目黒区外の庚申塔など(1) - 目黒区外の庚申塔など_2018_Apr
FC2ブログ

目黒区外の庚申塔など(1)

恵比寿西の庚申塔

このところ目黒区の庚申塔を見て歩いている。以前にも取り上げたことがあるが、、お隣渋谷区の庚申塔もついでなので、再登場させる。

気が付かない人もいるかな
土一升金一升の土地にある。しかも、しっかりとした大谷石の囲いの上だ。気が付かなかったり、気が付いていても遠慮してしまう人も多いかもしれない。祀られているものは、目黒区のそれと大同小異。渋谷区も江戸近郊の農村だったんだなあ。
以前から、こういう土地に固定資産税などは課税されるのか気になっていた。庭内神祠でも相続税非課税になるようで、固定資産税も免除なのだろう。なので、多分、固定資産税もかからないのだと思う。課税に関する記述に関してはまったく自信無しなので、悪しからず。

気が付かない人もいるかな_1
気が付かない人もいるかな_2

屋根付きの中には4つの庚申塔が
見た目にははっきり見えない感じなのだが、写真には何故だかはっきり写る
全体像
屋根付きの中には4つの庚申塔が_1
屋根付きの中には4つの庚申塔が_2
屋根付きの中には4つの庚申塔が_3
屋根付きの中には4つの庚申塔が_4
屋根付きの中には4つの庚申塔が_5
寛文八年(1668年)
合掌していて、二鶏が彫られているのはわかる。素朴な感じだ。
屋根付きの中には4つの庚申塔が_6
延宝四年(1676年)
六臂のように見えるが、合掌はしていないようだ。三猿が彫られてある。廃仏毀釈のときに壊したのかなあ。
屋根付きの中には4つの庚申塔が_7
延宝二年(1674年)
合掌六臂だということはわかる。下部ははっきりしていない。
屋根付きの中には4つの庚申塔が_8
覚文四年(1664年)
三猿が彫られてあるだけ。シンプルだ。
屋根付きの中には4つの庚申塔が_9
そして雨曝しの庚申塔と馬頭観音とが
扱いに差があるなあ。せめて庚申塔だけでもと思うのだが、…。
廃仏毀釈の世になってからも作られていたようだ。意外だ。
明治三十八年(1905年)
そして雨曝しの庚申塔と馬頭観音とが_1
馬頭観音
そして雨曝しの庚申塔と馬頭観音とが_2
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2018年04月14日
最終更新 2018年04月17日

14 Comments

There are no comments yet.

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
大都会のまん真ん中である渋谷にも庚申塔があるんですね!
今思うと不思議に思いますが、昔は草深い田舎だったのでしょうね!

2018/04/14 (Sat) 01:47

MT  

おはようございます

都心にこんな素朴な石物があるなんて考えてもみませんでした。
こういった素敵なものを探し出すAzTakさんにいつも感心しします。^^
私も身近にある素敵なものに気づきが持てるようにしたいなと思いました。

2018/04/14 (Sat) 07:20

aiupa  

おはようございます^^

馬頭観音って、その名の通り馬の頭をされているのかと思っておりましたが
阿修羅のようないでたちなのですね~^^
シンプルな猿の彫り方も面白いですね~

2018/04/14 (Sat) 07:22

みすてぃ  

おはようございます!

恵比寿西と言えば新しいビル、マンションにオシャレなショップのイメージ
ですが、江戸時代に庚申塔が路傍に建てられたので今でもあちらこちらで
みかけるのですか^^
見ると古さを感じますが、1600年代から1900年代の初頭で本当に年代物で
ずっと時代の移り変わりをみてきたのでしょうかね。
でも屋根なし囲いなしは風雨に晒されて気の毒でもあります。

やはり撮影をされていると、街歩きも観察力が高まるのですねー!!

2018/04/14 (Sat) 07:58

x都人x  

おはようさんどす~
大都会の中にタイムスリップしたかのような
所がある何って不思議な感じもしますが、、
大事に残して欲しいですね!!

2018/04/14 (Sat) 11:30

のんびり熊  

AzTakさん

こんばんは
庚申等は,ウチの前にあるせいか、あまり気になりませんねエ
何処にでもあるんでしょうがね。
お世話になっているんでしょうね。

2018/04/14 (Sat) 19:16

senri32  

トップの写真の大谷石。うちの実家も土手を大谷石で囲っていますが、上に植えてある柿の木の根が大谷石を根力で長年押し続け、大谷石のブロックははらんで膨らんで今にも崩壊状態。柿の木を伐採して、大谷石を取り除き、重量ブロックで崩壊工事を個人でして、70万円がすっとびました。親父の負の遺産です。私はこのような経験をしておりますので、自分の子供には絶対にこのようなことは致しません。心に近いました。

2018/04/14 (Sat) 20:27
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 大都会のまん真ん中である渋谷にも庚申塔があるんですね!
> 今思うと不思議に思いますが、昔は草深い田舎だったのでしょうね!

