京都と大阪とへの小旅行(6) - 京都と大阪とへの小旅行_2018_Jul
FC2ブログ

京都と大阪とへの小旅行(6)

祇園祭・前祭(6)

今回分では、山六~八番で全体の十~十二番目になる太子山、伯牙山、芦刈山を取り上げる。その直後には、月鉾が迫ってきていた。
直後には、月鉾が迫ってきていた

太子山(たいしやま)
聖徳太子を祀る山。他の山と違って真木に松ではなく杉を立てている。そして、そこに小さな如意輪観音像を奉戴している。確かに遠めからもそのように見えた。なので、近づいてきたらしっかり見ようと思ったのに、無粋な男たちが入ってきて、何やら調整を始めた。その間、如意輪観音像が外されてしまった。その調整が続くうちに目の前を通過していった。そういう調整は事前に念入りに行うべきで、本番で行うなんて最低の運用だ。
元画像を拡大してみると、太子像の顔面は能面を被ったかのような感じだった。それにしても、少年像だというのに、あまりのおじさん面で、お札の肖像画にもあまり似ていなかった。
2日目に天王寺地区をほっつき歩き、四天王寺のすぐ近くにいることを承知していたにもかかわらず、熱中症になりかかり、無念のパスをせざるを得なかった。今回は、聖徳太子とは縁が薄かった。宵山に行って、「知恵のお守り」を求めるんだった。
太子山(たいしやま)_1
太子山(たいしやま)_2
太子山(たいしやま)_3
無粋な男たちが入ってきて、何やら調整を始めた。その間、如意輪観音像が外されてしまった。『そりゃ、無いぜ!!』
太子山(たいしやま)_4
太子山(たいしやま)_5
太子山(たいしやま)_6
太子山(たいしやま)_7
太子山(たいしやま)_8
太子山(たいしやま)_9
太子山(たいしやま)_10
太子山(たいしやま)_11
太子山(たいしやま)_12
太子山(たいしやま)_13
聖徳太子を祀るのでこの名がある。聖徳太子が四天王寺建立にあたり、自ら山中に入って良材を求めたという所伝にもとづき、他の山がいずれも松を立てているのに対してこの山のみは真木に杉を立て、その樹に小さな如意輪観音像を奉戴している。太子は少年像で右手に斧、左手に衵扇を持つ。前懸は緋羅紗地に阿房宮の刺繍、胴懸は金地孔雀唐草図のインド刺繍、見送は平成15年新調の波濤に飛龍文様錦織を用いる。角金具には立派な飛龍が飾られ、水引には濃紺の房付き網目のものが用いられ胴懸とともにエキゾチックな気分を加えている。宵山には聖徳太子にちなんで知恵がさずかるという「杉守り」「知恵のお守り」が授与される。この山には舞台裏中釣幕という懸装品があり、平成19年に新調されている。

伯牙山(はくがやま)
新幹線の車中で鉈を振るうような凶悪な事件が発生したばかり。山の故事謂れを知らない身には、『いったいこれは何なんだ』と首をかしげたくなるテーマに思えた。本当のところは、親友同士の思いの深さを表現したのかなあ。
破壊シーンを題材にするのは、…。朴念仁の私にはどうにも合点がいかないものだった。
伯牙山(はくがやま)_1
伯牙山(はくがやま)_2
伯牙山(はくがやま)_3
伯牙山(はくがやま)_4
伯牙山(はくがやま)_5
伯牙山(はくがやま)_6
「琴破山」ともいわれる。山の御神体(人形)は中国の周時代、琴の名人伯牙とその友人鍾子期との物語に取材、伯牙が鍾子期の死を聞いてその琴の絃を断ったという故事をあらわしている。人形は手に斧を持ち前に琴が置かれている。人形には「金勝亭賽偃子」の墨書銘があり、天明以降の作と考えられている。前懸には上下詩文、中央に人物風景の有名な「慶寿裂」をかけその下に龍文様の錦を用い、さらに人物図の押絵切付の水引によって飾っている。胴懸は花卉尾長鳥文様の綴錦で、見送には「柳絲軒」在銘の仙人図刺繍を用いている。蝶型の角金具は珍しい意匠である。

