京都と大阪とへの小旅行(24) - 京都と大阪とへの小旅行_2018_Jul
FC2ブログ

京都と大阪とへの小旅行(24)

河底池を経由して茶臼山に向かう

河底池
788年(延暦7年)に和気清麻呂が、大和川や河内湖の排水と水運のために上町台地をここで開削しようとして失敗した跡地という説もあるそうだ。単なる付近の景観に合わせて作った池ではない。
普通の池にしか見えないが
古に開削された池かも
河底池_1
河底池_2
河底池_3
あの緑の小高い山に上る
河底池_4
河底池_5
河底池_6
通天閣も良く見える。時間は正午を少し回ったところだ。
河底池_7
茶臼山
天下分け目の合戦場であったことは間違いがない。問題はそれ以前。この山が古墳なのか、池を開削した残土の山なのか。
全体はこんな風
PDF画像を借用した
茶臼山_0
ここを上り始める
標高は僅か26mの山だ。熱中症発症寸前の身でも楽々上ることができた。
茶臼山_1
茶臼山_2
茶臼山_3
茶臼山_4
茶臼山_5
夏の陣の布陣図。元和元年(1615年)か、403年前の出来事だったんだなあ。
夏の陣布陣図
茶臼山_6
茶臼山_7
茶臼山_8
山頂
背筋をピンと伸ばした先客がいた。彼は何を思ってここにいたのだろう。
茶臼山_9
茶臼山_1
茶臼山_11
茶臼山_12
茶臼山_13
天王寺公園の北東部に立つ茶臼山は、大坂冬の陣では一帯が徳川家康の本陣となり、大坂夏の陣では真田幸村の本陣となって「茶臼山の戦い」の舞台となったことでよく知られています。
また、茶臼山には、5世紀ごろの前方後円形古墳という説と、和気清麻呂(わけのきよまろ)が上町台地を横断する堀川を掘った名残が河底池であり、その際、掘り出した土を積み上げたものが茶臼山だという説があります。

一心寺に向かう道にはセミの抜け殻が
私のような俗物と違い、真田幸村公に忠誠を誓っているかのように思えた。
茶臼山_14
茶臼山_15

「大坂夏の陣図屏風」・右隻(通称:黒田屏風、大阪城天守閣所蔵、重要文化財)…PDF画像を借用
戦うまでもない状況だったのかなあ。負けを覚悟で行く気持ちはどんなものだったのだろうか?
「大坂夏の陣図屏風」

AzTak
Posted by AzTak
投稿 2018年08月25日
最終更新 2018年08月25日

20 Comments

There are no comments yet.

sanbariki  

20mm1.7fレンズ

こんばんは
毎度で〜す なんか恐縮して私が   でも大変感激しております
明日は20mm1.7fレンズを試し撮影に行く予定してます
 

2018/08/25 (Sat) 00:45

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
茶臼山って標高は僅か26mだったのですか!
高くはない山とは思っていましたが、まさに丘という感じですね 笑)
僅かな高低差でも自動車等のない時代で、馬や徒歩ですから重要だったのでしょうね!

2018/08/25 (Sat) 01:12

kaz  

おはようございます!

こんな池があったんですね。通天閣周辺はあまり行ったことがないし、歴史にうといので見もしなかったです。
大阪城の側に、木津川があったなんて驚きですね。

2018/08/25 (Sat) 06:11

MT  

おはようございます

茶臼山に目をつけるなんてさすが、AzTakです。
茶臼山は今はこんな感じなのですね。
以放送のNHKの大河ドラマ「真田丸」は面白かったのですが、この様子とドラマの様子を重ねながらあれこれ想像してしまいました。^^

2018/08/25 (Sat) 06:34

みすてぃ  

おはようございます~

暑さの日々に方々回られて驚嘆します(^。^)
徳川に逆らった真田幸村、戦国時代の最後の戦いの「大坂夏の陣」の活躍
ですね。
茶臼山登頂証明書も発行されていますが。記念になりますねー
屏風によると、戦況を描いていてやはり絵画になると美しい描写です。

2018/08/25 (Sat) 07:52

aiupa  

こんにちは^^

東京もそうですが、お堀や池の水ってすごい色をしておりますね^^;
いくら暑くても飛び込む気にはなれませんが大阪のみなさんのダイブのニュースはよく聞くので^^;

