京都と大阪とへの小旅行(2) 2018.07.22 14:55 画像追加 - 京都と大阪とへの小旅行_2018_Jul
FC2ブログ

京都と大阪とへの小旅行(2) 2018.07.22 14:55 画像追加

祇園祭・前祭(2)
山鉾巡行の順番は、くじとらずの長刀鉾など(全部で9基が該当。前祭では、他に函谷鉾、放下鉾、岩戸山、船鉾の4基)以外は、7月2日に行われるくじ取り式で決められるのだそうだ。余分なことかもしれないが、私が居た場所のちょっと先で、順番が守られているかの確認するくじ改めを行う。
実に面白い儀式のようだ。興味のある方は、ここをクリックして確認されたい。
蟷螂山(とうろうやま)
霰天神山(あられてんじんやま)
と、ここまで書くと、『なんでお前はそんなつまらないところで見たのか』という話になるかもしれない。そこで見るのは大変なことなのだと思うので、普通に見ることができる位置を選択したのだ。
以下では順番に山鉾を紹介していく。

蟷螂山(とうろうやま)
山一番のくじを引いたのは、今年は蟷螂山。全体の二番目を巡行する。注目度の高いめでたい籤を引き当てたものだ。この町にかつて住んでいた公卿の四条隆資(1292~1352)の戦いぶりが「蟷螂の斧」のようだったことからできた
『とうろう』という音を聞くと『灯籠』を思い起こすかもしれないが、こちらはカマキリの方の『蟷螂』である。友人も言っていたが、カマキリの鎌が動く一種のからくりが用意された唯一の山だ。写真を見比べていただければ、確かに動いていることが確認できる。

遠目ではよくわからないかもしれないが、てっぺんにカマキリが載っている
蟷螂山(とうろうやま)_1
蟷螂山(とうろうやま)_2
蟷螂山(とうろうやま)_3
蟷螂山(とうろうやま)_4
カマキリがはっきり見えだした。鎌が動いているのがお分かりだろうか?その場では気が付かなかったのだが、上に載せられている御所車の黒い車輪も動くのだそうだ。2つのからくりがあったんだ。
蟷螂山(とうろうやま)_5
蟷螂山(とうろうやま)_6
蟷螂山(とうろうやま)_7
蟷螂山(とうろうやま)_8
蟷螂山(とうろうやま)_9
蟷螂山(とうろうやま)_10
クローズアップしたもの。カマキリの鎌と御所車の車輪とが動くのだ。
蟷螂山(とうろうやま)_11
蟷螂山(とうろうやま)_12
前懸、胴懸、見送は共に羽田登喜男氏作の友禅で統一されている。同じ作者の作品なので統一がとれていて、なかなか見応えだったように感じた。
蟷螂山(とうろうやま)_13
蟷螂山は、「蟷螂の斧を以て隆車の隧を禦がんと欲す」という中国の故事にちなんでいる。その起源は南北朝時代で、足利義詮軍に挑んで戦死した当町在住の公卿、四条隆資(1292~1352)の戦いぶりが「蟷螂の斧」のようであったことから、渡来人で当町居住の陳外郎大年宗奇が卿の死後25年目の永和二年(1376)、四条家の御所車にその蟷螂を乗せて巡行したのがはじまりといわれる。 
その後、蟷螂山は再三の戦火に遭うが、そのつど再興され、巡行を続けてきたのであるが、元治の大火(1864)でその大部分を焼失してしまい、昭和56年、117年ぶりに再興された。
蟷螂山の特徴は、かまきりと御所車の車輪が動くなど、祇園祭の山鉾としては、唯一のからくりが施されていることである。前懸、胴懸、見送は共に羽田登喜男作の友禅で、瑞苑浮遊図などがある。


