海と船とを見に行く(3) - 海と船とを見に行く_2018_Feb
FC2ブログ

海と船とを見に行く(3)

うわあ、大丈夫なのかなあ
平成5年就航の320KL積み沿海油槽船の『第三十一京丸』だそうだ。沿海油槽船だそうだが、どうあがいてもとても外国まで行くことができる感じはしない。
うわあ、大丈夫なのかなあ_1
千葉県側にすっくと立つ観音像は、『東京湾観音』だと思う。観音像から見れば、どんな背高のっぽの船舶でも、上部から覗くことができそうだ。
うわあ、大丈夫なのかなあ_2
鵜なども大丈夫なのかなという感じで注視していた
うわあ、大丈夫なのかなあ_3

ひまわり7
2013年4月に就航したRORO船「ひまわり7」。日本通運定期航路「あかしあライン」に就航し、東京~苫小牧間をシャトル運航しているのだそうだ。
ひまわり7_1
だんだん遠ざかっていく
ひまわり7_2
ひまわり7_3

『東京湾観音』の真下辺りでのすれ違い
『ひまわり7』と船名不明の船舶とのすれ違い。右側航行だ。
『東京湾観音』の真下辺りでのすれ違い_1
『東京湾観音』の真下辺りでのすれ違い_2
『東京湾観音』の真下辺りでのすれ違い_3
『東京湾観音』の真下辺りでのすれ違い_4
『東京湾観音』の真下辺りでのすれ違い_5
『東京湾観音』の真下辺りでのすれ違い_6
『東京湾観音』の真下辺りでのすれ違い_7
『東京湾観音』の真下辺りでのすれ違い_8
『東京湾観音』の真下辺りでのすれ違い_9
『東京湾観音』の真下辺りでのすれ違い_10
『東京湾観音』の真下辺りでのすれ違い_11
『東京湾観音』の真下辺りでのすれ違い_12

沖合の景観
あの灯台らしきものは何だろう?
沖合の景観

大きな船舶がやってくる
『LANTAU BRIDE』だと判明。大きな船舶のように見えたが、どちらかといえば、積載貨物がすごかっただけのようだ。過積載状態ではないのだろうか?
大きな船舶がやってくる_1
大きな船舶がやってくる_2

今度はあの船舶との交差が
薄靄の中でも交差か。航海士も緊張していることだろう。
今度はあの船舶との交差が_1
今度はあの船舶との交差が_2
今度はあの船舶との交差が_3
今度はあの船舶との交差が_4
今度はあの船舶との交差が_5
今度はあの船舶との交差が_6
今度はあの船舶との交差が_7
今度はあの船舶との交差が_8
今度はあの船舶との交差が_9
今度はあの船舶との交差が_10
今度はあの船舶との交差が_11
今度はあの船舶との交差が_12
今度はあの船舶との交差が_13
今度はあの船舶との交差が_14
今度はあの船舶との交差が_15

次の交差
あの大きな船舶はコンテナ船だった。またもや交差がある。コンテナ船同士の交差だ。
次の交差_1
次の交差_2
次の交差_4
次の交差_5
次の交差_6
次の交差_7
次の交差_8
次の交差_9
次の交差_10
次の交差_11
次の交差_12
次の交差_14
次の交差_16
次の交差_17
次の交差_18

こちらも油槽船
先ほどの沈みそうに見えた油槽船よりはかなり余裕がある。『第八十八東洋丸』だ。
『第八十八東洋丸』
同じくプロダクト(白油)兼ケミカルタンカー『三興丸』。相当身軽になったようで、船首部のバルバス・バウが見えている。
『三興丸』

LPGタンカー
『CORAL ALICIA』という船名。こちらも南極観測船と同じカラーリングだ。積み荷を降ろした後なので、身軽なようだ。
『CORAL ALICIA』

LNGタンカー
『FUJI LNG』という船名。横浜方面からこちらに向かってくる。こちらも、積み荷を降ろした後なので、身軽なようだ。
『FUJI LNG』_1
『FUJI LNG』_2
『FUJI LNG』_3
航行位置がはっきり分かった
『FUJI LNG』_4
『FUJI LNG』_5
『FUJI LNG』_6
『FUJI LNG』_7
『FUJI LNG』_9

帰りのバス
『岬めぐりの バスは走る 窓にひろがる 青い海よ…』などという歌があった。このバスに乗るたび、思い出す。
帰りのバス_1
帰りのバス_2
帰りのバス_3
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2018年02月26日
最終更新 2018年02月26日

14 Comments

There are no comments yet.

