京都と大阪とへの小旅行(10) - 京都と大阪とへの小旅行_2018_Jul
FC2ブログ

京都と大阪とへの小旅行(10)

祇園祭・前祭(10)

前祭もいよいよ最終盤。くじとらずの鉾である放下鉾、岩戸山、船鉾の3基が続く。掉尾を飾るにふさわしい豪華さだ。誰しも見落とすまいと目を凝らして、待ち受けたようだ。今回は全体の21番目の放下鉾を取り上げる。

放下鉾(ほうかほこ)
『ほうかほこ』とはやや語感が良くないなと思わないでもないが、発音は同じでも『放火』ではなく『放下』のほうだ。知らなかったが能の演目『放下僧』から来ているのだとか。日本人の好きなお涙頂戴の演目のようだ。
まだ、後方に待機中
だが、大きな鉾だからよく見える。目の前の山をよく見もせず、あちらに関心が向きがちだ。
まだ、後方に待機中_1
まだ、後方に待機中_2
確かに拡大してみると、放下僧の像を祀っているのがわかる。あまりに小さくて、その時は気が付かなかったが。分かる人がいたとしたら、相当に視力がすぐれているというか遠視の人かもしれない。『放下僧』という能の演目は、横浜市金沢区が仇討の舞台になるのか。知らないことがたくさんあるなあ。放下僧の像は吹き流しの下に白い的のようなものが見えるが、その上にちょこんと載っている。
まだ、後方に待機中_3
まだ、後方に待機中_4
少しずつ近づいてきた
人形方が3人見えてきた。これは、放下鉾のみのことだ。三光丸と命名された稚児人形を使い、稚児舞を行なうそうだ。確かに舞っているようだが、その時、最初はアクシデントで人形が傾いたのかと誤認してしまった。
少しずつ近づいてきた_1
少しずつ近づいてきた_2
少しずつ近づいてきた_3
少しずつ近づいてきた_4
少しずつ近づいてきた_5
鉾の上での稚児人形による舞い
近づいてきたが、人形の様子がわかるだろうか?
鉾の上の稚児人形による舞い_1
鉾の上の稚児人形による舞い_2
鉾の上の稚児人形による舞い_3
鉾の上の稚児人形による舞い_4
鉾の上の稚児人形による舞い_5
盛んに人形が舞っている。周囲の視線を一身に浴びている。
鉾の上の稚児人形による舞い_6
鉾の上の稚児人形による舞い_7
鉾の上の稚児人形による舞い_8
鉾の上の稚児人形による舞い_9
鉾の上の稚児人形による舞い_10
鉾の上の稚児人形による舞い_11
鉾の上の稚児人形による舞い_12
鉾の上の稚児人形による舞い_13
鉾の上の稚児人形による舞い_14
鉾の上の稚児人形による舞い_15
目の前を通り過ぎていく
漸く懸装品に目が行くようになった。豪華さに目を奪われるが、ときすでに遅しかも。前懸がどんな風だったかなど、見損ねた。フ~っ
目の前を通り過ぎていく_1
目の前を通り過ぎていく_2
目の前を通り過ぎていく_3
目の前を通り過ぎていく_4
目の前を通り過ぎていく_5
鉾の名は真木のなかほどの「天王座」に放下僧の像を祀るのに由来する。鉾頭は日・月・星三光が下界を照らす形を示し、その型が洲浜に似ているので別名「すはま鉾」とも呼ばれる。かつては長刀鉾と同様「生稚児」であったが昭和4年以降稚児人形にかえられている。稚児人形は久邇宮多嘉王殿下より三光丸と命名せられ巡行の折には稚児と同様、鉾の上で稚児舞ができるように作られている。この鉾は明治の中期に胴組、天井、柱、屋根などが大改装され、金具類も順次整備された。破風正面の三羽の丹頂鶴(後面二羽)は幸野楳嶺(1844~95)の下絵を高浮彫し大正6年に完成したものである。下水引は与謝蕪村(1716~83)下絵の琴棋書画図であったが平成6年から栂尾高山寺の国宝華厳宗祖師絵伝を下絵にした綴織になっている。三番水引の青海波におしどり図綴織は駒井源琦の下絵によるものだが今はその復元品を用いている。前懸・胴懸には花文様のインドやペルシャの絨毯がある。見送は文政11年(1828)京都西陣で作られたものである。旧胴懸として16世紀製の描絵玉取獅子、牡丹、鶴文様の朝鮮毛綴が保存されている。平成22年(2010)には天井幕「四季草花図」(原画・柴田是真)が新調された。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2018年08月01日
最終更新 2018年08月01日

12 Comments

There are no comments yet.

