京都と大阪とへの小旅行(13) - 京都と大阪とへの小旅行_2018_Jul
FC2ブログ

京都と大阪とへの小旅行(13)

祇園祭・前祭(13)

山鉾巡行も最終の23番目。船鉾の登場だ。身重でありながら男装し海戦に勝利した『日本書紀』の神功皇后の新羅征討(三韓征伐)の説話に由来し、軍船(安宅船)の形をしているのだそうだ。出陣の船鉾といわれているそうで、縁起が良い鉾として位置づけられているのだろう。

船鉾(ふねほこ)
遠い位置にいる船鉾
遠くからでも勇壮な鉾であることが良くわかる
遠い位置にいる船鉾_1
遠い位置にいる船鉾_2
徐々に近づいてくる
狭苦しく感じないでもない。が、前後に長い分、却って余裕があるのかもしれない。
徐々に近づいてくる_1
徐々に近づいてくる_2
徐々に近づいてくる_3
徐々に近づいてくる_4
徐々に近づいてくる_5
徐々に近づいてくる_6
徐々に近づいてくる_7
徐々に近づいてくる_8
徐々に近づいてくる_9
徐々に近づいてくる_10
徐々に近づいてくる_11
いやぁ、ご立派
船首の鷁(げき)は、金色に輝く壮麗なもの。鷁は想像上の水鳥。白い大形の鳥で、風によく耐えて大空を飛ぶといわれ、船首にその形を置いて飾りとしたものだそうだ。こういう形状の船が安宅船(あたけぶね)なのか。安宅船は、室町時代の後期から江戸時代初期にかけて日本で広く用いられた軍船だったんだな。そして、船鉾には真木がないのか。
いやぁ、ご立派_1
いやぁ、ご立派_2
いやぁ、ご立派_3
いやぁ、ご立派_4
いやぁ、ご立派_5
いやぁ、ご立派_6
いやぁ、ご立派_7
いやぁ、ご立派_8
いやぁ、ご立派_9
いやぁ、ご立派_10

神功皇后をめぐる説話によって鉾全体を船の型にし、舳先には金色の鷁、艫には黒漆塗螺鈿の飛龍文様の舵をつけ、船端には朱漆塗の高欄をめぐらし、唐破風入母屋造りの屋根からは紅白の長旒・吹流しをひるがえす。鉾の上には皇后と陪従する磯良・住吉・鹿島の三神像を安置する。主神神功皇后は神面をつけ緋縅の軍装、その後に鹿島明神、舳先には、海神安曇磯良が龍宮の満干珠を住吉明神に捧げている。皇后の神面(文安年間作、1444~1448)は古来安産に奇瑞があるといわれ、宮中でも尊敬され、明治天皇の御降誕の時には宮中へ参内している。皇后の神像は岩田帯をたくさん巻いて巡行するが、それを祭りの後、妊婦に授与され安産のお守りとされている。また、神功皇后衣裳の水干「金地菊花文様唐織」と大口袴「白地御簾文様金襴」は平成22年(2010)に新調された。鷁は宝暦年間(1751~64)長谷川若狭の作で、船尾の舵は寛政4年(1792)に造られた。水引の雲龍図肉入刺繍の下絵は西村楠亭(1775~1834)の筆、鹿島明神の持つ長刀は、井上和泉守真海(寛文年間1661~1672)作の逸品である。また平成21年(2009)に高欄下水引が新調された。

以上が、祇園祭の山鉾巡行の行列の記録だ。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2018年08月04日
最終更新 2018年08月04日

12 Comments

There are no comments yet.

aiupa  

おはようございます^^

本当だ、船の形をしておりますね~
立派な舵に描かれた龍と朱雀が合わさったような絵も見事です☆彡

2018/08/04 (Sat) 07:03

のんびり熊  

AzTakさん

こんにちは
安宅船ですか
なるほど、陸に上がっても素晴らしいです。

2018/08/04 (Sat) 12:57

makira  

こんにちは!

AzTakさん、おつかれさまです!
山鉾巡行のアップもお疲れ様でしたが
お出かけでたくさん鳥さんが撮れたのでしょうね!
帰ってきて、下界の暑さにビックリでは?
プランターのパッションフルーツは一日に3回水をあげないと萎れてしまいます 汗)
今日も不要な外出禁止の警報で、閉篭もり爺さんになっています 笑)

2018/08/04 (Sat) 13:58

MT  

こんにちは!

