松島基地航空祭2018(3) - 松島基地航空祭2018_2018_Aug
FC2ブログ

松島基地航空祭2018(3)

救難隊訓練飛行(09:10-09:30)
エプロンを出るところ
ゆっくりと所定の位置に向かう。航空自衛隊がPRしたい一番のところかもしれない。陸上自衛隊との業務区分はわからないが、おそらくは航空機事故肝炎などの場合は、間違いなく航空自衛隊の出番なのだろう。厳しい局面なのだろうなあ。
U-125A
救難捜索機で乗員定員は4人。救難捜索機MU-2の後継機と位置付けられている。MU-2に比べ、性能、能力ともに一段と向上したようだ。救難捜索の局面では、非常に頼りになる存在なのだろう。
エプロンを出るところ_1
UH-60J
救難ヘリコプターUH-60Jは、米国の多用途ヘリコプターUH-60Aの航空自衛隊救難機向けの改造機。赤外線暗視装置、気象レーダーや精密な慣性航法装置を搭載しているほか、航続距離が長いので救難可能区域も広く、ほぼ防空識別圏内をカバー、遭難者を生存可能時間内に救助できる区域が広がる、などの特徴を持っているとのこと。
救難捜索機U-125Aで得た情報をもとに、現場での救助活動に威力を発揮することなのだろう。

エプロンを出るところ_2
待機中のUH-60J
救難捜索機U-125Aが先に出動するという状況設定なのだろう。実際の救助の場面でも、いち早く飛び立てるように準備しているのかもしれない。
待機中のUH-60J_1
待機中のUH-60J_2
かなり大型のヘリコプターだ
待機中のUH-60J_3
先にホバリングなどを披露するようだ
待機中のUH-60J_4
待機中のUH-60J_5
待機中のUH-60J_6
お尻を上げたスタイル。事情はよくわからないが、必要な場面なのだろう。
待機中のUH-60J_7
待機中のUH-60J_8
そして、少し向こうへ飛んでいった
待機中のUH-60J_9

目印の発煙筒から煙が
いよいよ訓練開始だ
目印の発煙筒から煙が

救難捜索機U-125Aの出番
待ってましたとばかりに、速やかに飛来した。が、対象物を探し当てたからといってヘリのようにホバリングするわけにはいかない。周辺を飛行しながら必要な情報を得て、基地に報告を入れるのだろう。
救難捜索機U-125Aの出番_1
救難捜索機U-125Aの出番_2
救難捜索機U-125Aの出番_3
救難捜索機U-125Aの出番_4
救難捜索機U-125Aの出番_5
何度も周辺を飛行して必要情報の収集をするのだろう。それも迅速・正確に。小さな半径で旋回できるようになっているようだ。
救難捜索機U-125Aの出番_6
救難捜索機U-125Aの出番_7

救難ヘリコプターUH-60Jの出動
救難捜索機U-125Aからの連絡を受け、現場に急行する。実際に遭難事故が起きても不思議がないくらいの悪天候だ。
救難ヘリコプターUH-60Jの出動_1
救難ヘリコプターUH-60Jの出動_2
救難ヘリコプターUH-60Jの出動_3
救難ヘリコプターUH-60Jの出動_4
救難ヘリコプターUH-60Jの出動_5
救難ヘリコプターUH-60Jの出動_6
救難ヘリコプターUH-60Jの出動_7
救難ヘリコプターUH-60Jの出動_8
救助要員が降下する
その緊張のシーンだ。まずは、ロープが垂らされた。
救難ヘリコプターUH-60Jの出動_9
隊員2人がスタンバイしている。お判りいただけただろうか?
救難ヘリコプターUH-60Jの出動_10
救難ヘリコプターUH-60Jの出動_11
救難ヘリコプターUH-60Jの出動_12
敢えてロープを絡ませるのだろうか?
救難ヘリコプターUH-60Jの出動_13
救難ヘリコプターUH-60Jの出動_14
救難ヘリコプターUH-60Jの出動_15
救難ヘリコプターUH-60Jの出動_16
その様子を確認しに、救難捜索機U-125Aも近くを飛行する
救難ヘリコプターUH-60Jの出動_17
地上に降り立った救助要員。2人1組で、救助対象者を救出用バケットに落ちないように括りつけるのだろう。
救難ヘリコプターUH-60Jの出動_18
吊り上げるシーン
救難ヘリコプターUH-60Jの出動_19
救難ヘリコプターUH-60Jの出動_20
救難ヘリコプターUH-60Jの出動_21
救難ヘリコプターUH-60Jの出動_22
救難ヘリコプターUH-60Jの出動_23
隊員の腕力は相当なものが必要そうだ。そのための基礎訓練を欠かさないのだろう。
救難ヘリコプターUH-60Jの出動_24
救難ヘリコプターUH-60Jの出動_25
救難ヘリコプターUH-60Jの出動_26
救難ヘリコプターUH-60Jの出動_27
救難ヘリコプターUH-60Jの出動_28
もう一人の隊員も吊り上げた
救難ヘリコプターUH-60Jの出動_29
救難ヘリコプターUH-60Jの出動_30
救難ヘリコプターUH-60Jの出動_31
救難ヘリコプターUH-60Jの出動_32
救難ヘリコプターUH-60Jの出動_33
救難ヘリコプターUH-60Jの出動_34
救助完了
観客から大きな拍手が起こった。雨が降りしきる中、訓練を披露する隊員も、濡れながらも見入る観客も、ともに緊張したシーンだった。
救難ヘリコプターUH-60Jの出動_35
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2018年08月30日
最終更新 2018年08月30日