MT  

おはようございます

放下鉾の後ろの画がシロフクロウが羽根を広げている姿ですが、イスラムモスクと一緒がなかなかいい画です。鉾ごとの画も併せて楽しめます。^^

2018/08/01 (Wed) 04:40

aiupa  

おはようございます^^

放火も放下もこわい言葉だな~と思いますが
フクロウの絵とのかかわりも気になるところですね^^

2018/08/01 (Wed) 10:14

のんびり熊  

AzTakさん

こんにちは
放下鉾。
私なんぞは見ただけで『動く国宝』級に見える。
素晴らしいです。

2018/08/01 (Wed) 18:05

x都人x  

今晩は
毎年こうして拝見出来るのは
保存会の方々のご苦労の
賜物ですね~感謝です^^

長時間の撮影お疲れ様です。

2018/08/01 (Wed) 18:10

senri32  

旅行に行かずにしても、旅行の気分と知識を味わえる。これがブログのいい所。インスタなんかくそくらえ。私は、インスタが大嫌いです。

2018/08/01 (Wed) 20:03
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます

MTさん、こんばんは。

> 放下鉾の後ろの画がシロフクロウが羽根を広げている姿ですが、イスラムモスクと一緒がなかなかいい画です。鉾ごとの画も併せて楽しめます。^^

放下鉾の見送りは『バグダッド』という作品名なんだそうです。染織作家・皆川泰蔵氏が作られたものだとか。
実に力強い作品ですね。このような図柄が実存するのか否かわかりませんが、実に気宇壮大でいい作品だと思いました。比較的新しい作品でも、古い作品に負けない水準を維持しているようですね。

2018/08/01 (Wed) 22:04
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます^^

aiupaさん、こんばんは。

> 放火も放下もこわい言葉だな~と思いますが

『放下』はともかくとして『放火』の方は怖いですね。幼稚園児だった時に当時住んでいた函館のアパートが住人の失火で全焼してしまいました。第一発見者だったのに火遊びの疑いをかけられ、その疑いはすぐに晴れたのですが、火元は何と消防署員。焼かれ損で、泣く泣く福島の片田舎に引っ込みました。火事は今でもトラウマになっています。

> フクロウの絵とのかかわりも気になるところですね^^

思い切り耳目を惹く図案を作ってくれという依頼をしたのでしょうかね。あっと驚く奇抜なものですよね。

2018/08/01 (Wed) 22:13
AzTak

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 放下鉾。
> 私なんぞは見ただけで『動く国宝』級に見える。
> 素晴らしいです。

最後に三基、くじとらずが続きます。その壮観さに見とれました。そして、一つ一つが貴重な美術品ばかり。凄いなあとため息を吐くばかりでした。
秩父夜祭の屋台は、祇園祭に負けてなるものかと対抗心を掻き立てて張り合ったのだと、よくわかりました。でも、本家本物には、大変な風格があります。

2018/08/01 (Wed) 22:18
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> 今晩は

x都人xさん、こんばんは。

> 毎年こうして拝見出来るのは
> 保存会の方々のご苦労の
> 賜物ですね~感謝です^^

そうですね。京都人の誇りと頑張りとに感謝ですね。良いものを見せてもらいました。

> 長時間の撮影お疲れ様です。

友人は巡行の最後のの地点に先回りして続きを見せたかったようです。根性も体力もない私めはばててしまい、追っかけは諦めて、かなり長めの昼食にしました。

2018/08/01 (Wed) 22:22
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

senri32さん、こんばんは。

> 旅行に行かずにしても、旅行の気分と知識を味わえる。これがブログのいい所。インスタなんかくそくらえ。私は、インスタが大嫌いです。

インスタは私はやっていません。なので、よくわからない世界です。専らブログだけ。
旅行記に限らず、かなり広い範囲のブログを見させてもらっています。記事は少し長めにして、様子がわかるようにしたいと考えています。でも、記事が重くて、困っている方も少なくなさそうです。どのくらいのボリュームで収めるか、試案のしどころです。

2018/08/01 (Wed) 22:26

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
本当に豪華絢爛の絵巻物のようです♪
AzTakさんもよく勉強されましたね!
山鉾の一つ一つをよく調べたものです!
そういう知識が豊富だと、
私のようにただ綺麗だだけでは済まないのでしょうね♪汗)

2018/08/01 (Wed) 23:15
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、おはようございます。

> 本当に豪華絢爛の絵巻物のようです♪

そうですね。最後の3基続いてくじとらずの山鉾が並んだ様は、気が遠くなるような気がしました。それも、皆それぞれ個性があります。さすがは、懐が深い京都です。

> AzTakさんもよく勉強されましたね!
> 山鉾の一つ一つをよく調べたものです!
> そういう知識が豊富だと、
> 私のようにただ綺麗だだけでは済まないのでしょうね♪汗)

知識なんて、何もありません。似たようなものです。でも、少しくらいはわかったほうが楽しかと思い、にわか勉強しました。(^_^;)

2018/08/02 (Thu) 04:59

Leave a reply