍」から生まれたという説がある。
開山堂には、「木造藤原鎌足像」が安置されている。

AzTak
Posted by AzTak
投稿 2018年09月10日
最終更新 2018年09月10日

16 Comments

There are no comments yet.

みすてぃ  

おはようございます!

石窯ガーデンテラスのお庭の木々と紫陽花も咲いていて、煙突のある
建物がとても素敵で好みです。
夏直前の時期に紫陽花も咲いて、いい季節です。
記事の予定が目白押しのときは迷いますよね^^

鎌足稲荷神社へと、緑茂る石段を上る景観も大変鎌倉らしいです(・∀・)

2018/09/10 (Mon) 07:58

花さか爺サン  

AZTAKさま こんにちは

すっかりご無沙汰いたしております。
浄妙寺の枯山水の庭園は緑に囲まれ素敵ですね。

2018/09/10 (Mon) 13:36

りおん  

今日も見ごたえのあるたくさんのお写真に癒されました。
手入れの行き届いた寺社、見事な庭園
常にこの状態を保つためには、かなりのお手入れが必要かと。
暑さに放置された、わが汚庭が、かわいそうになりました。
少しは手をかけてあげないと~^^;

山の木陰、大樹、どれも心癒される光景です^^

2018/09/10 (Mon) 14:14

senri32  

浄妙寺。私にとっては鎌倉というより「逗子」という感覚です。朝比奈から一山超えたら浄妙寺、春は桜が満開です。

2018/09/10 (Mon) 19:01

x都人x  

鎌倉は見応えのある所が多いですね~
緑が多くて枯山水のお庭に
癒されますね。

鎌倉行きたいな^^

2018/09/10 (Mon) 19:16

MT  

こんばんは

浄妙寺の本堂の屋根が大きくて綺麗でとても立派ですね!
朝や夜に来て見たくて、ひょっとしてと思い、さっそく時間を調べて見たら、何とも殺生な拝観時間が09:00〜16:30でがっかりです。お寺はこの拝観時間のための門の前での足止めが多いのが悩みです。^^;

2018/09/10 (Mon) 19:44

のんびり熊  

AzTakさん

こんばんは
ホーー
鎌倉の由来がやはりあるんですね~
知りませんでした。

2018/09/10 (Mon) 20:15
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます!

みすてぃさん、こんばんは。

> 石窯ガーデンテラスのお庭の木々と紫陽花も咲いていて、煙突のある
> 建物がとても素敵で好みです。

素敵ですよね。中に入るとお庭がとても素敵なんだそうです。そこで、のんびりと食事を楽しむ趣向だそうです。

> 夏直前の時期に紫陽花も咲いて、いい季節です。
> 記事の予定が目白押しのときは迷いますよね^^

この時は、一条恵観山荘の見学で見聞きしたことを覚えきれず、近いうちに行って覚えきれなかったことを補完しようと思っていたんです。ところが、酷暑がやってきて、機会を失したんです。(^_^;)

> 鎌足稲荷神社へと、緑茂る石段を上る景観も大変鎌倉らしいです(・∀・)

いつも、どこだったか迷う辺りです。知らない方は諦めてしまいそうなところにあります。

2018/09/10 (Mon) 20:23
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> AZTAKさま こんにちは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> すっかりご無沙汰いたしております。
> 浄妙寺の枯山水の庭園は緑に囲まれ素敵ですね。

そうですね。なかなかしゃれた感じの枯山水でした。やはり建物の中から見るように作られていて、外から撮影したのでは良さが十分には出せない感じかもしれません。急がない時は必ず寄るようにしています。

2018/09/10 (Mon) 20:26
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

りおんさん、こんばんは。

> 今日も見ごたえのあるたくさんのお写真に癒されました。
> 手入れの行き届いた寺社、見事な庭園
> 常にこの状態を保つためには、かなりのお手入れが必要かと。

鎌倉五山の一つですが、今は近くの報国寺や杉本寺などで拝観はおうぇありにされてしまう方も少なくなく、ちょっともったいない感じがしないでもありません。
いまは、花のお寺として有名で、特に牡丹の時期などは見事な花が楽しめるようです。