16 Comments

There are no comments yet.

MT  

おはようございます

上手に追従されていて見事です。私なんかすぐに外してしまいそうです。
ヘリの演習デモも迫力がありますね。自衛隊の皆さんが日々いろんな訓練をして有事に備えてくれていることに感謝せねばいけませんよね。その一方で、戦闘機やヘリ1機あたり、私の税金が1円くらい乗っているんじゃないかと時々思ったりしています。

2018/08/30 (Thu) 07:04

みすてぃ  

おはようございます~

U-125A、救難捜索機は性能、能力ともに一段と向上したのは
心強いですね。
機体の色に形も大空にキレイに羽ばたきそうです。✈✈
救難ヘリコプターはあいにくの曇り空にライトが目印のようで、降りてくる
救助員の動きもよく見えます。
訓練飛行の自衛隊員は日頃の訓練を披露し、それを見る人々に
撮影カメラマンさんも皆さん熱意ですね!!

2018/08/30 (Thu) 07:37

きらり  

す、すごい!!
テレビの救出などで見ますが、
やはり訓練をきちんとやっているのですね。
これ、本当に見たらド迫力ですよね。
前六本木に自衛隊があった時自衛隊機はしょっちゅう見たのですが
最近少なくなりました。

2018/08/30 (Thu) 08:41

aiupa  

こんにちは^^

一枚目のぬーんと顔出してくる構図がいいですね~
ヘリコプターもまた飛行機とは違った魅力があり見入りますね☆彡

2018/08/30 (Thu) 09:32

makira  

おはようございます!

AzTakさん、おはようございます!
あはは! 隣の方のヨンニッパが気になりましたか!
価格も1っポン弱ですから・・・笑)
今までのレンズの価格を合わせれば何台も買えるでしょうね!
400でF2.8なら時と場所に制限は無いですね♪
多機能、高性能の大型ヘリはかっこいいですね♪

2018/08/30 (Thu) 11:38

yosaku03  

今日は!

天気が悪くなってしまったようで残念でしたね。
悪条件下の撮影では難しかったと思います。
この様なときは明るいレンズが欲しくなりますが、レンズが高すぎて・・・・
悪条件下でも可成り綺麗に撮れていると思いました。

2018/08/30 (Thu) 17:16

x都人x  

もう少し良い条件の時だったら
もっと素敵だったのに、、少し悔やまれますね~

日々の訓練の成果を発揮されて、、
見事ですね^^

2018/08/30 (Thu) 18:21
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます

MTさん、こんばんは。

> 上手に追従されていて見事です。私なんかすぐに外してしまいそうです。

そんなことは無いと思います。超音速機と違い航空機も低速飛行性能がものをいう世界でしょうから、撮り手にはありがたい話です。

> ヘリの演習デモも迫力がありますね。自衛隊の皆さんが日々いろんな訓練をして有事に備えてくれていることに感謝せねばいけませんよね。その一方で、戦闘機やヘリ1機あたり、私の税金が1円くらい乗っているんじゃないかと時々思ったりしています。

確かに高額なんでしょうね。ですが、その面の安物カメラとレンズとの組み合わせで被写体を追っても、まったく何が写っているのかわからないような写真が量産されてしまいますよね。然るべき機材で撮れば、相当なものが撮れることでしょう。お金がないから安物で我慢するか、思い切って買って勝負するか。そういうのと似た話かもしれません。
国防という観点からは、余り出し惜しみはすべきじゃないかもしれません。

2018/08/30 (Thu) 20:34
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます~

みすてぃさん、こんばんは。

> U-125A、救難捜索機は性能、能力ともに一段と向上したのは
> 心強いですね。
> 機体の色に形も大空にキレイに羽ばたきそうです。✈✈
> 救難ヘリコプターはあいにくの曇り空にライトが目印のようで、降りてくる
> 救助員の動きもよく見えます。
> 訓練飛行の自衛隊員は日頃の訓練を披露し、それを見る人々に
> 撮影カメラマンさんも皆さん熱いですね!!