2018/08/25 (Sat) 08:01

きらり  

真田幸村、興味津々で看板全部読ませていただきました。
歴史、面白いです。
茶臼山形は前方後円形古墳っぽいですよね。
負けを覚悟で行くいくさ、理不尽ですね。


2018/08/25 (Sat) 10:24

みんこたん  

さすが~

AzTakさんの行動範囲の広さにびっくりです、
ココの戦いで豊臣側が勝利していたら、また違った世の中になっていたでしょうね、茶臼山登頂証明書が発行されているのは知りませんでした、歴史フアンならまず行って見たいところだと思います。

2018/08/25 (Sat) 11:17
AzTak

AzTak  

Re: 20mm1.7fレンズ

> こんばんは

sanbarikiさん、こんにちは。

> 毎度で〜す なんか恐縮して私が   でも大変感激しております
> 明日は20mm1.7fレンズを試し撮影に行く予定してます

評判の良いレンズのようですね。明るい単焦点レンズは全く所有しておらず、実に羨ましい限りです。どんなシーンで使おうとしているのか、興味津々です。撮影したら、是非とも見せてください。

2018/08/25 (Sat) 12:35
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんにちは。

> 茶臼山って標高は僅か26mだったのですか!
> 高くはない山とは思っていましたが、まさに丘という感じですね 笑)
> 僅かな高低差でも自動車等のない時代で、馬や徒歩ですから重要だったのでしょうね!

普通だったら一気に駆け上がる高低差ですよね。名将として鳴らした真田信繁であっても、圧倒的軍勢を誇る徳川勢の勢いを止めることはできなかったのでしょうね。ついに、安居神社の境内で壮絶な戦死を遂げたようです。
安居神社をも見ておきたかったですが、体調不良で叶わず。残念なことでした。四天王寺も見ておきたかったです。

2018/08/25 (Sat) 12:49
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます!

kazさん、こんにちは。

> こんな池があったんですね。通天閣周辺はあまり行ったことがないし、歴史にうといので見もしなかったです。

(ФωФ)フフフ・・・、右に同じです。ずいぶん昔の土木工事跡だとして、驚きました。

> 大阪城の側に、木津川があったなんて驚きですね。

なんでここに木津川があるのと私も思いました。木津川は桂川と合流し、淀川になりますが、木津川(大阪府)は、大阪府大阪市南西部を流れる淀川水系の下流における分流なんだそうです。
大阪府大阪市西区中北部で淀川分流の土佐堀川から分かれ、西区中央部を南へ縦断。大阪ドーム近くの大正橋で西道頓堀川が東から合流、西へは岩崎運河から尻無川への流れがある。本流は大正区と浪速区、西成区との境界を成しながらなおも南下し、千本松大橋付近から徐々に南西流、そして西流へ転じる。下流では大正区と住之江区の境界となり、木津川運河を分けて大阪港南部(大阪南港東部)へ注ぐ。つまり木津川の名前が忽然と復活するようです。
古くから掘削され、豊臣家の軍船停泊所の建設や中村勘助の木津川浚渫、江戸幕府の船番所、河村瑞賢の難波島中央部切開、泉尾新田への用水導入、舟囲い場、天満屋敷など多くの歴史背景があるとか。
まったく知りませんでした。(^_^;)

2018/08/25 (Sat) 13:06
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます

MTさん、こんにちは。

> 茶臼山に目をつけるなんてさすが、AzTakです。
> 茶臼山は今はこんな感じなのですね。
> 以放送のNHKの大河ドラマ「真田丸」は面白かったのですが、この様子とドラマの様子を重ねながらあれこれ想像してしまいました。^^

史実ですから、いい加減に描くこともできず、大河ドラマの制作も難しかったことなんでしょうね。制作関係者も現場に何度も足を運んで、それを踏まえて脚本を書いていったのでしょう。
私としては、山頂にいた紳士が真田信繁の生まれ変わりのような感じがして、彼の思念を邪魔しないように写真を撮り、一足先に辞去しました。こちらは、件の紳士と違って、いつまで経っても洟垂れの写真小僧だなあと落ち込みました。

2018/08/25 (Sat) 13:14
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます~

みすてぃさん、こんにちは。

> 暑さの日々に方々回られて驚嘆します(^。^)
> 徳川に逆らった真田幸村、戦国時代の最後の戦いの「大坂夏の陣」の活躍
> ですね。
> 茶臼山登頂証明書も発行されていますが。記念になりますねー