霰天神山(あられてんじんやま)
山二番、全体の三番目を巡行するのは霰天神山だった。永正年間(1504~1520)、京都に大火のあったとき、時ならぬ霰が降り猛火はたちまちに消えたそうだ。ここまではある程度考えられる状況かな。そのとき一寸二分(約3.6センチ)の天神像が降ってきたので、これを祀ることにしたとか。まるで、聖書の逸話のような感じだなあ。
幟を持つのは外国人。ピーターパンが持っているような印象だった。
霰天神山(あられてんじんやま)_1
霰天神山(あら2れてんじんやま)_2
そのほかにも外国人が3人ほど。国際色豊かな祭礼になったことを喜ぶべきなのだろうか?
霰天神山(あられてんじんやま)_3
前懸は西欧のタペストリーだな。16世紀にどういうルートで入手したのだろうか?
霰天神山(あられてんじんやま)_4
くじ改めをしている影響なのか、待ちが目立つようになった。
霰天神山(あられてんじんやま)_5
左右の胴懸は上村松篁(昭和60年新調)、上村淳之(平成14年新調)親子の原画花鳥綴織で、後懸は「紅地雲龍宝尽図」(平成21年新調)が用いられているそうだ。新しいものでも手を抜かないんだなあ。くじ改めの際に一回転して懸装品を披露しても、恥ずかしくない内容だ。
霰天神山(あら6れてんじんやま)_6
霰天神山(あられてんじんやま)_7
霰天神山(あられてんじんやま)_8
錦小路通室町西入にあるので「錦天神山」または「火除天神山」ともいわれる。永正年間(1504~1520)京都に大火のあったとき、時ならぬ霰が降り猛火はたちまちに消えたが、そのとき一寸二分(約3.6センチ)の天神像が降ってきたのでこれを祀ったのがこの山の起こりであるという。山の上には欄縁にそって朱塗り極彩色の廻廊をめぐらし、中央に唐破風春日造の神殿を安置する。前懸は16世紀にベルギーで製作された「イーリアス」物語を描いた毛綴を用いているが(平成21年復元新調)、中国刺繍の太湖岩鳳凰図もある。左右の胴懸は上村松篁(昭和60年新調)、上村淳之(平成14年新調)親子の原画花鳥綴織で、後懸は「紅地雲龍宝尽図」(平成21年新調)が用いられている。山の縁起にちなみ宵山には「火防せ、雷除け」の御守が授与される。
祇園祭山鉾
京都八坂神社の大祭(前祭七月十七日、後祭二十四日)に巡行する山と鉾で、あわせて二十九基あるが、うち二十二基は山と称さられ、三基をのぞき人がかつぐもので、他の七基は鉾と称せられ車でひく。山のうち三基は鉾と同じように車でひき、形態も鉾に近いが、山の面影を残しているところに特色があり、舁山から曳山にうつりかわる過程を示すものと見ることができる。いずれも神霊を迎えるための要素をそなえているところに価値があるばかりでなく、よく古い習俗をつたえ、各地の祇園祭に影響をあたえたものとして重要である。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2018年07月22日
最終更新 2018年07月22日

16 Comments

There are no comments yet.

makira  

こんばんは!

こんばんは、AzTakさん!
巡行する方も見物する方も暑かったことでしょうね!
意外と多くの外国の方の参加があるのですね!
京都で熱中症にならなくて良かったですね (笑)
親父は今日退院です。
有り難うございました。

2018/07/22 (Sun) 03:03

みこたん  

おはようございます、京都の暑さは半端ではないし、その上ビルに囲まれ、
暑さは想像をはるかに超えたと、こんな大きな祭りを行えていることがある意味京都人の誇りかもしれません。

2018/07/22 (Sun) 09:43

のんびり熊  

AzTakさん

こんにちは
どの鉾も、山も素晴らしい装飾ですね。
当時の都の商人の財力と心意気が感じられます。
世界各地?の最先端の綺羅が豪奢に飾られて声も出ません。

2018/07/22 (Sun) 13:20

花さか爺サン  

AzTakさま こんにちは

何時見ても京都の祇園祭は実に華やかで綺麗ですね。
正に日本一の夏祭りですね。
今年は連日の猛暑で、何処も大変な暑さですが、京都は連日38度前後の猛暑日が続いている様子ですが、巡行する人も見物客もこの暑さには閉口された事と思います。
熱中症にならず良かったですね。

2018/07/22 (Sun) 15:03

MT  

こんにちは

酷暑のために24日の花笠巡行は中止なったとか。
これではAzTakさんがへとへとになるのもわかる気がします。
今年の夏は大変な夏になってしまいましたね。

2018/07/22 (Sun) 15:22

x都人x  

こんにちは
いやー暑そうですね!ご苦労様でした。
この頃は俺は仕事に頑張ってましたね^^

素敵な祇園祭の雰囲気を
味合わせて頂きました!!

