九品仏浄真寺(4) - 九品仏浄真寺_2018_Jun
FC2ブログ

九品仏浄真寺(4)

上品堂
浄真寺三仏堂の内の真ん中に位置するお堂。上品堂には、上品上生(じょうぼん・じょうしょう)、上品中生、上品下生の三体の阿弥陀如来像が安置されている。浄土教における極楽往生の9つの階層を表しているそうで、できることならば、上品上生で極楽往生したいものだと考えてしまうが、そう簡単にはいかないのかもしれない。
本題に入る前に、前回取り上げた本堂とこの上品堂とを結んだ橋を行き来する菩薩の来迎の様子をあらわすという『お面被り』と呼ばれる仏教行事が行われる。正式には『二十五菩薩来迎会』といい、菩薩の面をかぶった僧侶らが渡り、菩薩の来迎の様子を表す。
臨死体験というのとは少しニュアンスが異なるが、行者として参加した人は菩薩の来迎の様子を疑似体験する。摩訶不思議な宗教行事だ。
三年に一度で直近は2017年に行われた。次回は2020年に行われるそうだ。
大脱線だが、2014年8月に行われた『お面被り』を取上げる。

2014年8月に行われた『お面被り』の様子
次回の予告
2020年のGWに行われる。もう既に行者の募集が公告されているんだ。直前に申し込んでも遅いのだろうな。
次回の予告
本堂に向かう様子
本堂に向かう様子_1
本堂に向かう様子_2
本堂に向かう様子_3
本堂に向かう様子_4
本堂に向かう様子_5
本堂に向かう様子_6
本堂に向かう様子_7

本堂で行事をしている様子はすごい人垣で全く見えない

上品堂に戻る様子
上品堂に戻る様子_1
上品堂に戻る様子_2
上品堂に戻る様子_3
札を撒く
上品堂に戻る様子_4
行列の最後に珂碩上人像が本堂に戻る
行列の最後に珂碩上人像が本堂に戻る
最後に山主(住職)のあいさつがあり、南無阿弥陀仏と念仏をくりかえして、行事が無事終了した
最後に住職のあいさつ
『浄真寺お面被り』を開設したページへjump

本堂から見た上品堂
この道の上に仮設の橋が架かり、お面被り行事が行われる。
本堂から見た上品堂_1
本堂から見た上品堂_2
本堂から見た上品堂_3
本堂から見た上品堂_4

上品阿弥陀如来像3躯(東京都有形文化財)
いずれも珂碩上人が制作した像だ
上品阿弥陀如来像3躯(東京都有形文化財)_1
上品阿弥陀如来像3躯(東京都有形文化財)_2
上品阿弥陀如来像3躯(東京都有形文化財)_3
上品阿弥陀如来像3躯(東京都有形文化財)_4
上品阿弥陀如来像3躯(東京都有形文化財)_5
上品阿弥陀如来像3躯(東京都有形文化財)_6

浄真寺三仏堂(上・中・下品堂)
世田谷区指定有形文化財(建造物)
平成元年3月17日指定
所在地 奥沢7-41-3  内部非公開
江戸時代
各棟とも 桁行7間(17.1m)、梁間5間(10.7m)、一重、寄棟造、銅板葺
附 棟札 元禄11年10月、浄真寺起立由来書 元禄8年6月7日、珂憶上人書簡(写)、珂憶上人行業記(写)
九品仏の名で親しまれている浄真寺は浄土宗の寺院で、その名の由来である9体の阿弥陀仏を安置する建物が三仏堂です。本堂の西側に3棟の仏堂が並び、中央が上品堂(じょうぼんどう)、北側に中品堂(ちゅうぼんどう)、南側に下品堂(げぼんどう)が配置されています。3棟とも同じつくりで、内部に阿弥陀如来像を3体ずつ安置する全国的にも珍しい形式です。
棟札には、元禄11年(1698)10月、第2世住職珂憶上人(かおくしょうにん)によって上棟されたことが記されています。