以前、『春の小川』のことを調べるのに、いろいろ検索したことがありました。高野辰之が作詞したころは、現在のどの農村よりも純農村という感じの風景が広がっていました。その辺りは代々木ですが、恵比寿界隈も同じようなものだったと思います。
まあ、目黒も同様ですね。

2018/04/14 (Sat) 21:34
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます

MTさん、こんばんは。

> 都心にこんな素朴な石仏があるなんて考えてもみませんでした。
> こういった素敵なものを探し出すAzTakさんにいつも感心しします。^^
> 私も身近にある素敵なものに気づきが持てるようにしたいなと思いました。

(ФωФ)フフフ・・・、ただのもの好きです。囲いのある中に入っていけば、不法侵入でとっ捕まるかもしれないのに、余り知恵がないお馬鹿なのかもしれません。ですが、初めて庚申塔の存在に気が付いたときは、少し興奮しました。

2018/04/14 (Sat) 21:39
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます^^

aiupaさん、こんばんは。

> 馬頭観音って、その名の通り馬の頭をされているのかと思っておりましたが
> 阿修羅のようないでたちなのですね~^^

憤怒の相なんですよね。ヒンドゥー教などから出てきたようで、当時の人でさえ、良くわからずにとにかく有難いのだから、拝んでおけということだったのでしょうかね。
こういうのがおあるということは、馬さんがいろいろ活躍していたということなんでしょうね。

> シンプルな猿の彫り方も面白いですね~

素人が彫ると、簡略形を採用したがるものなんでしょうか。添え物だけで、主たる信仰の対象を彫らないで済ませるなんて、手抜きもいいところのような気がしますが、…。

2018/04/14 (Sat) 21:46
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます!

みすてぃさん、こんばんは。

> 恵比寿西と言えば新しいビル、マンションにオシャレなショップのイメージ
> ですが、江戸時代に庚申塔が路傍に建てられたので今でもあちらこちらで
> みかけるのですか^^

あちらこちらに残るという訳ではないとおみますが、丹念に探せば、少し残っているのかもしれませんね。ちょっとググってみたら、渋谷橋の近くにその名もずばり『庚申橋』などというものがあり、庚申塔があるようです。その近くに、週1で通っているので、今度行くときに忘れなければ見てこようかと思います。

> 見ると古さを感じますが、1600年代から1900年代の初頭で本当に年代物で
> ずっと時代の移り変わりをみてきたのでしょうかね。
> でも屋根なし囲いなしは風雨に晒されて気の毒でもあります。

そうですねえ。でも、普通は風雨にさらされていたように思います。

> やはり撮影をされていると、街歩きも観察力が高まるのですねー!!

多少はそうなるかもしれません。少しは人間が枯れてきたのかなあと思います。

2018/04/14 (Sat) 21:55
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> おはようさんどす~

x都人xさん、こんばんは。

> 大都会の中にタイムスリップしたかのような
> 所がある何って不思議な感じもしますが、、
> 大事に残して欲しいですね!!

長閑な信州の農村でも、由緒ある土地柄の京都奈良でもなく、この世知辛い東京にこうしたものが残されているなんて、本当に不思議な感じがします。ここまで残したのなら、もう少し次の代まで残してもらいたいものですね。
もう河岸の人たちが、何に縋って生きてきたか、考える縁になることでしょう。

2018/04/14 (Sat) 21:59
AzTak

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 庚申等は,ウチの前にあるせいか、あまり気になりませんねエ
> 何処にでもあるんでしょうがね。
> お世話になっているんでしょうね。

昔は至る所にあったのでしょうね。この間、劒埼灯台を見に行ったとき、『猿田彦』の石塔をたくさん見かけました。こちらも庚申塔と関係があるようです。いずれ調べようかと思います。

2018/04/14 (Sat) 22:03
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

senri32さん、こんばんは。

> トップの写真の大谷石。うちの実家も土手を大谷石で囲っていますが、上に植えてある柿の木の根が大谷石を根力で長年押し続け、大谷石のブロックははらんで膨らんで今にも崩壊状態。柿の木を伐採して、大谷石を取り除き、重量ブロックで崩壊工事を個人でして、70万円がすっとびました。親父の負の遺産です。私はこのような経験をしておりますので、自分の子供には絶対にこのようなことは致しません。心に近いました。

(ФωФ)フフフ・・・、大変でしたね。我が家の周辺では川が暗渠になっていて、そこにソメイヨシノが植えられています。その根が大きく成長して、遊歩道がぼこぼこです。植物の力も馬鹿にできませんね。そして、古今それに蹴躓くトッポイ爺さんがいます。

2018/04/14 (Sat) 22:08

Leave a reply