芦刈山(あしかりやま)
謡曲「芦刈」に基づくのか。中国の題材からテーマを得るばかりでなく、日本文化にどっぷり根ざした山のテーマも面白いかな。
私にはしっくりくるテーマだった。前懸は山口華楊画伯原画の段通「凝視」か。史実的な絵柄も面白い。
芦刈山(あしかりやま)_1
芦刈山(あしかりやま)_2
芦刈山(あしかりやま)_3
芦刈山(あしかりやま)_4
背後に迫られれば、当然だが気になるはずだ
芦刈山(あしかりやま)_5
謡曲「芦刈」に基づく。故あって妻と離れて難波の浦で芦を刈る老翁が、やがて妻との再会をはたす夫婦和合の姿をあらわす。御神体(人形)の旧御頭は天文6年(1537)七条仏師運慶の流れをくむ康運作。天正17年(1589)銘をもつ重要文化財指定の「綾地締切蝶牡丹文片身替小袖」は山鉾最古の衣装。現在の前懸と見送は山口華楊原画の段通「凝視」(1986)と綴織「鶴図」(1985)、胴懸は尾形光琳原画の「燕子花図」(1994)。欄縁の彫金飛雁の錺金具は明治36年(1903)川辺華挙の下絵で藤原観教作。旧胴懸の「鶴亀蜀紅文絲錦裂」(江戸時代)をはじめ、「獅子蜀紅文繻珍小袖」(江戸時代)、古い見送など貴重な染織品を多く残している。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2018年07月26日
最終更新 2018年07月26日

14 Comments

There are no comments yet.

aiupa  

おはようございます^^

生息地にこだわらず色んな種類の鳥を描いたり
はたまたライオンと特に和にこだわっているわけではないんですね~^^

2018/07/26 (Thu) 09:47

makira  

こんにちは!

AzTakさん、こんにちは!
今日は幾分涼しいですが台風が迫ってくる兆しなのでしょうか?
本番で小さな如意輪観音像を外す様な無様な姿はいただけませんね!
調整に調整を重ねての本番のはずですが・・・
是非、来年からの糧にして欲しいものです!
芦刈山の次は月鉾なんですね♪
楽しみです!

2018/07/26 (Thu) 11:50

yosaku03  

今日は!

関東、東海、西日本で猛暑が続きましたが、関東地方は漸く涼しくなりました。
京都は暑いところなので夏祭りは大変ですね。
写真を見ると京都市内は無電柱化になっているんですね。
写真を撮るとき邪魔者が無くて撮りやすいと思います。
私が高山祭りを見に行ったとき電柱と電線が邪魔で困りました。

2018/07/26 (Thu) 13:46

土佐けんの助手  

こんにちは

毎日暑いですね~~
けんさんはこの暑い中、仕事を頑張っていて
ブログに向き合う時間が取れない、とぼやいています。
今日は私が休みなので、皆さんの所にご訪問しています。

2018/07/26 (Thu) 14:08

x都人x  

今晩は
暑い中最後まで観戦されたんですかー
凄いな^^

長刀の次に好きなのが月鉾です^^

2018/07/26 (Thu) 18:21

のんびり熊  

AzTakさん

こんばんは
山やら、鉾やら色々出てきますが、それぞれの由来なんぞを調べるだけでも面白そうですね。

2018/07/26 (Thu) 19:38
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます^^

aiupaさん、こんばんは。

> 生息地にこだわらず色んな種類の鳥を描いたり
> はたまたライオンと特に和にこだわっているわけではないんですね~^^

現代だったら、居ながらにして何でも情報がとれる時代になりましたよね。この時代は殆ど下界のことはわからない時代。お大尽たちが、身銭を切って、珍しいものを見せてくれたのでしょう。有難いことです。

2018/07/26 (Thu) 19:58
AzTak

AzTak  

Re: こんにちは!

