京都と大阪とへの小旅行(28) - 京都と大阪とへの小旅行_2018_Jul
FC2ブログ

京都と大阪とへの小旅行(28)

松尾大社(3)

霊亀の滝
ちょっと曲がりくねっていて非常に撮りにくい被写体だった。三段の滝だったようだ。もう少し正面から撮りたかったが、そんなことをしたら、川底に落ちてしまう。
変則的な三段の滝かなあ。正しくは2段の滝と1段の滝との組み合わせだろうか?
霊亀の滝_1
霊亀の滝_2
霊亀の滝_3
社殿の背後の松尾山を含む約十二万坪が境内で、その全域が風致地区に指定され大部分が古都保存法の特別地区になっています。松尾山は別雷山(わけいかづちのやま)とも称し、七つの谷に分かれていますが、社務所の裏の渓流を御手洗川(みたらしがわ)と称し、四時涸れることのない霊亀の滝がかかっています。古記によれば、元正天皇の和銅7年8月、この谷より『首に三台(三つの星)をいただき、背に七星を負い、前足に離の卦を顕わし、後足に一支あり尾に緑毛・金色毛の雑った長さ八寸の亀』が現れ、左京の人が神主と共に朝廷に参上したところ、嘉瑞なりとして霊亀と改元せられ、亀は再び元々の谷に放たれたといわれています。
境内末社
本殿北側の御手洗川岸
四大神社、三宮社が相殿。居酒屋の相席じゃないが、相殿というものもあったんだ。う~~ん。
本殿北側の御手洗川岸_1
本殿北側の御手洗川岸_2
鳥居が微妙に景観を邪魔しているなあ
本殿北側の御手洗川岸_3
本殿北側の御手洗川岸_4
本殿北側の御手洗川岸_5
本殿北側の御手洗川岸_6
本殿北側の御手洗川岸_7
本殿北側の御手洗川岸_8
本殿の南側に向かって右から衣手社、一挙社、金刀比羅社、祖霊社の四社が有り、本殿北側の御手洗川岸に、四大神社、三宮社が相殿で霊亀の滝の前には、滝御前社があります。
本殿の南側
南末社4社 …(左から)祖霊社、金刀比羅社、一挙社、衣手社。撮れなかったので、PDF画像を借用する
南末社4社
亀の井
そういう有難い水だったのか。何かそういう感じがしたが、あまりの酷暑にそれでなくても良くないおつむがオーバーヒート寸前。涼めるところを必死に探していた。
亀の井
霊亀の滝の手前に『亀の井』という霊泉があり、酒造家はこの水を酒の元水として造り水に混和して用い、また“延命長寿”“蘇り”の水としても有名です。早朝から開門と同時に家庭用水・茶道・書道の用水として汲み帰る方が来られます。
蓬莱(ほうらい)の庭
自ら仙界に遊ぶ境地に到達はできなかったが、素晴らしい庭だと思った。3つの庭の中では、一番わかりやすい感じに思えた。松尾大社に行くことがあれば、三庭園と神像館とを見られるこの有料配管部分は、絶対のお勧めだ。
蓬莱(ほうらい)の庭_1
蓬莱(ほうらい)の庭_2
蓬莱(ほうらい)の庭_3
蓬莱(ほうらい)の庭_4
蓬莱(ほうらい)の庭_5
蓬莱(ほうらい)の庭_6
蓬莱(ほうらい)の庭_7
蓬莱(ほうらい)の庭_8
蓬莱(ほうらい)の庭_9
蓬莱(ほうらい)の庭_10
蓬莱(ほうらい)の庭_11
蓬莱(ほうらい)の庭_12
蓬莱(ほうらい)の庭_13
蓬莱(ほうらい)の庭_14
蓬莱とは、不老不死の仙界の意味で、その島にあこがれる蓬莱思想が鎌倉時代に最も流行し、これが作庭技術にも採用されて来ました。源 頼朝は、当神社に対し神馬十匹・黄金百両を献じて深い尊信の念を捧げ、以後も武門の崇敬は変わることなく明治の時代まで続きました。本庭は、その鎌倉期に代表される回遊式庭園を取り入れたもので、池全体が羽を広げた鶴を形どっており、池泉の周囲を巡り池に浮かぶ島々を眺めて、もしも自ら仙界に遊ぶ境地に到達されたなら、鑑賞者の心と作庭家の心とがその時こそ一致した時だと思われます。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2018年09月06日
最終更新 2018年09月06日

8 Comments

There are no comments yet.

みすてぃ  

おはようございます!