--------------+--------------+--------------+--------------+--------------+--------------+--------------
広い境内の本堂の対面に3つの阿弥陀堂があり、それぞれに3体合計9体のそれぞれ印相の異なった阿弥陀如来像が安置されている。この9体はそれぞれ、上品上生(じょうぼん・じょうしょう)、上品中生、上品下生、中品上生、中品中生、中品下生、下品上生、下品中生、下品下生という、浄土教における極楽往生の9つの階層を表しており、これらをあわせて九品(あるいは九品往生)という。この九品の仏から、浄真寺は通称「九品仏」と呼ばれている。
このような九体阿弥陀は、他に京都の浄瑠璃寺にも見られる。
これは『観無量寿経』に説く九品往生(くほんおうじょう)の思想に基づくものである。極楽往生の仕方には、信仰の篤い者から極悪人まで9通りの段階があるとされ、「上品上生」(じょうぼんじょうしょう)から始まって「上品中生」「上品下生」「中品上生」「中品中生」「中品下生」「下品上生」「下品中生」「下品下生」に至る。浄真寺の九品仏の場合、阿弥陀如来の印相の内、定印を「上生印」、説法印を「中生印」、来迎印を「下生印」とし、親指と人差し指(中指、薬指)を接するものをそれぞれ「上品」「中品」「下品」に充てる。なお、九品往生を9通りの印相で表す教義的根拠は明確でなく、日本において近世になってから考え出されたもののようである。

AzTak
Posted by AzTak
投稿 2018年06月26日
最終更新 2018年06月26日

18 Comments

There are no comments yet.

makira  

おはようございます!

AzTakさん、おはようございます!
まさか、「お面被り」の二十五菩薩「行者」、「稚児」が無理として
応募されたのではないでしょうね (笑)
あんなお釈迦様の仮面を被ったら神妙な気持ちになるんでしょうね♪
阿弥陀如来像が3体も!
「九品仏」の意味もアントなく分かったような・・・汗)
昨日と同じく今日も暑くなりそうです!
年寄りは出かけると焼け死んでしまいそうですので
家で外出は控えています (笑)

2018/06/26 (Tue) 05:29

ララ  

お面被りを見るには相当の覚悟が必要なようですね。
今度は2020年ですか、僕だったら応募したのを忘れそうです。

2018/06/26 (Tue) 06:21

MT  

おはようございます

こんなイベントがあったのですね。それにしても大仏のお顔の仮面で歩くとはなんとも奇妙な行列です。仮面の行列は国内外問わず、とても不思議な雰囲気がいっぱいです。

2018/06/26 (Tue) 06:56

みすてぃ  

おはようございますー

「お面被り」はどんな行事なのか前にHPで見ましたが、
次は2020年ですか。
申し込まれるのですか…
とても恭しい行事なのですね。

ここのお堂もお庭も清々しいです。
九品仏だけではなく、散策にも大変良いお寺さんですね。

2018/06/26 (Tue) 07:26

土佐けん  

おはようございます

これからも色んな画を見せてくださいね^^
僕達も時間を作って撮影に出かけたいと思っています!

2018/06/26 (Tue) 08:52

aiupa  

おはようございます^^

すごい派手な色に髪を染められた仏様ですね~
背後の多くの小さな仏様の中にウォーリーを探せではないですが
傾かれた仏様がいらっしゃいますね^^

2018/06/26 (Tue) 10:25

x都人x  

今晩は
お面被りですかー
面白い行事ですね!
どんなご利益があるのでしょうね~

貴重な物を拝見させて頂きました^^

2018/06/26 (Tue) 18:39

senri32  

仏様のお顔。なんて安らかなお顔なんでしょう。

2018/06/26 (Tue) 19:07

のんびり熊  

AzTakさん

こんばんは
行者、お稚児さん、などを一般募集しているんですか?
檀家さんから選ばれるんじゃないんですかね。
フ~~ン。
宗派が違っても、細かい事は言わないんでしょうかね。

2018/06/26 (Tue) 20:08
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます!

> AzTakさん、おはようございます!

makiraさん、こんばんは。

> まさか、「お面被り」の二十五菩薩「行者」、「稚児」が無理として
> 応募されたのではないでしょうね (笑)

(ФωФ)フフフ・・・、そこまで物好きではありません。一応はカトリックの信徒なので、…。

> あんなお釈迦様の仮面を被ったら神妙な気持ちになるんでしょうね♪

多分、あの面には目の穴がないんだと思います。必ず、家族が付き添います。
見えないからこそ、菩薩の来迎の様子を疑似体験したときに、この世からあの世に召されたような感覚を味わうのでしょう。そのこと自体は非常に興味があります。

> 阿弥陀如来像が3体も!
> 「九品仏」の意味もアントなく分かったような・・・汗)

3仏堂に3体ずつ。併せて9体あります。
実は今日、増上寺に行きました。仏像だけを比べれば、増上寺よりはるかに上を行きます。

> 昨日と同じく今日も暑くなりそうです!
> 年寄りは出かけると焼け死んでしまいそうですので
> 家で外出は控えています (笑)