> AzTakさん、こんにちは!

makiraさん、こんばんは。

> 今日は幾分涼しいですが台風が迫ってくる兆しなのでしょうか?

そうかもしれませんね。今日街を歩いていたら、涼風が吹いていました。ほっと一息付ける感じがしました。

> 本番で小さな如意輪観音像を外す様な無様な姿はいただけませんね!
> 調整に調整を重ねての本番のはずですが・・・
> 是非、来年からの糧にして欲しいものです!

当然、そうするものと思います。

> 芦刈山の次は月鉾なんですね♪
> 楽しみです!

鉾がうまい具合に挟まって、巡行を見ている人たちを飽きさせない工夫がなされているようです。

PS.明日は私の誕生日。同い年に追いつきます。誕生日プレゼントに準決勝の勝利が欲しいものです。明日は早めに横浜スタジアムに駆け付けます。

2018/07/26 (Thu) 20:04
AzTak

AzTak  

Re: 今日は!

yosaku03さん、こんばんは。

> 関東、東海、西日本で猛暑が続きましたが、関東地方は漸く涼しくなりました。
> 京都は暑いところなので夏祭りは大変ですね。

そうですね。平成最後の祇園祭が終了しましたとTVニュースで行っていたのが印象に残りました。

> 写真を見ると京都市内は無電柱化になっているんですね。
> 写真を撮るとき邪魔者が無くて撮りやすいと思います。
> 私が高山祭りを見に行ったとき電柱と電線が邪魔で困りました。

一本裏通りに入ると、ものの見事に電線が張り巡らされて、がっかりしてしまいました。レトロな建物が結構あるんですが、…。

2018/07/26 (Thu) 20:08
AzTak

AzTak  

Re: こんにちは

土佐けんさんの助手さま、こんばんは。

> 毎日暑いですね~~
> けんさんはこの暑い中、仕事を頑張っていて
> ブログに向き合う時間が取れない、とぼやいています。
> 今日は私が休みなので、皆さんの所にご訪問しています。

ご苦労様です。今年の東京は、各地が長雨で困っているときに雨が降らず、残暑も2日前からおさまりました。東京ばかりがいい思いをしているようで気が引けます。
そんな状況ですが、台風が襲来しそうです。十分にお気を付けください。

2018/07/26 (Thu) 20:11
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> 今晩は

x都人xさん、こんばんは。

> 暑い中最後まで観戦されたんですかー
> 凄いな^^

旅行の初日だったので、まだ体力が残っていました。それに京都の友人がいろいろ解説してくれて、飽きることなくみることができました。

> 長刀の次に好きなのが月鉾です^^

長年ブログで行き来をしている方が、岩戸山で囃子方をしているので、私は、岩戸山を一生懸命に見ました。でも、お尻ばかりが見えているだけで、どの方かよくわかりませんでした。(^_^;)

2018/07/26 (Thu) 20:17
AzTak

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 山やら、鉾やら色々出てきますが、それぞれの由来なんぞを調べるだけでも面白そうですね。

そうですね。子供の自由研究のようで、張り切らざるを得ません。

2018/07/26 (Thu) 20:18

MT  

こんばんは

AzTakさんの文章を読んでふと気が付いたのですが、祇園祭の山鉾には女子がまったくいないような~~~。
これも伝統なのでしょうかね?!^^

2018/07/26 (Thu) 21:19
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは

MTさん、こんばんは。

> AzTakさんの文章を読んでふと気が付いたのですが、祇園祭の山鉾には女子がまったくいないような~~~。
> これも伝統なのでしょうかね?!^^

そのことは、確認してから自信をもって書きたかったのですが、よくわかりません。確実なのは宵山まででしたら、長刀鉾や放下鉾以外は乗ることができそうです。が、山鉾巡行本番はどうなんでしょうかねえ。

2018/07/26 (Thu) 22:02

Leave a reply