海と船とを見に行く(2) - 海と船とを見に行く_2018_Feb
FC2ブログ

海と船とを見に行く(2)

もう少し先まで歩いてみることにする。この先もまだ、正確には東京湾内ではあるが、太平洋の波が直接押し寄せる。実質的な外海だ。

貨物船兼砂利運搬船『天洋丸』
地味な船舶が浦賀水道を航行中だった。もう少しだけ、ピントを合わせてほしかった。ミニ・バズーカの実力はこんなものかなあ。
貨物船兼砂利運搬船『天洋丸』
砂利運搬船『第八大福丸』
こちらも同じ用途の船舶。第一海堡付近を航行中。
砂利運搬船『第八大福丸』_1
砂利運搬船『第八大福丸』_2
少し先まで進んできた。事実上は太平洋に出た感じ。このまま直進すれば、ハワイにでも行けてしまう。船員たちも緊張して操船に当たっていることだろう。
砂利運搬船『第八大福丸』_3

釣舟と漁船
お客に釣らせるために懸命の釣舟と自分の稼ぎを得るために懸命の漁船。漁船の方が味わいがある感じがした。
釣舟と漁船_1
釣舟と漁船_2
釣舟と漁船_3

石畳の道
なかなか雰囲気のある道だ
石畳の道

洞窟
説明書きを読んでみると、凄い内容なのだ。いつもながら、驚くのだが、行基菩薩様がこの地に本当に来られたのだろうか?
洞窟_1
洞窟_2
洞窟_3

観音埼灯台
灯台にはこちらの漢字『埼』を使用する。日本最古の洋式灯台だ。高所恐怖症の私は、恥ずかしながら2-3度しか上まで行ったことがない。その存在感はすごいものがある。
観音埼灯台

西脇順三郎の詩碑
『灯台へ行く道』という作品。ジョゼフ・エルネスト・ルナンは、フランスの宗教史家、思想家。近代合理主義的な観点によって書かれたイエス・キリストの伝記『イエス伝』の著者だそうだ。この詩碑を見るたびに、私の知らない人だと自嘲する。いつまで経っても進歩していない己を情けなく思う。
西脇順三郎の詩碑

無縁仏
少しだけ昔。幕末のころ、開国を迫られた徳川幕府。その警備を申しつけられ、遠隔のこの地で客死した武士たちの墓だろうか。おそらくは会津の藩士かなあ。訪れる人もなく、ひっそりとたたずんでいた。
無縁仏_1
無縁仏_2

どうしてこんなことに
自然の力はすごいものだ。重機でも簡単には処理できない大仕事の筈だ。
どうしてこんなことに

旧海軍施設の残骸と鵜の飛翔シーン
今は鵜の休憩場所になっていた。ウミウかカワウかは私には判別がつかない。
旧海軍施設の残骸と鵜の飛翔シーン_1
旧海軍施設の残骸と鵜の飛翔シーン_2
ミニ・バズーカだとこのくらいが精いっぱいか。もう少し頑張ってほしいところだが。
旧海軍施設の残骸と鵜の飛翔シーン_3
旧海軍施設の残骸と鵜の飛翔シーン_4
旧海軍施設の残骸と鵜の飛翔シーン_5

防衛省管轄の施設
部外者の立ち入りを厳重に阻止している。何の建物なんだろうか?この辺を舞台にしたサスペンス作品『横須賀ブロークンアロー』では、この施設をモデルに、著者がイメージを最大限に膨らませて創作したのかもしれないなと思う。
防衛省管轄の施設_1
防衛省管轄の施設_2

明治時代に掘られたのかな
手掘りだ。大変な労苦がかかったのだろう。
明治時代に掘られたのかな_1
明治時代に掘られたのかな_2
明治時代に掘られたのかな_3
明治時代に掘られたのかな_4
明治時代に掘られたのかな_5
明治時代に掘られたのかな_6
明治時代に掘られたのかな_7
明治時代に掘られたのかな_8
明治時代に掘られたのかな_9
明治時代に掘られたのかな_10
明治時代に掘られたのかな_11
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2018年02月25日
最終更新 2018年02月25日

18 Comments

There are no comments yet.