> 暑さに放置された、わが汚庭が、かわいそうになりました。
> 少しは手をかけてあげないと~^^;
>
> 山の木陰、大樹、どれも心癒される光景です^^

あればそれで十分です。我が家もかつてはちょっと広い庭がありましたが、今は庭無しのビルにしてしまいました。寂しい限りです。

2018/09/10 (Mon) 20:31
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

senri32さん、こんばんは。

> 浄妙寺。私にとっては鎌倉というより「逗子」という感覚です。朝比奈から一山超えたら浄妙寺、春は桜が満開です。

地元といって差し支えない地区ですよね。ちょっと行けば確かに逗子市ですね。
逗子市って、昔は横須賀市逗子だったんです。友達の戸籍にそういう記載があると聞きました。

2018/09/10 (Mon) 20:34
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

x都人xさん、こんばんは。

> 鎌倉は見応えのある所が多いですね~
> 緑が多くて枯山水のお庭に
> 癒されますね。
>
> 鎌倉行きたいな^^

鎌倉はこじんまりした古都ですね。なぜ、こんなに観光客が集まってくるのかよくわかりませんが、週末などだと、本当に込み合います。好き好きでしょうが、私は京都や奈良の方が好きです。京都や奈良に行きたいです。

2018/09/10 (Mon) 20:39
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは

MTさん、こんばんは。

> 浄妙寺の本堂の屋根が大きくて綺麗でとても立派ですね!
> 朝や夜に来て見たくて、ひょっとしてと思い、さっそく時間を調べて見たら、何とも殺生な拝観時間が09:00〜16:30でがっかりです。お寺はこの拝観時間のための門の前での足止めが多いのが悩みです。^^;

材木座にある光明寺をご存知ですか。すごく素晴らしい寺院です。寺院そのものも素晴らしいのですが、裏山から見る富士山の見え方が半端じゃなく良いんです。早朝派の方にお勧めです。
あそこは、拝観料がかかりませんから、いつでも行けるはずです。
そして、100m足らずのところに平藩主だった内藤家の墓地があります。敷地前部が内藤家の墓地で、これまた壮観なんです。
なぜ、江戸ではなく、いわきから江戸の先になる鎌倉に墓地を置いたか、調べるのも面白いかも。

2018/09/10 (Mon) 20:48
AzTak

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> ホーー
> 鎌倉の由来がやはりあるんですね~
> 知りませんでした。

この言い伝えがあるということは、藤原鎌足がこの地に来たということなんですよね。鎌倉が単なる漁村だったころに、来たんでしょうかね。信じてみたい言い伝えです。

2018/09/10 (Mon) 20:50

yosaku03  

今晩は!

浄妙寺と一条恵観山荘も私は初めて見聞きしました。
鎌倉も奥が深く知らない神社仏閣など沢山有りますね。
地元でも知らない神社など沢山有るので地方では余計分からないですね。
私もこの様な建物や庭園は大好きなので夢中になって撮ると思います。
再度行かれるんですか、楽しみですね。

2018/09/10 (Mon) 21:47
AzTak

AzTak  

Re: 今晩は!

yosaku03さん、こんばんは。

浄妙寺と一条恵観山荘も私は初めて見聞きしました。
> 鎌倉も奥が深く知らない神社仏閣など沢山有りますね。
> 地元でも知らない神社など沢山有るので地方では余計分からないですね。

浄妙寺は、鎌倉五山の第五位なんですが、この辺までくると、まったくもってマイナー扱いかもしれません。僧職にとっては由々しき話かもしれませんが、のんびりしたい観光客にはちょうど良い名前の通り方かもしれません。一条恵観山荘に至っては、知らない方が殆どでしょう。さらにゆったりしています。ゆっくり見て歩きたい向きにはお勧めの場所です。

> 私もこの様な建物や庭園は大好きなので夢中になって撮ると思います。
> 再度行かれるんですか、楽しみですね。

明後日の水曜日に行こうと考えています。立て板に水を流すがごとき懇切丁寧な説明があります。この間、己の記憶力の衰えを強く実感したので、次はボイスレコーダーでしっかり記録させてもらおうと思っています。
塚原夫妻のような不正録音ではありません。

2018/09/10 (Mon) 22:47

Leave a reply