リタイヤしたら見たいですね(笑

2018/07/22 (Sun) 17:31

みすてぃ  

こんばんは。

祇園祭は大層な大行列で、沿道の見物客の人々の多さにも驚きます。
静々と進む大行列で、古式に則った祭りに色白金髪イケメンの旗持ちさんも
いて国際色です。

この行列は相当な時間をかけて執り行われるのですか....

2018/07/22 (Sun) 19:04

yosaku03  

今晩は!

京都も猛暑が続いて祭りを開催するのも厳しい状況と思います。
京都の祭りで暑さが厳しいので祭りが中止になった所があったようです。
お祭りも暑さ対策を求められるようになってきたかも知れませんね。

2018/07/22 (Sun) 19:24
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは!

> こんばんは、AzTakさん!

makiraさん、こんばんは。

> 巡行する方も見物する方も暑かったことでしょうね!

もしかしたら、見物するほうが暑かったかも。カメラだ、レンズだ、着替えだ、なんだかんだを持ち、必ずしも涼しい格好ではない方も。かたや、何も荷物など持たずに与えられた役に徹しきっている。案外あっさり勝負がつくのかも。

> 意外と多くの外国の方の参加があるのですね!

そうですね。私もびっくりしました。さすが国際都市、京都だけありますね。

> 京都で熱中症にならなくて良かったですね (笑)

あと一歩のところで踏みとどまりました。東北の最南端の海辺育ちです。毎日海に行き、暑さ知らずの野生児だったので、帰省も避暑もままならぬ社会人になってからずっと、夏バテが続いています。

> 親父は今日退院です。
> 有り難うございました。

本当に良かったですね。孝行息子には天も味方するのでしょう。

PS.母校は2回までで7-0でした。そしたら、どう踏んでも勝てると思って、登板させた3番手以下の投手が不調で、2回裏に一挙、5点を取られたようです。継投でかわし、14-5の5回コールドで勝ちましたが、実に心臓に良くない試合でした。

2018/07/22 (Sun) 19:49
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

みこたんさん、こんばんは。

> おはようございます、京都の暑さは半端ではないし、その上ビルに囲まれ、
> 暑さは想像をはるかに超えたと、こんな大きな祭りを行えていることがある意味京都人の誇りかもしれません。

確かに盆地の京都は半端じゃない暑さですよね。承知はしていましたが、祇園祭を見たくて、無理をしました。乗車券や宿を手配した段階ではそのころが猛暑かどうかわかりませんでした。負けるかもしれないなと思いながらの賭けでした。

当初はコの字の巡行コースの第3辺で待って続きを獲ろうと思っていたのですが、友人共々ばてて、まったりと昼食をとり涼みました。なので、最初の地点だけの撮影で終わってしまいました。
2日目は大阪の天王寺周辺を回り、3日目に再度京都市内に戻りました。京都では、新たに足跡を記せたのは松尾大社のみ。まあ、内容があったので満足しました。渡月橋は、かなり荒れた感じになっているのでびっくり。暑くて仕方がないので、東本願寺と西本願寺とを見て、あとは、喫茶店でまったり。
東本願寺の主要な建物は、兵火で焼けてしまい、国宝及び重要文化財に指定されている建築物は無いようですね。西本願寺とえらい違いですね。

それにしても、この気宇壮大な祭礼を連綿と続けてきた京都。凄いものですね。仰られる通り、京都人の大きな誇りでしょう。

2018/07/22 (Sun) 20:11
AzTak

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> どの鉾も、山も素晴らしい装飾ですね。

懸装品の見事さは、目を瞠るばかりです。腕と道具とがいまいちなので、はっきり見えないところが残念です。

> 当時の都の商人の財力と心意気が感じられます。
> 世界各地?の最先端の綺羅が豪奢に飾られて声も出ません。

当時の町民は、豪商といえども、外国旅行などはできない時代でした。でも、彼らの夢は世界を駆け巡る。そんな感じだったのでしょうね。

2018/07/22 (Sun) 20:21
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTakさま こんにちは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 何時見ても京都の祇園祭は実に華やかで綺麗ですね。
> 正に日本一の夏祭りですね。