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
観音崎は東京湾内ですか!
三浦半島の先端まで行かないと外洋とは言わないのですね!
海を横目に石畳の道を歩むなんていいですね♪
そんな心の余裕、時間の余裕を持ちたいものです♪

2018/02/25 (Sun) 03:08

aiupa  

おはようございます^^

トンネルのごつごつ波打つ手堀感がいいですね~
旧海軍施設の残骸と鵜もそのシルエットがとても絵になってますね^^

2018/02/25 (Sun) 10:31

MT  

こんにちは

海の近くの洞窟には惹かれるものがあります。
海上安全を祈願したり人々の思いが込められていたりするのですよね。
こちらの洞窟も歴史があるようですが、きっと多くの人々のお祈りを受け続けているのでしょうね。

2018/02/25 (Sun) 13:53

yosaku03  

今日は!

何時もコメントを頂き有難うございます!
随分色々なところに行かれていますね。
トンネルは戦争の名残なんでしょうか?
洞窟を見ると手掘りのようですね。

灯台を見た記憶があるのは千葉県の房総市と和歌山の白浜が記憶にあります。
はっきり覚えているのは銚子市の犬吠埼灯台だけです。
残念ながら工事中で中へ入れませんでした。

2018/02/25 (Sun) 14:34

x都人x  

こんにちは
手彫りでトンネルを掘るには大変な苦労が
あった事でしょうね~
明るい間は通れますが、、、夜は
少し怖い感じが^^”

2018/02/25 (Sun) 16:08

土佐けん  

こんにちは

トンネルと手でほるとなると大変だったでしょうね~~
昔の人は偉いですよね!
今なら重機があるので、あっと言う間に掘ってしまいますけどね。

2018/02/25 (Sun) 16:14

みすてぃ  

こんばんはー
もうそろそろ春近しで、遠くの海にも行きたくなります^^
この手掘りのトンネルの壁は興味深くて、トンネルの写真もいいですね。
それに人がけっこう通り抜けていくのですねぇー

2018/02/25 (Sun) 18:52

のんびり熊  

AzTakさん

こんばんは
海は良いなあ
余分な?施設は良いから、海を見ていたいなあ~~
こちらの湖は氷が解けてきましたよ。
今日も観光客が結構いましたねエ

2018/02/25 (Sun) 18:56
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 観音崎は東京湾内ですか!
> 三浦半島の先端まで行かないと外洋とは言わないのですね!

千葉県館山市の洲埼灯台から神奈川県三浦市の剣埼灯台まで引いた線および陸岸によって囲まれた海域を東京湾というのが正しいようです。ですが、実質上、太平洋の荒波がザブンザブントと来ますから、湾内という感じはなくなるように思います。

> 海を横目に石畳の道を歩むなんていいですね♪
> そんな心の余裕、時間の余裕を持ちたいものです♪

(ФωФ)フフフ・・・、暫く粘っていたら、すっかり身体が冷えてしまったようで、鼻水たらたらの鼻炎になりました。回復までに24時間ほどかかりました。軟弱な身体になったものです。

2018/02/25 (Sun) 23:14
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます^^

aiupaさん、こんばんは。

> トンネルのごつごつ波打つ手堀感がいいですね~
> 旧海軍施設の残骸と鵜もそのシルエットがとても絵になってますね^^

一生懸命背伸びして諸外国と張り合って、その結果の敗戦。悲しい歴史の遺物なんでしょうね。
今回はこの回だけの登場です。次回は船舶同士のすれ違いの様子を取り上げます。実に短いシリーズです。

2018/02/25 (Sun) 23:23
AzTak

AzTak  

Re: こんにちは

MTさん、こんばんは。

> 海の近くの洞窟には惹かれるものがあります。
> 海上安全を祈願したり人々の思いが込められていたりするのですよね。
> こちらの洞窟も歴史があるようですが、きっと多くの人々のお祈りを受け続けているのでしょうね。

走水は日本武尊が登場する神話の地です。すぐそこから数百mしか離れていません。いろいろなエピソードがあったのでしょうね。
もうちょっとだけ内側には自然島の猿島があります。そこは、日蓮上人が遭難し、暫く穴倉にこもっていたりもしました。
全て祈りの対象だったんだと思います。

