渋谷~恵比寿~目黒~自然教育園(4) - 渋谷~恵比寿~目黒~自然教育園_2012_November
FC2ブログ

渋谷~恵比寿~目黒~自然教育園(4)

付属自然教育園(2)

路傍植物園
こんなふうに道端の花を観察しながら奥のしろかねの森に進んでいく。
路傍植物園
残念ながら、ここには花の季節のものが殆ど無かった。別な場所にもう少しまともな花が咲いていた。次回以降に紹介する。
しろよめな(きく科)
白嫁菜
しろよめな_1
しろよめな_2
ウバユリ(ユリ科)
姥百合。残念ながら花の時期は終わり、実が大きくなっていた。
ウバユリ_1
ウバユリ_2
ユウガギク(きく科)
柚香菊
ユウガギク_1
ユウガギク_2
ヤマハッカ(シソ科)
ヤマハッカ_1
ヤマハッカ_2
もみじがさ(きく科)
もみじがさ

土塁
確かに土がこんもりと盛ってあるところに椎ノ木が植えられているのだが、その様子がわかるだろうか?
この4枚目の下部に表示板があるがこれより下に私が立っていると思ってもらいたい。
南北朝時代のものだとのこと。大木で守られて残ったのだろう。なんという事はないものだが、やはり大したもののように思う。
土塁_1
土塁_2
土塁_3
土塁_4
土塁_5

物語の松
訳の分からない解説が書いてあるのみ、名前の由来などはどこにも出ていない。おそらく誰もわからないのだろう。松平讃岐守の下屋敷の面影を伝えると言っても、鬱蒼とした森になってしまっていて、下屋敷が建てられそうな平たい土地がどうしても見つけられない。もしかしたら、東京都庭園美術館の辺りにあったのだろうか?
この老松は江戸時代、松平讃岐守(まつだいらさぬきのかみ)の下屋敷の面影を伝えるものです。近くのひょうたん池などとともに、回遊式庭園であったと思われています。
物語の松_1
物語の松_2
物語の松_3
物語の松_4

物語の松のイメージへJUMP

次回に続く
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2012年11月09日
最終更新 -0001年11月30日

6 Comments

There are no comments yet.

solo  

おはようございます。

まともな花でなくても良い勉強させてもらいました。
どの花の名も知りませんでした。
えへん!(威張ることではないか!)

物語の松 天に向かって伸びる感じがいいですね。
いつも感心するのですが、博学でいらっしゃる。

2012/11/09 (Fri) 09:45

AzTak  

Re: タイトルなし

> おはようございます。

soloさん、おはようございます。
お付き合いの旅行で遊び呆けて、UPの日付けを間違えて、本日のUPが大幅に遅れてしまいました。
そして、今日も外出を2件しちゃいまして、UPする記事ができていません。
写真は結構撮ってきたのですが、整理が追いついていません。今日の写真よりは少しマシな写真だと思うんですが。

> まともな花でなくても良い勉強させてもらいました。
> どの花の名も知りませんでした。
> えへん!(威張ることではないか!)

その内、花の時期に間に合わせたいと思います。自然教育園は、そのコンセプト通りに、人工的に手を入れていないようで、何回か通わないと難しいかもしれません。でも、うまく撮れたら嬉しいことでしょうね。

> 物語の松 天に向かって伸びる感じがいいですね。

そうですね。空の方向に葉があるはずなんですが、うまく撮れませんでした。アクティブビューファインダーをうまく使いこなせていません。自分が寝転べばいいんでしょうが、「熊が寝ている」などと騒がれても。

> いつも感心するのですが、博学でいらっしゃる。

そんなことはありません。インターネットの助けを借りてばかりです。

2012/11/09 (Fri) 14:44

whitemoon  

自然植物園

こんばんは。

都内も少しずつ木々が紅葉し始めていますね。

恵比寿方面の街並みが好きで、以前はよく散策に出掛けていました。

でも「自然植物園」には行った事がございません。

白金台方面に美術館があって、その近くに植物園があったのを覚えています。

一度、立ち寄ってみたいと思っていました。

此方のお写真を拝見していると、都会の喧騒を忘れてしまいそうですね。

植物園のマイナスイオンをたっぷりと浴びて、気分もリフレッシュされそうです。

いつもバリエーション豊富な風景写真をありがとうございます。

2012/11/09 (Fri) 18:35

AzTak  

Re: 自然植物園

> こんばんは。

whitemoonさん、こんばんは。コメント有難うございます。

> 都内も少しずつ木々が紅葉し始めていますね。

そうだと思うんですが、自然教育園のカエデは青々としていました。あのくすんだような色にさえなっていませんでした。あれから1週間経ちましたので、どうでしょうかねえ。

> 恵比寿方面の街並みが好きで、以前はよく散策に出掛けていました。
> でも「自然植物園」には行った事がございません。
> 白金台方面に美術館があって、その近くに植物園があったのを覚えています。
> 一度、立ち寄ってみたいと思っていました。

前を何度も通っていたのですが、狭いところだと勝手に思い込み、何となく足が向きませんでした。私が勝手にアクセスさせていただいているmakiraさんのブログで、自然教育園のものが時々登場するのです。地元の人間として、行かないままは恥しいと思い、今回はじめて入園しました。

> 此方のお写真を拝見していると、都会の喧騒を忘れてしまいそうですね。
> 植物園のマイナスイオンをたっぷりと浴びて、気分もリフレッシュされそうです。

残念ながら、メインの花の時期は終わってしまいましたが、そのほうが自然で良かったかなと思います。無理に花の時期でもないのに花を咲かせるようなことは、やはり不自然です。
そのかわりと言ってはなんですが、広々とした園内を子供の頃のような気分で楽しめました。
私は中学を卒業するまで、前は海、横は田畑、後ろは山というところに育ち、山菜やキノコ採りが得意中の得意種目でした。
そういえば、自然教育園には、山菜やキノコはなかったような気が。散策路から外れればあるのかもしれませんが、…。蜂や虻に刺されたり、蛇と遭遇して猛ダッシュで逃げたり、流石に熊はいませんでしたが。

> いつもバリエーション豊富な風景写真をありがとうございます。

身の回りが急に忙しくなり、自転車操業状態で、実は原稿がさっぱりできていません。このシリーズは一旦休んで、次回から近場の旅行の様子を取り上げたいと思います。鮮やかな『赤』も登場します。よろしかったら、アクセスしてください。

2012/11/09 (Fri) 19:40

君平  

こんにちは。
ここは意外と?正しく札が立っているのでお花の名前を
覚えるには良い感じですよね。教育という名が付いているのは
建てじゃないと思いました。姥百合、私も出会った時には大抵
この形になっていますね♪

2012/11/09 (Fri) 23:16

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは。

君平さん、こんばんは。コメント有難うございます。

現在の記事を一旦中断して、秋の様子が伝え易そうな次のテーマをと考え、その記事を考えていますが、山中城跡のところで引っかかり草臥れてしまいました。準備が遅れると、仕方なく、細切れの記事になってしまうかもしれません。

> ここは意外と?正しく札が立っているのでお花の名前を
> 覚えるには良い感じですよね。教育という名が付いているのは
> 建てじゃないと思いました。姥百合、私も出会った時には大抵
> この形になっていますね♪

他の施設では表示がどれを指すのか判断に苦しむ立て方をしていることが少なく無いですよね。ここは納得できるような立て方だと私も思います。かわいそうな名前を付けられている姥百合の花を見てみたかったのですが、残念でした。

2012/11/09 (Fri) 23:43

Leave a reply