八咫烏(全力稼働中)  

船が大きいのはよく知っていましたが、しかし、これだけ巨大な貨物船がすれ違うさまは見ものですね^^けっこう近くを通るので、こうして望遠を通してみると、ちょっとヒヤッとします^^;

2018/02/26 (Mon) 08:31

aiupa  

おはようございます^^

冒頭の船はもうちょっと高い波だと飲み込まれてしまいそうですね^^;
同じ輸送船の仲間とはいえこうしてみると色んな働く船があるものなのですね☆

2018/02/26 (Mon) 10:02

senri32  

多分、積載オーバーではなく、コンテナの中身が空だったのではないかと思いました。私は数年前、一日中京浜運河で船を撮っていた時期がありました。勿論仕事の合間です。

2018/02/26 (Mon) 10:26

x都人x  

今晩は
色んな船があるんですねー
近くに海が無いからとっても新鮮で、、^^

コンテナを一杯積んで荒波を
乗り越えてくるんですからね~
凄いよね^^

2018/02/26 (Mon) 18:35

MT  

こんばんは

力作がたくさん続いてびっくりでした。
その中でも東京湾観音の向きがとても気になりました。南向き?!アメリカの自由の女神を意識しているのかなと思いました。
また、タンカーにもびっくり!甲板が水面とほぼ同じですね~。^^

2018/02/26 (Mon) 19:23

のんびり熊  

AzTakさん

こんばんは
?苫小牧へシャトル運行?
新潟から苫小牧東港へ車で何回か行き、北海道を旅しました。
もう無理でしょうね。

2018/02/26 (Mon) 19:45

土佐けん  

こんばんは

コンテナを満載して航行する船を
僕達も夕景撮影時に良く見ます^^
どこに行くのかな?と思いながら
見送る僕達です^^

2018/02/26 (Mon) 21:31
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

八咫烏さん、こんばんは。

> 船が大きいのはよく知っていましたが、しかし、これだけ巨大な貨物船がすれ違うさまは見ものですね^^けっこう近くを通るので、こうして望遠を通してみると、ちょっとヒヤッとします^^;

きちんと航路を守っていたとしても、気の抜けない海上交通の難所であることは間違いがないところです。それゆえ、観音埼には海上保安庁の東京湾海上交通センターがあり、昼夜を問わず、注視しているわけなんですね。

2018/02/26 (Mon) 22:16
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます^^

aiupaさん、こんばんは。

> 冒頭の船はもうちょっと高い波だと飲み込まれてしまいそうですね^^;

本当にそんな感じがしますね。積み荷が比重の軽い油なので、かなりきわどいところまで頑張るのでしょうかね。

> 同じ輸送船の仲間とはいえこうしてみると色んな働く船があるものなのですね☆

本当にそうですね。いつか見に行く時間帯を考えて、超大型タンカーが航行する様子を見てみたいものです。
時間帯を考えないと、クルーズ船、超大型タンカー、艦船などは見ることができないかもしれませんね。

2018/02/26 (Mon) 22:22
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

senri32さん、こんばんは。

> 多分、積載オーバーではなく、コンテナの中身が空だったのではないかと思いました。私は数年前、一日中京浜運河で船を撮っていた時期がありました。勿論仕事の合間です。

横浜方面へ向かっていたコンテナ船のことでしょうか?そうかもしれませんね。ぐんと沈み込んでいたわけではないので、大丈夫なのでしょう。韓国のセウォル号沈没事故のようなことにはならないのでしょうね。

2018/02/26 (Mon) 22:28
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> 今晩は

x都人xさん、こんばんは。

> 色んな船があるんですねー
> 近くに海が無いからとっても新鮮で、、^^

海の前に暮らしていましたが、あるのは漁船ばかりで、こういう船舶は小名浜港まで行かないと見ることができませんでした。

> コンテナを一杯積んで荒波を
> 乗り越えてくるんですからね~
> 凄いよね^^

大変な作業だと思います。とにかく、スケジュールを守るということに尽きるのでしょうが、順風満帆の時ばかりじゃありません。つらいときも少なくないことなんでしょうね。

2018/02/26 (Mon) 22:39
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは

MTさん、こんばんは。

> 力作がたくさん続いてびっくりでした。
> その中でも東京湾観音の向きがとても気になりました。南向き?!アメリカの自由の女神を意識しているのかなと思いました。

(ФωФ)フフフ・・・、どうなんでしょうね。確かにあちらを向いていますが、…。

> また、タンカーにもびっくり!甲板が水面とほぼ同じですね~。^^

『大丈夫かな』って心配になってしまいますよね。多分、ぎりぎり大丈夫なんでしょう。厳しいビジネスの世界なんですねえ。

2018/02/26 (Mon) 22:43
AzTak

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> ?苫小牧へシャトル運行?
> 新潟から苫小牧東港へ車で何回か行き、北海道を旅しました。
> もう無理でしょうね。

普通のフェリーではなさそうですが、調べてみると、旅客11名分のスペースがあるようです。そういう利用も可能なんでしょうかね。

フェリーでの北海道旅行ですが、余り強行日程を組まず、気候の良い初夏などに行くならば、大丈夫かもしれませんよ。私も乗せてもらいたいくらいです。

2018/02/26 (Mon) 22:52
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは

土佐けんさん、こんばんは。

> コンテナを満載して航行する船を
> 僕達も夕景撮影時に良く見ます^^
> どこに行くのかな?と思いながら
> 見送る僕達です^^

案外、中国との間の荷物輸送が多いようです。何しろ、中国は世界の生産工場ですから。DELLのPCを注文すると、そのことを意識させられますよね。

2018/02/26 (Mon) 22:55

Leave a reply