遭難救助などの場面を考えると、晴天での捜索&救助ということもなくはないでしょうが、殆どの場合、荒天での作業になってしまうように思われます。2次遭難をも覚悟のうえでの救助活動かもしれません。群馬県防災ヘリコプターの墜落事故も不幸にして起きてしまいました。
決して、楽な作業ではないと思います。無事に救出ができるよう、祈りたいものです。

2018/08/30 (Thu) 20:42
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

きらりさん、こんばんは。

> す、すごい!!
> テレビの救出などで見ますが、
> やはり訓練をきちんとやっているのですね。
> これ、本当に見たらド迫力ですよね。

実際には難易度の高い場面での作業が必至なんでしょう。なので、日頃から厳しい訓練を行って、いざという時に備える必要があるんでしょうね。このイベントくらいだと難易度がうんと低い事例なんでしょう。それでも油断したらいけません。いついかなる時も真剣勝負。そういう世界なんでしょう。

> 前六本木に自衛隊があった時自衛隊機はしょっちゅう見たのですが
> 最近少なくなりました。

皇太子妃の結婚の時、ヘリが近くをホバリングしていつまでも居座っていたので、本当に嫌でした。沖縄の基地でも同じような問題があるのでしょうね。

2018/08/30 (Thu) 20:49
AzTak

AzTak  

Re: こんにちは^^

aiupaさん、こんばんは。

> 一枚目のぬーんと顔出してくる構図がいいですね~

(ФωФ)フフフ・・・、400(640ミリ相当)の単焦点なので、どうしても、こういう構図になってしまいます。(^_^;)

> ヘリコプターもまた飛行機とは違った魅力があり見入りますね☆彡

凄い性能なんでしょうね。ヘリも凄いですが、救出役の隊員の姿に、感動しました。頑張るものですねえ。

2018/08/30 (Thu) 20:53
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます!

> AzTakさん、おはようございます!

makiraさん、こんばんは。

> あはは! 隣の方のヨンニッパが気になりましたか!
> 価格も1っポン弱ですから・・・笑)
> 今までのレンズの価格を合わせれば何台も買えるでしょうね!

物凄く気になりました。これまたフラグシップ機のEOS-1に装着していました。最初はテレコンも装着していたようですが、編隊飛行を撮るべく、敢えて外したようです。『重いんでしょうかね』といったら、『ほら、こんなものです』といいながらもたせてくれました。落としたりしたら大変ですから、すぐに返却しましたが。

> 400でF2.8なら時と場所に制限は無いですね♪

あとは、撮る方の反射神経の問題でしょうね。日頃は鳥撮りさんのようで、趣味の延長線上で楽しんだのでしょうかね。
私などと違い余裕で撮っていました。

> 多機能、高性能の大型ヘリはかっこいいですね♪

そうですね。私は大の高所恐怖症なのに、不思議と飛行機は大丈夫なんです。セスナ機の副操縦士席に乗って飛行したこともあります。ヘリは残念ながらないんです。

2018/08/30 (Thu) 21:03
AzTak

AzTak  

Re: 今日は!

yosaku03さん、こんばんは。

> 天気が悪くなってしまったようで残念でしたね。
> 悪条件下の撮影では難しかったと思います。
> この様なときは明るいレンズが欲しくなりますが、レンズが高すぎて・・・・
> 悪条件下でも可成り綺麗に撮れていると思いました。

私のような素人には厳しすぎる撮影条件でした。ですが、本当の遭難救助の場面だと、悪天候が標準の天候かもしれません。
「ガンバレ」と小さな声を出しながら、撮り続けました。

2018/08/30 (Thu) 21:05
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

x都人xさん、こんばんは。

> もう少し良い条件の時だったら
> もっと素敵だったのに、、少し悔やまれますね~

私のようなど素人は泣いてしまいます。でも中止になったのは、午前中のブルーインパルスの飛行のみ。他は、雨をもモノとせず、やり遂げました。そういう世界なんでしょうね。

> 日々の訓練の成果を発揮されて、、
> 見事ですね^^

夜陰や悪天候に乗じて、敵の侵攻が起きるかもしれません。いついかなる時でも確実に対応する。厳しいことですが、それが使命なんでしょう。

2018/08/30 (Thu) 21:10

senri32  

人間の命の重たさを感じました。それを命がけで救助する自衛隊。自衛隊の本来の姿は?国を守る?人を守る?災害救助は自衛隊の一部の仕事?私はそうあってはいけないことだと思いました。

2018/08/31 (Fri) 19:03
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

senri32さん、こんばんは。

> 人間の命の重たさを感じました。それを命がけで救助する自衛隊。自衛隊の本来の姿は?国を守る?人を守る?災害救助は自衛隊の一部の仕事?私はそうあってはいけないことだと思いました。

国土を守り、国民を守る。それが自衛隊の任務です。今しなくちゃいけないことに全力で取り組む。それだけだと思います。
信頼してもらいたい。そういう思いで、この航空祭も開催されていると思います。

2018/08/31 (Fri) 21:06

Leave a reply