2018/02/25 (Sun) 23:30
AzTak

AzTak  

Re: 今日は!

yosaku03さん、こんばんは。

> 何時もコメントを頂き有難うございます!
> 随分色々なところに行かれていますね。
> トンネルは戦争の名残なんでしょうか?
> 洞窟を見ると手掘りのようですね。

幕末に掘られた、横須賀最古の隧道なんだそうです。もしかしたら、無縁仏になった日本防衛のために諸藩から集められた武士たちが、人夫を指揮しながら掘ったのかもしれませんね。

> 灯台を見た記憶があるのは千葉県の房総市と和歌山の白浜が記憶にあります。
> はっきり覚えているのは銚子市の犬吠埼灯台だけです。
> 残念ながら工事中で中へ入れませんでした。

私の田舎には塩屋崎灯台があります。『喜びも悲しみも幾年月』の原作手記の作者のご主人が勤務していた灯台だそうです。私が生まれて初めて見た映画です。

2018/02/25 (Sun) 23:38
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは

x都人xさん、こんばんは。

> 手掘りでトンネルを掘るには大変な苦労が
> あった事でしょうね~

あの後、調べたら『素掘り』と資料に書かれていました。掘られたのは幕末だそうです。横須賀では最古の隧道だそうです。

> 明るい間は通れますが、、、夜は
> 少し怖い感じが^^”

(ФωФ)フフフ・・・、不気味な感じがすることでしょうね。肝試しなどしない方がいいと思います。

2018/02/25 (Sun) 23:41
AzTak

AzTak  

Re: こんにちは

土佐けんさん、こんばんは。

> トンネルと手でほるとなると大変だったでしょうね~~
> 昔の人は偉いですよね!
> 今なら重機があるので、あっと言う間に掘ってしまいますけどね。

簡単に明治のものだろうと思っていたのですが、なんと、幕末のものだそうです。150年以上前のものなんですね。ペリーに驚かされ、こりゃ大変とばかり防衛に走った名残なんでしょう。

2018/02/25 (Sun) 23:44
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんはー

みすてぃさん、こんばんは。

> もうそろそろ春近しで、遠くの海にも行きたくなります^^
> この手掘りのトンネルの壁は興味深くて、トンネルの写真もいいですね。
> それに人がけっこう通り抜けていくのですねぇー

簡単に明治のものだろうと思っていたのですが、幕末のものだったとか。素掘りは大変だっただろうと思います。

たまたま最初にシャッターを押したときは人が何人かいたんです。その後は、殆ど人がいなくなりました。脅かすつもりじゃなく、人は社会科見学の子供でも居ない限り、平日はまばらかなあと思います。

2018/02/25 (Sun) 23:48
AzTak

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 海は良いなあ
> 余分な?施設は良いから、海を見ていたいなあ~~
> こちらの湖は氷が解けてきましたよ。
> 今日も観光客が結構いましたねエ

中学校卒業まで、毎日海を見て育ちました。なので、時々少し見れば元気が戻る感じです。次回、もう少し、海の写真が出てきます。

2018/02/25 (Sun) 23:50

senri32  

なんとなく、走水あたりかなーなんて思ってました。防衛大学は仕事でよく行ってました。最近は、城ケ島、観音崎、剣崎、御崎口、三浦半島の先っちょにはほとんど行ってません。朝比奈インターから20分で行ける所なんですけどね。

2018/02/26 (Mon) 10:56
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

senri32さん、こんばんは。

> なんとなく、走水あたりかなーなんて思ってました。防衛大学は仕事でよく行ってました。最近は、城ケ島、観音崎、剣崎、御崎口、三浦半島の先っちょにはほとんど行ってません。朝比奈インターから20分で行ける所なんですけどね。

走水も観音埼もほぼ同じところですよね。風光明媚な良いところだと思います。引退して、小金を持っている方の老後を送るには最適のところかもしれません。
小金を持っている・いないの段階で、私はオミットされてしまいます。

2018/02/26 (Mon) 22:34

Leave a reply