本当にそう思いました。ですが、私の撮影の腕の悪さと機材の限界とで、目で見て感動したほどには撮ることができませんでした。そのことが一番、無念なことでした。

> 今年は連日の猛暑で、何処も大変な暑さですが、京都は連日38度前後の猛暑日が続いている様子ですが、巡行する人も見物客もこの暑さには閉口された事と思います。
> 熱中症にならず良かったですね。

お蔭様で、何とかもちこたえることができました。いつか再挑戦する機会があれば、その辺の対策を立てて、余裕をもって臨みたいと思います。

2018/07/22 (Sun) 20:45
AzTak

AzTak  

Re: こんにちは

MTさん、こんばんは。

> 酷暑のために24日の花笠巡行は中止なったとか。
> これではAzTakさんがへとへとになるのもわかる気がします。
> 今年の夏は大変な夏になってしまいましたね。

花傘巡行は、小学生や芸舞妓らが京都市の中心部を練り歩くものです。大事な人材に無理をさせられない。そういうことなのでしょう。何かあれば、主催者の責任問題が云々されるやり難い時代です。『自己責任』などという言葉は死語になりつつあるようです。

私自身も、この夏から秋にかけて、鳥撮り小旅行や航空祭見学などに行きます。のんびりひっくり返ってなどいられません。ありがとうございます。遊ぶ話ばかりで恐縮です。

2018/07/22 (Sun) 20:57
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは

x都人xさん、こんばんは。

> いやー暑そうですね!ご苦労様でした。
> この頃は俺は仕事に頑張ってましたね^^

9時過ぎはまだ余裕がありました。途中からは、かなり余裕が失われて辛いなあと思うようになりました。巡行コースが『コの字』になっているので、烏丸御池の方に歩いて、続きを見ようなどと考えていたのですが、へばってしまい。まったりと長めの昼食をとることにしました。

> 素敵な祇園祭の雰囲気を
> 味合わせて頂きました!!
>
> リタイヤしたら見たいですね(笑

リタイアしなくても、1日だけの有給休暇取得で何とかなりそうですが、そうはいかないのでしょうね。

2018/07/22 (Sun) 21:04
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは。

みすてぃさん、こんばんは。

> 祇園祭は大層な大行列で、沿道の見物客の人々の多さにも驚きます。
> 静々と進む大行列で、古式に則った祭りに色白金髪イケメンの旗持ちさんも
> いて国際色です。

実に国際色豊かですねえ。

> この行列は相当な時間をかけて執り行われるのですか....

長刀鉾は、09:00にスタートし、烏丸御池に11:00に到着のようです。烏丸御池にも行って続きを見ようと思いましたが、根性が足りませんでした。涼しい日だったらいざ知らず、酷暑に日は無理しない方がよさそうです。
とにかくお昼までで終わってしまうようです。それくらいで終わりにしないと、みんな疲れ果ててしまうことなんでしょうね。

2018/07/22 (Sun) 21:16
AzTak

AzTak  

Re: 今晩は!

yosaku03さん、こんばんは。

> 京都も猛暑が続いて祭りを開催するのも厳しい状況と思います。
> 京都の祭りで暑さが厳しいので祭りが中止になった所があったようです。
> お祭りも暑さ対策を求められるようになってきたかも知れませんね。

中止になったのは、花笠巡行ですね。あちらは屈強な男たちが中心の山鉾巡行と違い、小学生や芸舞妓さんが中心のようで、酷暑に敢えて行うには危険性が高いという判断で中止になったようです。賢明な判断だったかもしれません。

花傘巡行は1966年、前祭(さきまつり)と後祭(あとまつり)が合同巡行となったのを契機に始まった。例年は花街の芸舞妓や子どもたちの神輿(みこし)など約850人が八坂神社を出発し、四条、寺町、御池、河原町の各通を経て再び四条通を通って同神社までの約4キロを練り歩く。

2018/07/22 (Sun) 21:23

Leave a reply