うわ、船形のものもあるのですね!船山というのですね。
祇園祭は山鉾があまりにもよく写真で登場ですが、こちらのものは意識していませんでした。それにしても暑い中、ずいぶんこちらで奮闘なされましたね!お疲れさまです。といっても、次のものをまた狙われるのですよね!^^

2018/08/04 (Sat) 17:32

senri32  

京都・奈良。中学の修学旅行から47年間行ってません。私にとって、おいそれといける場所ではありません。行来たいなという、きっかけが全くありません。

2018/08/04 (Sat) 18:49
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます^^

aiupaさん、こんばんは。

> 本当だ、船の形をしておりますね~

以前は船鉾は2基ありました。それが幕末の兵火で片方が焼失してしまいました。それが近年再建されて、再び2基が揃いました。新しく再建された方が大船鉾です。

> 立派な舵に描かれた龍と朱雀が合わさったような絵も見事です☆彡

螺鈿細工の飛龍文の舵だそうです。螺鈿細工って、ものすごい高価な装飾品です。雅叙園の百段階段にたくさんありますが。それで描かれたのが飛龍の『文様』で、それが施された舵なんだそうです。『文様』の文字が使われる意味合いがすごさを物語っているのでしょう。

2018/08/04 (Sat) 20:43
AzTak

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 安宅船ですか
> なるほど、陸に上がっても素晴らしいです。

そうですね。最後の最後に圧巻の鉾が出ましたね。
安宅船といえば、徳川3代将軍家光公の命によって造られ、豪華さは日光東照宮、大きさは富士山に例えられた伝説の巨船「安宅丸」をテーマにしたクルーズ船が芝浦ふ頭にあります。一度、乗ってみたいものです。

2018/08/04 (Sat) 20:56
AzTak

AzTak  

Re: こんにちは!

> AzTakさん、おつかれさまです!

makiraさん、こんばんは。

> 山鉾巡行のアップもお疲れ様でしたが
> お出かけでたくさん鳥さんが撮れたのでしょうね!
> 帰ってきて、下界の暑さにビックリでは?

鳥さんは、撮ることは撮りましたが、内容に問題ありです。一緒に行った方たちの器材の凄さに圧倒されました。ああいう明るい大口径レンズで構えれば、ディテールも見事に描かれるのでしょうね。
あす、とりあえず、UPしてみます。その反応で、続きを載せるか否か判断するつもりです。

> プランターのパッションフルーツは一日に3回水をあげないと萎れてしまいます 汗)
> 今日も不要な外出禁止の警報で、閉篭もり爺さんになっています 笑)

今日は、孫が夏祭りに連れて行けとせがむので、先ほどまで外出しました。いやぁ、暑かったです。

2018/08/04 (Sat) 21:02
AzTak

AzTak  

Re: こんにちは!

MTさん、こんばんは。

> うわ、船形のものもあるのですね!船山というのですね。

岩戸山よりももっと山に近く見えるかもしれませんが、歴とした鉾になります。真木がないので、鉾らしく見えないかもしれませんが。

> 祇園祭は山鉾があまりにもよく写真で登場ですが、こちらのものは意識していませんでした。それにしても暑い中、ずいぶんこちらで奮闘なされましたね!お疲れさまです。といっても、次のものをまた狙われるのですよね!^^

船鉾は、結構有名な山鉾だと思います。覚えておいて損がない価値ある鉾だと思います。近くで見ると、うっとりする造形美があるように思います。

2018/08/04 (Sat) 21:14
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

senri32さん、こんばんは。

> 京都・奈良。中学の修学旅行から47年間行ってません。私にとって、おいそれといける場所ではありません。行きたいなという、きっかけが全くありません。

人の好みはそれぞれ違います。行きたいと思えば行くし、それほどでないと思えば、行かないのが賢明かも。
ちなみに、いろいろなところに貧乏旅行をするのが私の趣味です。ですが、なかなか粋きれないところもあるので、ブログにお邪魔して、他人様の行ったのを見て、行ったような気になっています。

2018/08/04 (Sat) 21:18

senri32  

慶応日吉ですか?我々の時代ではおぼっちゃま学校とい位置づけでした。その、位置づけで、私達のバイクチーム、YRZC(横浜レッドゾーンクラブ)に入会した、慶応日吉のツッパリボーイが一人いました。多分奴は、慶応にはそぐわない奴だったんでしょう。親もいけないし、そいつの判断も間違っていたんだと思います。一見、街のチンピラ風です。一番の子でしたから、皆に可愛がられてました。今、奴は何をやっているのでしょう。あって見たいです。

2018/08/06 (Mon) 19:44
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

senri32さん、こんばんは。

> 慶応日吉ですか?我々の時代ではおぼっちゃま学校という位置づけでした。その、位置づけで、私達のバイクチーム、YRZC(横浜レッドゾーンクラブ)に入会した、慶応日吉のツッパリボーイが一人いました。多分奴は、慶応にはそぐわない奴だったんでしょう。親もいけないし、そいつの判断も間違っていたんだと思います。一見、街のチンピラ風です。一番の子でしたから、皆に可愛がられてました。今、奴は何をやっているのでしょう。あって見たいです。

確かにおぼっちゃま学校でした。田舎の基準では考えられないほど、父兄の生活水準が高い家庭が多かったようです。まあ、そうではあったのですが、息子まで金持ちなわけはなく、普通の高校生でした。普通の高校生として付き合っていました。
ただ、全員が大学へ進学できますから、徹底して勉強しなくなります。偏差値65以上が見るも無残なレベルに落ち込むものが多かったようです。
私も地方の無名の公立中学から進学した変わり者でした。暇さえあれば、旅行に行っていました。バイクは乗れませんでしたが。

2018/08/06 (Mon) 20:17

Leave a reply