とても広くて四大神社、三宮社に、高い所からの滝もあって亀の井という
有り難い水もあるのですね。
広い境内をたくさん歩かれてご覧になったのですね。

思えば猛暑の始まりの頃からずっと、木陰でもどこでも熱波があって
撮影という強い目的があるので、暑さにも耐える原動力になっている
のですね(^v^)
でもお疲れを取られてくださいね。

異常続きのこの夏の天候ですが、今朝は北海道の地震のニュースで
大変驚いています。

2018/09/06 (Thu) 07:58

土佐けんの助手  

こんにちは

松尾大社と言うとお酒の神様^^
一度訪れた時のことを懐かしく思い出しています。

2018/09/06 (Thu) 14:23

yosaku03  

今晩は!

松尾大社の様な立派なお寺には神社に相応しい池や建物がありますね。
滝もあるんですね。
成田山にも裏山に滝があります。
去年紅葉を撮りに行ったとき写真を撮るのを忘れてしまいました。
松尾大社も紅葉が綺麗な名所かも知れませんね。

2018/09/06 (Thu) 17:40

のんびり熊  

AzTakさん

こんばんは
神様もお隣同士、お神酒を挙げて仲良し仲良し・・・
世の平和に貢献ですね。
フ~~~ン
蓬莱の庭ですか。
素晴らしいですね!!
見たいもんです。

2018/09/06 (Thu) 18:57
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます!

みすてぃさん、こんばんは。

> とても広くて四大神社、三宮社に、高い所からの滝もあって亀の井という
> 有り難い水もあるのですね。
> 広い境内をたくさん歩かれてご覧になったのですね。

昔に境内はいざ知らず、現在の境内は途方に暮れるほどの広さではありません。39.8度でなければ、元気よく歩くことができる感じでした。
人それぞれ興味のあるところは異なると思いますが、私は神社の能書きを読むのが結構好きだったりします。日本人のこだわりが詰まっているような気がするからです。

> 思えば猛暑の始まりの頃からずっと、木陰でもどこでも熱波があって
> 撮影という強い目的があるので、暑さにも耐える原動力になっている
> のですね(^v^)
> でもお疲れを取られてくださいね。

少し涼しくなり、漸く少し身体に力が戻ってきたような気がします。9月はどこにも行く予定がなく、近隣をぶらぶらしてみようかと思います。

> 異常続きのこの夏の天候ですが、今朝は北海道の地震のニュースで
> 大変驚いています。

そうですね。停電がつづき、列車や飛行機の運行が止まっている。この異常事態が一刻も早く解消されないと本当に困ってしまいます。たまたま旅行に行っていた人たちも帰るに帰れず、心細いことでしょう。

2018/09/06 (Thu) 20:12
AzTak

AzTak  

Re: こんにちは

土佐けんさんの助手さま、こんばんは。

> 松尾大社と言うとお酒の神様^^
> 一度訪れた時のことを懐かしく思い出しています。

普通の時もいいのでしょうが、松尾祭りや山吹の季節なんかだと、最高なんでしょうね。そちらは、いつの時期においでになりましたか。記事を見た記憶がありますが、忘れてしまいました。
松尾祭りは、何とか見たいと思います。

2018/09/06 (Thu) 20:24
AzTak

AzTak  

Re: 今晩は!

yosaku03さん、こんばんは。

> 松尾大社の様な立派なお寺には神社に相応しい池や建物がありますね。
> 滝もあるんですね。
> 成田山にも裏山に滝があります。
> 去年紅葉を撮りに行ったとき写真を撮るのを忘れてしまいました。
> 松尾大社も紅葉が綺麗な名所かも知れませんね。

こちらは、ご神体の磐座から流れ出る正真正銘の滝だと思います。昔々を辿れば、もしかしたら人工の滝だったりする可能性は皆無ではないと思いますが、自然に存在する滝だと考えた方が有難みが増すように思います。
松尾大社の紅葉は相当に綺麗なようです。頃合いは七五三のころだそうで、紅葉をバックに記念写真を撮る家族連れが多いとか聞きました。そのほか、山吹も有名なんだそうです。こちらは京都で一番だとか。

成田は養父の生まれ故郷です。昔はなんだかんだと行ったものでしたが、私自身も弱ってきてしまい、行くことがなくなりました。段々、行き先が狭まってきてしまいました。

2018/09/06 (Thu) 20:41
AzTak

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 神様もお隣同士、お神酒を挙げて仲良し仲良し・・・
> 世の平和に貢献ですね。
> フ~~~ン

日本の神さまらしくていいじゃないですか。たぶん、諏訪大社のご祭神も、こちらの祭神のもてなしを受けたのでは。『まままま、お近づきのしるしにご一杯』などと勧められたのでは。

> 蓬莱の庭ですか。
> 素晴らしいですね!!
> 見たいもんです。

重森三玲氏の遺作だそうです。私の腕前がへぼなので、もしかしたら感動していただけないかもしれませんが、本物は凄いものでした。京都に行く機会があったら是非。
キャノンの回し者ではありませんが、そろそろ5D3を捨てて、新しいEOS-Rにしたら如何ですか。相当進化したようですよ。捨てるカメラは私が譲り受けますから。

2018/09/06 (Thu) 20:53

Leave a reply