400年以上も前のざわめきが聞こえてきそうな、不思議な感覚にとらわれました。蝉の鳴き声しかないはずなのですが、不思議なことでした。

> 屏風によると、戦況を描いていてやはり絵画になると美しい描写です。

剛勇を以ってなる黒田長政が記憶が風化しないうちにと描かせた画だそうです。彼をもってしても、真田信繁の存在は大きな脅威に映ったようです。

2018/08/25 (Sat) 13:20
AzTak

AzTak  

Re: こんにちは^^

aiupaさん、こんにちは。

> 東京もそうですが、お堀や池の水ってすごい色をしておりますね^^;
> いくら暑くても飛び込む気にはなれませんが大阪のみなさんのダイブのニュースはよく聞くので^^;

綺麗かそうでないかは別問題として、深さもよくわからないし、最近はカミツキガメやピラニアなどを捨てる人もいますから、馬鹿な行為はしないほうがいいでしょうね。
それにしても、今回取り上げた部分は明治以降は住友家邸宅の敷地の一部となっていたところなんですね。何という財力だったんでしょうね。

2018/08/25 (Sat) 13:26
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

きらりさん、こんにちは。

> 真田幸村、興味津々で看板全部読ませていただきました。
> 歴史、面白いです。
> 茶臼山形は前方後円形古墳っぽいですよね。

日本史に残る大きな歴史の転換点だったようですね。
茶臼山事態は池を掘った残土の山だとする説と、前方後円墳だとする説とがあるようです。後者の方が浪漫があっていいですね。

> 負けを覚悟で行くいくさ、理不尽ですね。

戦争体験などありませんが、中学生のころ柔道をしていました。団体戦で勝ち進むと強豪校と当たるんです。負けるのはわかっていても、少なくとも自分だけは勝ちたい。そんな執念を燃やしました。スポーツでは命をとられることはありませんが、夏の陣は本物の戦。負ければ命を失う結果に。厳しい状況だったようです。

2018/08/25 (Sat) 13:33
AzTak

AzTak  

Re: さすが~

みんこたんさん、こんにちは。

> AzTakさんの行動範囲の広さにびっくりです、

猛今年限りかなあと思い、前々からある程度動けるうちに予定を入れておきました。そこに、何だかまだ死にそうにないからと少し予定を詰め込み過ぎました。身体も財布もすっかり疲れました。(^_^;)

> ココの戦いで豊臣側が勝利していたら、また違った世の中になっていたでしょうね、茶臼山登頂証明書が発行されているのは知りませんでした、歴史フアンならまず行って見たいところだと思います。

徳川に厳しいことを言うと、知り合いからどやされてしまいますが、豊臣が勝利したら、江戸ではなく『大坂』が政治の中心だったのかもしれませんね。どういう風になったのか、シミュレーションしてみるのも面白いことかもしれませんね。

2018/08/25 (Sat) 13:39

のんびり熊  

AzTakさん

こんにちは
コチラにも超有名な溜池が有ります。
その方面では有名な御射鹿池です。
しかし、観光化されて撮るにはどうも撮りづらくなりました。

2018/08/25 (Sat) 14:30
AzTak

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんにちは

のんびり熊さん、こんにちは。

> コチラにも超有名な溜池が有ります。
> その方面では有名な御射鹿池です。
> しかし、観光化されて撮るにはどうも撮りづらくなりました。

地元ですから、早起きすれば、邪魔されずに悠々と撮れるのでは。それでもそういう時を狙ってくる方がいますか。
東山魁夷画伯も地元民には有難迷惑なことをしましたかねえ。

2018/08/25 (Sat) 14:48

x都人x  

茶臼山って名前は聞いた事がありましたが
こんな凄い歴史があったのですね。

機会があれば訪れて歴史にふれて見たいですね!

2018/08/25 (Sat) 17:08
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

x都人xさん、こんばんは。

> 茶臼山って名前は聞いた事がありましたが
> こんな凄い歴史があったのですね。
>
> 機会があれば訪れて歴史にふれて見たいですね!

お近いはずですから、ぜひ訪ねてみたら如何でしょうか。周辺のギラギラしたところも近いです。大阪の大阪らしいところかもしれませんね。

2018/08/25 (Sat) 18:01

Leave a reply