今日は増上寺近辺を歩きましたが、徳川家の墓地は定休日で見られず、二天門は覆いがしてあって見られず、東京タワーは一番見どころがある面が修復中で見られず、…と徹底して外れた日になってしまいました。

2018/06/26 (Tue) 21:51
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

ララさん、こんばんは。

> お面被りを見るには相当の覚悟が必要なようですね。

多少混雑しますが、それさえ我慢すれば、大丈夫でしょう。仮設の橋の上を行き来しますから、少し遠めから望遠レンズで撮る方が良いかもしれません。

> 今度は2020年ですか、僕だったら応募したのを忘れそうです。

それはお寺さんから、近くなれば、連絡が来て打ち合わせに行くことになるはずですから、忘れていてもたいていは大丈夫でしょう。連絡が来る前に海外旅行などを申し込んだりすれば、アウトかもしれませんね。

2018/06/26 (Tue) 21:57
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます

MTさん、こんばんは。

> こんなイベントがあったのですね。それにしても大仏のお顔の仮面で歩くとはなんとも奇妙な行列です。仮面の行列は国内外問わず、とても不思議な雰囲気がいっぱいです。

多分ですが、目出し無しの面です。何も見えないのです。菩薩の来迎の様子を疑似体験するには格好のシチュエーションなのかと思います。実に不思議な体験だと思います。人生観が変わるような。

2018/06/26 (Tue) 22:00
AzTak

AzTak  

Re: おはようございますー

みすてぃさん、こんばんは。

> 「お面被り」はどんな行事なのか前にHPで見ましたが、
> 次は2020年ですか。
> 申し込まれるのですか…
> とても恭しい行事なのですね。

お顔を拝見すると、達観したようなまじめな方ばかり。私のような青二才がしゃしゃり出る状況ではありません。

> ここのお堂もお庭も清々しいです。
> 九品仏だけではなく、散策にも大変良いお寺さんですね。

凄く良いお寺さんだと思います。満足度は高いと思います。

2018/06/26 (Tue) 22:04
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます

土佐けんさん、こんばんは。

> これからも色んな画を見せてくださいね^^
> 僕達も時間を作って撮影に出かけたいと思っています!

いろいろ行くことは行くのですが、自分の撮影手腕のなさにガッカリしてばかりです。比較的マシなものを探し出して、やっと記事が成り立つていたらくです。

まあ、皆さん、それぞれ行く場所が違うので、お互いに見せてもらうと刺激を受けますよね。土佐の画も期待しています。

2018/06/26 (Tue) 22:08
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます^^

aiupaさん、こんばんは。

> すごい派手な色に髪を染められた仏様ですね~

そうですね。そういうのって、作者の感性なんでしょうかねえ。江戸初期の坊様の感性もすごいものです。

> 背後の多くの小さな仏様の中にウォーリーを探せではないですが
> 傾かれた仏様がいらっしゃいますね^^

如何にも手作りの仏像だなって感じがします。少し多めにお賽銭を上げて、修復を促進しなくてはと思いながら、本堂でお賽銭を上げただけで、他では失念してしまいました。(^_^;)

2018/06/26 (Tue) 22:13
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> 今晩は

x都人xさん、こんばんは。

> お面被りですかー
> 面白い行事ですね!
> どんなご利益があるのでしょうね~

利益がある人が多いのでしょうね。どんな利益かは人それぞれかもしれません。私のような糞爺にはご利益はないかもしれません。『もう少し真面目に生きなくちゃ』と諭してくれるだけでは、ご利益があるというものかもしれません。

> 貴重な物を拝見させて頂きました^^

2020年まで生き延びることができれば、もう一度撮ってみたいものです。

2018/06/26 (Tue) 22:18
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

senri32さん、こんばんは。

> 仏様のお顔。なんて安らかなお顔なんでしょう。

そうですね。江戸初期のころ、当代一の仏師&僧侶の上人様が心を込めて作り上げたものだそうです。

2018/06/26 (Tue) 22:20
AzTak

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 行者、お稚児さん、などを一般募集しているんですか?
> 檀家さんから選ばれるんじゃないんですかね。
> フ~~ン。
> 宗派が違っても、細かい事は言わないんでしょうかね。

宗派は問わずなんだと思います。檀家さんから選ぶとなると、毎回同じ型が参加することになるかも。
これも一種の宣教活動です。新興宗教とは違って、mildな感じの。

2018/06/26 (Tue) 22:24

Leave a reply